デススマイルズ

【ですすまいるず】

ジャンル シューティング
対応機種 アーケード
Xbox360
Windows(Steam)
販売・開発元 ケイブ
稼働開始日 2007年10月19日
家庭用 【Xbox360】2009年4月23日
通常版:7,140円 / 初回限定版:9,240円
【Steam】2016年3月11日 (発売元:Degica)
1,980円(定価・税込)
判定 良作
ケイブ弾幕系STGリンク

概要

「プロギアの嵐」に続くCAVEの横スクロールSTG(一部ステージでは下にスクロールする)。今回はゴシックホラーをテーマとしている。通称は『デススマ』又は『デスマ』。

これまでも「エスプレイド」「ぐわんげ」「プロギアの嵐」といったケイブ作品のキャラクターを手がけ、元ケイブ社員でもある井上淳哉氏が「グラフィックプレジデント」という謎の役職でキャラクターデザイン・ディレクションとして参加。

  • 4種類の自機を選択できる。それぞれショットと使い魔(子機)の性能が違う。

ストーリー

少々気弱で泣き虫なところを除ければ極平凡な少女「ウインディア」は、両親の愛情に恵まれ普通の毎日を送っていた。
しかし彼女は突如神隠しに遭い、異世界に送り込まれてしまう。

ジルバラードと呼ばれる、20世紀のヨーロッパを思わせるその世界には、「現世から迷い込んだ者は魔法が身につく」という言い伝えがあった。
ウィンディアは同じ境遇のキャスパー・フォレット・ローザといった仲間たちや、彼女らの保護者に当たる心優しい老紳士・ディオールと共に新たな生活を送っていたが、
しかし両親と離れ離れになったことと、他と違い魔法が上手く使えないことにやるせない毎日を送っていた。

しかし、伝説の魔物たちが大量に現れ人々を襲い始めるという未曾有の事件により、ジルバラードは地獄と化す。
ディオールの少女たちは、世界を救うため魔物退治の使命を帯びて飛び立つのだった。

咄嗟の魔法で人々に感謝されたウインディアは、異世界での自分を受け入れ、そこで生きることを決心した。その決意は『奇跡』を起こせるのだろうか?

特徴

  • 自機は全員女の子キャラクターで、最年少11歳~最年長17歳。
    • シューティングゲーム自機に女の子キャラクターを持ってくるのはそれほど珍しい事ではなかったが、選択制で全員女の子と言うのは商業作品では割合珍しい。
    • 一応、ケイブはこの作品の以前にも『ピンクスゥイーツ ~鋳薔薇それから~』『むちむちポーク!』といった自機キャラが全員女性の作品を出しているが、そちらのメインプログラマーは矢川忍でありキャラクター以外も普段のケイブ作品と作風が大きく異なっている。
  • ショットボタンが2つ存在し、左右にショットを打ち分けることができる。
    • 長押しでショットが強力になるが自機の移動は遅くなり、また使い魔の挙動も変わる。このあたりはお馴染みの操作。
    • ショットボタンを2つとも押しっぱなしにすると、周囲の的一体に集中攻撃を行うロックショットを使用できる。
      • ただし、ロックショットを発射している間は得点アイテムの取得と撃ち返し弾の消去で上昇するアイテムカウンタを消費する。
      • カウンタが最大値まで貯まった場合に使用すると、ロックショットの代わりに「ショットがパワーアップ」「得点アイテム出現量が大幅増加」「雑魚敵の接触ダメージを受けない」効果が一定時間発動する。
  • 障害物もあるが、接触だけでは基本的にダメージは受けない。

