サンドボックス

ここは完全フリーのサンドボックスです。記事の下書きやレイアウトの表示テストなど、自由にご利用下さい。
ただし「記事下書き」ページと異なり、下書きの保存期間(1ヶ月)は保証されませんのであしからず。


初版投稿日17/03/19
意見はFFシリーズ総合2へどうぞ。

この下書きにはA案・B案2つの記事が存在します。
下部へスクロールすると別の記事となります。

ファイナルファンタジーXV (※B案)

+ ...

修正案(B')

(表現微修正:修正前を取り消し線、修正後を下線で表示)

+ ...

以下よりもう1つの記事となります。上下の記事に関連性はありません。


ファイナルファンタジーXV (※A案)

+ ...

修正案(A')

(表現微修正:修正前を取り消し線、修正後を下線で表示)

+ ...

添付ファイル

*1 ディレクターの田畑氏が「こんな事を言うと怒られるが、チョコボに直立してる動画を見て笑っちゃいました、すみません」と発言しており、案の定炎上した。

*2 人工知能学会の論文誌にも、今作のAI論文が掲載された。

*3 「遠景まで描画し、昼夜が変わる光の計算を常に行いながら、天候も変わり、高度なAIを動かし、多くのモンスターが登場する中でこの水準を達成したのは、1つのゴールに来れたと思う」と発言されている。

*4 ジャストコーズのスタッフと情報交換も行っている。

*5 ドイツの釣り専門誌から取材を受けている。

*6 発売日と同日に配信される追加データ

*7 現在は配信を終了している。

*8 ソニー・インタラクティブエンタテインメント。PlayStationにおけるサービスの統括を行っている企業。

*9 ディレクターの田畑氏が「こんな事を言うと怒られるが、チョコボに直立してる動画を見て笑っちゃいました、すみません」と発言しており、案の定炎上した。

*10 人工知能学会の論文誌にも、今作のAI論文が掲載された。

*11 &s(){「遠景まで描画し、昼夜が変わる光の計算を常に行いながら、天候も変わり、高度なAIを動かし、多くのモンスターが登場する中でこの水準を達成したのは、1つのゴールに来れたと思う」と発言されている。}&small(){製作側の発言は根拠とべきではないかと…}

*12 ジャストコーズのスタッフと情報交換も行っている。

*13 ドイツの釣り専門誌から取材を受けている。

*14 発売日と同日に配信される追加データ

*15 現在は配信を終了している。

*16 ソニー・インタラクティブエンタテインメント。PlayStationにおけるサービスの統括を行っている企業。

*17 ノクトが死ぬとカーバンクルが助けに来て全快させる。

*18 この時にノクトは「ここまでありがとな親父」とレガリアではなく父親に感謝の言葉を述べるが、レガリアは常に政務に追われる父親と触れ合うことができる、ノクトにとっては思い入れのある場所であった。これを知る為には現在は入手不可能であるプラチナデモをプレイしなければならない。つまり今となってはネットで調べる以外に知る方法が無い。

*19 一応、イグニスは後述の状態から復帰しており、プロンプトも武器の扱い方が熟練したモーションになってはいるのだが、ステータスは以前と変わっていない。

*20 ゲーム中の描写から考えれば「ルシス王家への復讐」がラスボスの目的であることは明白である。後日ゲーム外でスタッフの口から語られた内容としては「ラスボスは真の王となったノクトを倒すことで自分にとって最高に気持ちの良い状態になりたかった」というものであったが……

*21 真の王として命を捧げる直前のノクトと言葉をかわした後、この3人まで死後の世界らしき場所に姿を現している……本人? 生霊?

