青い鳥 ~L'Oiseau Bleu~

【あおいとり ろわぞ ぶるー】

ジャンル 純情青春アドベンチャー(モドキ)
初回版
DVD-PG版
対応機種 Windows 95~2000/NT
メディア CD-ROM
発売・開発元 ぱんだはうす
発売日 2001年1月26日
定価 8,800円(税別)
レーティング アダルトゲーム
判定 怪作
ポイント 摩訶不思議な夢の世界
世界観にハマれるかどうかが肝心

日常、でもファンタジー
平凡、だけどアナーキー


概要

  • 元は別のブランドだった「Cat's Pro」と「Melody」を統合した「有限会社ぱんだはうす」の処女作。
  • 公式ホームページやパッケージなどから、変なゲームと予想されていた。
    『ゲームのコンセプト』
    ラブ&ピース 
    いつだってのーてんき 
    ノリ 
    テキトーにやってもとりあえずクリア可能  
    とまあ、ここまでは毎度おなじみ  
    狂気 
    つーか楽しい分裂病の世界、 
    つーか夢の世界、 
    つーかシュールな断片、を、ちりばめて 
    キラキラ輝く七色のガラス玉、みたいな 
    (2000年8月30日の開発日誌より)
    
  • 出来上がったのはやはり変なゲームであった。

特徴

  • モーリス・メーテルリンク作の童話劇『青い鳥』を意識したと思われる演出が多々ある。
  • 2択で展開が変わるアドベンチャーなのだが、内容や構成が特殊。
  • パロディネタが多め。登場人物の名前もすべてパロディである。

変なシナリオと変な選択肢

  • L'Oiseau Bleu~序章
    • 名前の入力からスタート。デフォルトだと「河合コマスケ」になる。
      • デフォネームでも適当な名前を入力しても「もうチョイましな名前でも良かったんちゃうん?」と言われる。
    • コマスケは仕事を放り出して逃亡中。神社に住み着き、適当にぶらついているとヒロインたちと出会う。
    • ヒロイン達は全員、矢継早に「わたしの血液型はなーんだ」「わたしと姉さんどっちが美人?」などと質問してくるので答えていく。
      • 質問の答えは「A型」「新潟」など片方がふざけたものだったりする。
    • 2人の男とも出会う。いきなり「俺らと一緒にバンドやらねーか?」と誘われて承諾する。
    • 最後には「はい、オープニング、どうぞ」の台詞の後、オープニングが流れる。
    • ここまでプレイ時間にして20分程度。かなり駆け足で強引だが、このノリが『青い鳥』である。
  • 前半分岐点
    • 全部で30ある短いイベントを巡っていく。
    • すべてのイベントには2択があり、選択に応じて次のイベントが決定する*1
    • 繋がるといっても時系列などは関係なく、無関係なイベントに繋がる。
    • イベントは以下のようにバカなものが多く、ほとんどの選択肢に深い意味はない。
      『熱いからどうしようか?』「まったりする」「脱力する」
      『ムラムラしたがどうする?』「開放する(→→大K)」「抑圧する(キャンセル)」
      『本屋で何を読む?』「月刊忍び」「月刊筑前煮」
      
