※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■文明ボーナス
建物のHP:暗黒の時代+10%、領主の時代+20%、城主の時代+30%、帝王の時代+40%
らくだ騎兵、散兵、槍兵のコスト-25%
火炎船の攻撃力+20%
帝王の時代の進化コスト-33%
見張りのコスト無料

■チームボーナス
聖職者の治療速度+50%

■固有ユニット
カタフラクト(歩兵に強い騎兵)
■固有テクノロジー
兵站学(カタフラクトが範囲攻撃を行う)



アンチユニット安いボーナスが際立つ文明。ビザンティン相手に槍散兵勝負挑むのはかなり無謀です。領主初期から三平三回しとかできる文明なので。やるなら進化負けしないように。
後衛時はらくだRする人が多い。らくだは一応騎士アンチなのですが、槍よりボーナスが無く建物からボーナス喰らうという非常に使い辛い属性をもっています。
中心矢ですら恐ろしくダメージ食らうのでそれを考えて出していきましょう。攻撃力低いのと弓防御が0なので、弓にも弱いです。よって荒らしには向きません。
しかし、騎士より生産が早く、足も速いので騎士に混ぜ込むとGoodです。敵前衛が弓等場合を見て適時騎士と駱駝を出しましょう。
また、帝王IN資源が少ないので早め帝王が楽ですが、内政自体は普通なのであまりに早く押してしまうとジリ貧になってしまいます。
帝王押したらキックバックされたと考えたほうがいいかも。

ユニークのカタフラクト、よく値段高いと言われるユニットです。アップコストF1600 G800、兵站学F1000 G600と相当量の飯&金を必要とします。
また城からの生産・研究のため時間がかかります。更にユニット自体も騎士並に高価です。
しかしフルアップすれば相当強いユニットなので使っていくことをお勧めします。
ですが騎士をアップしたほうが早く戦況が好転する場合もありますし、アンチハサーR+大砲・遠投等砲撃兵器の編成も手堅くかつ強いです。
それらも視野にいれた上で兵を選択しましょう。

因みにビザは高温溶鉱炉がありません。
ほぼ全てのユニットを作れる利点を生かして場合にあった兵種を選択。ゲームメイクしていきましょう。