※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ママチャリタイプ/長距離向け

■スペック・価格早見表

メーカー 車種名 定価 実売(最安値) 電池容量 電池種類 航続距離(メーカー公称値)
パナソニック リチウムビビスペシャル7 オープン価格 約8万円~ 7.0Ah(26.0V) リチウム電池 強27km、オート30km、エコ42km
パナソニック リチウムビビDX 10万6千円 約9万円~ 8.0Ah(25.2V) リチウム電池 強28km、オート32km、エコ44km
パナソニック リチウムビビDX-SD 10万9千円 約9万3千円~ 8.0Ah(25.2V) リチウム電池 強28km、オート32km、エコ44km
パナソニック リチウムビビDXシティ 10万6千円 約9万円~ 8.0Ah(25.2V) リチウム電池 強28km、オート32km、エコ44km
ヤマハ PASナチュラL 10万8千円 約9万3千円~ 8.1Ah(25.2V) 長寿命リチウム 強30km、標準36km、エコ43km
サンヨー エネループバイクSPL 13万2800円 約11万5千円~ 8.0Ah(25.2V) リチウム電池 ※回生、強36km、標準45km、エコ55km
パナソニック リチウムビビRX-10S 15万5000円 約13万2千円~ 10.0Ah(26V) リチウム電池 ※回生、強48km、オート56km、エコ97km
※実売価格は通販最安値価格より。

片道9km前後の移動範囲
このクラスの容量だと、仮に電池が経年劣化で半減したとしても、
片道9km前後の移動範囲は確保できる。
10Ah08Ah_rekka_hikaku.jpg
走行条件による距離低下も考慮
ただし、走行条件で距離は激減する。
体重軽くて平地ばかり走れば70km弱走れる一方で、
体重重くて急坂ばかり走ると7km強しか走れない。
同じバッテリーでも、条件次第で10倍近くも航続距離が変わる場合もある。
過酷な条件で使う場合は、航続距離に数倍の余裕を持たせて選ぶ事。
8Ah_kyori_teika.jpg


標準ママチャリ型モデル

◆リチウムビビSS・スペシャル7《7.0Ah》(パナソニック)

※公式HP未記載の限定仕様。在庫品切れ次第終了。
viviSpecial7.jpg
2011年モデルスペック
タイヤ 26インチ型
型 番 BE-1ENS633
価 格 オープン価格(実売約8万円~)
電池容量 7.0Ah(26V)リチウム電池
航続距離 強27km、オート30km、エコ42km
重 量 25.2kg
GD値 3速時GD値:5.5m
60rpm時:19.8km/h
24km/h時:毎分72.8回転
スプロケ 41×21T×内装3段変速(SG-3R40)
サイズ 全長187.5cm、全幅58cm、軸間距離116.8cm
適応身長 142cm~(サドル高:75~90.5cm)
■主要装備
特殊 バックライト搭載スイッチ
電装 1灯LEDライト、リア反射板
車体 低床U字型アレックス(高張力鋼)フレーム
車輪 WO規格26×1+3/8インチ(幅37mm)ハードランナータイヤ、ステンレスリム&スポーク
積載 樹脂バスケット、ステンレスリアキャリア(クラス25)、両足スタンド、サークル錠
装備 ミニヒップアップサドル、サドルガードマン、インサイドベル、端子カバー
GD_viviSpecial7.jpg
■特徴
▼特徴
パナソニック公式HPにも記載されていない時期限定モデル。
ビビSSに7Ahを搭載した機種」となる。
本体はビビSSの装備と基本的に同じで、サドルとクッショングリップはビビDXの物となる。
ビビDXが持つ6灯LEDライト、かろやかスタンド&スタピタ、フルチェーンカバー等は非搭載。
viviSpecial7_hikaku.jpg
▼モデル
「装備は安いビビSSので十分、ビビSSのバッテリーだけ大きくして販売してくれたらなあ…」
という声を実現したかの様な構成。装備はビビSSのまま大容量化で低価格を実現。
7Ahバッテリーは昨年のビビFXやハリヤ等に搭載されていた物で、
ビビFXが2010年の僅か1代で廃盤になり、ビビDXが8Ah化してビビFXと統合された為、
行き場の無くなった7Ahバッテリーの在庫処分も兼ねつつ、低価格のニーズにも応える。
モデルの性質上、在庫が無くなり次第終了。現在では殆どが販売終了している。
パナソニックは「秋限定特別カラー」等、時期限定モデルを毎年出すので時々チェックを。



