ラングリッサーシリーズリンク

機種 タイトル 概要 判定
本編
MD ラングリッサー シリーズ第1作。
MD Warsong 海外版。
PCE ラングリッサー 光輝の末裔 ゲームバランスを調整、ムービーと声優のボイスを追加。
Win ラングリッサー セガゲーム本舗シリーズ。MD版をそのまま移植。
MD ラングリッサーII 前作から数百年後が舞台。
Win ラングリッサーII セガゲーム本舗シリーズ。MD版をそのまま移植。
SFC デア ラングリッサー 『II』をベースにシステムを全て作り直し、マルチシナリオを採用。
FX デア ラングリッサーFX SFC版で問題視されていた処理速度が大幅に改善。ムービーと声優のボイスを追加。
SS ラングリッサーIII ゲームシステムを一新。次回作以降に受け継がれたシステムも多いが、戦闘面など粗も目立つ。 なし
PS2 ラングリッサーIII 上位ハードでの移植なのに、何故か大幅な劣化移植。 劣化
SS ラングリッサーIV 『II』から200年後が舞台。『III』では賛否両論だったシステムが、昔の物に戻った。
ラングリッサーV -The End of Legend- 『IV』と同じ時系列での物語。ナンバリングシリーズ完結作。
DC ラングリッサーミレニアム 絵師がうるし原氏から介錯氏へと変更され、ゲームジャンル自体も変化。
WS ラングリッサーミレニアム WS THE LAST CENTURY 『ミレニアム』より少し前の物語で、『デア』ベースのシステムに戻った。
3DS ラングリッサー リインカーネーション -転生- 2015年KOTY携帯機部門次点
色々と悪い方向へと「転生」してしまった。
カップリング
PS ラングリッサーI&II 『I』と『デア』のカップリング移植だがFX版から大幅に劣化。 劣化
Win ラングリッサーII 『I&II』から『II』のみを単品で移植。
SS ラングリッサー ドラマティックエディション 新規シナリオを追加したが一部のバグが未修正。 なし
Switch/PS4 ラングリッサーI&II フルリメイク版。『II』は『ドラマティックエディション』準拠。
PS ラングリッサーIV&Vファイナルエディション 『IV』と『V』のカップリング移植。『IV』は『V』のシステムでリニューアルされた。
SS ラングリッサー トリビュート SS版の4作品を全て収録。

執筆対象外

  • ラングリッサー・トライソード
    • ブラウザゲーム。半年経たずサービス終了の憂き目に。
  • ラングリッサー モバイル
    • スマホアプリ。中国ではサービス開始済みだが日本では2019年から開始。


関連作品

機種 タイトル 概要 判定
エルスリードシリーズ
PC エルスリード ボーゼルとジークハルトの出身作品*1。他に名有りのキャラは登場せずストーリー性もほぼ無い。
PC/PCE ガイアの紋章 エルスリードにストーリー性を加えてリメイク。
PC/PCE ガイフレーム 未来*2を舞台にロボで戦う。ただし魔法(SF風に言うなら幻の超古代文明の遺産)は存在するしラスボスもボーゼル。
超兄貴シリーズ
重装機兵シリーズ
MD/PS4 重装機兵レイノス 兵器名としては重装機兵と書いてアサルトスーツと読む。
ラング1のランス・カルザスはレイノスのライバルキャラと同姓同名キャラであり、
専用装備としてアサルトスーツも登場。2以降も恒例の最高級装備となる。
ラング3ではアサルトスーツが「ゼアーアイン」(レイノスのランスの乗機名)であることも言及される。
スルメ
その他
PCE 改造町人シュビビンマン3 異界のプリンセス うみにんの初出作品 シリ不
グローランサーシリーズ