●窓ハンドルフルスクリーン

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

情報


概要

指定したウィンドウをフルスクリーン化します。

解説

引数

HANDLE:対象ウィンドウのハンドル

サンプルプログラム

「notepad.exe」を起動。
H=「無題 - メモ帳」を窓ハンドル検索。
Hを窓ハンドルフルスクリーン。

//本体

●窓ハンドルフルスクリーン(HANDLEの|HANDLEを)
  SetWindowLong(HANDLE,-16,$80)。
  ShowWindow(HANDLE,1)。
  HANDLEに「0,0,{デスクトップW},{デスクトップH}」を窓ハンドルサイズ設定。
  戻る。

●SetWindowLong(w,i,l) =DLL("user32.dll",
"long SetWindowLongA(
hwnd hWnd,
int nIndex,
long dwNewLong)")。

●ShowWindow(h,n) =DLL("user32.dll",
"BOOL ShowWindow(
HWND hWnd,
int nCmdShow)")。


名前:
コメント:


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。