※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■文明ボーナス
家を建設する必要がない
ゲーム開始時の木の保有量-100
弓騎兵の作成コスト:城主の時代-25%、帝王の時代-30%
遠投投石機の命中率+30%

■チームボーナス
騎兵育成所の作業速度+20%

■固有ユニット
タルカン (騎兵)
■固有テクノロジー
無神論 (諜報、反逆のコスト-50%、箱と象徴での敵の勝利時間+100年)


まず特筆すべきは全文明中唯一家を建てなくていいという点。
木の保有量-100ですが(このボーナスのせいで暗黒前半のスコア乙ってます)
暗黒の時点で既に50W~それ以上の見返りがきます。おまけに建設農民を他の仕事に割り当てられますし。
更に弓騎兵安いボーナス。弓騎兵は性能的には強いんですが値段高い、溜まり難い、と他の文明では厳しいユニットがばりばり出せます。この二つのボーナスのお陰でh2h最強です。

<前衛>
基本どおりに散兵が無難。家建てないでいいボーナスを利用して早めの進化からの速攻も得意。
弓R(篭り弓?)から早めのから城主入りもあり?
城主からは弓騎兵シフトが無難。
石弓は帝王で重石にならないので少し物足らない。(城主の間は石弓も十分いける)
ついで作成速度遅いので途中から弓小屋増設した方がよい。

25人領主からの即弓騎兵とかもあり。血統しないと結構死ぬので前半は微妙に辛いかもわかりません。散平にアドバンテージあるわけではないので前線バトルはつらい。嵐と内政で勝負を見出す感じ。

弓騎兵は攻撃力が石弓より+1多い、多少の投石ならやられない、機動力がある、HP多い、溜まれば騎士も殺せる、とかなり強いので使っていくべきだと思います。
攻撃速度が遅く少数だと槍に刺されるので扱いは案外デリケートなので大切に。
内政荒らしはお手の物。騎士きたら逃げましょう。

<後衛>
普通に即騎士しましょう。
内政ボーナスは木という面もあるけど、操作量を確実にふやすので
騎士の量と細かい操作(嵐や騎士の殴り合いで)あいてにプレッシャーをかけていきたい。

<帝王>
アップこそ厳しいものの、近衛騎士+重弓騎兵は強力ではある。
ハサー、ハルバードもあるので大きな穴は見当たらない。
弓鎧はフルアップしないが小手はあるので散兵もそれほど問題はないだろう。
資源の量と相談しつつ的確な兵士を出していこう。


タルカンについてはこいつは全く使えないので使用するに値しません。
理由はフルアップで重騎士と殆ど変わらないため。建物に+13ボーナスがありますがそれなら銀RAM出した方がよい。