累積: - ___ 昨日: - ___今日: -

体は自然、ツボと筋肉、経絡と重力

ツボと経絡の観方


はじめに

 「ツボと経絡の観方」、言い換えれば、術伝では、ツボや経絡
をどう観ているかを説明します。

 基本的には、「人は動物、体は自然」で、「ツボは、筋肉の機
能性病変」、「経絡は、重力負荷の分担」と思います。

 「ツボは、筋肉の機能性病変」ですが、恒久的なものではなく、
一時的なものです。一時的なものだから、鍼灸で改善できるわけ
です。

 「経絡は、重力負荷の分担」、特に「正経十二経は、立位での
重力負荷の分担」と考えると、基本的には、経絡が立位で縦方向
に走っているのが理解しやすいと思います。

 「正経十二経は、立位での重力負荷の分担」ということは、操
体の橋本敬三先生が昭和13年に発表された「力学的医学の構想」
に出てきます。

「経絡…は相関連している体の内外を走る作用力線の通路…」
「運動力線に対して重力線は重大な役割をするのであるから、
 …縦の線である経が主となるものと思われる。」
(『生体の歪みを正す』橋本敬三論想集,創元社p46)

ツボは、筋肉の一時的機能性病変

 私は、経験上、ツボを以下のようにイメージしています。

 筋肉というのは、自在に伸縮できることが特徴ですね。生理学
的には、自在に緊張と弛緩できるという表現の方が良いのかもし
れません。ヒトは動物で、動く時には、筋肉を緊張させる(拮抗
筋は弛緩させる)ことによって、動作していますね。

 筋肉を使い過ぎると、疲れて過緊張したままに弛緩できない部
分ができます。これがいわゆる痼りです。そして、それ以上使い
過ぎると、もっと疲れて、過弛緩したまま緊張できない部分がで
きます。これがいわゆる虚の凝りです。

 ツボというのは、皮膚に近い部分の筋肉が過弛緩、奥の底の方
の筋肉が過緊張というのが、基本的な形のように思います。もち
ろん、痼りが2,3ある場合や、痼り代わりに筋張りがある場合な
どの変化形もありますが。

 ですから、皮膚に近い方は、フニャフニャしていて、押すと凹
み、皮膚の下に穴が空いているような感じがします。昔の人が、
「穴」とか「ツボ」とか呼んだわけだなぁと思います。

 そして、古いツボほど過弛緩の部分が長いというか、深い所ま
で過弛緩で、底の痼りは非常に硬くなるように思います。病を改
善するには、古い虚したツボを見付けることがポイントの1つと
思います。

 それに対し、「スポーツマッサージなどで、その日の疲れを取
る」には、実のツボ(表層筋の痼り)を目標にする方が向いてい
ます。鍼灸などで病を改善することと、その日の疲れを取ること
との違いに注意してください。

 この辺り、詳しくは以下に書きました。
歪みは筋肉に記憶される

 明治鍼灸大学時代の伊藤和憲先生のTPの異常活動電位の研究で
「トリガーポイントに成った筋肉は常時活動電位を発生している」
というのがありますね。

 …TPに成った筋肉は常時活動電位を発生…つまり緊張し続けて
いる…これが過緊張ということの実態なんでしょうね。ツボの底
のカチカチの部分は、必要も無い時も常時活動電位を出し続けて
いる(緊張し続けている=過緊張)ですね。

経絡は、筋肉の負荷分担システム

 ツボは「筋肉の一時的機能性病変」と考えると分かりやすいと
書いてきました。それを踏まえて上で、「ツボとツボの相関関係」
の1つである経絡などは、基本的には、筋肉同士の負荷分担シス
テム(かばい合い)と考えると分かりやすいように思っています。

 つまり、ヒトという動物の体に掛かる負荷をかばい合う仕組み
という視点で観ると、経絡などの「ツボとツボとの相関関係」が
理解しやすいと思います。

 そして、負荷の主なものは、2つかなと考えています。1つ目
は重力、2つ目は症状。詳しく言うと、2つ目は、症状を緩和す
る時の姿勢に由来するように思います。

正経十二経は、立位での重力負荷分担、縦方向が基本


 ヒトは、動物学的には「直立2足歩行するサル」です。ですか
ら、「重力が、基本的な負荷」になります。私は、そのため「経
絡は、立位で縦方向が主」、つまり、「正経十二経は、立位で縦
方向が基本」と観ています。

 ついでに「なぜ正経は12か」と言うと、「前・横・後ろで3」、
「手足で2」、「陰陽で2」なので、3×2×2=12ですね。

 ここで注意したいのは、「前・横・後ろ」の位置関係が、下腿
の陰経では異なっている点です。これにも、ヒトの直立2足歩行
が関係していると思います。詳しくは、「経絡の交差と2足歩行
を読んでみてください。

 ツボ同士の相関関係という視点で見ると、立位での重力負荷分
担に由来する「縦切り相関」と思います。

兪募穴は、「臥位での重力負荷分担」「症状時の姿勢」

兪募穴は、「臥位での重力負荷分担」が関係する?

