不思議のダンジョン 風来のシレンGB2 砂漠の魔城

【ふしぎのだんじょん ふうらいのしれんじーびーつー さばくのまじょう】

ジャンル ローグライクゲーム
対応機種 ゲームボーイカラー(専用)
発売元 チュンソフト
メディア 32MbitROMカートリッジ
開発元 チュンソフト、スティングレイ
発売日 2001年7月19日
定価 4,725円
分類 良作
風来のシレンシリーズ関連作品リンク

概要

  • 携帯機では第二作目となる風来のシレン。砂漠の町イルパとその郊外にそびえ立つ魔城を舞台に、シレンの新たなる冒険が始まる。
  • シリーズ異質のシステムが多いながらもそのバランスに準拠した内容になっている。そこから出る相変わらずの中毒性や、GBとは思えない異例のボリュームから今でもファンは多い。
  • 後にシリーズのお約束となる「風来救助隊」初登場の作品でもある。

特徴・評価点

  • 「奈落の果て(もっと不思議)」だけにとどまらない非常に個性的なクリア後ダンジョンの追加。
    • 「トンファンの穴」 いわゆる肉ダンジョン。後述する旅仲間「ンフー」の能力を活用しながら進んでいく。
    • 「天下一ワナ道会」 いわゆる罠ダンジョン。罠をアイテムとして持ち運んだり、別の罠に作り替えることができる。
    • 「壺の洞窟」 こちらはレベル1固定で敵は強く、まっとうな戦いをせずにひたすら逃げるダンジョン。
    • 「鍛冶屋のかまど」 アイテムは持ち込めるがいきなり強い敵が出てくるダンジョン。ここでしか販売されていない装備品が多数ある。
  • 全体的なステータス・アイテムの調整
    • 各武器・防具に強化できる値の限界が設けられ、取捨選択が更に広がった。
      • そのぶん敵の能力は抑え目になり、「もっと不思議」も最大HP250であるにもかかわらず武器なし・防具なしでクリアできるほど。
      • また特定の装備の組合せで発生する「共鳴」。攻撃力や防御力が上がるだけのものから、固定5ダメージ追加・腕輪が壊れなくなる・ワナにかからなくなるといった強力なものまで様々で、うまく使うと戦いが有利になる。
    • 腕輪は『2』と同じくヒビが入ってしまうが、印が設けられ合成できるように。今までよりも実用性が上がった。
  • 桁違いの性能を誇る旅仲間「ンフー」。クリア後に仲間にできる彼は、肉を与えられることでその肉のモンスターの能力を使えるようになるのだが、肉を厳選するととんでもない性能になる。
    • 何よりシレンが該当モンスターの肉を食べるよりも遥かにノーコストで技を出せるのは大きい。トンファンの穴では厳選した特殊能力持ちのンフーが戦闘の要になる。
    • クリア後の仲間であり、当然「もっと不思議」では使えないためバランスブレイカーにはならない。むしろ、鍛冶屋のかまど素潜りプレイという新しい遊び方を開発した素晴らしい仲間といえる。
  • 「呪い&祝福システム」が初登場。
    • 装備品以外のアイテムも呪われるようになった。こうなると使用できなくなり、ぶつけてダメージ2以外の能力を発揮できなくなる。そのため呪いをかけてくるノロージョ系が難敵に。
    • 一方、一時的だがアイテムの性能を大きく上げる祝福も登場。特に杖と巻物の(祝福状態の間のみ)使用無制限は強力である。「復活の草」も複数回使えるように。
  • 特訓ダンジョンというものが実装された。これは以前に潜ったことのあるダンジョンに潜れるというもの。
    • これだけだと「直接ダンジョン行くのと何も変わらないんじゃ?」と思われるだろう。
      が、通常帰りにくい「奈落の果て」でも確実に指定した階層で帰ることができるし、何より全く同じ構造・アイテムのダンジョンに再挑戦出来る事が大きい。
    • 毎回構造が変わるのはちょっとハードルが高いという初心者にも、やりこみの為に特定のアイテムを大量に集めたい上級者にとってもお得である。
    • クリア後以降はパスワードとして出力・入力が可能になる。特定のアイテムが出るダンジョンを残したり受け取りたい、という場面で活躍できる。
  • 今後のシリーズでおなじみ風来救助隊が初めて実装された。
    • ダンジョンで死んでしまった!復活草も無い!という状況、今までならもう終わりだったが、今回からは他のプレイヤーに救助を頼んで死んでしまった階層まで潜ってもらうと、その階層からやり直せるようになった。
      • 通信ケーブルをつないで直接友達に救助してもらうほか、パスワードを使えば顔も知らない風来人に救助してもらう事も可能。
      • もちろん助けた側のプレイヤーにも「ご褒美」としてアイテムが貰えるメリットがある。ここでしか入手出来ない激レアアイテムもあるため、救助も活発になっていた。
      • ただし「一冒険中に救助要請を出せるのは3回まで」であり、救助隊に頼ってどこまでも潜れるわけではない。それとは別に「同じフロアで2回倒れたら救助要請できない」という制限がある。ドロボウ失敗時も救助要請不可。

