修正依頼が出ています。加筆できる方は修正をお願いします。
依頼内容はジャンルの説明だけでなくもっと詳細なゲーム内容の追記です。


ボボボーボ・ボーボボ 奥義87.5 爆烈鼻毛真拳

【ぼぼぼーぼ・ぼーぼぼ おうぎはなげー ばくれつはなげしんけん】

ジャンル ワードプレイングゲーム
対応機種 ゲームボーイアドバンス
発売元 ハドソン
開発・企画元 六面堂
発売日 2002年12月19日
定価 4,800円(税別)
判定 なし
ポイント "ボゲー"第1弾
ゲーム的にはそこそこの佳作
ボボボーボ・ボーボボシリーズリンク


概要

何でもアリな世界観を不条理の嵐で駆け巡る、伝説のギャグ漫画『ボボボーボ・ボーボボ』のゲーム(通称"ボゲー")第1弾。
原作でいうところの「軍艦編」までを、余すところなく(ほぼ)完全移植している*1

特徴

  • 「ワードプレイングゲーム」とは?
    • 簡単に言うなら「スロットを回し、止めた言葉で作った文章が技になる」というもの。
      普通に繋げるだけでも攻撃可能だが、特定の組み合わせならより強力になる。
      • 例として「鼻毛」「追尾」と繋げ、3回目の「拳」で終了させると、秘奥義「鼻毛追尾拳」になる。最大5回まで。
  • 強さのランクは「奥義(組み合わせ失敗)<究極奥義<超奥義<秘奥義<最終奥義」となっている。
    • とはいうものの、実際の威力は技ごとに固定で「序盤から使える超奥義≒後半で解放される最終奥義」なんて事も。
  • スロットの制限時間は、段位*2を最高にしても20秒。初期状態に至ってはたった10秒。中々にシビア。
    • そのため、段位が低い内は「2~3回で作れて有用な技*3」を狙っていくと安定する。
  • ワード自体は「段位を上げる」「ボスを倒す」「オブジェクトを調べる」「人からもらう」などで集めていく。
    これが少ないと、スロットにおいて「閉店*4」の割合が上がるので、なるべく埋めていきたいところ。
    • また仲間がいると、緑に光る「融合技」のワードが出現する事もある。こちらは5ワード繋げきらないと成功しない。
  • ただし、決まったパターン以外の組み合わせでは良い結果は得られず実質無意味*5
  • 同じステージを何度も遊ぶことができる。ボスも同じように出現する。キャラゲーとしては良い点である。

評価点

  • 概要の通り、原作を(ほぼ)完全に再現している。
    • ストーリーは、基本的に「軍艦編(原作1~5巻)」をそのままなぞっており、イベントもほぼ全てそのまま。
      • それに加えて「読み切り版のネタ*6」「ゲーム版オリジナル要素*7」も豊富。
      • スロットで作れる奥義も同様であり、原作の印象深い台詞は大抵入っている。それこそ「咲いちゃった」から「クリスマス ジャンプ団の ハガキを 書いていた 作者*8などまで。
  • 携帯機なので、いつでも何処でもボーボボ達と冒険が楽しめるのも嬉しい。
  • グラフィックもキチンと落とし込んでおり、違和感は無い。首領パッチが背景にデカデカと現れる融合技などは必見。
    • BGMも何気にかっこよく、それでいて『ボーボボ』ワールドのハジけた感じを上手く織り込んでいる。
  • 同じステージ*9を何度も遊ぶことができ、ボスも同じように出現する。原作有りのストーリー仕立て型キャラゲーとしてはどちらかと言えば珍しく、また良い点であると言える*10

賛否両論点

  • あまりにも原作そのまんまであるため、テンポがかなり悪い。
    • 原作のやりとりを徹底再現しているため、会話シーンが大半を占めるのがその原因。延々読むのは疲れる上、既に知っているファンだと退屈なだけ。
    • Rボタン押しっぱなしで自動早送り出来るのが救い。これが無かったら、冗談抜きに苦痛だった事だろう。
    • それをネタにしたのか、エバータウン*11でのイベントではビュティが「ボタン押すの疲れるんだよ しかもデータのムダだよ」と述べている*12
  • スロットの決定方法が「同時押し」ではなく「ボーボボの指す十字ボタン+Aをスライド入力」。
    • このため、慣れない内は3ワード以上の奥義が全く出せない。結果として「ひたすら2ワード*13の奥義に頼る」といった事になりがち。
    • 一応、慣れればポンポンとテンポ良く繋げて出せる様になり、滑る様に決まっていくので中々気持ち良いのだが……。
    • キャラごとにミニゲームは異なるので、楽しめる要素と見るか難易度を無駄に高くしていると見るかは人次第。ただ、全般的にテンポはさほど良くない。

