バトルヒート

【ばとるひーと】

ジャンル 対戦格闘
対応機種 PC-FX
発売・開発元 ハドソン
発売日 1994年12月23日
定価 8,800円(税別)
判定 なし
ポイント 斬新なアイデアと盛大な手間
ハード性能をフルに生かした迷作

概要

  • PS・SSの台頭に脅威を感じたハドソンが、急遽発売日を前倒しして登場させた次世代ハードPC-FXのキラーソフト。
    • それに見合ったゲーム内容で、アニメーション描写能力が飛びぬけて優れているPC-FXを生かすために全編がアニメーションで仕上がっている。
  • キャラクターデザイナーは羽山淳一。アニメーション制作はステジオコピック。
    • 羽山淳一はアニメ「北斗の拳」で作画監督を担当していた事があり、キャラクターは全体的に北斗の拳チック。筋肉描写が凄い。

システム

  • 基本的なシステムは一般的な対戦格闘と変らないが、プレイキャラクターはテレビアニメのようにセルアニメーションで描写されている。プレイキャラクターと対戦相手は同一画面内に描かれている。
    • 何を言ってるのか解らないと思うが、見てみない事にはこれ以上説明のしようが無い。
+ プレイ動画

  • プレイヤーはコマンド入力をする事でキャラクターに行動を与える事ができる。間合いやガード、ヒットポイントや必殺技は全てアニメで表現される。
    • 投げ技や飛び道具等、ド派手な技もアニメーションで描写。
  • 相手の攻撃に対し反撃を仕掛ける事ができ、その反撃に対し更に反撃返し…も可能(10回まで)。

評価点

  • 美麗なアニメーション
    • セルアニメで表現される格闘ゲームという意欲作なだけに、アニメーションのクオリティは非常に高い。

難点

  • ゲームバランスが悪い。
    • キャラクターバランスは別に悪く無い。具体的に何が悪いかと言うと飛び蹴りが強い。全キャラクター共有攻撃方法である飛び蹴りを繰り返すだけで簡単にクリアできる。
  • 同キャラ対戦どころか、同チーム*1所属キャラ同士で戦う事が出来ない。

総評

 次世代ハードの性能を生かすフルアニメーションの新感覚格闘ゲーム。ダイナミックな戦闘アニメは見る者を圧倒した。それと同時に、PC-FXと言うハードの可能性にも驚かされただろう。だが、ゲームそのものの出来が今一であったため、PC-FXを象徴するような本作は良くも悪くもPC-FX同様の評価を下される事となった。

余談

  • 本作のEDテーマ「逢いたい君がいない」は2年後にシンガーソングライターの「天方直実」がデビュー曲として歌っている。その際、一部歌詞が若干変化している。
    • それが原因かは定かではないが、ゲームそのものの知名度と比較するとこの曲の認知度や人気はかなり高い。