記事下書き/R18

WARNING!!!!!!!
アダルトゲーム専用の下書きページです。


ここは、年齢規制などを受けているアダルトゲームの下書き用ページです。
アダルトゲームの下書きは基本的にこちらで。
表示負担軽減のため、動画はコメントアウト状態で記載してください。

加筆、修正、下書きを元にした新規作成は、基本的に自由です。「記事作成相談スレ」も活用しましょう。

2016年6月11日より、下書きページ利用時のルールが変更されました(避難所除く)。
初版投稿日より1か月経過した記事は、警告無く削除されます。
下書きの内容を更新しても削除期限は延長されません。初版投稿の日付を変更してはいけません。
記事の投稿時には、必ず記事冒頭に投稿日を記述して下さい。記述の無い場合、1か月より早く削除されてしまう可能性があります。
事情により長期間更新できない場合、個人でバックアップを取る事をお勧めします。

「記事下書き」は用途別にページが分かれています。

記事下書き以外のWiki形式テストなどは「管理用ノート」へ。
完全フリーのサンドボックスもあります。


アダルトゲーム記事用・注意書きテンプレート

|レーティング|BGCOLOR(black):''&font(#FF69B4){アダルトゲーム}''|~|


初版投稿日:2017/2/3 追記、修正、歓迎します

ワルキューレロマンツェ 少女騎士物語

【わるきゅーれろまんつぇ しょうじょきしものがたり】

ジャンル 少女騎士恋愛ADV
高解像度で見る
対応機種 Windows XP~7
メディア DVD-ROM
発売・開発元 Ricotta
発売日 2011年10月28日
定価 9,240円(税込)
セーブデータ 【通常】100
【クイックセーブ】1
レーティング アダルトゲーム
判定 なし

概要

Ricottaの恋愛ADV第2弾。

プレイヤーはウィンフォード学園2年生の「水野貴弘」となり、女子生徒との恋愛を重ね、ジョストに勝たせるなどというイベントをこなし、エンディングを迎えるという変わった恋愛ADV。

システム

評価点

賛否両論点

問題点

総評

余談

2012年8月9日にスピンオフ作品『ワルキューレロマンツェ More&More』が発売され、2013年6月21日にテレビアニメ化されるなどにより、メディアミックスが展開され、人気が高まった。


初版投稿日:2017/2/11 追記・修正宜しくお願いします

Fate/hollow ataraxia

【ふぇいと/ほろうあたらくしあ】

ジャンル 伝奇ビジュアルノベル+ファンディスク
※PC版

※PSV版
対応機種 (18禁版)Windows 98~XP
(全年齢版)PSV
開発・発売元 TYPE-MOON
発売日 PC版:2005年10月28日
PSV版:2014年11月27日
定価 【Win】7,140円
【PSV】限定版:8,640円
通常版:6,480円
DL版:5,400円
レーティング アダルトゲーム
【PSV】CERO:C(15歳以上対象)
判定 良作
ポイント 繰り返される四日間の日常と戦い
敵サーヴァント・サブキャラの掘り下げ
充実したミニゲーム
相変わらず実用性の方は微妙
Fateシリーズ


概要

Fate/stay night』(以下前作)のファンディスクとして発売された作品。舞台は前作で行われた第五次聖杯戦争の終結から半年後の冬木市で、前作のどのルートからも繋がっていない。
前作で登場したほぼ全てのキャラが登場し、それぞれのキャラについての掘り下げがなされている。
なお本作のシナリオは、本筋こそ前作と同様に奈須きのこが担当しているが、日常パートは他のライターが担当している。
2014年に発売されたPSVita版は、ボイスが追加されたほか、PC版の18禁要素を含むシナリオ・CG等が削除・改訂され、OPムービーおよび主題歌も変更されている。また、ミニゲームも一部差し替えられた。

ストーリー

“第五次聖杯戦争”終結から半年後の冬木市。
サーヴァントたちは現界したまま、穏やかな日常を満喫している。
衛宮士郎は何者かが聖杯戦争を再開しようとしていることをつかみ、調査のための夜回りを始める。

