記事下書き2

ゲーム記事や用語集項目など、Wikiコンテンツ作成時の下書き用ページです。
表示負担軽減のため、動画はコメントアウト状態で記載してください。
修正依頼、要強化依頼の添付も禁止です。
加筆、修正、下書きを元にした新規記事の作成は自由にどうぞ。ただし、 自分がプレイしたことのない作品の記事化は禁止 とします。
また「このWikiで扱う作品」及び「記事作成のガイドライン」を参照の上でお願いします。「記事作成相談スレ」も活用してください。

2016年6月11日より、下書きページ利用時のルールが変更されました(避難所除く)。
初版投稿日より1か月経過した記事は、警告無く削除されます。
下書きの内容を更新しても削除期限は延長されません。初版投稿の日付を変更してはいけません。
記事の投稿時には、必ず記事冒頭に投稿日を記述して下さい。記述の無い場合、1か月より早く削除されてしまう可能性があります。
事情により長期間更新できない場合、個人でバックアップを取る事をお勧めします。


「記事下書き」は用途別にページが分かれています。

一般的な編集の練習などは「サンドボックス」へどうぞ。
運営にまつわるWiki形式テストなどは「管理用ノート」で行っています。



初稿投稿日 2017年4月20日23時15分

妖怪転生2

【ようかいてんしょう つう】 *1

ジャンル シューティング
対応機種 アーケード
発売元 阪神娯楽
開発元 PENI ORIGINAL SOFT
稼働開始日 1984年
プレイ料金 1プレイ 20~50 円
プレイ人数 1人~2人
判定 なし
ポイント 伝説のレアゲー


概要

  • このゲームは、『タイムパイロット』の改造であるが、利用されているのはハードウェアのみであり、ソフト的には全くの別物である。
    • 関西のディストリビューターが、陳腐化して商品寿命を終えた基板を再利用してROMを載せ替え、いわゆる「折半リース」で機械を設置していた店舗に「新作」と称して設置していたものである。
    • このディストリビューターは、駄菓子屋など小規模なロケをメイン取引先としており、専業のゲームセンターやSC店舗とはほとんど取引がなかったことから、商圏が限られていたこともあり流通数は非常に少なかった。
  • 1981年に作られた『妖怪転生』の続編である。基本的なゲーム内容は変わらないが、グラフィックは格段に進化している。

システム

  • フィールドを左右に移動しながら、上下左右にレーザービーム(作者談)を撃ち、画面内に居るALIEN *2 を全滅させることが目的。
  • 1レバー1ボタン。ボタンでレーザービームを撃つ。左右方向にしか移動できないが、レバー上下で上下方向にレーザービームを撃てる。
    • 段差があると登ることができない。画面に点在するエレベーターやエスカレーターに乗ることで上下移動できる *3
    • 下方向への移動は、下方向へレーザービームを撃つことで床に穴を開けて行える。ただし……(下記参照)
    • 一度開けた穴は一定時間もしくはミスをするまで残る為、無闇に開けまくるとひどいことになる。しかし、エイリアンから逃げるためには必須の行動でもある。
    • 上方向に撃ったレーザービームは、上のフロア床を貫通する。ただし……(下記参照)
  • フィールドの上下は繋がっており、最下段より下に降りると最上段に出る。
    • レーザービームは最上段から上に貫通することはない。
  • エイリアンは、撃つと転生し、姿を変えて再びプレイヤーに襲い掛かってくる。最終形態の時に撃つと消滅する。
    • 足場のない場所にいる(浮遊移動中の)エイリアンを撃つと、落下しながら転生する。転生中のエイリアンにも当たり判定がある為、上方向への攻撃はリスクを伴う。ちなみに、転生中のエイリアンは無敵状態なので撃っても倒せない。貫通もしないので、複数重なったエイリアンの相手をするのは危険。
    • 外見上の形態が、実質的にエイリアンのHPを示している。ちなみに、画面に表示されているエイリアン残数は、転生回数(HP)の総数である。
  • 二人同時プレイ可能。
  • 「エイリアンに触れる」「フィールドの最上段から最下段まで貫通する(無限落下となる)穴を開ける *4 」「時間切れになる」とミス。残機すべて失うとゲームオーバー。
    • エイリアンは弾を撃つことはない。
  • エンディングのないループゲーム。

評価点

  • 前作に比べて進化したグラフィック。
  • タイトルそのままのゲーム内容で分かりやすい。
  • 小手先の技術よりも位置取りなどの戦略の重要性が高く、思考的である。
    • 敵が能動的な攻撃をしないにも関わらず難易度は高めで、じわじわと追い詰められる感覚が味わえる。

問題点

  • 素人が作ったゆえのゲームバランスの悪さ。
    • 1面クリアにかかる所要時間が長く、更にステージのバリエーションが少なめで変化にも乏しいため単調で冗長感がある。
    • 上方向の敵を撃って落ちてくる敵に当たって死亡、敵に囲まれて撃っても転生中の敵に追い詰められて死亡といった理不尽感。
  • 操作性が今一つである
    • ジャンプができず、回避行動にバリエーションがない。ちなみに……(余談参照)
    • 左右方向にしか移動できないため、行動可能範囲はおもったよりも狭い。
      • なお、床に開けた穴以外で落下することはない。フロアの端から先に移動できないようになっている(凡ミス防止措置)。ちなみに……(余談参照)

