アイドルデスゲームTV

【あいどるですげーむ てぃーびー】

ジャンル センター争奪デスゲームアクションADV
対応機種 プレイステーション・ヴィータ
発売元 D3パブリッシャー
開発元 ウィッチクラフト
発売日 2016年10月20日
定価 7,344円
レーティング CERO:D(17歳以上対象)
判定 なし
ポイント アイドルのセンター争いをデスゲーム物に
期待を煽り過ぎたダンガンロンパ的な何か
題材と独自性は良し


概要

D3パブリッシャーフルプライスタイトルとしてはもう定番路線となった美少女モノ。
今回はアイドルたちがトップに立つべく(言葉通り)命がけでアイドルグループ「プロジェクト47」のセンター選抜イベント「ドリーム・オブ・ドリーム(D.O.D)」に挑むADV。
シナリオは開発元「ウィッチクラフト」の現社長であり、かつて『MARICA』『メタモルV』『THE 裁判員』などを手掛けた遠藤正二朗。キャラクターデザインも『THE 裁判員』に続いて上田メタヲが担当している。
前情報の段階で大幅にネタバレし、かの『Smash T.V.』のような血みどろ路線かと期待されたが…。

特徴

  • 表向きはセンター争いのテレビ番組。
    • 生中継にて超有名アイドルグループのセンターを賭けてアトラクションに挑む、という形で物語は進んでいくが、それはプロローグだけ。本格的にシナリオに入ると、「脱落者はデスライブにて殺される」という殺伐とした設定が明らかになる。
    • ちなみにそれに関してはかなり前の段階でユーザーへネタバレしており、登場人物だけが「これはテレビ番組だから死んだりしない」と思い込んだまま進むという異色の展開になる。
  • 全7人のアイドルがいるが、初回プレイで選ぶことができるのは「茅ヶ崎 千春」のみ。
    • 彼女でクリアすると、他のアイドルを主人公として選択できるようになる。さらに条件を満たすと「D.O.D編」が解禁され *1 、このシナリオで今回の舞台の真相が明かされる。
    • アイドル達にはそれぞれ、『他のアイドルをどう思い、どう思われているか』に関係する「好感度」、アピールタイムでの「得意」「不得意」、初期ファン人数などが設定されている。
    • 各キャラクターに持ち歌となるアイドルソング(ボーカル有り)が存在しており、後述のデスライブパートで流れる。
  • ファンとイベント通貨「ドリマネー」
    • 登場人物は全員アイドルであり、熱心なファンからの応援を受けている。ファンの数に応じて時間ごとにドリマネーが補給されていく。またファンも、基本的には時間経過で増える。
    • ドリマネーはチャレンジ用アイテムやバクロワイヤルで使用するヒントなどを購入するのに必要。…というより、これを如何に稼ぐかでゲームが決まってしまう。
    • ファンはプレイヤーの行動で増減するので、アイドルらしからぬ行動をとり続けるといつの間にかファンに見放され時間経過でのドリマネー補充が滞る事態になりかねない。ただし…。
  • センターは金で買え、と言わんばかりの仕様
    • 各章の終わりには「チャレンジ」と呼ばれる関門があり、これをクリアできなければ進むことができない。が、内容は違えど基本的に 運ゲー であり、プレイヤーの腕ではどうにも出来ない。
    • そこでドリマネーを使ってアイテムを購入し、クリア条件を強引に満たすのが一番早い進み方になる。というか、これ以外でクリアするのは難しい。
    • 最終章ではファンの人数がクリア条件になるが、これさえもドリマネーで「にわかファン」を買えばよい。
  • バクロワイヤル
    • フィールドとなる洋館内部に隠されたスキャンダルの欠片を使って、アイドル同士が持っている秘密を暴露しあうというシステム。これでドリマネーを大量に奪い取ることが可能。また、勝った方は「テンション」が上昇し、負けた方は下がる。「テンション」は審査の出来に影響を及ぼしてくるため、地味に大事。
    • 各アイドルがそれぞれ持っている秘密は一般的にはどうでもいいかわいらしいネタから、芸能生活に支障をきたすほどの致命的な特大スキャンダルまで数多く存在する。特に後者のスキャンダルを番組内で暴露されるとテレビを忘れ本性をさらけ出すシーンが流れる。
    • ただし他人の秘密を暴露する以上、ファンが減ってしまう。また勝敗の付け方がよくわからない(後述)。
    • こちらから仕掛けるだけではなく、相手から仕掛けられることもある。その際の基準は前述の「好感度」が大きく関わって来る。
    • なおバクロワイヤル中はお茶の間への音声はカットされるため視聴者にスキャンダルが漏れる事はないらしい。それって視聴者見てて面白いんですかね…とかは考えないようにしよう。
  • デスライブ
    • チャレンジをクリアできないまま最後の一人になると「脱落」となり、自分の持ち歌がバックで流れる中でアトラクション風に処刑される。もちろん、自分が主人公に選んだアイドルが「脱落」してしまうとゲームオーバーとなる(一部例外アリ)が、その際にもキッチリ流される。
    • ダンガンロンパ』で言うオシオキパート。ある意味このゲーム一番の見どころである。
    • ゲーム内では「試練に耐えきれば敗者復活」と言っているが…。

