Age of Empires 2 The Age of Kings

【えいじおぶえんぱいあつー えいじおぶきんぐす】

ジャンル リアルタイムストラテジー


対応機種 Windows
Mac OS
開発元 Ensemble Studios
発売元 マイクロソフト
発売日 1999年11月26日
定価 9,800円(税抜)
判定 良作


概要

  • 欧米では特に高い人気を誇るジャンル、リアルタイムストラテジーの傑作。
  • 前作と同じくGenie Engineを採用し、予定より一年近く遅れて発売された。
  • 今回は中世を舞台にし13の文明、史実の英雄を主人公にしたキャンペーンが用意されている。
  • マルチプレイヤーモードでは、最高8人ものプレイヤーが同時に1つの覇権を争う。
  • 後に発売された拡張版(『Age of Empires II: The Conquerors』Expansion、通称AoC)では新たに5つの文明が追加されたほかインターネット対戦も可能に。
    • 30分程度でプレイが完結する高速モードも追加。

特徴

  • マス目のないクォータビュー視点の画面でユニットを生産し、1人1人に指示を出しながら、自分の領地を拡大し、資源を発見・開発しながら文明力を高め、他の勢力を制することが目的となる。
  • RTSには戦略に特化したゲームも多いが、本作は内政=領地の発展にも主眼が置かれている。そのためいかにして効率よく資源を確保するかといった点も重要であり、これがハマリ要素にも繋がっている。
    • ユニット一体一体、建物1つ1つがリアルタイムで動きマップを埋めていく様は一種の箱庭のようであり、箱庭を作り込んでいく楽しさ(箱庭ゲー)という側面も持つ。

評価点

  • 高品質なグラフィック
    • 3Dモデリングを2Dに落とし込んだもの(プリレンダ)で、今時見てもあまり古さを感じない。
  • 間口の広さ
    • 基本的な動作はシンプルで、シングルモードをこなすうちにすぐにハマる。
    • それでいてユニット一体一体の特徴、コスト、相性などからさまざまな戦術や立ち回りが支えられ、白熱化する試合を生み出すのにゲームバランスが整ってある。
    • 10年前のタイトルと言うこともあり、低スペックでも軽快に動くことも人気の秘訣となっている。

難点

  • 操作が忙しい
    • 上達するには、キーボードとマウスをフル活用し、アクションゲームのようなアクティブな操作が要求される。
    • 本作と言うより、RTSというジャンル自体のもつ難点である。
      • そのためじっくり戦略を練りたい人には馴染みづらいゲームとなっている。
      • 例えば、対戦序盤の基本からして、偵察兵を常に操作して地形を明らかにして行きつつ、「町の中心」周辺では約20秒刻みの計画的かつ効率的な操作で資源採集して次の時代に進化させるような次第。建物やユニットが増えるにつれ操作量はさらに増えて行く。
      • この内政にも激烈なアクションを求めるゲームデザインが大いに賛否を起こし、本作以後のRTSは内政が本作より簡略なことから、ライトユーザーにとってのネックではあるようだ。
    • AoCになって収穫し終わった畑の張り替えを自動で行なうよう予約できる再建キューが追加されるが、全体的に要る操作量の前では焼け石に水である。
  • 公式の裏ワザである隠しコード(チートコード)が本作のみ少ない。これに関しては1が少々やりすぎた感が強いが。
  • キャンペーンモードは難易度も高く、初心者が手を出すと投げ出してしまう可能性もある(方法を問わずにクリアするだけなら、特定の単語を発言すると資源・視界・特殊ユニット等が与えられるチートコードや、AIの習性を突く方法もあるにはある)。
  • COMの標準AIの粗。ほとんど城門を攻撃しようとしないため城門ばかり並んでるとプレイヤーに手出ししない、等。
  • ネット対戦も同様に熟練プレイヤーがひしめいており、うかつに初心者が手を出すと悲惨な結果となる。
  • 処理速度の限界
    • ユニットの数が増えると、ラグのみならず、ユニットの動き自体も渋滞が起こってしまう。
    • オリジナルのパッケージ版でも、リメイクのHD版でもマルチコア非対応のゆえ回避困難。
    • これはゲームバランスにも影響をもたらし、精強だがラグのせいで攻撃が出来ない近接ユニットよりも、肉壁の後ろに立って攻撃できる間接ユニットのほうが有用。
      • 後半に行くほど近接ユニットのスペックが間接ユニットを圧倒するのではある。

総評

秀逸なグラフィックと直感的な遊び方を持って絶大の人気を誇った、RTS黎明期を代表する伝説の傑作。


移植・リメイク

  • PS2移植版
    • コナミより2002年2月14日に6800円(税抜)で発売された。
    • 移植度は高いが、このゲームの楽しみであるAIのカスタム、ネット上のシナリオの導入、8人対戦などはハード的にも不可能である。オフラインかつデフォルトの環境下ならこちらでも十分楽しめる。
  • DS移植版
    • Majesco Salesより2006年02月20日に北米で発売されたが、惜しくも国内未発売。
    • こちらはRTSではなくターン制に変更されている。採集、研究、建築、進化、戦闘など、簡略化している部分はあるが原作の好評だった部分をしっかりと残しており、原作の雰囲気を残せている。
  • DC移植版
    • コナミがE3 2000にて発表したが、その後制作中止がアナウンスされた。
  • PCリメイク版
    • 『Age of Empires II HD』。定価は1,980円、2013年4月10日にSteamにて配信開始。
    • 元のデベロッパーはすでに解散したが、別の開発元の手でSTEAMでは新たな拡張版(HD版)が販売されている。開発は『Counter-Strike:Global Offensive』の開発にも関わった、アメリカのHidden Path Entertainmentが担当。
    • HD版には元スタッフのよる非公式MODを下敷に新文明・新キャンペーンを追加した拡張パック「The Forgotten Empires」「The Afrikan Kingdoms」「Rise of Rajas」が順次リリースされた。
    • UIがパッケージ版に比べて劣化点があるものの*1、SteamのワークショップからユーザーMODを利用することである程度解決可能。しかし通信プレイにおけるラグが目立つ。国をまたいての対戦はまともなゲームができないレベルに酷い。
    • 追加キャンペーンシナリオは、「The Forgotten Empires」のものは処理速度問題を無視したサイズ過大のマップと比重が大きすぎるRPGパート(たった一体のユニットで進行するパート)が災して、不評。「The Afrikan Kingdoms」と「Rise of Rajas」のものは、敵が資源無尽蔵なのが賛否両論なものの、マップがコンパクトで軍対決主体であることが好評。

余談

  • 始め出すとやめ時がみつからず、シヴィライゼーションシリーズとともに気が付くと徹夜してしまう「魔のゲーム」としても名高い。
  • 続編の3が発売された近年でも本作を愛好するユーザーが多く、完成度の高さを物語っている(3でゲーム的に大きな変化があったという点も大きい)。