◆リチウムビビDX《8.0Ah》・ビビDXスペシャルデザイン(パナソニック)

http://cycle.panasonic.jp/products/electric/end3/index.html
http://cycle.panasonic.jp/products/electric/ends3/index.html
↓ビビDX
viviDX.jpg
↓ビビDXスペシャルデザイン
viviDXSD.jpg
2011年モデルスペック
タイプ ビビDXスペシャルデザイン
(26インチ)
ビビDX(26インチ) ビビDX(24インチ)
型 番 BE-ENDS633 BE-END633 BE-END433
価 格 10万9千円
(実売約9万3千円~)
10万6千円
(実売約9万円~)
電池容量 8.0Ah(25.2V)リチウム電池
航続距離 強28km、オート32km、エコ44km
重 量 27.6kg 26.6kg 25.9kg
GD値 3速時GD値:5.5m
60rpm時:19.8km/h
24km/h時:72.8rpm
3速時GD値:5.1m
60rpm時:18.5km/h
24km/h時:77.9rpm
スプロケ 41×21T×内装3段(SG-3R40)
サイズ 全長187.5cm
全幅58cm
軸間距離116.8cm
全長178cm
全幅58cm
軸間距離112.4cm
適応身長 142cm~ 140cm~
サドル高 75.5~90.5cm 75~90cm
■主要装備
車種 ビビDXスペシャルデザイン ビビDX(24&26インチ)
特殊 バックライト搭載スイッチ
電装 6連LED(正面4灯+横2灯)、ソーラーオートテール
車体 低床U字型アレックス(高張力鋼)フレーム
プロムナード型ハンドル(低め)
低床U字型アレックス(高張力鋼)フレーム
セミアップハンドル(高め)
車輪 WO規格26×1+3/8インチ(幅37mm)
ハードランナータイヤ(サイド飴色
ステンレスリム&スポーク
WO規格26or24×1+3/8インチ(幅37mm)
ハードランナータイヤ(単色)
ステンレスリム&スポーク
積載 金属ワイヤー製丸型バスケット
極太パイプリヤキャリヤ(クラス27)
かろやかスタンド2、スタピタ
樹脂製角型バスケット
ステンレスリヤキャリヤ(クラス25)
かろやかスタンド2、スタピタ
装備 フルチェーンカバー
ミニヒップアップサドル(サイド黒色
サドルガードマン
インサイドベル
ドレスガード、端子カバー
フルチェーンカバー
ミニヒップアップサドル(茶色単色)
サドルガードマン
インサイドベル
ドレスガード、端子カバー
GD_viviDX.jpg
■特徴
▼特徴
8Ahバッテリー搭載モデルの中では最も安価コストパフォーマンスが高い
ヤマハの「PASナチュラL」とは、値段や性能面でガチンコ勝負のライバル関係にある。
日常使用には十分なアシスト力と充実した装備で、値段と性能のバランスが良い。
▼モデル構成
パナソニック製ママチャリタイプのミドルグレードにして主力商品。
基本モデル「ビビDX」に加え、豪華装備の派生バージョン「ビビDX スペシャルデザイン」も存在。
容量 特徴 パナソニック版 ヤマハ版 ブリヂストン版
12Ah 強化アシスト ビビEX 該当モデル無し 該当モデル無し
8Ah 強化アシスト 該当モデル無し PASナチュラLスーパー アシスタリチウムロイヤル
8Ah 通常アシスト ビビDX
ビビDXスペシャルデザイン
PASナチュラL 該当モデル無し