問題点

  • いろいろな意味で劣化ダンガンロンパすぎる
    • ゲーム内容的には一見すると近いのだが、謎解き部分は皆無に等しい。加えて、ほとんどのアイドルはかなり長い間「アイドル特番の企画」と思い込んでいるために、共演者が死んでいく悲壮感が全くないまま進んでしまい、プレイヤーは置いてきぼりである。
    • 爆発しようが、動物に襲われようが、「特撮みたいなもの」「精々ケガ程度で本当に死ぬ訳ない」と登場人物は判断する場合が多い。死体袋を見るシーンでも「中身は人形に決まっている」と言ってしまう。明確に死体が出る訳では無いのでそう思うのも無理はないのだが、さすがに何度繰り返されても全く信じないというのは、少々やりすぎである。
    • 同じVitaで発売された『かまいたちの夜 輪廻彩声』がCERO-Z(18歳以上対象)で明確に死体を描写していたことを考えると、CERO対策として明確に死ぬシーンを描写出来なかったためと考えられなくもない。
    • 展開が強引すぎて、安っぽいバラエティ番組の演出のように見えるのもその一因。
    • デスライブはさっきまで一緒にいた人物が短時間で遥か遠くへ移動していたり、時間経過が明らかにおかしかったりする。また変にギャグに偏っているせいで不自然かつ非現実的な殺され方が多い。
      • 爆破オチの場合は日本全土が爆発するような演出が入る他、火山の噴火といったあり得ない現象が起こる。ゲーム内での事情から推測するに爆発による死は本当でもそれらについてはCGによる演出だと判断できるのだが、そのせいで余計にデスライブで本当に死ぬという実感が薄れている。
      • 普通にデスライブに失敗して死亡するパターンよりも「デスライブのノルマは達成し成功扱いにはなるが、直後に不慮の事故や二次災害で死亡する」というパターンが圧倒的に多いことも、消化不良感を募らせる要因となっている。
      • デスライブも、個々のキャラで2種類(1人だけ3種類)しかなく単調さを助長している。
      • 数だけ見ればダンガンロンパより多いのだが、発売前の段階で公式HPやPVでデスライブの内容が結構な割合で出てしまっていたのでサプライズ感が大分薄れていたという問題もあった。特に公式HPではデスライブの内容が静止画で大体分かるようになっているうえに最後に出る死因の文章まで記載されているので予想外の展開にもなりようがなく、どうしてそこまで情報を出したんだという状況になってしまっていた。
    • 最初にプレイする千春ルートは実質的にバッドエンドのような悲しい結末で、レイプ目になったままの千春が痛々しい。他の主人公たちもほとんど同様。大団円となるのは最終ルートの「D.O.D編」のみ。
      • これに関しては製作陣も「あえてそうした」ことをインタビューで話している。曰く「7人の主人公すべてでプレイすることで、この世界の謎が少しずつ明らかになっていく」とのこと。少しずつ謎を明かしつつ伏線を張り、最終ルートで一気に回収すると言う『infinityシリーズ』のような構成を狙ったと思われる。
        …が、実質は先述の「D.O.D編」まで、謎の本質についてはほぼ明かされないと思ったほうがいい。
      • 確かに他のメンバーをデスライブで蹴落として栄誉を掴み取った所でハッピーエンドになど到底なりようもないが、各アイドルのエンディング演出もあっさり気味で、「センター」の栄誉を取ったことや後日談などは何もフォローされない。せめて、後日談としてセンター1人だけの悲しいライブ演出のシーンがあったり、マイソングを歌わせても(鬱要素としては)良かったと思うが…。
  • また、一部設定にも非常に雑な点が見受けられる。
    • 例えば「ドリパクはどうしてこのような事が出来たのか」を例に挙げよう。トップアイドルのセンター決めという一大イベントを乗っ取り、キー局まで掌握し、現場にいるスタッフたちは全員ドリパクの言いなりで死者が出る放送を黙々と続けている…。またドリパク自身も選抜メンバー全員のスキャンダルを把握し、公的書類まで含めた証拠まで握っているのである。
      +  ドリパクがどうしてこのような事が出来たのかと言うと…(ネタバレにつき格納)
  • と、上述の点を考慮するととても完成度が高いシナリオとは言えず、はっきりいって「本当に遠藤正二朗氏が書いたのか?」と言わざるを得ない出来となってしまっている。
  • 単調なゲーム性
    • ひたすらホテル内をうろついてコインを探す作業プレイになりがちな他、ステージごとの審査も少し作業的。全てのキャラでやることはほとんど一緒なのも苦痛。
    • ホテルが舞台なのだが、同じような地味な部屋が続くだけで画面に華が無く、探索の作業感を倍増させている。華やかなアイドル達が活動するのだから、もっと派手で煌びやかなホテルでもよかったはずなのだが。
      • 最終ステージで歌勝負を行う舞台は、ギリシャ風の神殿というよくわからないロケーションである。
  • バクロワイヤルの勝敗基準が不明
    • ゲーム内でも「ドリパクの機嫌次第」となってはいるが、男がらみを思わせるスキャンダルがどうでもいいネタに負けてしまったりと基準がわからない。
      • 流石にまずい仕様であったことを認めたのか、後の修正パッチでは各スキャンダルの「強弱度合いの数字」が表示されるようになった。
    • シナリオ的な事情で必ず負ける組み合わせもあるとかないとか。
    • なお、話しかけるだけでも時間が経過しドリマネーを稼げるので「話しかける→話すのをやめる」を繰り返すとバクロワイヤルで稼ぐ意味がなくなってしまう。
  • 値段が高すぎる
    • 内容がそれほど分厚いわけでもないにも関わらず、フルプライスだと7000円越え。今でこそそのような価格で取引はされてはいないが、販売前は予約特典を求めて正規価格で購入された方々が数知れず、ネット上では犠牲者の怒りのコメントが多数見受けられる。
      • 7人全員のアイドル+ドリパクをフルボイス仕様にしたことが原因と思われる。メインストーリーと一線を画す「諫早 れん」や「旭川 姫」のエピソードを追加要素にしたり、有料パッチでフルボイスにしたりするなどの工夫で価格を抑えることは考えなかったのだろうか。
    • 「システムボイスをドリパクから他のアイドルに変更できるDLC」という物も存在する。そんなの普通に出来るようにしろと言いたいところだが、これには何となく事情を察する事が出来たりする。
      • このゲームのギャラリーモードにあたるものは「MOVIE」となっており一枚絵や歌などは鑑賞できない。しかし、システムボイスをとあるアイドルに設定した状態でカーソルをMOVIEに動かすと「絵や音楽、いろいろな物」を鑑賞出来るかのようなボイスが流れてくる。つまり実際の仕様と収録したボイスに齟齬が出てしまったからなのでは…と推測される。
  • アイドル達の一人「蒲田 真理子」への扱い。
    +  ネタバレ注意
  • 評価点