問題点

  • 表ラスボスの「軍艦」撃破後に行ける「花魔王城」が、やたら鬼畜。
    • 雑魚ですら、いきなりステータスがそれまでの倍近く。ボスに至っては、一番の下っ端で既に軍艦の3倍近い攻撃力。
    • ステータスをカンストさせてなお「ボボドリンク*14」によるゴリ押しを強いられる。
    • 単なるエクストラダンジョンという訳ではなく、話の流れで攻略する場所。なのに、ここまでインフレさせる必要は……。
  • 奥義は150以上あるが、実質的に最終奥義「聖鼻毛領域」一択。というのも、以下の様に至れり尽くせりであるため。
    • 威力400。ボーボボ単体どころか、融合技まで含めても最大。
    • しかも全体攻撃。おまけに「ノリ悪」の追加効果まで併せ持っているので、尚更この技1つで事足りる。
    • 加えて、ボーボボ単体の奥義は最大3つまでスロットに登録(=出現確定)できるため、確実に出せるのも大きい。
    • 一方の融合技は、出るかどうかすらランダムであり、しかもどの技も5ワード。この時点でかなり不安定。
      その上、苦労して完成させてもハジケ(体力)の合計値が低いと"ノリきれねぇ"で失敗する事がある。ピンチの時ほど使えない。
    • 一応「発動すれば必ずヒットし、全ての技が全体攻撃」という利点はあるのだが、上記の通り発動するまでが運。
      威力自体も、低い物だと140程度……明らかに、割に合っていない。
  • 仲間が不安定で、あまり役に立たない。
    • 何故なら、攻撃が完全にランダムだから。序盤に加わる仲間ほど技の平均威力が低いため、この弊害を受けやすい。
    • 一応、攻め手が増えるので全く役に立たない事は無い。段位を上げれば目に見えて強くなり、露払いはこなせる。
      しかし、そもそもボーボボを育てるのさえ大変なこのゲームで、仲間で育てる余裕があるかというと……。
    • ビュティだけは回復技を有しているが、良くて50%、弱い技では10%しか回復してくれない。焼け石に水の上、そもそも使ってくれるかも運。
  • ステータスは「マメ」を食べて上げるのだが、ハジケをカンストさせると何故か普通のマメが使えなくなる。
    • 分からん殺しな上、分かっていてもかなり不便。軍艦以降のボスは普通のマメしかくれないので、なおさら面倒。

総評

良くも悪くも、原作を忠実にゲーム化した"ボゲー"。内容はおおむね既知であり、見逃せない問題点もある。
しかしそれを差し引いても、原作の雰囲気をしっかり再現し、そこに違和感なく+αを入れ込んだのはお見事。
ハジケリスト*15なら、一度はプレイしてみて欲しい。


余談


*1 ただし、一部の表現は改められている(「殺す」→「倒す」、「キャベジン」→「キャベリン」など)。

*2 いわゆるランクで、ボーボボのステータス"奥義"に比例して上がる。

*3 「ギブミーチョコ」「マヨネーズ戦争勃発!!」など。なお、この2つはいずれもデフォルトで登録されており、スロットに必ず出てくる。

*4 選択してしまうとそこでスロットが強制終了し、そのターンは攻撃できなくなる。

*5 例えば、先に例の出ている「ギブミ―チョコ」と「マヨネーズ戦争勃発!!」を混ぜてマヨネーズチョコにしても意味がない

*6 序盤の「ログール村」など。

*7 原作に毛狩り隊BとD~Fブロック基地は登場していない。

*8 原作1巻より。澤井先生の実話だという。

*9 念のため説明すると、本作は面クリア型ではなく、通常のRPGのダンジョンがボス撃破後も何度も遊べるということ。

*10 面クリア型や2週目のあるゲームでもない限り、中ボスに会えなくなるようなゲームの方が多いため。後発の"9極戦士"等もボスキャラが再登場こそするとはいえ、同じボス戦はできない。

*11 ボーボボと首領パッチが"毛狩り隊に"就職しようとするネタの舞台。

*12 原作では「ページとりすぎだよ」だった。

*13 最後の決定はBボタンのため、A→Bで出せる。

*14 体力全回復アイテム。一撃で3割削られる事もあるので、後半はほぼこれ一択になる。

*15 『ボーボボ』世界で"命を賭けてバカをやりまくる者"のこと。