Reports of the President and Treasurer

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




1875年のデモ
http://www.archive.org/stream/reportspresiden00techgoog#page/n188/mode/1up
April 15 (maybe 1875)
Mr. Martin then exhibited in operation, and described a "type writer," a machine to supersede the pen in manuscript writing.
In size and appearance it resembles a sewing-machine ; writing is performed by touching small round keys, like those of a piano, arranged in four rows of eleven each, and may be done by one or both hands ; each key, on the top of which the letter or sign is indicated, by depression with the finger causes its letter to be printed on the paper by means of a lever. Any one who can spell can write with it, and any quality or length of paper can be used, from three to eight inches wide. The type receives ink from a moving ribbon, which can be used for months without being re-inked, and with proper usage will last a year. Its work is as legible and as uniform as print ; its average speed IS twice that of the pen, and one good operator is as good as two expert penmen for all purposes except book-keeping and writing in books. For lawyers, reporters, copyists, clergymen, the blind, and for those whose hand writing is illegible from age or any other cause, such a machine is of great value. Any one with two weeks' practice can write with it faster than with a pen. By using copying ink and the manifold process, with thin papers, twenty copies can be written at a time. For teaching spelling and punctuation in schools it is of advantage, and its use would be like play to a child.
OCN|翻訳サービス:http://www.ocn.ne.jp/translation/
操作においてその時展示されたマーティンさんおよび原稿のペンに取って代るために、「タイプ作家、」マシンを説明しました
サイズと外観において、それはミシンと似ています; ライティングは、11の4つの列においてそれぞれ手配された小さな丸いキー〈ピアノのそれらのような〉に触れることによって実行されて、それまたは両方の手によりされえます; 個々のキー 指原因を持つ不況による手紙または合図が示されるトップ 紙においてレバーによってプリントされるその手紙 。 綴ることができるどのような人でもそれによって書くことができて、紙のどのような品質または長さでも使われえて、3インチから8インチまでの幅です。 タイプは動きリボンからインクを受け取ります。それは、インクを補充されて、適切な用法によって1年続かずに数ヶ月の間使われえます。 その仕事が読みやすいこと、およびとおり ユニフォーム として プリントする ; ペン、および1人のよいオペレータのその平均的なスピードである2倍のそれは、簿記および本を書き込むことを除いたすべての目的のための2人の専門家の筆記者と同じくらいよい。 弁護士、レポーター、写字生、牧師、ブラインド、および手書き込みが年またはどのような他の原因からでも読みにくいそれらのために、そのようなマシンは大きい価値をもっています。 2週の実行を持つどのようなものでもそれによってペンより速く書くことができます。 薄い書類によってコピーインクおよび多数のプロセスを使い 20のコピー 、一度に書かれうることによって。 綴るのを教えて、 学校の句読法 それが有利さをもち、その使用が子供に遊びに似ていることのために。




&link_trackbackcounter -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。