BLOOD THE LAST VAMPIRE 上巻/下巻

【ぶらっど ざ らすと ばんぱいあ じょうかん/げかん】

ジャンル アドベンチャー


対応機種 プレイステーション2
発売元 ソニー・コンピュータエンタテインメント
開発元 Production I.G
発売日 上下巻共に2000年12月21日
定価 上下巻共に6,090円
判定 なし
ポイント 少女と刀とバンパイア
やるドラシリーズ最難関
やるドラシリーズ
ダブルキャスト / 季節を抱きしめて / サンパギータ
雪割りの花 / スキャンダル / BLOOD THE LAST VAMPIRE

やるドラ ポータブル BLOOD THE LAST VAMPIRE

【やるどら ぽーたぶる ぶらっど ざ らすと ばんぱいあ】

対応機種 プレイステーション・ポータブル

開発元 Production I.G
ウィル
発売日 2006年1月26日
定価 5,040円
判定 なし

概要

  • メディアミックスコンテンツ『BLOOD THE LAST VAMPIRE』の家庭用TVゲーム版。選択肢によって展開が分岐するインタラクティブアニメ『やるドラ』シリーズの一環として、上下巻の大ボリュームで同時発売された。
    • 同作品はもともと、映画/アニメーション監督である押井守が、アニメスタジオ・プロダクションI.Gで若手育成のために行っていた通称「押井塾」から生まれた企画である。メディアミックスとして他にもプロダクションI.G製作のアニメーション映画、押井本人が執筆した小説、玉置勉強による漫画などで展開されている。作品間で直接的な物語のつながりはないが、同一世界観を基盤としている。
    • 後年、世界観のつながりはないものの、「少女」「怪物」「日本刀」といった中心の素材が共通するTVアニメーションがいくつか製作された。そのうち『BLOOD+』はPS2で2作、PSPで1作ゲーム化されている。
  • PSP版は上下巻同時収録であり、価格面の不満は大幅に解消された他、難易度やシステム面に改善が見られる。

ストーリー

父子家庭に育った主人公は、高校を中退し大検合格を目指して勉強していた。
しかし、その平穏な日々は正体不明の存在に次第に脅かされていく。
頭の中に響く不思議な「声」。現代社会の影に潜み人を襲う怪物「翼手」。
日本刀を携えて怪物を倒す美少女・小夜の周囲で、呪われた「血」に関わる者たちの運命の歯車が回りだす。

システム

基本的には他の『やるドラ』シリーズ同様、アニメを見ながら、要所で表示される選択肢を選ぶ事で物語が分岐するシステムだが、本作独自のシステムも一部存在する。

  • BLOODレベル
    • 主人公の持つ唯一のパラメータ。特定の選択肢を選んだり、後述するBSSを空振りしたりすると上昇し、画面下部に表示されるバーの色が黄緑→黄→赤と変化する。この値に応じてエンディングが変化する事もある。
    • これが一体何の値であるのかは、下巻までの物語を見なければ掴めないだろう。
  • BLOODサーチシステム(BSS)
    • アニメーションの中には、「選択肢ではない分岐ポイント」が時折出現する。プレイヤーが△ボタンを押すと一定時間サーチが発生し、見えない分岐ポイントと一致する事で物語が分岐する。
    • サーチ時間は画面下部のバーで表示される。BLOODレベルに対応しており、レベルが高いほどサーチ時間は短くなる。
      • 一度サーチを行った後、バーが回復するまでにタイムラグがあり、連打はできない。
    • 分岐ポイントは、画面下に鈴マークが表示されるものと、全くノーヒントの隠しポイントの2種類があるので注意。
      • 該当部のアニメが再生された時点でBSSは不成立となる。BSSを成功させるには大きく分けて2つ、空気を読んで直感に頼るか、1つ手前の展開を覚えておくか、といった方法が考えられる。
  • 下巻は上巻のクリアデータを引き継いで始めるように出来ているが、下巻だけ買った人のために、プレイデータを作成できる簡単な導入編が用意されている。

評価点

  • 作画、アニメーション、ストーリー、演出、声優の演技など、アニメとして見た場合ほぼ全ての要素がハイレベル。
    • BGMは、種類こそ少ないが雰囲気は良く出ていて、音も臨場感に溢れている。ヘッドホン使用もお勧め。
    • 物語の伏線になっているOPデモの演出も上手い。
  • 登場人物の心理描写が、話の流れやキャラクターの表情といった細かい部分でも丁寧に描かれている。

賛否が分かれやすい点

  • 単なる選択肢制に留まらないBSSは受動的になりがちなADVゲームに独特の緊張感をもたらしたが、少しでも気を抜くとタイミングを逃してしまうため、「判定が厳しい」「どこで分岐するのか判りにくい」と批判もされやすい。
    • アニメーションをスキップする事はできても止める事はできず、攻略に詰まった時の打開が難しい。いくら美麗で良質なアニメでも、何度も凝視していたら飽きが早まってしまうだろう。
    • 最初の内はBLOODレベルがすぐMAXまで溜まってしまい、特に上巻ではいつも同じ結末に至ってしまうという人も多い。
    • エンディングコンプリートは攻略本必須、100%クリアに至っては攻略サイト推奨とも言われている。とにかく分岐条件が細かい。
      • 例えると、「(選択肢)右へ行くか左へ行くか→左にしよう→(BSSで隠し分岐発見)やっぱり右にしよう」みたいな細かさである。バッドエンド確定ルートの救済措置的な隠し分岐も多く、達成率100%を一層困難にしている(バッド確定と知ってしまうと、BSSに頼らずともその選択肢自体を選ばなくなってしまうため)。
      • ちなみにコンプリート特典は、恒例の一枚絵表示と各エンディングルートごとのオートプレイモード解放。
  • ストーリーはモチーフこそ古典的だが、面白い。ただし、映像も含めた全体的な雰囲気が暗く、好みは分かれる。
  • 重いストーリーに対し主人公が気弱なキャラなので、見ていてやきもきする。

問題点

  • 下巻のアニメーションも良質だが、一部にあからさまな尺稼ぎ(口パクなど)が見受けられる。
  • 下巻は物語が収束に入るため、上巻と比べると分岐パターンが少なくバリエーションに乏しく感じられる。ほとんど代わり映えのしないエンディングもある。
    • 上下それぞれを単品で楽しむ事はほぼ無理な上にこの点もあって、上下巻セットで考えた場合のボリュームと12000円強という価格設定に疑問の声が挙がる事もある。

総評

アニメーション作品としての質の高さは誰もが認めるところだろう。そもそもアニメが好きであればなおさらである。だが、アニメが好きだからといって難しいADVゲームも好きとは限らない。このため、本作は非常にハードルの高い作品となってしまった。
作品が良質であればあるほど、落ち着いてじっくり眺めていたい場合もある。しかしBSSの緊張感から解放されるのは、達成が困難な100%クリア以降…暗い雰囲気の作品なので恐らくコア層向けなのだろうが、本作はそこから更に人を選ぶ。
タイミング重視の覚えゲーADVというデザインは新しかったが、広く受け入れられるものではなかったようだ。