ハンドル/サドル交換

※現在仮ページ。製作中。

動力部以外なら、電動アシスト自転車のパーツは基本的に普通の自転車と同じ汎用規格品。
よって、ハンドル等を市販の他のパーツに交換する事も容易(一部取り付け不可能品も有)。


ステム・ハンドル形状変更

◎標準ハンドルの位置が合わない場合、通常はナットを緩めて高さ/角度調整を行う。

◎それでも足りない位の体格なら「ステム」と呼ばれるハンドルバーと本体を繋ぐ部品を、長さや形状が違う別パーツに交換。
ワイヤー類の長さの限界に注意。
http://www.cb-asahi.co.jp/html/size/sutemu.html

◎またハンドルのパイプ形状そのものを変更する事も可能。バーハン→アップハン等。
場合によっては別物の乗車感覚になる事も。これもワイヤーの長さの制限を受ける。
http://www.dejicame.net/~samurai/mtb.saikuringu.susume.pojisyon.html


ドロップハンドル/ブルホーン化

◎バーハンドルからドロップハンドルへの変更など、全く種類の異なるハンドルへの交換は、
ハンドルだけでなくブレーキも変速機も全て別規格の物に交換になり、出費が大きい。
◎またMTBとママチャリではハンドルのパイプ径も違う。電源スイッチ等の移設にも注意。
例えば太いハンドルに変える場合に、電源スイッチを固定する場所が別途必要な事も。




◎通称「エビホーン」と呼ばれる、アダプタを使った安価な交換方法もある。
現在使ってるブレーキや変速機を流用できるので、交換費用を安く抑えられる。
本格的なブルホーン等には及ばないが、手首の向きやポジションはそれっぽく変更可能。



サドル交換

◎サドルもハンドル同様、市販の汎用規格の物に交換が可能。
「長時間乗るとお尻が痛くなる」と言う場合には、サドルをゲル入りの柔らかい物にしたり、
シートポストをサスペンション付きの物に交換することで、乗り心地が改善する場合もある。
(パナソニック製の「サドルガードマン」搭載車も交換は可能)
http://www.cycle-yoshida.com/parts/sus_post_menu.htm

◎サドル交換に抵抗がある場合は、ゲル入りのサドルカバーを使えば必要ない時は外せる。
http://www.cycle-yoshida.com/accessory/saddle_cover_menu.htm


内装8段シフター交換

◎シマノの内装8段INTER-8 Nexus(SG-8R20)に対応したものが使えます。
グリップの交換も必要です。グリップは、お好みのものを。
製品例:
:ST-8S20 ブレーキレバー一体型サムシフター(右側)(対応する左側ブレーキレバーはBL-IM65)
:SL-S500 サムシフター単体(右側)
:Versa VRS-8 ドロップハンドル向けSTIタイプ(右側)
:Jtek Bar-end Shifter for Internal Hubs(バーエンドコントローラ)