6Ah 通常アシスト 該当モデル無し PASナチュラM
PASナチュラMデラックス
アシスタリチウムDX
5Ah 通常アシスト (ビビラッテ他、派生車種) 該当モデル無し 該当モデル無し
4Ah 通常アシスト 該当モデル無し PASナチュラS アシスタリチウム
3Ah 通常アシスト ビビSS PASナチュラT アシスタリチウムライト
▼ビビDXとスペシャルデザインとの違い
ビビDXスペシャルデザインは、名前の通りデザインを豪華路線にした派生版。
フレーム同色のパイプリアキャリア、ブラウンパーツのサドル
やはりブラウンに揃えたワイヤー製前カゴ飴色サイドタイヤ、等に変更。
ビビDX標準のセミアップハンドルよりも、高さが低目のプロムナード型ハンドルとなる。
本体の性能はビビDXと変わらないので、見た目や装備品の好みで選んで良い。
ヤマハの「PASナチュラM」と「PASナチュラMデラックス」の関係に似ている。
viviDXdifferent.jpg
▼ナチュラLとの違い
フルチェーンカバーや、大光量の6連LED等、装備品が豪華で、価格が少し安い
その代わり、SPECを持たずアシスト力の差があり、電池の長寿命保証ではナチュラLに一歩譲る。
ママチャリタイプなのでデザインの系統も似ているが、フレームの太さとラインが異なる。
ビビDXはフレームが細いパイプで、高張力鋼(鉄)フレームの弾性を活かし、「しなる」構造。
ナチュラLは太いパイプで、弾性には欠けるが軽量なアルミをふんだんに使い、剛性を高める構造。
viviDX_design.jpg
▼アレックスフレーム
鉄フレームはアルミに比べて重くなるが、弾性があるので乗り心地はしなやかになる。
更にアレックスフレームと呼ばれる独自開発の軽量合金鋼を使い、
鉄の長所は残しつつ軽量に仕上げ、鉄とアルミの中間の性質を持たせている。
またアルミだと素材性質とコストと強度確保の理由で溶接跡を敢えて残す事が増えるが、
鉄フレームなら継ぎ目もラグで繋ぐので、溶接跡が無く見た目もスッキリ。
vivi_frame.jpg
▼フルチェーンカバー
チェーンカバーは前半分だけでなく、リアスプロケ周辺まで全部覆うフルカバータイプ。
車体や服がチェーンの油で汚れ難いだけでなく、雨や砂埃等からチェーンを守る。
ハーフカバーを採用する他社のママチャリタイプやビビSS等の下位機種に比べ、
雨でチェーンの油が流れたり異物を噛み込む率が減り、チェーンの保護性能が高い。
chaincover.jpg
▼ライト&サドル
普通は2灯程度のLEDライトが多い中、6連LEDの大光量ライトを採用。
非常に明るく夜間走行に強い。照射範囲が広いのでライトの付け忘れに気付き易い。
ヒップアップサドルは、ペダルを漕ぐ時にお尻が左右にずれない構造。
通常のママチャリ標準装備のクッション多めのサドルと比べても、お尻が痛くなり難い形状。
viviDX_light.jpg
▼パイプキャリア変更
従来モデルは、パイプリアキャリアのステーと荷台の繋ぎ部分が広い板状で凹凸が有った。
荷台が完全にフラットにならず、子乗せシートの固定が難しく相性が悪かった。
新型キャリアは、繋ぎ部分のパイプを少し凹ませて フラット に近い形状に改善。
ただ、パイプキャリアは社外品シートだと微妙に取り付けネジの位置をずらしたり、
ボルトの長さを変更(本来の設計と違う荷重が掛かる)する必要が出る場合があり、
純正オプション品(NCD329S)」以外の子供乗せシートは非推奨。
vivi_carrier_flat.jpg