    • 同じイベントに2回遭遇するとイチロー(序章でバンドに誘った男)が登場。
      • 「旅に出ることにしたので、部屋を使ってよい」と言われ、コマスケは部屋に住む。
    • このイベントが終わると、全体テキストのうちどれだけを踏破したかがグラフで表示される。ここで前半分岐点が終了。
  • インターミッション
    • ここで状況が一変。舞台が病院になり、主人公は不治の病を宣告される。
    • 主人公は旅に出ることを決意して、病院を抜け出す。
  • 既視感
    • 学校で寝ているところをヒロインに起こされ、「病院での出来事は夢ではないか?」とヒロインに言われる。
    • ヒロイン1人ずつに「一緒に帰ろうか」と誘われるので、一緒に変える相手を決める。
      • 2人連続で断ると車に轢かれて、章冒頭の起こされるところから再び始まる。
      • 要は一緒に帰るヒロインを決めないとループする。
    • 一緒に帰るヒロインを決めると後半が始まる。
  • 夢の冒険
    • 前半チャートのように2択を選び続ける。
    • 「既視感」で一緒に帰ったヒロインとのHシーンを見るとエンディングを迎えて終了。
    • 本作で一番カオスな章。脈略のないイベントが立て続けに起き、以下のように主人公の立場もコロコロ変わる。
    • なお主人公が死んだりもするが、次のイベントでは何事もなかったかのように生き返っている。
      カメを助けて竜宮城に連れて行かれるが酸欠で死ぬ
      葬式で自分が死んだことを受けとめる
      死刑囚として最後の食事をする
      宇宙人に地球を侵略されたった2人の生き残りになる
      
+ エンディング
  • 公園で目覚めた主人公は、これまでの出来事が夢であったと悟る。
  • しかし大人になったヒロインに話しかけられて、ただの夢ではなかったことに気付く。
  • そして全ヒロイン共通で以下のテキストが流れてED曲が流れる。
    桜の花の満開の下で僕らは出逢った。
    出逢い? それとも再開?
    現実? それとも夢?
    そんなことはどーでもよくて。
    今、ここで出逢えたことがラッキー!
    始まる………
    俺たちふたりはこれから始まるんだ。
    

評価点

本作のノリが合う人にはたまらない、唯一無二のゲームになりえる。

  • オリジナリティ溢れるADV
    • 意味不明なイベントが立て続けに起きる、どうでも良さげな選択肢がほとんどを占めるなど他のADVには見られない構成。
  • カオスな世界観
    • 「月刊筑前煮」が売られている。キャラの名前が大手塾のパロディなどバカゲー的な要素が強い。
    • 後半はコマスケが死刑囚になったり神になったり、魚になったりと特にカオス。
  • 世界観に合ったOPとED
    • 明るいOP「踊ってスカイ、余裕でブルー」は本作の内容とマッチしている。
    • しっとりとしたED「あおいとり」はEDの余韻を感じるのに相応しい。

問題点

  • 全体的に人を選ぶ
    • 変な点が多いゲームの為、受け入れられない人もいる。
    • そのため人によっては「訳の分からない駄作」にもなりえる。
  • バックログがない
    • 読み返したい部分があっても諦めるしかない。
  • 一部のイベントを見るのが困難。
    • 2回同じ選択肢を選んでもインターバルに移行せず、専用のイベントが始まる選択肢が5箇所ある。
    • そもそも2回選べる選択肢があることに気付くことが難しい。
    • また普通の選択肢は2回選んだ時点でインターバルに移行する。
      • 普通の選択肢で重複しないように特別な選択肢に2回たどり着くのは困難。
    • なお、専用イベントの内容自体は普通の会話である。
      • 何が問題かというと、専用イベントも踏破率に含まれるため100%にするにはこれらのイベントを見なければならないことである。

総評

制作者の狙い通り、他にはない雰囲気を持っている作品。
テキトーなノリの展開やキャラの掛け合い、独特の世界観に馴染めるかどうかで、本作の評価は大きく変わるだろう。
とはいえ、変なゲームとして宣伝されていたので購入者からはそれなりに好評。少なくとも「騙された」という声は聞かない。
現在なら安価で手に入るので、変なゲームに手を出したいという人にお勧めしたい。

余談

  • 謎の多い作品は考察で盛り上がることも多いが、本作はほとんど考察されていない。
    • マイナーであることも1つの理由だろうが、本作はバカゲーに近いため、なんとなく雰囲気を楽しむゲームとして楽しんだ人が多いためと思われる。
    • 作中でも「現実? それとも夢?そんなことはどーでもよくて。」と考えることを放棄する終わり方になっている。