さあ、聖杯戦争を続けよう

夜。目覚めは苦痛から始まった。
不快極まりない痛みとおぞましさを耐え、私は蘇生していた。
胸を貫かれ、死んだはずの自分が…。

生き返った私の傍らには、“名前のない”サーヴァント。
残るのは曖昧で断片的な記憶。増幅していく憎悪と不信。
斃すべき敵を求め、街へ。不吉な月の光の下、影が蠢く夜がまた始まる。
(PSV版公式HPより引用)


特徴

  • ストーリーは二つに大分され、一つは前作で主人公を務めた衛宮士郎の視点で、もう一つは本作で新たに登場するバゼット・フラガ・マクレミッツの視点で進行する。
    前者ではプレイヤーが冬木市上の各所に存在するイベントを選択し、それぞれの場所で起こる出来事を見ることができる。
    • 見たことがない、あるいはストーリー進行に関わるイベントと選択肢にはそれぞれ印が付いている。
      • 一日は朝・昼・夕方・夜に分かれており、イベント一つにつき原則1つ時間を消費する。これを4日間繰り返すと、再び1日目の朝に戻る。
        ただし4日間を終える前に死亡してしまうこともある。この場合も1日目の朝に戻る。
    • ストーリー進行に関わるイベントを選ぶことでフラグが回収され、新たなイベントが発生する。
      • 指定されたイベントを選択することでミニゲームが解放されるほか、『eclipse』にシナリオが追加される。
        なお一度見たイベントは、メインメニューから自由に選択して見ることが可能。
  • 後者は前者で行ったイベントの進行度合いによって、1日目の前に挿入される。本作の本筋は概ねこちらと言ってもいい。
    • 主人公バゼットと、彼女のサーヴァント『アヴェンジャー』が夜の聖杯戦争に挑む。
    • 選択肢は存在しないが、読了後、新たにイベントが発生した状態で1日目が開始する。
      • これを繰り返すことでエンディングを目指すのが今作の目的。
  • また、ストーリー中のイベントとは別に『eclipse』が存在し、一部を除く本作の18禁描写等はこちらで見ることができる。
  • ファンディスクのお約束として、豪華ゲスト作家による壁紙イラストも収録。

ミニゲーム

本作のミニゲームは3つ存在する。

開運 遠坂神社

  • 遠坂凛が巫女を、アーチャーが宮司を務める神社。ゲーム開始時より選択可能。
  • ゲームを進行していると自動的に入手されるお金を消費して、おみくじや絵馬を買うことができる。
    • 絵馬は本作キャラの設定画で、購入するとCGの項目に追加されるほか、それぞれの解説を聞くことができる。

風雲イリヤ城 ~とつげきアインツベルン~

  • あるイベントをクリアすることで選択可能となるゲーム。担当したのは『MELTY BLOOD』のフランスパン。
    • まずマスターを士郎・凛・桜の三人、サーヴァントをセイバー・アーチャー・ランサー・ライダー・キャスターの五人の中から一人ずつ選ぶ。
    • ステージは4つに分かれているが、基本的にクリックした箇所に進み、ゴールを目指す。
      • 他のサーヴァントに接触すると戦闘となり、クリックを連打することで勝負。勝つと相手のHPを削ることができる。
      • 魔力のゲージが満タンの状態で右クリックすると、先頭の敵に宝具を撃つことができる。敵も宝具を撃って来るが、クリック連打によって防ぐことが可能。
      • ステージ上には食べ物が存在し、これを取得することでHPを回復したり、移動速度上昇・無敵といった状態になったりできる。
    • 最後のステージでボスを倒すとクリア。それまでのタイムが記録される。
      • サーヴァントを倒したりすることで出現する宝箱を開けると、コレクションアイテムが入手できる。ダブったりハズレが出たり、運が悪いと爆発したり…。
        これらをすべて集めるとボーナスCGが閲覧できるようになる。
      • ステージの間にはなぜか○×クイズが出題されるが、本作とはまるで関係のない問題が出されることも。