    • アイドルたちがとても可愛い
      • 一枚絵もそうだが3Dモデルでの描写も可愛く、キャラクターソングの出来もいい。デスライブで流れるとまた異様な雰囲気で、何とも言い難い気持ちにさせてくれる。
      • 一枚絵は可愛らしいものだけでなく、アイドルらしからぬ鬼気迫る表情で叫ぶ他、絶望のあまり虚ろな表情を浮かべるなど、様々なものがあり、いずれも高クオリティである。
      • キャラ設定も結構作り込まれていて、裏事情を抱えているアイドルが単に優勝を目指すだけでなく、独自の目的を果たそうとするなど見所もある。アイドル同士の確執や偏愛、葛藤などもあっさり目だがそれなりに描写されている。
        • 中でも「筑波 しらせ」のシナリオは、本作のコンセプトに沿ったアイドルの二面性を上手く描写した出来となっている。彼女自身のキャラも強烈かつ個性的だが、同時に魅力的に感じたプレイヤーも多いはず。ただ、先述の通り初プレイでは選べないため、そこまで辿り着ける人でないと評価できないのだが。
      • 『アイドルマスター』や『ラブライブ!』で声を当てた中の人たちが出演しているためか、アイドルネタ、声優ネタ絡みのギャグも大量にある。
      • また、マスコット兼デスゲーム仕掛け人のドリパクの声は山口勝平氏で、非常に枠にハマった演技を見せている。プレイヤーを「ムカつく」気分にさせる演技力は流石で、声の使い分けも凄く、放送音声をオフにしたシリアスなシーンで脅すような声で話す際には本当に同一人物なのか疑いたくなるほど。
      • 声優ネタはドリパクにも存在し、あるデスライブでは『ジャイアントロボ THE ANIMATION -地球が静止する日』をパロディしている。
      • と、このようにキャラデザインに関しては申し分ないのだが、問題の多いゲームデザインのせいで本作の評価が芳しくないことから、再び彼女たちの姿を見る機会が望めないことを嘆くファンも少なくない。
    • D.O.D編のストーリー
      • 裏事情を抱えた一癖も二癖もあるアイドル達が辛い過去や確執を抱えながらも協力し、主催者であるドリパクに挑む展開は引き込まれる。これまでのルートで散々不快感とウザさを振りまいてきたドリパクに一泡吹かせる爽快感は大きく、他のルートがほぼBADエンドのようなものしかないこともあって、D.O.D編をクリアすることでの達成感はひとしお。
      • このルートのみで使用できる特殊なバクロワイヤルをはじめ、ドリパクの追い詰め方や結末など、演出のショボさが若干目立つのが難点だが、『ダンガンロンパ』や『逆転裁判』といった作品とは違ったカタルシスは一応ある為、D.O.D編をクリアしてこの作品の評価を底上げした人もいると思われる。ただ、それまでにダレて投げ出す可能性も否定できないが。
    • 演出の細かさ
      • デスライブ中の右上テロップの他、探索パートでデータ放送連動企画のようなファンの声が画面に表示されるなど、演出面も「わかっている」感が凄まじい。
      • イベント時には生中継されていることを表す表示が常に出続けるが、ドリパクが音声を切るように指示した際にはその表示が出る他、放送そのものを中断した際にはアイコンが消えるなど、テレビ番組を意識した演出は作り込みが細かい。
      • 荒唐無稽な世界観と思わせて、「地方局が処分を恐れて放送を中断した」「スポンサーが降りて公共広告のCMしか流れなくなった」「違法にネット視聴している奴らは今回だけは見逃す」「ロケ地が特定されたので警察が向かっている」など、放送による影響もしっかり描写している。
      • 「食事もトイレも行かないからやっぱり録画放送だろ」とか微妙にメタなコメントも流れる。
      • ローディング中には「プロジェクト47」関係の作中用語、作中には出てこない他のチームメンバー、常連ファンの設定文章などが出てくることも。ゲーム内の世界観がきっちり作ってあることが伺える。
    • アイドルの裏側を描こうという心意気
      • 表向きのアイドルアイドルな紹介ムービーもある一方でキャッチコピーが「偽りだらけの幸福」「復讐するは我にあり」「存在☆詐欺」などの酷い裏面にすり替えられたムービーがあるなど二面性や裏側を強調した箇所が多く、華やかなアイドルの裏を暴こうという心意気は凄まじい。
    • いろんな意味で常軌を逸したデスライブ演出
      • 上述した通り殺された実感はさほど湧かないものの、おバカ要素としてはエログロも入り混じりかなり楽しめる。
      • 「爆弾とともに箱に詰められ脱出を計るも、ドリパクが正解の鍵を(おそらくわざと)入れ忘れて爆死」はある意味お約束だが、「ウォータースライダー競争に勝つために水を油に変更したら *2 競争には勝ったものの、ゴールと共に上がった花火が油に引火して焼死」「一日交通所長として交通違反を何日も取り締まり続け、結局事故死」など、間抜けな死にざまに見える罰ゲームが多数。
      • また「バットが胸貫通」などどこぞのグロ漫画並みの不条理な死にざまも *3 。ただCEROの兼ね合いかアッサリ気味なのが惜しいところ。