◆パスナチュラL《8.1Ah》(ヤマハ)

http://www.yamaha-motor.jp/pas/lineup/natura-l/
PASnaturaL.jpg
2011年モデルスペック
タイヤ 26インチ 24インチ
型 番 PM26NL PM24NL
価 格 10万9800円(実売約9万3千円~)
電池容量 8.1Ah(25.2V)長寿命リチウム※定格7.6Ah
航続距離 強30km、標準36km、エコ43km
重 量 26.4kg 25.7kg
GD値 3速時GD値:5.3m
60rpm時:19.2km/h
24km/h時:毎分75回転
3速時GD値:5.1m
60rpm時:18.4km/h
24km/h時:毎分78.1回転
スプロケ 41×22T×内装3段(SG-3R40) 41×21T×内装3段(SG-3R40)
サイズ 全長189cm、全幅56cm
軸間距離117.5cm
全長179cm、全幅56cm
軸間距離111.5cm
適応身長 144cm~(サドル高:74~88cm) 142cm~(サドル高:73~86.5cm)
■主要装備
特殊 アシストレベル★×4、SPEC3
電装 0.5W×2灯白色LED、1灯LEDソーラーテールランプ
車体 ステップスルー低床U字型アルミフレーム
車輪 WO規格26×1+1/2インチ(幅40mm)Eマイティロード4.5タイヤ
ステンレスリム&スポーク
積載 丸型樹脂バスケット、ステンレス製リアキャリア(クラス27)、
かるっこスタンド、パーキングストッパー+サークル錠
装備 ふっかふかサドル、滑り止め付きペダル、ドレスガード
GD_naturaL.jpg
■特徴
▼特徴
8Ah長寿命バッテリー搭載モデルの中では最も安価コストパフォーマンスが高い
5~6Ahモデルと実売価格は5千円程度しか変わらないので、「どうせなら8AhのナチュラLで…」となる。
ビビDXより僅かに価格が高い分、SPEC含めたアシスト力や長寿命バッテリー保証等で優れる。
日常の使用なら「ナチュラL」の★×4アシストでも十分であり、値段と性能のバランスが良い。
▼モデル構成
ヤマハの場合は「ナチュラL」「ナチュラLスーパー」の2バージョンが存在する。
ナチュラLスーパー」の方はアシスト★×6の強化モデルで、より高価になる。
ナチュラL」の場合はアシストは「ナチュラM」と同じ★×4で、バッテリーだけ8Ahに増量。
なお、ブリヂストンにはこの「ナチュラL」に相当するアシスト★×4の8Ahモデルが無い。
容量と特徴 ヤマハ版 ブリヂストン版
8.1Ah+強化アシスト PASナチュラLスーパー アシスタリチウムロイヤル
8.1Ah+通常アシスト PASナチュラL 該当モデル無し
6.0Ah+豪華装備 PASナチュラMデラックス アシスタリチウムDX
6.0Ah+通常装備 PASナチュラM 該当モデル無し
4.3Ah PASナチュラS アシスタリチウム
2.9Ah PASナチュラT アシスタリチウムライト
▼ナチュラMとの違い
廉価モデルの「ナチュラT」「ナチュラS」とはフレームの構造が異なり、足元が広いステップスルーフレーム採用。
その他は基本的に「ナチュラM」と同様。上位モデルの「ナチュラLスーパー」とはサドルが異なる。
PAS_grade.jpg
▼ステップスルー低床フレーム
軽量なアルミをたっぷり使い、通常の自転車より肉厚で太いパイプで頑丈なフレーム。
ナチュラM同様、フレームを跨ぐ部分の形状をフラットにして、足抜きを容易にしている。
子供乗せタイプの「アンジェリーノ」シリーズのフレームデザインと同様の工夫。
PASframe.jpg
▼フルモデルチェンジ
2011年に8年ぶりの大モデルチェンジで、従来の「リチウムL」から「ナチュラL」に名前変更。
「長寿命バッテリー搭載」「ドライブユニットとフレーム3年保証」「走行速度&電池残量デジタル表示」等が特徴。
▼電源スイッチ
新型電源スイッチパネルは、「(残り)80%」等と残量が数字で表示される。より細かい残量管理が可能。
また走行速度を表示可能になった。サイクルコンピューター等の後付の走行速度計購入の手間が省ける。
switch.jpg
▼高圧タイヤ
26×1+1/2や24×1+1/2インチのタイヤを採用。幅が約40mmとMTBタイヤ並(ブレイスと同じ)。
ビビDXや一般的な非電動ママチャリに使われる26×1+3/8や24×1+3/8サイズに比べ一回り太い。
普通は太くすると耐久性が高まる代わりに転がり抵抗が増えるのだが、
一般的なママチャリタイヤよりも高圧空気(4.5気圧)を充填する事でカバー。
高圧にしたおかげで、太くて耐久性が高い割に、漕いだ時の感触が軽快になる。
その代わり、空気圧が減ると転がらない重いタイヤになってしまうので、
性能を維持するには、普通のタイヤよりもより空気圧管理に気をつけておきたい。
▼SPEC3
SPEC3で低速ギアのアシスト範囲を最適化してあり、急坂で1速発進等に効果を発揮する。
電動アシスト自転車は元々GD値が低いので街中では1速の世話になる事は殆ど無いが、
もし激坂に差し掛かった時には、1速でもある程度高回転までアシストが落ちないのは心強い。
spec3.jpg



