〈刻印呪師〉

名称:刻印呪師


■解説

 セルデシア世界で確認されているサブ職業の一つ。武器や防具などのアイテムに魔法の刻印を行い、様々な魔法効果を付与することが可能なサブ職業である。直接マジックアイテムを作るのではなく、ベースとなる他のアイテムをマジックアイテムに加工する加工の専門家であるため、直接的なアイテム生産能力を持たないのが特徴。加工できるアイテムは自身のレベル以下のアイテムに限られるため、高くてもレベル50程度である〈大地人〉ならば、出来上がる魔法のアイテムもレベル相応のものになる。一方、一部の特殊なNPCは、自らの体に刺青のごとく刻印を刻むこともあるというが、〈大地人〉における〈刻印呪師〉の数は極端に少なく、詳細は不明のままである。
〈冒険者〉における〈刻印呪師〉は〈錬金術師〉のレベルを上げることで前提条件を満たし転職可能になる上級サブ職業である。高レベルになればマジックアイテムを量産可能な生産職として活動することも可能であるが、素材となる武具そのものは作成できないため他の生産系サブ職業の協力が不可欠であり、また刻印のための触媒なども大量に必要とするため、大変コストがかかる職でもある。育成も非常に困難といえるだろう。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。