|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

Jmeterでメール配信

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Jmeter を使ってメール送信にチャレンジしてみた。
『BeanShellサンプラー』にjavaメールのプログラムを記述して実行したら
メール送信が出来たので忘れないようにメモ。

まず、JmeterでJavaMailを利用するには、JavaMailと
JAF(Java Activation Framework)のライブラリを Jmeter のlibフォルダに追加する。
JavaMail/JAFは、以下のサイトからダウンロード可能。
http://java.sun.com/products/javamail/ (JavaMail)
http://java.sun.com/products/javabeans/glasgow/jaf.html (JAF)

ダウンロードしたjavamail-XXX.zip、jafXXX.zip(XXXはバージョン番号)を解凍し、
展開されたフォルダ内にあるmail.jar、activation.jarをJmeterのlibフォルダにコピー。

あと、Jmeterで BeanShell を利用する為にはBeanShellのライブラリが必要。
BeanShellは、以下のサイトからダウンロードすることが可能。
http://www.beanshell.org/

ダウンロードしたbsh-XXX.jar(XXXはバージョン番号)をJmeterのlibフォルダにコピー。
次に『BeanShellサンプラー』にJavaMailでメール送信するプログラムを入力。


import java.util.Properties;
import java.util.Date;
import javax.mail.Session;
import javax.mail.Message;
import javax.mail.Transport;
import javax.mail.internet.MimeMessage;
import javax.mail.internet.InternetAddress;

Properties props = System.getProperties();

⁄⁄↓のXXXXはSMTPサーバ名を指定
props.put("mail.smtp.host","XXXX");

Session session=Session.getDefaultInstance(props,null);

MimeMessage mimeMsg=new MimeMessage(session);

⁄⁄↓のXXXXは差出人のアドレスを入力
mimeMsg.setFrom(new InternetAddress("XXXX","","iso-2022-jp"));

⁄⁄↓のXXXXは送信先のアドレスを入力
mimeMsg.setRecipients(Message.RecipientType.TO,"XXXX");

⁄⁄↓件名を入力
mimeMsg.setSubject("件名","iso-2022-jp");

⁄⁄↓本文を入力
mimeMsg.setText("メール本文","iso-2022-jp");

⁄⁄↓メールの形式を指定
mimeMsg.setHeader("Content-Type","text/plain; charset=ISO-2022-JP");

⁄⁄↓送信日付を指定
mimeMsg.setSentDate(new Date());

⁄⁄↓送信
Transport.send(mimeMsg);


上記のようなプログラムを『BeanShellサンプラー』に入力し、実行したところメールの送信に成功。

ちなみに、『ユーザー定義変数』等の値を『BeanShellサンプラー』が参照する為には
『BeanShellサンプラー』の『パラメータ』のテキストボックスに${ } で囲った変数名を入力。
二つ以上の変数を参照したい場合は、変数と変数の間に半角スペースを入れて入力。
BeanShellのプログラム内では bsh.args[0] でテキストボックスに入力された
1つ目の変数の値が参照できる。



<<戻る TOP           
覚えたことを忘れない為のメモ


更新履歴