◆リチウムビビDX シティ《8.0Ah》(パナソニック)

型 番 BE-ENDT733
価 格 10万6千円(実売約9万円~)
電池容量 8.0Ah(25.2V)リチウム電池
航続距離 強28km、オート32km、エコ44km
重 量 25.0kg
GD値
(27インチ)
3速時GD値:5.8m、60rpm時:20.7km/h
24km/h到達時:ペダル毎分69.5回転
スプロケ 41×21T×内装3段変速(SG-3R40)
サイズ 全長187.5cm、全幅57.5cm、軸間距離114.1cm
適応身長 145cm~(サドル高:77~93cm)
■主要装備
特殊 バックライト搭載スイッチ
電装 6連LED(正面4灯+横2灯)、ソーラーオートテール
車体 スタッガード型アレックス(高張力鋼)フレーム
車輪 WO規格27×1+3/8インチ(幅37mm)ハードランナータイヤ、ステンレスリム&スポーク
積載 ステンレス製バスケット、片足スタンド、くるピタ
装備 ソフトクッションサドル、サドルガードマン、インサイドベル、端子カバー
GD_viviDXcity.jpg
■特徴
▼特徴
2010年のビビFXシティ(高耐久ハブ搭載7Ahモデル)と交替する形で登場。
高耐久ハブ搭載タイプではなくなったので低価格化。
更に8Ahの大容量化で航続距離アップ。より一般向けに使いやすくなった。
▼モデル構成
パナソニック製のスタッガード型モデルでは中堅モデルとなる。
容量 特徴 パナソニック製
ママチャリ型
パナソニック製
スタッガード型
ヤマハ&ブリヂストン製
スタッガード型
12Ah 強化アシスト ビビEX ビビタフネス 該当無し
8Ah 8段変速 該当無し 該当無し PAS CITY L8
A.C.L.ロイヤル
8Ah 通常アシスト ビビDX
ビビDXスペシャルデザイン
ビビDXシティ 該当無し
4Ah 通常アシスト 該当無し 該当無し PAS CITY S
A.C.L.
3Ah 通常アシスト ビビSS
ビビNX
ビビSSシティ 該当無し
▼モデル選択
スタッガード型でDXシティより下位モデルは4Ahや3Ahしかなく、容量差がかなり開いている。
また上位モデルは、内装8段や高耐久ハブ等を搭載するので高額になっている。
「アシストや変速は普通で良いから、手頃価格で大容量が欲しい」という人には有力。




前輪回生充電型モデル

◆エネループバイクSPL《8.0Ah》(サンヨー)