総評

残念ながら、人気は今ひとつで、ファミ通では「クソゲー」と酷評された。 HP任せに強引に近寄ってくる敵に対抗できない理不尽感など、爽快感よりも不快感のほうが大きい。 二作目でありながら基本的な不出来が改善されていない。



余談

  • 流通経路に起因する出回りの悪さ。
    • 商圏外ではもはや伝説級とも言えるほど出回りが悪かった。ただ、当時は商圏内では探せば見つかる程度の出回りであったため *5 、プレイした人も少なくはない。
    • 不人気だったため設置期間も短く、早々に続編の『妖怪転生3』や新作の『ワンダーランド』に入れ替えられてしまった。
  • ワープロ出力で作られたインストカード。
    • いかにも素人が作ったとわかる、デザインもへったくれもない無味乾燥な代物。だが、ワープロ専用機が絶滅しした現在では却って味があるとも言える。
  • 不人気だったためか、挽回を図るためマイナーチェンジ版の『妖怪転生3』が作られた。
    • エレベーターが削除され、ジャンプボタンが追加されている。それ以外の基本ルールは変更されていない。
      • エレベーターのシャフトはそのままであるため、ジャンプで左右端のシャフト部分に飛び降りると無限落下で即ミスとなる。飛び降り防止の救済措置もジャンプで飛び降りる分には適用されない為、むしろ改悪である。
    • 「ナンバークラッシュ」同様、ジャンプに癖があり、また高度が低いため、エイリアンを飛び越えるようなアクションはできない。
    • 上方向への移動手段が実質的になくなり *6 、戦略の幅は狭まっている。
    • バージョンアップでのマイナーチェンジが頻繁に行われる阪神娯楽作品でも、ナンバリング更新でのマイナーチェンジ版が出るのは珍しい。

初稿投稿日 2017/04/25

Beholder

【びふぉるだー】

ジャンル リアルタイムADV
対応機種 Windows 7~10
Mac OSX 10.10以降
Linux
開発・発売元 Warm Lamp Games
発売日 2016年11月9日
定価 980円
判定 なし
ポイント 管理人は見た!
#contents(fromhere)
----

概要

  • Warm Lamp Games はシベリアの会社である。本作は「Kickstarter」にて開発資金を募って制作された。
  • Beholderとは、ファンタジー作品に出て来る目玉のモンスターではなく、本来の意味の「監視者」を指す。
    • ゲームの舞台は超監視社会であり、あなたは分配省によってD型アパート *7 の管理人に任命された。
    • あなたはアパートのメンテナンスだけでなく、アパート住民の監視も行わなくてはならない。
  • 1プレイは8時間程度

システム

会話中のみ時間が止まるが、それ以外はリアルタイムで時間が経過する。
主人公は特殊な注射を受けていて、寝る必要がない。アパートの住民を24時間監視する。

  • 監視方法
    • 極秘に監視カメラを設置する
      • 一度設置すると、住人が変わってもそのまま使える。
    • ドアの鍵穴から覗く
  • タスク
    • 法務省から電話がかかってきて、主人公がこなすべき任務を連絡してくる。
      • 「1号室の住民を追い出すように」など。
    • もしくは、家族やアパートの住民から要求される。
      • 妻から「子供にチョコレートキャンディーを買ってあげて」など。
    • タスクには制限時間があるものがある。
    • タスクを達成できれば「評判ポイント」が上昇する。
    • 法務省からの任務によるタスクであれば成功すると現金がもらえ、失敗すると罰金が取られる。
  • レポート
    • 住民の条例違反に関する情報をまとめてレポートを作製する。主人公の事務室の机で作成可能。レポートを作製するには「証拠」が必要である。
    • レポートを送った後、法務省から返事が届く。レポートに不備があると罰金を取られる。
    • 住民を告発するレポートが受理された場合、警官がその住民を逮捕しに来る。無事逮捕されれば、賞金が受け取れ「評判ポイント」が加算される。
  • プロフィール
    • 住民に関する情報をまとめてプロフィールを作製する。主人公の事務室の机で作成可能。プロフィールを作製するには「情報」が必要である。
    • プロフィールを送った後、法務省から返事が届く。内容に不備があると罰金を取られる。
    • 情報1件は、密告による逮捕1件と同報酬のため、レポート作成が主な収入源となる。
  • 国家的な商店
    • 主人公の「評判ポイント」で、監視カメラが、現金でアパートのメンテナンスに必要な工具が購入できる。チョコレートキャンディーは売っていない。

評価点

賛否両論点

問題点

  • 日本語訳が酷い
    • 「ー(長音)」と「-(半角ハイフン)」の取り違えが多発しているなどの誤字脱字、「</b>まじめな</b> *8 」などというタグの打ち間違いまである。
    • オープニング及びエンディングのナレーションは日本語に吹き替えられているのだが、エンディングの吹き替えはちゃんとした日本語になっているのに、字幕は変な日本語のままである。
  • セーブはオートセーブだけである
    • ユーザーからの任意セーブのリクエストに対して、Warm Lamp Games は任意セーブを付ける意向はないと正式に回答している。

総評

旧ソ連のメーカーが製作した密告シミュレーションADV。実に笑えない。
忠実に公務員の任務をこなすだけ、ではなく法務省の意向通りに証拠をでっち上げることも出来る。クライムゲームに分類されているのはその点があるからだろうか。
何が不正で、何が正義か。一見バカゲーのようだが、実は非常に重いメッセージを含んだ作品である。