|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

__StringFromFile関数

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

__StringFromFile関数を使えばスレッドが生成される度にファイルから
一行ずつデータを取得できます。

例えばテキストファイルに以下のようなデータが入力されていたとします。
hoge1
hoge2
hoge3
一番初めに実行されたスレッドが __StringFromFile関数を使うと

「hoge1」

の値が取得でき、次に実行されたスレッドが __StringFromFile関数を使うと

「hoge2」

の値が取得できます。


Jmeterの『関数ヘルパーダイアログ』を使えば、__StringFromFile関数は
四つの引数をとることがわかります。
  • 第一引数には、ファイルのフルパスを入力します。
  • 第ニ引数には、関数名を入力します。
  • 第三引数には、開始ファイルシーケンス番号を入力します。
  • 第三引数には、最終ファイルシーケンス番号を入力します。

__StringFromFile関数は『ユーザー定義変数』に入力します。
(『ユーザーパラメータ』に入力してもOKです。)
「追加」→「設定エレメント」→『ユーザ定義変数』で
『ユーザ定義変数』を追加します。
次に追加した『ユーザー定義変数』に __StringFromFile関数を入力します。

覚えたことを忘れない為のメモ


更新履歴