シャイニング・ザ・ホーリィアーク

【しゃいにんぐ・ざ・ほーりぃあーく】

ジャンル RPG
対応機種 セガサターン
発売元 セガ・エンタープライゼス
開発元 ソニック
発売日 1996年12月20日
定価 5,800円
判定 なし
ポイント ライト派3DダンジョンRPG
シャイニングシリーズ関連作品リンク

概要

  • 「シャイニング」シリーズの一作。初代『シャイニング&ザ・ダクネス』以来久しぶりの3DダンジョンRPGであり、その後継作に近い位置付けになる。
  • 世界の創造主が地上に遣わした、憑依したものに超人的な能力を与える「スピリット」を巡る物語。過去シリーズでおなじみのパルメキア大陸の一地方である、エンリッチ王国を舞台とする。
  • キャラクターデザインは山之内真、BGMは桜庭統が担当している。

システム

  • 町やダンジョンはすべて3Dで描かれていて、十字キーの左右で旋回、上で前進という操作スタイルをとっている。
    • 場所の移動は、ワールドマップで行き先を指定して行う。快適。
  • ダンジョンは謎解き要素を含む構造になっている。高低差や立体交差などもありマップは割りと複雑だが、オートマッピング機能付き。
  • カニ歩き、後ろ歩き、ダッシュといった特殊移動が実装されていて、(多少イメージが悪いかもしれないが)移動しやすい。また、これらを駆使しないと解けない仕掛けなどもある。
  • 戦闘
    • 基本的にはごくごくベーシックな「剣と魔法」の、ランダムエンカウント方式・ターン制戦闘のRPG。
    • エンカウント時のモンスター登場演出中に、「ピクシーアタック」で先制攻撃を行う事ができる。迎撃に成功すると、ヒットさせたピクシーの人数に応じて経験値やお金、アイテムドロップ率などにボーナス補正が加わる。
      • ピクシーたちは上・下・左・右・前の5方向に対応していて、LRで選択し、ボタンで発射する。5種族がそれぞれ10匹ずつ、各地の宝箱などに隠されている。冒険の助けとして非常に有効なので、隠しアイテム探しに自然と熱が入る。
    • 通常攻撃の際に確率で必殺技が発動する事があり、ダメージ値が増えたり、睡眠などの追加効果がついたりする。任意発動はできないが、レベルアップや装備で発動率を高める事はできる。
  • 主人公パーティの初期メンバー三人は、序盤のイベントで「倒されても死なない体」になる。倒されても戦闘が終わればHP1で復活するため、全滅しにくい。

評価点

  • 本作のエンカウント率は高く強い雑魚も多いが、理解しやすくメリットも大きいピクシーアタックがそのストレスを緩和してくれる。ピクシー集めという収集欲につながる点も良かった。
  • エンカウント演出も含め、敵味方ともよく動く。見ていて楽しい。
    • 天井から降ってくる、地面から湧いてくる、突然目の前に現れるなど、演出としての面白さとピクシーでの迎撃システムがほどよく調和している。
  • メインとなるダンジョン攻略は、場所ごとの特色を押さえた丁寧なグラフィックと歯応えのある難易度が評価されている。
    • 中盤以降はダンジョンごとに特徴的な仕掛けがあり、「ダッシュで破壊できる障害物」や「天地が逆転する廊下」などを利用した謎解きが用意されている。
  • 変拍子も多数織り込んだプログレッシヴ・ロックのBGMの評価は高い。特に、ゲーム中一番長い時間を費やす事になるダンジョンの曲の種類が豊富なのは嬉しい。
    • ゲーム後半に行く事になる「まどろみの塔」のBGMは、『ダクネス』のダンジョンBGMのイントロなどを引用しつつ大胆なアレンジを加えたもの。外壁もなんとなく似たような感じの色をしていて、同作品を知るファンにとっては嬉しいサプライズだった。

問題点

  • 戦闘のバランスの取り方が雑。
    • 魔法や特殊攻撃(ブレス)には属性の概念がなく、統括的な「魔法耐性」「ブレス耐性」のパラメータのみにダメージ値が左右される。炎や氷など種類は多くても、単に見た目が違うだけ。威力の差も微々たるものである。
    • 攻撃魔法の威力自体も低い。本作の魔法は広範囲攻撃ばかり豊富に揃っているのだが、後半は「HPが高く少数(1~2匹)で出る敵」が増えるため、単体に対する火力で劣ると活躍しにくくなってしまう。その魔法を主体にして戦うキャラが後半戦近くに加入するというタイミングもいかがなものか。
    • 同シリーズの『外伝』や『2』から定番入りした、味方の守備力と素早さを同時に上昇させる補助魔法「サポート」は、低コスト・重ね掛け可能・ターン経過での解除なしと、RPG戦闘の補助効果としてはかなり破格。味方全員がほぼ確実に先手を取れるアドバンテージは圧倒的で、全般的にボス戦闘が楽。
  • 一部のピクシーを始めとする隠しアイテムの隠し方がやや理不尽。大半は墓などのシンボルがあったり通路の突き当たりだったりとなんとか目安はあるが、通路の壁(ノーヒント)だの床の上(ノーヒント)だのは対処に困る。
  • 処理落ちはわりと目立つ方。処理落ちする戦闘=ピクシーが当てやすいのがせめてもの救い。

シナリオについて

本作のシナリオは、強大な力を持つ正の超人「イノベータ」と負の超人「ヒュードル」を中心に描かれる。
そして、この世界の生命すべてのパワーバランスを司る創造主や、そうして作られた世界の行く末を監視する存在などが絡み合い、新シリーズ独特の複雑な世界観を構成している。

ただしそういった背景設定は、主人公一行の物語の中に自然と織り込まれるのではなく、知識として教科書的に与えられることが多い。そのため、「固有名詞が多くて話が理解しにくい」「町人の会話がお堅い」といった印象を受けやすいのが難点か。

総評

地味。普通。第一印象はどうしてもそうなってしまうし、実際のところもかなりのスロースターターである。
しかし3DダンジョンRPGにつきものの「難しい」「めんどくさい」「薄暗くて不気味なダンジョンシーンが延々と続く」といったイメージとは違い、本作は極めてプレイしやすいライトな作りになっている。こういったゲームは潜在需要に対して弾数が少なかったためか、意外にもプレイヤー満足度はなかなか高い。
主観視点で3Dマップを探索しながらいろいろな方向からモンスターが出現するエンカウント演出は「お化け屋敷的」と称される事もあり、ゲームとしては問題なく面白い。BGMのノリも良く、気持ちよくダンジョン攻略ができる。しかし、SRPGシャイニングのルールをそのままRPGに落とし込んだような素直すぎる一面が見られるなど、完成度が高いとまでは言い切れない。
レベルを上げて、装備を整えて、ダンジョンに出かけて謎解きをする…そんな普通さにこそ価値のあるゲームである。

余談

  • 後に発売される『シャイニング・フォースIII』は本作の設定を下敷きとしたストーリーが展開される。本作で脇役として登場した少年が主人公を務めたり、逆に本作の主人公の名前やその後の消息についてちらりと話が出たりする。
  • ゲームバランスが崩壊する裏技的アイテムが存在する。ゲーム中必ず一度は手にする品なので、初回プレイ時は情報を仕入れてしまわないよう注意されたし。
  • BGMの人気は高いが、サウンドトラックはアレンジアルバムしか出ていない。
    • 当初サウンドテストの存在も確認できず、ネット上に「クリア後に裏技でサウンドテストができる」という噂が流れた事もあったが、2014年になって主人公にある名前を入力することで出現することが判明した(参考)*1