アトリエシリーズリンク


ザールブルグシリーズ

機種 タイトル 通し番号 概要 判定
本編
PS マリーのアトリエ ~ザールブルグの錬金術士~ A1 アトリエシリーズの始まり。世界を救うのはもうやめた!
SS マリーのアトリエ ↑に新規ED等を追加したマイナーチェンジ移植。
PS/Win マリーのアトリエPlus ~ザールブルグの錬金術士~ SS版の移植。
PS/Win エリーのアトリエ ~ザールブルグの錬金術士2~ A2 マリーの正当進化発展で特に人気が高い。
PS2 リリーのアトリエ ~ザールブルグの錬金術士3~ A3 後のリーズやロロナ程ではないが多数のバグがある。
リリーのアトリエPLUS ~ザールブルグの錬金術士3~ ↑の一部バグを解消し、通信対戦機能やイベントを追加したマイナーチェンジ版。
外伝
GB マリーのアトリエGB 初の携帯機タイトル。
エリーのアトリエGB
WSC マリー&エリー ~ふたりのアトリエ~ 「エリーのアトリエ」の続編。後のGBAに続く、マリー・エリー共同での工房経営。
PS2 ヘルミーナとクルス ~リリーのアトリエ もう一つの物語~ シリーズ唯一のADV。
GBA マリー、エリー&アニスのアトリエ ~そよ風からの伝言~ 時系列的には「ふたりのアトリエ」の続編。
ボリューム・作業効率共にエリーから向上。
ザールブルグシリーズファンからの評価が高く、現在ではレアソフトとなっている。
カップリング
DC/PS2 マリー&エリーのアトリエ ~ザールブルグの錬金術士1・2~ 『マリーのアトリエ』と『エリーのアトリエ』のカップリング移植。
DC版にはPCウイルスが入ってるので間違ってもディスクをPCに入れないように。


グラムナートシリーズ

機種 タイトル 通し番号 概要 判定
PS2 ユーディーのアトリエ ~グラムナートの錬金術士~ A4 ザールブルグシリーズと世界観を共有。
PSP ユーディーのアトリエ ~グラムナートの錬金術士~囚われの守人
PS2 ヴィオラートのアトリエ ~グラムナートの錬金術士2~ A5
PSP ヴィオラートのアトリエ ~グラムナートの錬金術士2~群青の思い出


イリスシリーズ

機種 タイトル 通し番号 概要 判定
PS2 イリスのアトリエ エターナルマナ A6 RPG要素を強めたシリーズ。初の男性主人公タイトル。
イリスのアトリエ エターナルマナ2 A7 前作で批判された要素がほぼ完全に駆逐され、全体的な完成度は高水準。
イリスのアトリエ グランファンタズム A8


マナケミアシリーズ

機種 タイトル 通し番号 概要 判定
PS2 マナケミア ~学園の錬金術士たち~ A9 学園を舞台にしたアトリエシリーズ。戦闘システムが人気。
PSP マナケミア ~学園の錬金術士たち~ PORTABLE+ 上記のPSP移植版だが、なぜかロード&フリーズ地獄が追加。
会話シーンもテキストの文字が異様に小さい、キャラ絵ボケすぎとおかしなことに。
劣化
PS2 マナケミア2 ~おちた学園と錬金術士たち~ A10
PSP マナケミア2 ~おちた学園と錬金術士たち~ PORTABLE+


アーランドシリーズ

機種 タイトル 通し番号 概要 判定
PS3 ロロナのアトリエ ~アーランドの錬金術士~ A11 グラムナートのシステムを踏襲する新約アトリエシリーズ。
バグが多くフリーズする点に注意。
なし
PS3/PSV 新・ロロナのアトリエ はじまりの物語 ~アーランドの錬金術士~ A11V システムを『メルルのアトリエplus』ベースにした半リメイク。
延長戦、ゲスト参戦の仲間キャラといった新要素を導入。
なし
3DS 新・ロロナのアトリエ はじまりの物語 ~アーランドの錬金術士~ 3DSA1 ↑をベースにグラフィックや戦闘システムをアレンジした移植。
PS3 トトリのアトリエ ~アーランドの錬金術士2~ A12 システム面が大幅に改良され、新システム「冒険者免許」によりかなり自由度が高まった。
一流の冒険者を目指し、行方不明の母を捜そう。
PSV トトリのアトリエPlus ~アーランドの錬金術士2~ A12V PS3版のDLCと若干の追加・調整を加えた移植作。
パッチ後なお不安定性が指摘される。
PS3 メルルのアトリエ ~アーランドの錬金術士3~ A13 アーランドシリーズ最終作。前作の「冒険者免許」に変わって新たに「開拓」の新要素が追加。
『ロロナのアトリエ』から懐かしいキャラクターが数人登場する。
PSV メルルのアトリエPlus ~アーランドの錬金術士3~ A13V PS3版のDLCを収録し、新規シナリオ・イベントの追加やシステム調整を加えた移植作。