タイヤ 26インチ 24インチ
型 番 CY-SPL226 CY-SPL224
価 格 15万7290円(実売約11万5千円~)
電池容量 8.0Ah(25.2V)リチウム電池※定格7.6Ah
航続距離 強36km、標準45km、エコ55km
重 量 25.3kg 24.6kg
GD値 3速時GD値:5.6m
60rpm時:20.2km/h
24km/h時:毎分71.1回転
3速時GD値:5.3m
60rpm時:18.9km/h
24km/h時:毎分76回転
スプロケ 36×18T×内装3段変速(SG-3R40)
サイズ 全長186cm、全幅57cm 全長177cm、全幅57cm
適応身長 143cm~(サドル高:75~93cm) 141cm~(サドル高:74~92cm)
■主要装備
特殊 新モード回生充電機能(左ブレーキ連動前輪回生充電)
(エコ充電モード機能、パワーリザーバー機能追加)
電装 4灯高輝度白色LED、3灯赤色LEDテールランプ
(左ブレーキ連動で点滅するストップランプ機能付き)
車体 ワイヤー内蔵S字型アルミフレーム
車輪 WO規格26or24×1+3/8インチ(幅37mm)高耐久タイヤ(KENDA COSMOS)
ステンレスリム(Amigo)、ステンレススポーク
積載 ステンレス&鉄バスケット(底面と背面が樹脂コート鉄製)、クラス25リアキャリア
L字てこ付きスタンド、くるピタ
装備 コンフォータブルサドル、滑り止め付ペダル、ドレスガード
GD_eneloopSPL.jpg
■特徴
▼モデル構成
エネループバイクSPLは最上位クラスのフラッグシップモデル。
容量 特徴 モデル名
8.0Ah 新・回生モード
リチウム電池
エネループバイクSPL
6.0Ah リチウム電池 エネループバイクSPA
3.1Ah ニッケル水素 エネループバイクSPF
▼SPAとの違い
下位モデルのSPAと違い、回生充電の制御を一新した新モード搭載。
なお、SPL用のリチウム電池とはバッテリーの互換性が無いので注意。
↓見た目(フレームの太さ等)での判別
eneloop_frame.jpg
▼エコ充電モード
従来の「ブレーキ充電」や、「下り坂惰性走行時の自動充電(オートモード時)」機能に加え、
平地でも普通の自転車よりペダルを重くして充電を行うエコ充電モードを追加。
平地でも余剰エネルギーがあると判断した場合には自動充電を開始する。
自動充電中は当然、普通の自転車よりペダルが重くなるが、そこは制御の工夫で体感的抵抗感を軽減。
アシストは控え目になり、人間の負担を増やしてでも充電を優先させる。
下位モデルのSPAで平地充電するには、軽くブレーキを掛けながら漕ぐ事になるが、
これだとペダルがとてつもなく重くなる(回生ブレーキが掛かるので当然だが)。
エコ充電モードはそれよりはペダルの重くなる度合いが少ないので、まだ自然に漕げる。
あくまで電池残量が不安な時に使うモードなので、日常的に多用するモードでは無い
普段はオードモードを使い、積極的アシストが欲しい時はパワーモード、と使い分けを。
eneloopSPL_mode.jpg
▼パワーリザーブ機能
パワーリザーバー機能は、バッテリー切れ防止の表示機能。
まるで「目覚まし時計の針を10分早めて寝坊に備える」様に、バッテリー残量を実際より1Ah分少なく表示。
バッテリーランプが点滅してアシストが一旦停止しても、表示されない残り1Ah分のリザーブ(予備)電源で走行可能。
オートバイのリザーブタンクをイメージして命名された機能で、うっかりバッテリー切れを防ぐ。
あくまで残量を過小表示してるだけの、実にローテクな仕掛けなので、バッテリー容量が増える訳では無い。
1Ahの予備電力で、パワーモードなら4km、オートモードで6kmの走行が可能。
eneloop_reserv.jpg
▼予備バッテリー
別売の10Ah(定格9.5Ah)バッテリーを使えば、航続距離は強45km-標56km-エコ68kmにアップ。
パナソニックのRX-10Sに次ぐ航続距離が可能になる。別売りオプションなので最初から選べないのが難点。
▼登坂能力
前輪駆動なので、他モデルの前輪回生機種と同様、登り坂に弱い
急坂では前輪に掛かっていた荷重が殆ど抜けて、後輪に殆どの荷重が集中する。
こうなると前輪モーターがいくら頑張っても、動力を地面に有効に伝えられず、
坂道ラクラクが売りの筈の電動アシストなのに、急坂では苦戦するという困った事態に。
これはエネループバイクSPLに限らず、前輪駆動方式を採用する機種に共通の問題。
eneloop_kajyu.jpg
▼ストップランプ機能
テールライトはまるでオートバイのブレーキランプの様なストップランプ機能付き。
左ブレーキを掛けると赤色LEDが早く点滅し、夜間走行での安全に役立つ。
家電製品メーカーだけあってか、4灯LED前照ライトの光量も高くて照射範囲が広い。
eneloop_stop.jpg



