QWERTYの盲点


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

layoutを「配置」ではなく配列と訳出表記するのもhttp://blog.goo.ne.jp/raycy/e/1723a11b7d1ec7ad8e3affd89c82a772、注意アテンション資源http://blog.goo.ne.jp/raycy/e/020894ffe57ea359e03ff841cc3954c0を事の本質外へと誘導集中させるのが狙いか?

キー配置の非対称性、


スタガーstaggered



キーボードサイズのデカさ 段差

タイプライターのキーボードはでかかった、横幅があった。
高さも段差があった。
「鍵盤を見ずして、原稿に視線を注力しながら打鍵することを、触(タッチ)知式打鍵ともいってるようで、触知式文字:点字読み点字読文にペア対応する用語としての面もある。」と、思っていました。でも、レミントンの初期1880年ごろ?(や、187ん年のアメリカン・タイプライター宣伝にも一応タッチがあるにはあるが、)のパンフレットに、キーひとつづつやら、1890年の教則本に「押してはだめ、叩いてすぐ離す」ってな表現があるところをみると、すぐ離すってな意味を込めて、タッチをつかっているように、初期の用語法ではなっていたのかな、と、思えてきている。タッチならオーケー、プッシュやら、いつまでもぐずぐず触りっぱなしはダメってな。そんなわけで、当初タイピングのタッチは、相当に激しい叩き方&アウェーであった。

第二次世界大戦中のタイプライターの教則映像でも、
http://www.archive.org/details/basic_typing_1
http://www.archive.org/details/basic_typing_2

戦後のタイピングコンテストの映像(捜索中)でも、手首の運動は、かなり激しい、、
指がホームポジションに触れる感じで「タッチ」しているなんて状態は、わずかにも見えない、そんな人が多そうだ、な、映像が多い気がするが、、

キーボードの横幅史
キーボードの段差の経時変化史

相似形にしても、大人の手サイズに比べて、現在の倍ほどの面積サイズがあったりしたなら、
昔の人は、
こどもが大人用のピアノを弾いているようなものだ、、

弾けたら、弾けるだけでも、神わざ神童だよ、、

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル