INFAMOUS ~悪名高き男~

【いんふぁますあくみょうたかきおとこ】

ジャンル オープンワールド&フリースタイルアクション
対応機種 プレイステーション3
発売元 ソニー・コンピュータエンタテインメント
開発元 Sucker Punch Productions
発売日 2009年11月5日
定価 5,696円(税別)
廉価版 PlayStation3 the Best
2011年5月26日/2,838円(税別)
レーティング CERO:Z(18才以上対象)
判定 良作
ポイント 超能力で暴れまわるオープンワールドアクション
選んだ選択肢で変化する能力
誰でもアメコミヒーローになれる
ゴルゴ13並みの雑魚


概要

  • とある事件をきっかけに一切の秩序や道徳が失われ、暴力、殺人、略奪*1が蔓延る無法地帯になった荒廃した街エンパイアシティ。時を同じくして、超人的な能力を身に付けた主人公コールがこの街のオープンワールドマップを舞台に繰り広げる物語。
    • 攻撃手段は全てコールが持つ電気の超能力である。 広大な街を縦横無尽に駆け抜け巡り、手から放たれる電磁派や雷で敵をなぎ倒せる。
    • 消費したエネルギーは街中にある電気を帯びた物体(電灯や車など)から吸収できる。

特徴

  • フィールド
    • 舞台となる"エンパイアシティ"は広大なエリアで、3つの区間に分かれる。シナリオを進めると序々にエリアが解放される仕組みになっている。
    • また超高層ビルなどの建築物には、全てよじ登れる。縦・横方向の自由度が楽しめる。
    • 荒廃した雰囲気が全体に出ており、通行人もバッタバタ倒れ、ゴミが散乱している。
  • バッテリー・コア
    • 「バッテリー・コア」というケージがあり、これは電気能力の弾装とも言える物で、能力を使用すれば下がる。回復には街中の電気を吸う必要がある。
    • 当初の数は10個だが、街中に落ちている「光る破片」を一定数集めると最大値が上昇していく。
  • 体力
    • 体力ゲージという物は無く、敵からダメージを受けると画面が汚れる。
    • 自動回復もするが速度は遅め。バッテリー・コア同様街中のオブジェクトから電気を吸うと瞬時に回復する。
  • 善悪の選択
    • プレイヤーの行動によって正義の味方危険な悪党どちらにでもなれる自由度の高さが特徴。エネルギーメーターの横にはカルマゲージが表示され、コールの行動によって善と悪のどちらかに傾いていく。善人と悪人で扱う特殊能力が異なり、受諾できるミッションも変化する。どちらに進むかはプレイヤーの自由。
    • またどちらかに一方に加担するとそれぞれ称号を得られる。善はボランティア、プロテクター、ヒーローで、悪はチンピラ、アウトロー、ネメシスという称号が贈られる。
    • 難易度的には余り変わらないが、悪は吸命という即全回復技が気軽に使えるので多少初心者向け。善も吸命はできるが、悪に傾いてしまうため頻繁には使用できない。
  • スキル
    • 手に入れた経験値を振り分けるとスキルが身につく。さらに善悪の傾きによって取得する技が変化する。
    • 例えばライトニングボルトは「ヒーロー」なら敵に攻撃を当てるとエネルギーが大幅に回復し、ヘッドショットが命中すると体力が回復し、「ネメシス」ならヘッドショットが命中すると爆発を引き起こす…といった具合に分かれている。
    • スキルの種類は様々で、攻撃に使用するものから線路や電線を滑走するもの、短時間だけ滑空するもの、敵から生命力を奪うもの、高所から雷を纏って落下するものなどがある。
  • ミッション
    • 青色のシンボル(メインミッション)と、黄色のシンボル(サブミッション)があり、これに触れるとイベントが発生する。
    • サブミッションをクリアすると、その地域一帯が安全地帯になり、敵が出現しなくなるため、メインミッション攻略時の難易度を下げられる。
  • 難易度について
    • ゲーム中に存在する難易度は、「イージー」「ノーマル」「ハード」の3種類のみで、どれも初期の状態から選択する事ができる。
    • 「ハード」では、入手できる経験値が「イージー」「ノーマル」に比べて約7割に減少しているので、パワーアップの経験値の振り分けが大切になってくる。
    • もちろん、出現する敵も強化されているので油断はできない。

