ここではコンシューマーゲーム版について記述しています。元となった電子ゲーム(LSI、LCDゲーム)については、本Wikiの規定により執筆禁止です。

たまごっちシリーズリンク

機種 タイトル 概要 判定
第1期
GB ゲームで発見!!たまごっち 実機の供給不足に一時の潤いを与えた作品。本家とは違う楽しみもあり。
ゲームで発見!!たまごっち2 僅か4ヶ月後に発売。使い回しも多い。 なし
ゲームで発見!!たまごっち オスっちメスっち こちらは『2』から3ヶ月後の発売。その上開発が代わったためなのか、総合的にゲームの面白さも減少。
SS セガサターンで発見!!たまごっちパーク 据え置き機で大量育成。セガオリジナルたまごっちも登場。サクサクプレイ出来るがヌルい。 なし
PS 星で発見!!たまごっち フィールドを駆けまわってたまごっちと仲良くなろう。ロードが長くてちょっとストレス。
SFC たまごっちタウン 100日までにたまごっちを全て揃えろ!オーキドよりも要求が厳しいたまごっち図鑑。
N64 64で発見!!たまごっち みんなでたまごっちワールド 64でボードゲーム。育成とボードゲームを巧みにミックスさせた良作。
第2期
DS たまごっちのプチプチおみせっち 第2期シリーズの先鋒。
たまごっちのプチプチおみせっち ごひーきに タイトルの通りアップデート版だがかなり強化されている。
たまごっちのアッパレ!にじべんちゃー 冒険と称したお使いゲー。子供向けとは到底思えない不親切な高難易度ゲー。 不安定
たまごっちのプチプチおみせっち みなサンきゅ~! 盤石となってきた3作目。
たまごっちのキラキラおみせっち おみせっち第4弾。タイトルがちょっと違うがシリーズを引き継いでいる。
たまごっちのなりきりチャンネル たまごっち、芸能界へ。 なし
たまごっちのピチピチおみせっち 作品的にはちっともピチピチじゃないが、キャラのモデリングが3D化。 賛否両論
たまごっちのなりきりチャレンジ お稽古体験の方向に。
たまごっちコレクション 強いて言うならたまごっち版『nintendogs』?
Wii たまごっちのピカピカだいとーりょー 時を超えてボードゲームに再度参戦。
たまごっちのフリフリ歌劇団 Wiiリモコンで踊る、というバンナムがたくさん出してきたリモコンダンスゲーの1つ。
3DS ちょ~りっち! たまごっちのプチプチおみせっち シリーズを重ねてついに3DSに進出。
ちょ~りっち! たまごっちのプチプチおみせっちでバイオリンレッスン 200円という安価で配信された。
おうちまいにち たまごっち タイトルは異なるがたまごっちコレクションの系譜。
たまごっちのドキドキ☆ドリームおみせっち どんどん社会的になっていくおみせっちシリーズ。
たまごっち!せーしゅんのドリームスクール 今度は専門学校っぽいスクールが題材。 なし
ぐるぐるたまごっち! たまごっちと世界旅行へ。
たまごっちのプチプチおみせっち ~にんきのおみせあつめました~
関連作品
AC マリオカート アーケードグランプリ2 まめっちが参戦。
アイカツ! -アイドルカツドウ!- コラボステージが不定期で配信。

シリーズ概要

バンダイが発売した電子ゲーム。電子ペット育成ゲームで最も成功した作品として非常に有名で、社会現象も巻き起こした。
あまりの人気ぶりに品薄が続出。法外な値段でたまごっちが売られたり、たまごっちが欲しいがために違法行為に手を染める女子高生も居たという黒い話が流れるほど。
しかしブームが冷めるのも早く、再生産が追いついた頃にはブームは完全に下火となり、バンダイは大量の不良在庫を抱え、大赤字を出した。
ここまでを第1期とし、同時期に発売されたコンシューマ版ゲームもその括りに入る。

その数年後、上記の第1期たまごっちのリバイバルブームが密かに訪れ、それを耳にしたバンダイが新シリーズとしてたまごっちを復活。再度ヒットさせることに成功。
ここから先が第2期、第3期シリーズとされている。2期と3期の間は空白が短い(ほぼない)が、カラー化前後が境目とされている。
境目とされる理由は、その間に目立った人気の低下傾向があったため。ただし第1期から第2期にかけて行われたような大幅なモデルチェンジなどはない。
現在では、かつてのような爆発的なブームこそ起こせていないが堅実な人気を保ち続け、10年以上展開を続けている立派なシリーズとして成長した。
栄華と挫折を体験し、そのうえで復活劇を経たうえでシリーズを継続させているゲームシリーズも、ゲーム業界では珍しい。

コンシューマ版は実機と違って2期と3期の境目が曖昧であり、それらを含めて2期と称しても問題がないほど空白期間やモデルチェンジが存在しない。
そのため本リストではコンシューマ版は大きく分けて第1期、第2期と分けている。

コンシューマ版は、第1期シリーズにおいて、たまごっち本機の品薄による穴を埋めるため、短期間のうちに、あらゆるハードで、様々なタイプの家庭用ゲームが製作された。
そのためなのか、第1期シリーズは趣旨はどうあれ、たまごっち本来のゲーム性である育成要素を絡めた作品が多い。
どういうわけか、当時の次世代型として売られていた主要据置ハード(SS、PS、N64)は全て制覇しており、しかもどれもゲーム性が異なる。

一方、再出発となった第2期シリーズではたまごっちの本来の要素とはかけ離れたゲームが多くを占める。というか育成要素が組み込まれていない作品がほとんどである。