*22 まず真の王の使命について3人が知ったタイミングが不明。10年前の時点で知っているならノクトを助けようと手を尽くした末に無理だと分かってその上でノクトの感情を受けて止めているとも解釈できるが、10年後の初対面時に使命について知ったのであれば仲間達はノクトをさっさと見殺しにしたことになる。またはこういう時だけ親友としてではなく臣下としてノクトの命より真の王の使命を優先した、ということ。

*23 総合的に考えると死亡したノクトとルーナが荒れ果てたままの王の間の玉座でようやく結ばれるというものなのであるが、あまりの突拍子のなさのため二人が生き返ったのだと勘違いするプレイヤーも少なくない……。あるいは、「シガイのいない世界」としてやり直されたといった所だろうか(一応これが一番矛盾が少ない)。

*24 相手がなんだかんだで人格者なので会談の内容自体に問題はないのだが……

*25 その辺りの事情はアニメ作品のブラザーフッドを見ていれば分かりやすいが……

*26 しかも旅についてくるか否かの話を"ダンジョンクリア後"に話し出す。その時は既に敵の本拠地に向かう列車に乗り込み随分経過した後であり、何故今頃なのか?むしろ何故旅の再開前に話を付けていないのか?せめて危険なダンジョンに入る前には話すだろ?など実に突っ込み所が多い。

*27 こちらは無視して進むことは可能。それでも声優の熱演が裏目に出て人によっては恐怖すら感じるだろう

*28 「続けたい」と答えれば「だったらもっとしっかりしろ」と吐き捨て、「やめたい」と答えれば「悪ぃ聞かなかったことにするわ」とわざとらしく会話を打ち切る

*29 このイベントの直後、一時バフの「改心(続けると答えた場合)」、「一喝(やめたいと答えた場合)」が付与される。「選択肢の結果が逆じゃないか?」とかそれでも「どこが改心?」とかツッコミが追いつかない。

*30 ノクト、イグニス、プロンプトがトップ3位の中でグラディオはルーナ、シドニー、アーデンにすら負けて9位

*31 ただしとあるイベントでは真面目に喋るプロンプトが聞ける。普段の振る舞いはそういった演技指導のようである。

*32 イグニスの近くで攻撃行動をされた場合は流石に怒る。

*33 この部分の監修を担当したのは「バイオハザード2」の元スタッフである松浪保之氏。こうなったのも必然かもしれない。

*34 なお、ラスボスはオルタナだけでは倒せないようになっている

*35 もっとも、飛べるようになるのはクリア後の世界の話である。

*36 プロンプトのサブウェポンであるマシンナリィ(近距離用の機械の武器)を外せばある程度は落ち着くが、それでも接近したがる傾向がある

*37 この時の魔法が「ケアルファイアー」などケアルの名前を冠する。これが今作のケアルである。

*38 最大HPの50%分回復。ハイポーションなら全快。

*39 リニアパート以降はその飼い犬の力で過去の世界で戻れるようになるのでその理由付けだと思われる

*40 雷・闇・弾属性に耐性が付く源氏の小手とガードモードでなくても回避を行う黒頭巾

*41 上述のようにとある時期からモーションがガラリと変わるのでその為の特殊な処理が暴発しているものと考えられる

*42 シナリオ上で王都陥落の話題になり暗い雰囲気になった矢先にプロンプトが「早く休みてぇ~」と漏らすなどKYな流れになることも

*43 顔には仮面を被っていて隙間から「中身の人間」が見える

*44 故に「剣神バハムート」と呼ばれておりドラゴン要素はほとんどない

*45 それこそバハムートは「剣神オーディン」と名乗った方が違和感が無い見た目である。なお、今作にオーディンは存在しない。

*46 特定の状態になるとランダムに召喚可能になり、その時の状況によって誰が出やすいかというのが変わるのだが、この内タイタンとリヴァイアサンは「戦闘不能の味方が居る」、「ノクトがピンチ状態である」等の条件を満たしていないと絶対に出てこない。必然的に2番目に使用可能になるラムウを拝む可能性が高くなる。

*47 ドイツの釣り専門誌から取材を受けている

*48 問題となっていたフラゲ配信が行われた時期にはまだ日本人でフラゲ配信を行っていた人物は一人もいなかった

*49 この時にノクトは「ここまでありがとな親父」とレガリアではなく父親に感謝の言葉を述べるが、レガリアは常に政務に追われる父親と触れ合うことができる、ノクトにとっては思い入れのある場所であった。これを知る為には現在は入手不可能であるプラチナデモをプレイしなければならない。つまり今となってはネットで調べる以外に知る方法が無い。