    総評

    あまりにも前評判を煽り過ぎたせいもあってプレイヤーからの評価は芳しくないことが多く、クソゲー扱いされがちだが、実際のところ「まったく遊べない」ほどひどい箇所はない。
    作業感・消化不全感はあれど、初作として世界観を提供したという点を考えればそれなり、といったところ。
    アイドルのセンター争いとデスゲームものという独自性の高い題材や魅力的なキャラなど評価出来る点もあるにはある。
    さすがに『ダンガンロンパ』と張り合えるような良作とは言えないが…。
    ビジュアル重視でシナリオについて脳内補完出来るユーザーならば、買っても損はないと思われる。
    ただ、CEROの兼ね合いもありグロやリョナを期待したユーザーにとっては完全に期待はずれ。ここはCERO-Z版が待たれるところである。


    余談

    • アイドルを題材にした作品ながら、D3の看板アイドルである双葉理保はポスターとして登場するだけでストーリーには絡まない。
      • 双葉理保は(一応)正統派アイドルなので、このようなドス黒いストーリーの作品に絡ませるわけにはいかなかったのだろう。
    • 本作は東京ゲームショウ2016において体験会が実施されていた。入場入口の近くであり、30分~1時間待ちの行列ができていたことから、力を入れていた企画であり、それなりに注目がなされていたことが伺える。
      • しかし、販売後に上記に記した、あまりに爽快感のない単調なゲーム性から低評価が相次ぎ、大幅な値崩れが起きた。発売してから半年足らずで大手の通販サイトで新品が1000円近くで販売された時もあった。
    • 関連グッズとして、プリントブロマイド、キャラソンCDおよびLINEスタンプが販売されている。
      • Twitterアカウントがあり最新情報の告知がなされていたが、半年程度で更新が止まっており、暫く続編は登場しないと思われる。