ゼルダの伝説シリーズリンク


本編

機種 タイトル 概要 判定
2Dアクションアドベンチャー
FCD ゼルダの伝説 記念すべき1作目。世界観、謎解きなど「ゼルダ」の原点。
FC ゼルダの伝説1 1作目のカセット版。英数字フォントと音源が変更されている他の内容は同一。
GBA ファミコンミニ ゼルダの伝説1 カセット版の移植。
液晶の比率の都合上ドットが横に潰れているが、その他はそのまま移植されている。
なし
FCD リンクの冒険 サイドビュー・レベルの概念・アクション要素強化など、毛色の異なる2作目。
GBA ファミコンミニ リンクの冒険 単品では初の移植。こちらもドットが若干潰れているが移植度は良好。 なし
SFC ゼルダの伝説 神々のトライフォース ボリュームとプレイアビリティを高め、以後のシリーズの基盤となった。
GBA ゼルダの伝説 神々のトライフォース&4つの剣 SFCの『神々のトライフォース』と4人協力プレイ『4つの剣』の2作を収録。
GB ゼルダの伝説 夢をみる島 携帯機で初のゼルダ。驚きを秘めた異色のストーリーが語り草に。
GB/GBC ゼルダの伝説 夢をみる島DX ゲームボーイ/カラー両対応。GBCの「色」を活かした追加ダンジョンあり。
GBC ゼルダの伝説 ふしぎの木の実
大地の章/時空の章
四季を操るか、時空を操るか。2作同時に発売された。
内容は異なるが、完全クリアには両方プレイする必要がある。
GC ゼルダの伝説 4つの剣+ 『4つの剣』の続編。GBAとの連動を強く押し出した3つのモードで遊べる異色作。
GBA ゼルダの伝説 ふしぎのぼうし ほのぼのとした世界観、2Dゲームに対する丁寧な作り込みが伺え、
地味だが完成度は他のシリーズ作品に決して劣らない。
DS ゼルダの伝説 夢幻の砂時計 『風のタクト』の続編。タッチペン操作には賛否両論。 なし
ゼルダの伝説 大地の汽笛 『夢幻の砂時計』の続編。目玉の列車移動が不評。結果ワゴン行きに…。 なし
DSi ゼルダの伝説 4つの剣 25周年記念エディション DL専用。『4つの剣』をDS向けにアレンジ。期間限定配信のため、現在ではDL不可能。
3DS ゼルダの伝説 神々のトライフォース2 『神々のトライフォース』の続編。アイテムレンタル制といいう新たな試み。
ゼルダの伝説 トライフォース3銃士 『4つの剣+』以来の多人数協力型ゼルダ。
1人やローカルだけではなく、インターネット通信でも協力プレイできるのが大きな特徴。
なし
3Dアクションアドベンチャー
N64 ゼルダの伝説 時のオカリナ ゲームとしての要素が高水準に収まっている3Dアクションの傑作。
『ゼルダ』の歴史の重要な分岐点でもある。
GC ゼルダの伝説 時のオカリナGC 『風のタクト』予約特典。『時のオカリナ』本編に加え、初代以来の「裏ゼルダ」収録。
3DS ゼルダの伝説 時のオカリナ 3D N64の傑作が帰ってきた。当時の空気を残しつつ、立体視対応に。
N64 ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 高難易度、恐怖、終末感漂う異色な世界観。『時オカ』の外伝的続編。
3DS ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 3D 改善点多数の良リメイクだが、一部余計なアレンジも。 なし
GC ゼルダの伝説 風のタクト グラフィックがアニメ調に。今までの平原ではなく広大な大海原の世界が特徴。
前半部は非常に良くできているが、後半部が息切れ気味なのが惜しまれる。
WiiU ゼルダの伝説 風のタクト HD 『風のタクト』のHDリメイク。GC版の問題点の多くが見直されている。
GC/Wii ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス グラフィックがこれまで通りのリアル調のものに戻り、以前のシリーズを踏襲した作品。
WiiU ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス HD 『トワイライトプリンセス』のHDリメイク。
Wii ゼルダの伝説 スカイウォードソード 「ゼルダの伝説、はじまりの物語」と銘打つ壮大なストーリーや、
Wiiモーションプラスを活かした戦闘が魅力。
WiiU/Switch ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド ※2017日6月3日以降記事作成可能。
カップリング
GC ゼルダコレクション 『ゼルダの伝説』、『リンクの冒険』、『時のオカリナ』、『ムジュラの仮面』+αを収録。
海外版ベースの『ムジュラ』にフリーズバグが存在するのが最大の難点。