◆リチウムビビRX-10S《10Ah》(パナソニック)

http://cycle.panasonic.jp/products/electric/enlr2/
viviRX10S.jpg
2010年モデルスペック
型 番 BE-ENLR732
価 格 15万5千円(実売約13万2千円~)
電池容量 10Ah(26V)リチウム電池
航続距離 強48km、オート56km、エコ97km
重 量 26.1kg
GD値
(26インチ)
3速時GD値:5.6m、60rpm時:20.2km/h
24km/h到達時:ペダル毎分71.1回転
スプロケ 41×21T×内装3段変速(SG-3R40)
サイズ 全長186cm、全幅58cm
■主要装備
特殊 バックライト搭載スイッチ、前輪モーター型回生充電機能
2段階(ハーフorフル充電)切り替え式ブレーキ充電
電装 光量2倍化6連LED(正面4灯+横2灯)、ソーラーオートテール
車体 スタッガード型アレックス(高張力鋼)フレーム
車輪 WO規格27×1+3/8インチ(幅37mm)パンクガードマンタイヤ
ステンレスリム(ARAYA)、ステンレススポーク
積載 Wトップステンレスメッシュバスケット、ステンレスリヤキャリヤ(クラス25)、
片足スタンド、くるピタ
装備 肉厚クッションサドル、サドルガードマン、インサイドベル、端子カバー
GD_viviRX10S.jpg
■特徴
▼特徴
エネループバイクと同じ前輪モーターを搭載し、回生充電機能を搭載したモデル。
回生充電を利用した場合は、全電動アシスト自転車中で最長の航続距離を誇る。
逆に言えば、エネループバイクSPLよりもアシストは控え目でパワーでは劣る。
出足やパワフルさではビビDX等の後輪駆動モデルに劣るが、航続距離に特化した機体。
▼前輪駆動モーター
パナソニックの他モデルは車体中央にモーターを配置した後輪駆動なのに対し、
RX-5Uは前輪駆動で全くの別物。他のパナソニック製とは異質。
フレームも他モデルママチャリが採用するアレックス(高張力鋼)ではなく、アルミフレーム。
パナソニック製ママチャリタイプと言うより、「エネループバイクSFHの10Ah版」に近い造り。
RX10S_motor.jpg
▼充電モードが2段階
作動範囲は時速6~24km/h。24km/h以上では回生が働かない。
エネループバイクと違うのは、ブレーキ充電が2段階に分かれてる点。
左ブレーキレバーだけ握った場合は、弱い回生ブレーキのハーフ充電モード
左右のブレーキを両方握った場合は、強い回生ブレーキのフル充電モード
ハーフ充電よりフル充電モードの方が、回生できる電力も多い。
RX-5U_charge.jpg
▼登坂能力
エネループバイクと同じ前輪駆動方式なので、やはり登り坂での荷重面で不利なのは同じ。
登り坂で前輪を地面に押し付けるグリップ力が不足し、坂道でのアシストがやや弱くなる。
更にエネループバイクよりも、航続距離重視な分アシストが控え目で、登り坂で更に苦戦しやすい。
▼航続距離
変速機を介さない前輪モーター直結なので、アシスト走行中の燃費は悪い
回生充電で補ってカバーしているので、回生ありでの航続距離の長さは最長クラスとなるが、
24km/h以上になる急坂等、回生充電が働かない条件での航続距離はビビタフネスより劣る。
この為、回生充電を使い難い使用環境にあると、燃費が悪くパワーが弱い、となるので注意。
また回生機能が付いた分、価格も12Ahクラスのモデルに近い額になる。
回生充電機能の長所/短所」を参考にし、回生充電機能が必要かどうかは購入前に要検討。