※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■文明ボーナス
城主の時代以降、町の中心の木のコスト-50%
歩兵射手の射程:城主の時代+1、帝王の時代+2
羊を狩る人の作業速度+25%

■チームボーナス
射手育成所の作業速度+20%

■固有ユニット
ロングボウ
■固有テクノロジー
ヨーマン(歩兵射手の射程+1、塔の攻撃力+2)


いわずと知れた射手文明。
暗黒の羊ボーナス、領主では射手育成所の作業速度
城主の中心半額による内政拡大、帝王の長い射程を誇る射手部隊
と、全時代にボーナスがあるので、特に不利な時代を感じさせない。
ロングボウは強いので城が揃えられる状況なら出したい。
ELロングボウ+槍矛兵+遠方投石器+騎兵の待ち編成が理想か?

<前衛>
領主では、散兵メインのRRから弓歩兵に切り替えていくのが無難か?
城主では弓歩兵と長槍がメインに。中心半額や射手の射程でアドバンテージがある。
帝王でも領主、城主で生産していた弓と槍がフルアップでかなり編成も楽にいける。
優勢のときやイーグルがって時は近衛剣士の存在も忘れない。

<後衛>
弓ボーナスを生かすため直も選択肢に。
中心半額は即城のときはかなりうれしいはず。
中心早く立てられるので内政の防御・拡大がいい感じ。
帝王押すころには射手の切り替えを考える。
前衛と合わせるのか、敵後衛に直に張り付くかTPOで!

<帝王>
重石弓かロングボウを使うかは状況による。
ロングボウは重石弓に比べ攻撃+1射程+1なのだが溜まるのが遅いのが辛い。
弓歩兵自体脆いので優位でなければ溜め易い&アップコスト安い重石弓の方がよい。

射手は数が必要なので人口制限にかかりRAMなどが出せなくなることがあるが、
きっちり建物破壊を行う手段を確保しておくこと。