*50 一応、イグニスは後述の状態から復帰しており、プロンプトも武器の扱い方が熟練したモーションになってはいるのだが、ステータスは以前と変わっていない。

*51 ゲーム中の描写から考えれば「ルシス王家への復讐」がラスボスの目的であることは明白である。後日ゲーム外でスタッフの口から語られた内容としては「ラスボスは真の王となったノクトを倒すことで自分にとって最高に気持ちの良い状態になりたかった」というものであったが……

*52 真の王として命を捧げる直前のノクトと言葉をかわした後、この3人まで死後の世界らしき場所に姿を現している……本人? 生霊?

*53 まず真の王の使命について3人が知ったタイミングが不明。10年前の時点で知っているならノクトを助けようと手を尽くした末に無理だと分かってその上でノクトの感情を受けて止めているとも解釈できるが、10年後の初対面時に使命について知ったのであれば仲間達はノクトをさっさと見殺しにしたことになる。またはこういう時だけ親友としてではなく臣下としてノクトの命より真の王の使命を優先した、ということ。

*54 総合的に考えると死亡したノクトとルーナが荒れ果てたままの王の間の玉座でようやく結ばれるというものなのであるが、あまりの突拍子のなさのため二人が生き返ったのだと勘違いするプレイヤーも少なくない……。あるいは、「シガイのいない世界」としてやり直されたといった所だろうか(一応これが一番矛盾が少ない)。

*55 相手がなんだかんだで人格者なので会談の内容自体に問題はないのだが……

*56 その辺りの事情はアニメ作品のブラザーフッドを見ていれば分かりやすいが……

*57 しかも旅についてくるか否かの話を"ダンジョンクリア後"に話し出す。その時は既に敵の本拠地に向かう列車に乗り込み随分経過した後であり、何故今頃なのか?むしろ何故旅の再開前に話を付けていないのか?せめて危険なダンジョンに入る前には話すだろ?など実に突っ込み所が多い。

*58 こちらは無視して進むことは可能。それでも声優の熱演が裏目に出て人によっては恐怖すら感じるだろう

*59 「続けたい」と答えれば「だったらもっとしっかりしろ」と吐き捨て、「やめたい」と答えれば「悪ぃ聞かなかったことにするわ」とわざとらしく会話を打ち切る

*60 このイベントの直後、一時バフの「改心(続けると答えた場合)」、「一喝(やめたいと答えた場合)」が付与される。「選択肢の結果が逆じゃないか?」とかそれでも「どこが改心?」とかツッコミが追いつかない。

*61 ノクト、イグニス、プロンプトがトップ3位の中でグラディオはルーナ、シドニー、アーデンにすら負けて9位

*62 ただしとあるイベントでは真面目に喋るプロンプトが聞ける。普段の振る舞いはそういった演技指導のようである。

*63 イグニスの近くで攻撃行動をされた場合は流石に怒る。

*64 この部分の監修を担当したのは「バイオハザード2」の元スタッフである松浪保之氏。こうなったのも必然かもしれない。

*65 なお、ラスボスはオルタナだけでは倒せないようになっている

*66 もっとも、飛べるようになるのはクリア後の世界の話である。

*67 プロンプトのサブウェポンであるマシンナリィ(近距離用の機械の武器)を外せばある程度は落ち着くが、それでも接近したがる傾向がある

*68 この時の魔法が「ケアルファイアー」などケアルの名前を冠する。これが今作のケアルである。

*69 最大HPの50%分回復。ハイポーションなら全快。

*70 リニアパート以降はその飼い犬の力で過去の世界で戻れるようになるのでその理由付けだと思われる

*71 雷・闇・弾属性に耐性が付く源氏の小手とガードモードでなくても回避を行う黒頭巾

*72 上述のようにとある時期からモーションがガラリと変わるのでその為の特殊な処理が暴発しているものと考えられる