※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■文明ボーナス
聖職者の治療範囲2倍
塔の駐留ユニット数2倍
塔の中から攻撃するときの矢の数2倍
迎撃用窓のコスト0
畑のコスト-33%
町の中心の攻撃力+1、視界+5

■チームボーナス
ユニットの転向に対する抵抗力アップ

■固定ユニット
チュートンナイト
■固有テクノロジー
銃眼付胸壁(城の射程+3、駐留した歩兵が矢を射ることができる)


畑のボーナスによって内政が厚い。
金ないとキツイといわれるが、騎兵系が斥候まで、小手が無いので散兵がイマイチという所からだろう。
大砲、砲撃手、近衛騎士(繁殖無いけど)、破城投石、近衛剣士、砲台と金にかかるユニットは逆に充実。帝王戦はまず困らないと思われる。

チュートンナイトは防御力が異常に高いユニットですが・・・鈍足なお陰で射程系に弱い。
相手が歩兵系やアンチ主体の時のみ使えます。無理に使わない方が無難。

前衛戦術
    無難なのは散兵に槍を混ぜた普通のRR。畑の張りやすさで内政はいい感じなので、内政勝ちは充分狙える。
城主にはいれば精鋭散兵・長槍でもいいし、騎士まぜてもいいし。領主で弓だしてたらなら石弓でもいいが、帝王入っても重石はない。
帝王押した後は、優位なら近衛騎士か剣士かどっちか出して勝負を決めにいく。泥試合なら精鋭散兵・矛槍に弱いけど斥候もまぜて頑張る。
余裕があるならそこに大砲混ぜて建物を破壊していく。押し込まれそうなら砲台を。研究しないと出せないから早い目に研究しとこう。

        * TR・・・チュートンならではの攻めとなると、塔攻め。早い進化からのTRは強力ではある。チュートンの何がいいって塔の打ち合いに負けないこと。
農民か弓を最大まで詰めたら100%打ち勝てる。敵前衛にかなり消耗させられるが、自分の内政も犠牲にするため難しいかも。


後衛戦術
    即が安定でしょう。血統あるし、畑安いから畑多めに張れるので騎士と農民生産が他の文明よりも楽にできる。
大きな内政ボーナスがあり、近衛騎士もあり鉄工所の馬関連はすべて揃っている。繁殖はないけどそこは我慢。
迷わず騎士を出していこう。騎士勝ち、内政勝ち充分できます。


帝王戦
    メインユニット筆頭は近衛騎士。槍に苦しんだら砲撃主。金のバランス考えて散兵なども槍対策の選択肢に。
近衛剣士も出るので状況に応じて剣士をメインという手も。
砲台があるので立ててしまえばその拠点で結構粘れるものの、騎兵が無い、小手が無いなど、金が切れたら物足りないので、泥仕合は避けたいところだが・・・