賛否両論点

  • モンスター関連
    • コクワガッター系レベル3・ノコギガッターの凶悪さ。
      • 明らかに見えない位置に居るシレンを認識してモンスターを投げてくる(過去の同能力モンスターはシレンを視認しないと投げてこない)、2体でシレンのキャッチボールを始めると何も出来ず殺される、特殊能力抜きでも異常に硬い、他の凶悪モンスターと比べて出現フロアが圧倒的に多いなど。モンスター1種類を出現させなくするアイテム「ねだやしの巻物」の対象としては筆頭候補。
      • あまりにも有名になりすぎたせいか、DSリメイク版でのコクワガッター系はいずれも大幅に弱体化した。
    • ほかにもあらゆる効果を2ダメージ化する能力を得たギャザー系は壺の洞窟できわめて理不尽な存在となったり、『2』から強化されてイカリ・倍速・オオイカリの杖を振るうようになったバットカンガルー系など理不尽なモンスターもいる一方、ウツボカズラ系レベル3・祝福カズラは使い方次第ではこちらの装備品をお手軽に最強状態にできる。
    • しかし、プレイヤースキルを上げれば運のみならず腕で凶悪なモンスターを対処できるし、お手軽な強化法も使わずにクリアすることはできる。「理不尽」や「お手軽強化」をどうとるかがこの点の分かれ目となる。
  • NPCの使い勝手について
    • 仲間はレベル上限が10ほどに設定されているが、仲間自身が敵を倒さないと経験値が得られない仕様になっている。
    • 前述の通りンフーはかなり強いが、仲間は1人しか連れていけない仕様のせいで、それ以外の仲間の活躍を食っているともとれる。その仲間も、使い勝手の良さは賛否が分かれるところである。
    • ペケジは前作と違い、おにぎりを強請る事がないために高火力のアタッカーとして活躍できるが、一方でレベルの上限が7と低めに設定されている。
    • お竜は今作でも目潰し攻撃ができるが、その射程範囲は 隣接する敵のみ という困った特徴がある{{SFCシレンでは部屋全体で、リメイク版では修正されている。}}。というのも、目潰しされた敵は最初は「目潰しされる前に向いていた方向に進み、障害があれば攻撃する」よう組まれているためである。
      • つまり、お竜が敵と殴り合っている最中に目潰しをしても、敵は攻撃する方向を変えてはくれないので、そのまま攻撃を食らってしまう。目潰し攻撃自体にダメージはないため、これではただ無駄にダメージを受けているだけである。
      • 目潰ししたところでお竜は敵を避けてから攻撃することはない。それどころか既に目潰しした敵に目潰しする無駄行為を行うこともあり、お竜にタイマンを任せると劣勢に追い込まれやすい。攻撃力も特別高い訳ではない。
      • そのため、シレンとの戦いにおいての補助として目潰しを期待するぐらいしか活躍を見込めない。しかし、お竜のレベルを上げるためにはお竜に倒させる必要があるので、育成が難しい。
    • マーモは今作でもアイテムを10個預けてくれるほか、投げたアイテムも保存してくれる。そのため、セルアーマー系に弾き飛ばされたアイテムが消滅するのを防いでくれる。
      • 反面、攻撃を食らうごとにアイテムを1個落とす仕様になっており、倉庫係として安心してアイテムを持たせることができなくなっている。聖域の巻物何かを預けてしまった際は、落としたら回収不能になってしまう。
      • そもそも、シュテン山の守り神の化身という設定なのになぜイルパの街にまで流れ着いたのかが謎なところである。