評価点

  • 誰でもアメコミヒーローになれるアクション
    • 電気を自在に使いこなす超能力者、コールを操作して広大な街を縦横無尽に駆け巡ることができる。
    • ストーリーイベント時はアメコミ調のイラストで表現され、世界観やストーリー展開、コールの能力も相まって、正にアメコミの主人公になった気分を味わえる。
    • ストーリー展開もダークで、電気能力を得るも街の人々からはテロ扱い、恋人には恨まれたりと散々なことが多い。それでも先が気になって進めてしまう魅力がある。特にラストの展開は衝撃的。
  • 電気能力の爽快感
    • ロッククライマーの如く身軽に建物を登ったり、電線や線路の上を滑るように移動したり、高所から一気に地上に飛び降りたり、能力で空を滑空したりと移動手段も豊富でまたオリジナリティがある。
    • 戦闘も様々なスキルを会得し、徐々に強くなっていきスキルが使用できる。
    • 車や分電盤、発電機や街灯、様々なところから電気を補充しつつ戦ったり、放電によって電車を走らせたり、機械に充電したりと、電気人間ならではの回復方法などアイディアも良い。
    • 水に入ると漏電してダメージを受けてしまうところなどもユーモアがある。
  • 善と悪のシナリオ
    • プレイヤーの行動によって、にもにもどちらにもなることができ、最終的に善ルート、悪ルート二つの結末が用意されている。
    • その為周回プレイが最初と違う部分多く苦にならない。ムービーも悪と善と変化する。
    • また善と悪で覚えるスキルが違う為バトルも飽きがこない。
  • 舞台設定
    • 広い街中を自由に走り回れる。先述通り建物があれば壁を登ったり、電線があれば滑ったり、電車や車の上に乗ったり…と、とにかく自由に街中を回れるのが楽しい。
    • 能力を使いながらブラついても結構時間が潰せる。
  • 親切なシステム
    • チェックポイントも細かく、青がベント、黄色がサブイベント。ミニマップはマーカーを付けられるので目的地が分りやすい

問題点

  • 雑魚が非常にうっとうしい
    • 雑魚敵は超遠距離から確実に当ててくるゴルゴ13並みの射撃を見せる。どこから来たのかと探すとかなり遠くから攻撃されることがしばしば。その癖、こちらの攻撃は届かない。
    • また電車や移動していてもバシバシ当ててくる。''特にビルに登っている時に狙われるとかなり鬱陶しい。
    • 中でも中盤以降に出てくるダストマンは、スナイプでヘッドショットを2発当てても死なない耐久性の高さも相まって厄介。
    • さらに最後は装甲車、リロード不要のチート機銃が全方位に搭載されている。
  • ステルス要素が無い
    • 敵の範囲内に入ったら後ろを見ていようが攻撃してくるので、当たらずにやり過ごす方法が無い。
    • そのため戦闘になると四方八方撃たれまくり、あっという間に死ぬ。
    • 街で雑魚を倒していると増援が出てきて、もたつくと囲まれ十字砲火ですぐ死んでしまう。
      • 実質地上にいるとすぐに敵がボコスカ撃ってきて安住の地がない。
  • 街でやる事が少ない
    • 歩き回っていても天候や昼夜が変化せず、市民のAIは単純、街でやれる事はとても少ない
    • 車や銃火器を使えず、社会機構がマヒしているのでお金や店という概念も無い。
    • はっきり言ってミッションをこなすか、隠しアイテムを探すか、湧いて出る敵と戦ったり市民を助けて経験値を稼ぐか、の四つくらいしかない。
    • また多くのビルや建物があるのだが、中に入ることは出来ない。
  • 選択肢の自由度が少ない
    • 選んだ選択肢が直接能力取得に関わるため、一周目ならひたすら善の選択肢、二周目なら悪の選択肢といったようにあらかじめ決めてプレイするのが基本となってしまっている。
    • その時々で善を選んだり悪を選んだりするプレイもやろうと思えば可能だが、どうしても能力が中途半端になる。
  • ミッションが単調
    • 同じような種類で、単調という意見がある。
  • 周回引継ぎ要素はなく最初からやり直し。
  • 日本語音声は収録されていない。また、一部の字幕が抜けている。
    • 高難易度のミッションや激しい戦闘中は字幕が追えないという意見が多い。
    • 各所にあるTVの前で△ボタンを押すと進行状況に応じたニュースや主人公を中傷する謎の人物の映像が出て、英語で音声が流れるが、この部分の字幕が一切無い。
    • 『2』以降の作品では日本語音声が収録されるようになった。

総評

オープンワールドで超能力を持った主人公で自由に暴れまわるという一点に特化した、GTAシリーズとはまた違ったゲームデザインを持った本作。
誰でも憧れるヒーローになれるという点や、善悪の選択肢によって変化する能力という点も、アイデアとしてはとても良い。
オリジナリティ溢れるゲームデザインはプレイヤーを満足させる作りとなっており、十分に良作といえよう。