トラぶる花札道中記(EX)

  • あるイベントをクリアすることで選択可能となるゲーム。拡張パッチを適用することでEXになる。ストーリーモードのほか、フリー対戦モードやチュートリアルも完備。
    • こいこいルールを使用した花札であるが、加えてターンごとに蓄積されるMPを消費して、チームそれぞれ異なる『宝具』を使用することができる。
      • 一部チームはゲームバランスを崩壊させるどころか、最早ゲームを成立させない宝具 *1 を使ってくる。
    • 『Fate/stay night [Realta nua]』のPS2版初回限定特典に、またPSV版Realta nuaおよび本作のPSV版の購入特典に、このミニゲームの移植版『とびだせ!トラぶる花札道中記』が前者ではパッケージ、後者ではDLコードとして同梱された。
      • またPSV版にはいずれも、システムを流用した続編『とびたて!超時空トラぶる花札大作戦』も同梱された。

評価点

  • ファンディスクの域に収まらない、前作の補完も行われるイベントを含むシナリオ。前作から引き続き、「きのこ節」も健在。
    • 日常シーンでは、前作で敵として登場したサーヴァントとのイベントが増えたため、これまで見たことがない一面を見ることができる。
      • それぞれのキャラの悲しい過去を知ることができたり、それまでのイメージが一転するほどの壊れっぷりが見られたり。
      • 秋ではあるが、プールに行くというシチュエーションがあるため、ヒロインたちの水着姿を見ることもできる。
    • 他にも、前作では登場するシーンが少なかったサブキャラクターも登場する場面が増えた。
      • 特に前作ではプロローグのみの登場となった氷室・蒔寺・三枝の三人は出番が劇的に増え、氷室については彼女が主役を務めるおまけシナリオも存在している。
    • 夜の聖杯戦争に関わる戦闘描写も前作に引き続き好評。特に終盤は燃えること必至。
      • 燃えを削ぐとして批判された18禁要素についても、『eclipse』という別枠に収めることで解決している。
  • 本作で新たに登場した新主人公・バゼットと彼女のサーヴァントのアヴェンジャー、そして謎の少女カレンのいずれも、前作に登場したキャラクターと何らかの形で関わりがあるため、違和感を覚えることはないだろう。
  • なお今作のOPムービーは前作のようなアニメでなく静止画で構成されているが、流れるタイミング等も含め主題歌とセットで評価されている。

問題点・賛否両論点

  • 四日間を繰り返すという設定上、同じイベントを何度も見る羽目になることが多い。
    • スキップ機能が充実しており、見たことがないイベントやストーリーを進める選択肢にそれを知らせるマークが付いていても、やはり気になることではある。
  • 18禁要素こそあれ、実質おまけ扱いされているため実用性は微妙。
    • また、あるキャラクターとの濡れ場は例の如くシナリオ中(しかもほぼクライマックス)に挿入されているため、燃えを削いでしまっている。
  • 前作がなまじ完成された作品であるがために、本作での一部キャラの掘り下げが却って蛇足となっていると捉えられることも。
    • 掘り下げについても、日常パートはライターが
  • 前作のルートの一つで登場した『真アサシン』が、本編中では一度も姿を見せない。 *2
    • 登場するのはパッチ適応後の「トラぶる花札道中記EX」のみ。しかも移植版では登場しないというあまりにも酷い扱い。
+  核心に迫るネタバレのため注意