 これに対して、兪穴、募穴などは、寝た姿勢での重力負荷の分
担と考えると分かりやすかったです。


兪募穴は、「症状時の姿勢」と関係する?

 また、別の視点からは、基本的には、症状が出た時に取る姿勢
との関連も深いように思います。症状が出た時の姿勢で、最も緊
張(縮む)する部分と、最も弛緩する(伸びる)部分に、ツボが
出やすいように思います。

 例えば、咳の時の姿勢で、最も縮むのは、「胸の最も腕より
(中府あたり)」と「胸骨の中央付近(膻中)」ですね。最も伸
びるのは、「肩甲間部上半分(肺兪など)」と「肩甲骨外端上部
(肩貞)」ですね。

 そして、喘息発作の時の姿勢は、場所は咳の場合と同じですが、
伸縮は逆になっているように思います。

 腹痛の時は、どうでしょう。消化器系が痛む時に取る姿勢では、
縮むのは「痛む臓器の腹側筋肉」、伸びるのは「痛む臓器の背側
筋肉(胃の六つ灸)」ですね。

 生理痛など生殖器系に由来する痛みの時に取る姿勢では、原因
の臓器が足寄りにあるので、腹側も背側も消化器系より少し足寄
りになりますね。

いずれにしても、横輪切り相関

 寝た姿勢での重力負荷分担、症状時の姿勢の2つの視点を説明
しました。いずれにしても、ツボの相関関係という視点から大雑
把に言えば、立位座位での「横輪切り相関」と言えると思います。

 そして、咳をする時の姿勢にも重力不可は関係しているように
思います。立位座位などで倒れないで咳を上手にするために姿勢
が決まってくるように思います。

 ですから、腹が痛くて寝る時には、横向き寝が多いですね。
「痛い部分を縮める姿勢」と「寝ること」を両立させるためだと
思います。

その他、色々な相関関係

 ツボ同士の相関関係の主な2つについて書いてきました。立位
での重力負荷分担に由来する「縦切り相関」、寝た姿勢での重力
負荷分担や症状時の姿勢に由来する「横輪切り相関」の2つです。
この2つ他にも、色々な相関関係があります。

 詳しくは、「体は自然、臨床は対話」の「動作負荷の分担原則」
の以下の項目を読んでみてください。
横輪切りの原則
縦切りの原則:十四経
足の経絡は全身に関係
背中と脚裏の負荷分担
経絡の交差と2足歩行
左右・前後・上下・対角の相関関係
動作時に連動する筋肉内


ツボの出方の12の自然則

 また、「鍼術覚書」の「ツボ」には、「ツボの出方の12の
自然則」を書きました。

 この12個の自然則をよく理解すると、患者さんの訴えを聞い
たり、体を目で見て手で触って確かめたりしたことと、この12
の自然則を照らし合わせると、ツボの出ている辺りを予測でき
ます。しっかり理解してください。


鍼灸操体、ツボ、経絡とは、要するに

  要するに、以下と思います。

1.ツボは、筋肉の機能性病変

2.鍼灸操体は、経絡などツボ同士の相関関係を利用して、
  「筋肉の機能性病変を改善」することを手始めに、
  「体の歪み、血流、神経伝達などを改善」することに因り、
  痛み辛さ症状を改善している

おわりに

 ご理解いただけましたか。私は、こんなふうにツボと経絡を観
ています。こういうふうに観ると、ツボや経絡は、現代医学と余
り矛盾しないように思うのですが、いかがでしょう。

 伊藤和憲先生は、明治鍼灸大学時代に、ツボの底の硬く痼りに
なった部分の筋肉が常時活動電位を発している状態にあることを
研究発表されていますし。

腹診のためにも、「筋の一時的機能性病変」の研究が必要!?