黄昏シリーズ

機種 タイトル 通し番号 概要 判定
PS3 アーシャのアトリエ ~黄昏の大地の錬金術士~ A14 新たな世界観で綴るPS3アトリエの4作目。
調合は結果だけでなく、過程も重視する今までにない要素が取り入れられている。
なし
PSV アーシャのアトリエPlus ~黄昏の大地の錬金術士~ A14V PS3版のDLCを全て収録し、新要素を追加。
PS3 エスカ&ロジーのアトリエ ~黄昏の空の錬金術士~ A15 黄昏シリーズ2作目。久しぶりにダブル主人公を採用。
2014年4月から6月までアニメも放映された。
なし
PSV エスカ&ロジーのアトリエPlus ~黄昏の空の錬金術士~ A15V PS3版のDLCと、新仲間や新イベントを追加。
PS3 シャリーのアトリエ ~黄昏の海の錬金術士~ A16 黄昏シリーズ3作目で一区切り。
日数制限の廃止やフリーカメラなど、過去作以上の改革が行われた。
なし
PSV シャリーのアトリエPlus ~黄昏の海の錬金術士~ A16V アーシャ、エスカ&ロジーが再集結することで、シナリオに大幅なテコ入れをされた。


不思議シリーズ

機種 タイトル 通し番号 概要 判定
PS3/PS4/PSV ソフィーのアトリエ ~不思議な本の錬金術士~ A17 シリーズ初のイラストレーター2人起用。
Win Atelier Sophie: The Alchemist of the Mysterious Book 久々のPC移植版だが、日本語は抜かれている。
PS4/PSV フィリスのアトリエ ~不思議な旅の錬金術士~ A18 前作の錬金システムを引き継ぎ、一部のシステムを改善。
日数やバトルは従来作寄りに。
Switch/PS4/PSV リディー&スールのアトリエ ~不思議な絵画の錬金術士~ A19 不思議シリーズ最終作。
Win Atelier Lydie & Suelle The Alchemists and the Mysterious Paintings



任天堂携帯機シリーズ

機種 タイトル 通し番号 概要 判定
DS リーズのアトリエ ~オルドールの錬金術士~ DSA1 2007年KOTY携帯機部門次点
通称フリーズのアトリエ。
原点回帰をうたった、ザールブルグに近い作風のシリーズ。
アニーのアトリエ ~セラ島の錬金術士~ DSA2 製作所が変わってDSアトリエでは一番遊びやすいゲームに。
ただし期限短めで結構急かされるゲーム。
リーナのアトリエ ~シュトラールの錬金術士~ DSA3 新たに行商要素が追加。


ゲスト出演

機種 タイトル 概要 判定
PS3/360 クロスエッジ
クロスエッジ ダッシュ
コンパイルハート開発、ゲーム会社5社のクロスオーバーRPG。
『マリーのアトリエ』からマリーが、『マナケミア2』からリリア、ロゼ、ウィム、ルゥリッヒがゲスト出演。
なし
PS3 トリニティ・ユニバース 『ヴィオラートのアトリエ』からヴィオラートとパメラがゲスト出演。
PSP エルクローネのアトリエ アイディアファクトリーとのコラボレーション作品で、世界観を共有する乙女ADVゲー。
ザールブルグシリーズからマリー、エリー、武器屋のオヤジがゲスト出演。
PS3/PSV 無双OROCHI2 Ultimate アーランドシリーズよりステルクがゲスト出演。
PS4/PSV/Win 無双☆スターズ ソフィー、プラフタが登場。 賛否両論
PS4 New みんなのGOLF コラボアイテムが登場。 賛否両論


関連リンク



シリーズ概要

 ガスト(現・コーエーテクモゲームス)から発売されている、錬金術を題材としたRPG。主人公が錬金術士で、材料を各地から調達し己が力で数多くのアイテムを合成しながら自身の目的を達成するというもの。
 多くのRPGにある「世界を救う」ということではなく、その世界における日常生活にスポットライトをあてたことを特徴としており、基本的にEDまではシナリオによる強制はあまりなく、それまではプレイヤーの自由に委ねられるという自由度の高さがシリーズの魅力。また主人公の錬金術師はほとんどが可愛い女の子であり、繊細な絵柄と配色に凝った服飾デザインといった美術面でも人気を呼んでいる。
 一定の周期で、キャラクターデザインや原画担当、音楽、物語の舞台といった作風に転換期が訪れるという特徴もあり、アトリエシリーズ内でも数タイトルごとに「ザールブルグシリーズ」「グラムナートシリーズ」「アーランドシリーズ」といった小さなまとまりに分かれる。
 新シリーズに旧シリーズキャラがゲストで登場する事があり、舞台は違えど世界観の繋がりは示されている。
 各作品タイトルはナンバリングの形でつながってはいないが、「A+数字」の通し番号が振られている。