総評

ファンディスクでありながら、実質前作の続編とも言える内容。
『Fate』を語る上では前作のみならず、


移植版の特徴

  • ミニゲームも含めて全てボイスが追加され、OPムービーと主題歌も一新された。
    • OPムービーはPSV版『Fate/stay night [Realta nua]』でも担当したufotableが制作し、主題歌は後にアニメ版『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』の後期OPおよび挿入歌を担当することとなった「Aimer」が担当。
      • ED曲はアップデートで追加されたが、PC版ED曲の英語版となっている。こちらも同じく「Aimer」が担当している。
  • 『eclipse』中の18禁要素のほとんどが削除されてしまった。(差し替えではない)
    • そのためeclipseには上記の氷室が主役を務める話とクリア後に追加される後日談のみと、専用のメニューがあるのにスカスカになってしまった。
    • 同時に上記のストーリー中の濡れ場は限りなくエロ要素を削り改変された。
  • トラぶる花札道中記が特典となったため、新たなミニゲーム『カプセルさーばんと』に差し替えられた。それによってストーリー中でのミニゲーム解放までの下りも一部変更が為された。
    • このミニゲームでも『真アサシン』は登場しないため、正真正銘彼の出番がなくなってしまった。
    • その他のミニゲームはそのまま収録。いずれも多数のボイスが収録されている。

カプセルさーばんと

  • 花札と同じ条件を満たすことで解放されるミニゲーム。所謂タワーディフェンス。なんかポ○モンっぽい
    • 主人公を「シロウ」と「リン」のいずれかから選びゲームスタート。マップの各所にいるマスターとカプさばで戦う。
    • 登場するマスターやサーヴァントは前作『Fate/stay night』と本作のみならず、前日譚の『Fate/Zero』や外伝作品の『Fate/EXTRA』および『Fate/EXTRA CCC』、『Fate/Apocrypha』、原作のさらに原案の『Fate/Prototype』などとにかく多岐にわたる作品より出演している。
  • バトルの方法は、時間経過で貯まるマナを消費してサーヴァントを召喚し、敵拠点を先に破壊した方が勝ちという、至ってシンプルなもの。
    • 召喚したサーヴァントは敵拠点へ向かったりその場に留まったりと、様々な行動を取る。それぞれの特質をつかむことが重要。
    • サーヴァントは敵の攻撃によってHPがなくなると消滅して、マナを放出する。これを入手することでもマナは増加する。
      • 原則倒した方にマナは移動するが、マナを横取りする能力をもつサーヴァントも存在している。
    • 強いサーヴァントほど召喚に必要なマナの量も多く、再召喚にかかる時間も長い。
      • 一度の戦闘で召喚可能なサーヴァントは事前にセットできる7騎までなので、よく考えてサーヴァントを選ぶ必要がある。
    • 加えてサーヴァントを召喚する場所は召喚陣の位置を変えることで調整できる。極端な話敵拠点手前にも召喚可能。
      • ただし敵拠点に近づけば近づくほど必要なマナの量は2倍3倍と増加するので注意。
    • また一定時間経過することで、各マスターごとに異なる必殺技を使用できる。これで戦局を一気にひっくり返そう。
  • バトルに勝利すると、召喚した回数等に応じて各サーヴァントのレベルが上がる。
    • レベルが上がるとHPや攻撃力が上がるほか、再召喚にかかる時間が短縮されたりもするため、育成は重要。
    • 同時にマスターのレベルも上がる。経験値は自分より強い相手と戦ったり、拠点に攻撃を受けなかったりすることで獲得量が増える。
  • そして勝利後はガチャを回す。レアサーヴァントが出るか、既に持っているサーヴァントが出てしまうかは運次第。
    • 排出されるサーヴァントは戦った相手が持っているものに限られるため、欲しいサーヴァントを持っている相手と出るまで戦い続ける必要がある。
    • ちなみにダブった場合はサーヴァントのレベルが1上がる。高レベルでは必要な経験値の量も増えるため、これでサーヴァントを育成するという手もある。
  • ちなみにいずれかの主人公でストーリーをクリアすると、敵マスターをプレイヤーとして選ぶことも可能。
    • いずれのマスターも召喚したサーヴァントに応じて何らかの反応を示すため、ボイスパターンは多様。
  • …最早おまけミニゲームの域を超えている。無論対人戦は不可能だが、あればきっと盛り上がったことだろう。