 ただし、「筋肉の一時的機能性病変」という考え方自体は、現
代医学の世界では、未だ一般的でないように思います。その考え
方が一般化するかどうかで、鍼灸操体按摩指圧などの研究が進む
かどうかが決まってくるように思います。

 また、「筋肉の一時的機能性病変」ということを前提にすると、
漢方の腹診における「心下痞硬」の「痞硬」、「臍下不仁」の
「不仁」の現代医学的定義も、明確になるように思います。
「痞硬」は「筋肉の過緊張型一時的機能性病変」、
「不仁」は「筋肉の過弛緩型一時的機能性病変」と思いますので。

 そういう意味で、鍼灸だけでなく漢方の研究の発展のためにも、
「筋肉の一時的機能性病変」についての研究が進むと良いなと思っ
ています。

 研究者の皆さん、よろしくおねがいします。

操体を学ぶと、経絡を実感しやすい

 また、操体を学ぶと、経絡を実感しやすいと思います。知識と
して経絡を知っている人でも、経絡を実感している人は案外少な
いように思います。手足への鍼灸で頭首胴(体幹部)の治療経験
を沢山することでも、だんだん実感できます。が、操体を学ぶと
違う視点で、経絡を実感することができます。

 例えば、経絡が重力不可分担と関係していることは、立ち姿勢
での「重さの操体」を身に付けると実感しやすいです。

 また、頭首胴(体幹部)の症状と手足のツボとの関係は、患部
と関連する手足に出ているツボの両方に手指を置くと分かりやす
いです。つまり、頭首胴(体幹部)の症状の出ている辺りに片方
の手指を置きながら、もう片方の手指で手足に出ているツボに皮
膚操体や指圧をしていると、手足のツボの変化に応じて、頭首胴
体の手指を置いている場所の状態も変化していることが観察でき
ます。

 逆に言うと、皮膚操体などをする時には、患部の近くの皮膚表
面に手指を当て、もう片方の手指で関連する経絡に出ているツボ
を順に試しに皮膚操体や指圧してみて、患部の反応が良い所を見
付けてから、本格的な操体や指圧をしていくと、効果が出やすい
です。

 また、鍼灸をする場合も、同じように、初めに、患部の近くと、
関連する経絡上のツボの候補の両方に、手指を置き、患部近くの
反応が良いツボを選ぶと、鍼灸の効果も出やすいです。

−−−−−−

間中喜雄先生や増永静人先生と操体

追記:20160105ーーーーーーーーーー

 鍼灸や経絡に詳しく『医家のため鍼術入門講座』など鍼灸の実
践書も出している間中喜雄先生が操体のことを「橋本式経筋療法」
と呼んでいたことをご存知ですか? 経絡には経筋以外の要素も
あるとは思いますが、経絡を実感するには操体を学ぶことが近道
と思います。

 また、経絡指圧の増永静人先生は、操体を橋本敬三先生から学
んだ後に、経絡伸展法や経絡体操を考案されています。これも、
「操体を学ぶと、経絡を実感しやすい」ということに繋がるよう
に思います。もちろん、操体を学ぶ以前から構想はあったと思い
ますが。
ーーーーー

NHKスペシャル 腰痛・治療革命〜見えてきた痛みのメカニズム

追記:2017.1.2
NHKスペシャル 腰痛・治療革命〜見えてきた痛みのメカニズム
http://www.nhk.or.jp/kenko/nspyotsu/a01.html

 ようやく、ここまで来たか〜と言う感じです。
ただ、まぁ、操体の橋本敬三先生のレベルまでは、あと何年か
かりますかね。

1.腰痛など運動器系の痛みは、筋肉の機能性病変が原因

2.痛む方向と逆の逆モーションバック運動を基本に、イイ感
じの方向に動くと改善する

2.については、詳しくは、以下を見てください。
「腰の動作制限を改善する」→術伝流操体no.3

 筋肉の機能性病変は、鍼灸など伝統医学の世界では、ツボや経
絡として昔から利用されてきました。
ーーーーー


   >>>術伝流鍼灸操体講座へ・・術伝流鍼灸操体講座

   >>>このページのトップヘ・・ツボと経絡の観方

   >>>術伝HPトップへ ・・・・トップページ

術伝HP内検索:上の@wikiメニューの「wiki内検索」


お知らせとお願い

術伝流鍼灸操体講座で患者さん役を募集

 術伝流鍼灸操体講座は、実践面を重視しています。実際に症状が出て
いる方の治療を見たほうが勉強になります。そこで、講座で患者さん役
をしてくださる方を募集しています。

 くわしくは、術伝流のモデルをみてください。

 よろしくお願いします。

感想・間違いなど

 感想などあったり、間違いなど見つけた方は、術伝事務局あてにメールをください。

 よろしくお願いします。

「術伝」症例相談用メーリングリストの参加者募集

 「術伝」では症例相談用メーリングリストの参加者を募集しています。
参加希望の方は、術伝事務局あてにメールをください。

 よろしくお願いします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

   >>>術伝HPトップへ ・・・・トップページ