派生・外伝作品

機種 タイトル 概要 判定
派生作品
SFC BSゼルダの伝説 ナレーション付きの異色作。システムはFC初代ベースのリメイク。
おそらく二度とプレイできないのが残念。
BSゼルダの伝説 古代の石盤 『神々のトライフォース』ベースのBS続編。
こちらもおそらく二度とプレイできないのが残念でならない。
Wii リンクのボウガントレーニング 『トワイライトプリンセス』の世界観で遊ぶガンシューティング。Wiiザッパー対応ソフト。 なし
WiiU ゼルダ無双 無双シリーズとのコラボレーション作品にして国内初の外注発売作。
謎解き要素こそ乏しいが、両シリーズのいいとこ取りと言える激しいバトルアクションを楽しめる。
3DS ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ WiiU版を超えるボリュームになった移植版。
ただし、スペックはNew3DS前提。
3DS マイニンテンドーピクロス
ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス
その名の通り、マイニンテンドーの景品として配信されたピクロス。
1000プラチナポイントとの交換でDL可能。
チンクルシリーズ
DS もぎたてチンクルのばら色ルッピーランド この世は結局お金が全て。ブラックな雰囲気の童話風異色RPG。
チンクルのバルーンファイトDS 2006年度クラブニンテンドープラチナ会員限定アイテム。
『バルーンファイト』をDSの2画面に対応させ、キャラを差し替えたもの。
DSi できすぎチンクルパック DL専用。「できすぎ」なお役立ちツールが詰まったDSiウェア。
DS いろづきチンクルの恋のバルーントリップ 『もぎチン』の続編筋。「お金」の次は「女」がテーマ。
海外ソフト
CD-i Zelda:the Wand of Gamelon ゼルダの黒歴史。フィリップスの作り出した大問題なゲーム。
Link:the Faces of Evil
Zelda's Adventure フィリップスが3つめの爆弾を投下し、糞々のトライフォース完成。


関連作品

機種 タイトル 概要 判定
N64 マリオのふぉとぴー データ追加カセットとして『キャラクター集 ゼルダの伝説 マリオのふぉとぴー専用』が存在する。
GBA GAME & WATCH GALLERY 4 ゲーム&ウオッチ版『ZELDA』収録。国内未発売。
GC ソウルキャリバーII GC版にリンクが参戦。
WiiU Scribblenauts Unlimited 国内未発売。マックスウェルによって呼び出されるオブジェクトとしてゼルダの伝説キャラがゲスト出演。
マリオカート8 DLCでリンクが参戦 なし
大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ シリーズよりキャラクターが出演。



概要

 任天堂が開発・発売したアクションアドベンチャーシリーズ(公称ジャンル)。全体としてはACTの体だが、謎解き要素の占める割合が特に大きい。
 経験値やレベルの概念は無いものの、アイテムを集める事で特殊能力やライフを増強し徐々に行動範囲を広げていくゲームデザインは、後にアクションRPG/ADVとして定着するジャンルにも似ており、その草分け的存在となっている。

 本シリーズは基本的に、触れた者の願いを叶え世界をも変える力を持つ聖なる三角形「トライフォース」を巡る物語である。各作品ごとに時代設定は異なるが、主人公「リンク」とヒロイン「ゼルダ」、多くの作品でラスボスを務める「ガノン」が主要人物。脇役にも作品間で共通した名を持つものが多く登場し、本シリーズの世界観における長い歴史の中で、お馴染のキャラクターとして作品を彩る。

 プレイヤーは主人公「リンク」を操作して世界中を旅し、ダンジョンなどを攻略していく。
最初に発売された1986年2月21日『ゼルダの伝説』では正面斜め上から見下ろした2Dマップであり、固定画面のマップを画面端でつないで並べ、スクロールで切り替えて世界を表現していた。

ニンテンドウ64で発売された『時のオカリナ』では初の3D化が導入され、空間やオブジェクトの表現はもちろん、謎解き面においても3Dならではの立体的な仕掛けが多く施されている。同作では自分の向きや敵との位置関係が混乱しやすい3Dアクションの弱点をフォローすべく、対象をロックオンし移動操作中も対象への向きを保ち続けるシステム「注目」を業界で初めて導入。3Dゲーム作品の発展に大きく影響を与えたと言われている。これ以降、据え置き機での作品は『時のオカリナ』を踏襲した3Dタイプが主流となり、旧型の見下ろし型2Dタイプの作品は携帯機をメインに発売されるようになった。

意外なところでは、プレイヤーキャラの残りライフを「ハート」で表現したのも本シリーズが初。
細かな演出の豊かさを評価される事の多い本シリーズの特色は初代作から発揮されていた。

時系列について

説明書や作中にて各作品間で時間軸が独立しておらず、シリーズの物語は全て同一世界で起こっていることがたびたび仄めかされていた。
だが、その場合矛盾する描写も散見されていたため時系列についてはファンの間で長く激しい議論がなされていた。

2011年になり公式に設定が公表され、最初に『スカイウォードソード』があり、『時オカ』から3つの時間軸に分岐するという一種のパラレルワールド設定で決着がつけられた。
ただしこの設定に関しても今後の展開次第で変わる可能性があるとも言及されており、複雑になるので当ページにその全ては記載しない。詳しく知りたい人は各自検索されたい。

もっとも各作品ごとの話はその作品内でちゃんと完結するため、どのタイトルから手に取っても支障はない。