A SINGULAR ABDUCTION. Star - natlib.govt.nz - Jun 1, 1895

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

A SINGULAR ABDUCTION.
Star - natlib.govt.nz - Jun 1, 1895
http://paperspast.natlib.govt.nz/cgi-bin/paperspast?a=d&d=TS18950601.2.10

That letter was written in typewriting, and I observed a curious error in the spelling of three words. I found tho word3 'emphasize,' 'recognize,' and recognizing.' In each, instead of tho ' z,' we have a repetition of the ' i,' that letter being doubled. I happen to know something about writing machines. I felt certain that this letter had been written upon a caligraph. In that machine the bar which carries the letter *i'is next to that which carries the letter ' z.' It is not an uncommon thing when a typewriter is out of order for two bars to fail to pass one another. Thus in writing ' emphasize ' the rapid writer would strike the 'z' key before the * i' had fully descended. The result would be that the 'z ' rising would stike the 'i ' bar and carry it up again, thus doubling the 'i ' instead of writing ' iz.' The repetition of tbe mistake was evidence that it was a faulty machine. I also noted that this anonymou3 letter was upon paper from which the top had been torn away. I wrote to the doctor here, asking about tho * size ' of the girl and for any marks whereby the body could be 'recognized.' I u?ed the words 'size' and ' recognized,' hoping to tempt him to use them also in reply. In his answer I find the word ' recognized ' and also a similar word, undersized.' In both wo have a repetition of the double 'i ' error. Moreover the paper of this letter from the doctor matched that upon which the anonymous communication had been writen, provided I tore off the top, which bore his letter-head. This satisfied me that the doctor was our man. When the last letter came, proposing that he should be the ambassador, tho trick was doubly lure. It waa ingenious, for the abductor of course assured himself ihaf he ttas* net folWed fttid simply brought ihe girl home. But I sit another trap, 1 eetrotly placed a ojelometg? Upon the docWi carriage, He says that to-night ho drove to one, huudrod'Sßd'sooond stroet, and baok horo, a total of ten mllei. Iho ojelomotor, which tho butlor obtained fur rae when tho dootor arrived owhilo ago, shows that he drove less than a mile. He simply waited at his hou»8 until the proper time to come, and then drove here bringing tho girl with him."
OCN|翻訳サービス:http://www.ocn.ne.jp/translation/
その手紙はタイプライター技術において書かれて、私は3語の言葉のスペリングにおいて物好きなエラーを観察しました。 私がtho word3を見つけたこと 『強調してください、』 『認めてください、』 と認識。' それぞれには、thoの代わりに、 『z 、』 私達は、『i 、』 that 二倍にされる手紙 の反復を持っています。 私は偶然書き込みマシンについて何かを知っています。 私は、caligraphにおいてこの手紙が書かれたと確信していると感じました。 そのマシン 『z。』を手紙に運ぶそれの隣の手紙*i'isを運ぶバー において お互いに通過することに失敗するように2バールのためにタイプライタが故障している時には、それは珍しい物ではありません。 従って、ライティング『強調』において、* i'が完全に下降する前に、急速な作家は'z'をキーで打ちます。 結果はであり that 'z『上昇はします stike 'i 』バー 、再び上に届き それ 、従って、'iを二倍にします『書き込み』iz『の代わりに』。' tbe誤りの反復は、それが故障のマシンであったという証拠でした。 私は、このanonymou3手紙が、向こうにおいてトップがもぎ取られた紙にあることにも注意しました。 私は、tho*について尋ねて 女の子の、およびボディが『recognized.』であるかもしれないどのようなマークのためのサイズ'でも ここの医師に手紙を書きました 彼を、それらも答えて使うことに誘惑することを望んでいる私u?ed言葉『サイズ』、および『認められています、』。 彼の答えにおいて、私が、言葉を、『認められています』と気付いて、また 同様な言葉 小型です。' 両方のwoには、2倍の'i' エラー の反復を持ってください。 さらに、医師からのこの手紙の紙はマッチしていました 匿名の通信が、彼のレターヘッドに耐えたwriten〈 提供された 私がトップを引きはがした〉であったthat upon which 。 これは、私に、医師が私達の人であることを納得させました。 最後の手紙が、彼が大使であることを提案して来た時には、tho計略は二重に魅力でした。 それwaa もちろん確実にされた 自身 彼 ttas*ネットfolWed fttidが家にihe女の子に単に持って来たihaf 誘拐犯のために巧妙である 。 しかし私 別のわな、1を座らせる ojelometgをeetrotlyに置いた ? docWi車において、彼は、夜のにhoが、1、huudrod'Sd'sooond stroet、およびbaok horo、10のmlleiの合計まで運転したと言います。 Iho ojelomotorショー which tho butlor獲得毛皮rae 時 前のtho dootor
到着owhilo that と彼は1マイル未満を動かしました。 彼は、来る適切な時間まで、彼のhou8で単に待ち、それから、彼と、もたらしているtho女の子をここに追いやりました。」




&link_trackbackcounter -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル