ドラゴンクエストモンスターズ2 マルタのふしぎな鍵 ルカの旅立ち/イルの冒険

【どらごんくえすともんすたーずつー まるたのふしぎなかぎ るかのたびだち/いるのぼうけん】

ジャンル ロールプレイングゲーム

対応機種 ゲームボーイカラー(全GB共通)
メディア 32MbitROMカートリッジ
発売元 エニックス
開発元 トーセ
発売日 ルカの旅立ち:2001年3月9日
イルの冒険:2001年4月12日
定価 6,400円(税抜)
判定 良作
ドラゴンクエストシリーズ関連作品リンク


概要

ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド』の続編。
前作が『VI』のスピンオフだったのに対して、本作では主人公が完全オリジナルとなった。

『ルカの旅立ち』『イルの冒険』の2バージョンが存在する。 同時に発売される予定であったが、不具合が生じたために『イル』の発売が1ヶ月近く延期された。

ストーリー

牧場を営む両親とともにマルタの国に引っ越してきたルカとイルの兄妹は、
ひょんなことからカメハ王子とワルぼうに出会い、争いになるうちに「マルタのへそ」を壊してしまう。
「マルタのへそ」はマルタの生命力を閉じ込めている大事なもの。このままではマルタが海に沈んでしまう!
とっさにフタの代わりになったワルぼうはモンスターマスターに「へそ」の代わりになるものを探してもらおうとするが、
普段の行いのせいで誰にも信用してもらえない。
困ったワルぼうに頼まれた2人は、モンスターマスターとして「へそ」の代わりになるものを探すことになった。

特徴

本作の舞台は前作でライバル国として登場したマルタの国。『ルカの旅立ち』では兄のルカが、『イルの冒険』では妹のイルがモンスターマスターになって異世界を冒険する。

  • 異世界はフィールドマップになっており、町や城、ダンジョンなどが存在する。ここが前作との最大の違いで、異世界で起こるさまざまな問題を解決していき、全ての問題を解決すると「へそ」の代わりになりそうなアイテムが手に入り、その異世界はクリアとなる。
  • 最後の異世界に行くまでに手に入るアイテムはどれも「へそ」の代わりにはならないが、ワルぼうの力で「ものを壊す」「海を渡る」「空を飛ぶ」など新たな能力が手に入る。
  • 全ての異世界をクリアすると無事に「へそ」の代わりになるものが見つかり、ゲームもクリア。以降は前作同様モンスターの育成や対戦、新たな異世界への冒険がメインとなる。

ふしぎなカギ

  • 本作で異世界に移動するために必要なアイテム。井戸の底にある「ふしぎなドア」にカギを差し込むと、そのカギに対応した異世界に行くことができる(『VII』の「石版」や『IX』の「宝の地図」のようなものと考えてもらうと分かりやすい)。メインストーリーに登場するカギは最初から名前が分かっているが、クリア後に手に入るカギの中には名前が分からないものもあり、「カギ鑑定士」に鑑定してもらうことで使えるようになる。
    • 正体が分かったカギには「はじめのスライムのカギ」「ひみつのはなぞののカギ」のように名前がつけられる。この名前には法則があり、例の場合は「はじめの」「ひみつの」がそのカギのレア度(出現モンスターの強さ・レア度に対応する)を、「スライム」「はなぞの」が出現モンスターの種族をあらわす。
    • これらのカギの世界にも町や城、ダンジョン、ボスモンスターなどが存在し、ボスモンスターを全て倒すまではその世界のモンスターを仲間にすることはできない。
    • 鑑定で正体がわかるカギの世界は自動生成で作られるため独自のイベントはなく、住人やボスのセリフは何パターンかからの使い回しである。また、同じ名前のカギでもマップの構造や出現するモンスターが異なることがある。

モンスター・特技の追加

  • モンスターは新系統「水系」と新モンスターの追加で、全312種となった。
    • 水系が追加されたことで、前作では出番がなかった海のモンスターが登場。陸上組に比べると地味なラインナップだが、水系のモンスターはバランス良く能力が成長するため、パーティを組むときには重宝する。
    • 前作の各系統の最強モンスターを超える種族が登場。その結果、「しんりゅう」など一部の「最強モンスター」が他国マスターから奪えるようになった。
    • ????系でも「しん・りゅうおう」「ジェノシドー」「アスラゾーマ」「サイコピサロ」など歴代魔王がパワーアップしたオリジナルモンスターが追加された。
    • 「ずかん」にも載らない、配合で生み出すことのできない幻のモンスターが3体追加され、全国大会・懸賞などで限定配信された。移植版では他国マスターから仲間にすることができる。
      • ラーミア(????系):『III』に登場した伝説の不死鳥。ジャンプ・Vジャンプの抽選の当選者または全国大会の出場者に配信された。
      • かくれんぼう(????系):わたぼう・ワルぼうの姿によく似ているが????系。攻略本の懸賞の当選者に配信された。
      • じげんりゅう(????系):トップレベルの耐性・成長能力を持つが9レベルまでしか育たず、配合も出来ない。同じく攻略本の懸賞の当選者に配信された。
  • 「てっぽうみず(→つなみ)」「かんけつせん」などの水系特技や、「ふういんのいのり」(自分にかけられた特技を封印して誰にも使えないようにする)「みずのカーテン」(1ターンだけ敵の特技を全て無効にする)などの補助特技、「おつかい」(ランダムでアイテムを買ってくる)「みみうち」(その異世界にいるモンスターが分かる)「くちぶえ」「フェロモン」(モンスターを呼び寄せる。フェロモンは異性のみを呼び寄せる)などの移動補助特技が新たに追加された。これに合わせて、一部のモンスターの覚える特技が変更されている。

評価点

前作からの順当な進化

  • メインストーリーはボリュームこそ少ないものの一つ一つのイベントが丁寧に作られており、やりこみ重視のRPGとして見れば十二分な完成度を誇る。
  • 前作の問題点の多くが改善されている。
    • 前作では原則として異世界ではセーブができなかったが、本作では町・城などがあるためセーブが可能。
    • 前作ではクリア後に異世界を冒険する目的が少なく作業ゲー化していたが、本作ではふしぎなカギやアイテムなどの収集要素が多く、作業感を和らげている。
      そのぶん経験値を稼ぐポイントが少なくなってしまったが、ある程度育成が進んでいれば「まおうのカギ」がその代わりを果たしてくれる。
    • モンスターを配合する際に強制的にセーブする仕様がなくなった。

やりこみ要素・隠し要素の増加

  • 前作同様、モンスターを一定種類以上集めるとイベントが発生。カメハ王子と勝負してカギをもらったり、王様からおたずねものを捕えるミッションを受けたりすることができる。
  • ゲームクリア後も「ふしぎなカギ」を入手することができる。クリア後のカギには名前が確定しているものとダンジョンの宝箱や格闘場の景品として入手できる名前の分からないものがあり、前者の中には『ルカ』『イル』のどちらかでしか入手できないものもあり、通信交換などで両方のカギを手に入れるとさらに別のカギを入手できる。
  • 異世界のダンジョンでたまに手に入る「ゆめみるタマゴ」。何が生まれるかは分からないが、さまざまなアイテムを「お供え」したり他のプレイヤーと交換を繰り返したりすることでレアなモンスターを入手できる可能性がある。
  • ゲーム序盤で出会う内気な少女。彼女にぶちスライムをプレゼントしてしばらく経ってから会いに行くと…?
  • 前作のメインキャラクターであるテリーとミレーユがゲスト出演している。
    • テリーは一定条件を満たすと格闘場に出現、話しかけると勝負をすることができる。勝つとメニューに前作と通信してモンスターのお見合いをすることができる*1「テリーとお見合い」が追加される。
    • ミレーユはあるカギの世界に登場。全てのイベントをクリアしたあとに戦うことができるが、一度勝利してしまうといなくなる。
  • 通信対戦のルール設定を行えるようになった。
    • モンスターの系統を制限したり、特定の種別の特技の使用回数に制限を設けたり等、ルールを自由に設定出来る。「エニックスルール」を選択することで一括して公式大会と同じルールに設定することも出来る。
  • 通信対戦のみならず、協力してCP操作の敵と戦うモードが追加。双方が特定の特技を出すことで「連携特技」が使える。連携特技の中には「メドローア」「だいちざん」などシリーズ作品の設定を取り入れた漫画作品『DRAGON QUEST ダイの大冒険』のオリジナル呪文や技を再現したものもあり、ファンを驚かせた*2
    • 勝ち抜くことで、モンスターのパラメータを強化することができる。一方で途中で敗退すると逆に能力が下がるが、ペナルティとしてはごく軽く、むしろAI制御のために意図的にパラメータを下げる手段にもなる。
    • なお、「裏切り」によって味方を攻撃することも可能。最終的にボスを倒した時点で片方のパーティのみ生存していた場合、追加報酬としてパーティ内のいずれかのモンスターと同種族のタマゴが手に入る。
    • このため、協力とは名ばかりで実質的には対戦モードである。もっとも前述した「幻のモンスター」をはじめとしたレアモンスター増やすために八百長したプレイヤーのほうが多いかも知れない。

問題点

前作の問題点が改善されていない部分がある

  • 「配合を繰り返すとモンスターの個性が消える」「耐性が強化されると攻撃呪文が無価値になる」といった問題点は前作のままで、育てれば育てるほど物理での殴り合いに。ナンバリング作品でも批判されていた「呪文の無価値化」が改善されておらず、寧ろいっそう進んでしまっている。*3
  • ただしマダンテが単体攻撃になり弱体化したことによって他の特技が相対的に強化。「スライムたたき」等の系統特効の特技を前提としたモンスターの種族選びや、耐性の「穴」を逆利用した敵AIの行動制御、モンスターごとに設定された隠しパラメータ「会心率」の存在により、前作よりも戦略性やモンスター選びの幅は広がっている。

新魔王・ドークのショボさ

  • 本編シリーズの魔王などが属する????系の新モンスターなのだが、外見が旧作キャラでいうとムドーが一番近くラスボスにしては微妙な造形。
    このため「ムドー→デスタムーアのように黒幕の大魔王がいるのでは?」と思った人も多かったが、本当にメインストーリーのラスボスであった。しかも第二形態などはなく一度倒すとクリアとなるあっけない扱い
    • ラスボスとして弱すぎるわけではなく、敵として戦うときにはギガスラッシュを連発するなどけっこう強いのだが、仲間になったときに覚えるのはギラ・イオ・ちからをためると、????系にしてはショボいものばかり。パラメータ・耐性も????系の中ではかなり弱い。*4
      • しかもドークの入手方法は「小さなメダル10枚と交換」。確かに本作ではメダル集めが大変なので入手には苦労するが、ラスボスが景品というのはいくらなんでも無情なものがある。
    • ????系モンスターは配合の素材としても重宝する。既存シリーズのボスキャラを単なる素材の地位に貶めるよりは、新規モンスターを用意するという姿勢だったのかも知れない。
      • 本編時での対峙について、スタッフもあっさりしすぎていると思ったらしく、後のリメイク版では第二形態の「ネオ・ドーク」戦が追加された。

イベントの扱いについて

  • イベントの中には特定の種類の魔物を連れてこなければ発生・進行しないものが多く、そのたびにパーティを変更せざるを得ない事も多く、煩わしい。

あまり意味のない2バージョン商法

  • 『ルカ』『イル』の違いは異世界や格闘場に出現するモンスターが違うこととクリア後に入手できるカギが違うことぐらいで、ストーリー進行は全く同じ。出現モンスターの違いも「その異世界には出てこない」というだけでクリア後のカギの世界や配合で簡単に入手できる。ポケモンと違って1本のソフトでもモンスターがコンプリートできる以上、わざわざ2バージョンに分ける必要性が薄い。

「ゆめみるタマゴ」の問題

  • 通信によって友達に渡すことができ、通信回数とお供え物の種類によって様々なモンスターが孵化する、という仕組みなのだが…
    問題は相手が「ゆめみるタマゴ」を既に持っている場合は送れない(交換できない)ということ。
    プレイヤーの意思で孵化させることもできないので、送り先がないタマゴは牧場に居座り続けることになる。

総評

前作の問題点の改善がやや足りなかったり、粗がちらほら残っているのが惜しまれるが、基本的な完成度やスケールは間違いなく前作を上回っており、より便利になったUI、より戦略的になった戦闘周りなどは今でも高く評価されている。
特にクリア後のやりこみ要素の増加は歓迎され、レベル上げ以外にも楽しめる要素が増え、今現在でも末永く遊べるであろう逸品であることは間違いない。

余談

  • 『ルカ』が約113万本を売り上げたのに対して『イル』の売り上げは約38万本と3倍近い差が生じてしまった。
    • 発売時期がずれたことが最大の原因だろうが、上記のとおり2バージョンである意味がほとんどないことも案外影響しているのではないかと思われる。
  • 本作のマルタ国王は温厚で誠実な人柄なのだが、前作ではタイジュ国王のライバルとしてストーリーの合間に嫌味を言いに来る人物だったため、若干違和感がある*5
  • 本作のキーパーソン(?)であるワルぼうは、イタズラ好きだが根は悪くない。このことは当時発刊された『4コマ漫画劇場』でもよくネタにされていた。
  • 後に本作と前作をカップリングしたPS『ドラゴンクエストモンスターズ1・2 星降りの勇者と牧場の仲間たち』が発売されている。
    • ルカ・イル編両方のバージョンを収録している他、新たな配合パターンや新モンスター・ゾーマズデビルが追加されている。
    • 一方で本作に関しては劣化移植となっている点もいくつかある。詳細は該当記事を参照。