問題点

  • GBCというハードの制約故か、仕様上の問題が一部存在する。
    • 操作性が厳しく、ゲームの処理やテンポも遅い。
      • GBCとGBAで若干操作方法が異なる謎仕様。GBCではセレクトボタンでマップが表示できるのだが、GBAではその操作は「ナナメ移動モード」になる。
      • GBCではスタートと同時に十字キーを操作することでナナメのみに移動することが出来るのだが、GBAのボタン配列ではその同時操作がし辛いための代替措置だと思われる。
    • 『GB1』と同じく、通路でも視界が暗くならずに一度入った部屋も暗くならないなどの仕様もある。
    • セーブデータが1つしかない。これ以前はデータは大体3つあったが、これ以降からはセーブデータ1つのみが基準になった。
      • 以降のシリーズは紛失せず何度も復活する武器や倒されても紛失・劣化しないエレキ箱などでバランスを取っているのもあるが、本作にはまだそういった措置もない。
    • ゲームの進行を著しく妨げる、続行不可能になる、 セーブデータが破壊される といった致命的なバグが多数存在。特に有名なものは公式ページでも警告されていた。
  • 武具の強化限界が低い。特に、特殊能力が付いているものは上限が8という有様。
    • 強化限界自体も「カタナの強化限界>こんぼうの強化限界」なので、弱い武器は本当に要らない子になってしまった。弱い武器は共鳴も弱い。
    • ただし、今作は祝福天地の恵みでいくらでも強化できてしまうため妥当との声も。
  • 冒険の履歴に難易度や手間がメチャクチャなものが存在する。
    • まあやり込み要素なので難しいのはともかく、「全ての装備を身につけた」「全てのモンスターをワナにかけた」「全てのモンスターに肉で変身した」の3つは達成した装備・モンスターを確認できないため、いくらなんでも手間がかかりすぎる。
  • レア武器である秘剣カブラステギを入手するのに、別のカートリッジとの道具交換が必須。周りに本作を持っている知人がいなければ、自分で複数のカートリッジを買う必要がある。
    • 9種類のアイテムを集める必要があるのだが、1つのカートリッジにはうち7種類しか出てこないので、ソフトが2つだけだと出てこないアイテムが被る可能性がある。実際ファンブックで我孫子さんと河内さんがやったときに1個かぶっていた。
  • 「人形」というNPCがまったく役に立たない。
    • ダンジョンの奥に連れて行き「生かしたまま帰る」と最大10段階パワーアップするのだが、最高まで鍛えてもそんな強くない上に1度でも倒されると1段階目に戻るため、はっきり言って全く使えない。
    • なぜ戻るかというと「倒された=壊れた」という設定のため。こいつを仲間にするには町の人形屋から買うのだが、壊してから再び仲間にしようとすると修理代を取られる。

総評

GBCのソフトながらそのボリュームは圧倒的。
バグや調整不足気味な要素も多く見られる一方、独特なギミックや設計から本作を支持するプレイヤーは多い。
風来救助隊・特訓ダンジョンなど初心者に向けた要素やシリーズで定番となった要素も多く、シリーズの中でも革命的一作である。

その後の展開

2008年11月13日にDSで『不思議のダンジョン 風来のシレンDS2 砂漠の魔城』のタイトルでリメイクされた。