長所

  • ステージ・難易度選択システム。同年代のシューティングのほぼ全てが弾幕系縦STGであったため初心者にはとっつき難かったが、本作のこのシステムによりやや敷居は下げられた。
    • 自機中央にオレンジ色のハートマークとして当り判定基準を表示。
    • ライフを1マス分失うとボムが最大まで補充される点も、地味ながら難易度低下に重要なファクター。最大ボム3発×初期ライフ3で理論上は9回ボムが撃てる。
    • 勿論コアプレイヤーへの楽しみ方もきっちり有り、高難易度(レベル3)を選びつづければ、使い魔でのみ消せる撃ち返しが発生するようになっていく。もちろん、パワーアップを使った稼ぎも楽しめる。
    • 比較的エクステンドが容易なのも初心者には嬉しいところ。上級者レベルの稼ぎプレイは一切不要で、パワーアップを使用するポイントを適切にパターン化すれば1回めはもちろん2回めのエクステンドも容易に狙える。
      なお、ライフ制の本作ではエクステンドするとライフが上限ごと+1される、という形になっている。
  • キャラクター性能はそれぞれ一長一短。全く違う操作が要求される者も。
    • 更に全キャラクターごとに違うエンディングが2種類ずつ用意されており、繰り返しのプレイも楽しく遊べる。全8種類あるEDは、感動のハッピーエンドからバッドエンドとは言い難いがやや後味の悪いもの、中には哲学的なものまで。
    • 難易度やエクストラステージの有無、スコアやミス数・ボム数などによるエンディングの分岐は存在せず、ラスボス撃破後の選択肢でのみ決定する。「とりあえずエンディングが見たい」というプレイヤーにも安心。
+ キャラクターについて軽く解説
  • 風使い「ウィンディア」(13歳、イギリス出身)
    • 今作の主人公。赤い姫カットヘアに純白ドレス・白い羽箒を持った、泣き虫だった女の子。容姿は一番「エンジェル*1」のイメージに近い。ジルバラードに来たのは一番遅く、本作事件の数か月前。
      • 使い魔は白いフクロウの「ホゥ」。蝶ネクタイ姿に紳士めいた口調で、さながらお嬢様を支える面倒見の良い老執事。
      • 稼動初期は声が原因で男の娘疑惑もあった。詳しくは問題点にて。
    • ショットは標準的な直線。長押し時は使い魔の位置を固定し、軌道を上下に曲げられる三日月形の貫通弾を打ち出す。
      主人公らしく標準的な性能をしており扱い易いが、火力が低めなのがやや辛い。
  • 死霊使い「キャスパー」(11歳、ドイツ出身)
    • 異世界に来る前の記憶を失っている少女。巨大なハサミと、金髪のツインテールに青黒のゴスパンファッションという見た目から想像しやすいツンツン。
      • 使い魔は蝙蝠のようなプチイービルの「キキ」。ワルガキめいた生意気な性格。
      • ケイブらしい特徴に合致した性格のおかげか人気も高く、公式でのグッズ展開は今作中最多。抱き枕カバーから始まり嫌がらせにしか思えない平べったいマウスパッドやら終いにはキャスパンツ等、いつもの調子のケイブを見れる。何すんのよバカァ!!
      • 名前の由来はアメコミに登場する幽霊「キャスパー」か。全体的にわかりやすいネーミングの本作の中ではやや捻ったネーミングがなされている。
    • 怒首領蜂でいうレーザー強化タイプ。ショットが細いレーザー+ブーメラン、長押し時は移動が極端に遅くなるが、接近時の火力は抜群。使い魔は他とは逆にショット時に固定。
      デフォルトキャラクターでありながら、その性格と同様性能の癖も最も強い上級者向けキャラ。
  • 炎使い「フォレット」(14歳、フランス出身)
    • 1人目のタイムリリースキャラ。おまんじゅうめいた丸い顔におかっぱヘアとメガネ、緑色のエプロンドレスからはみだすたわわなおっぱいが特徴の少女。「知的で物静かな緑服の炎使い」と、中々珍しい組み合わせのキャラ付けになっている。手持ちアイテムは短い杖と魔道書。
      • 使い魔はベビードラゴンの「ボーボ」。ちびっ子のようなのんびりした性格で、濃いキャラが多い今作でも屈指の癒し系キャラ。
      • エンディングの片方が大いに話題になった。真実は…君の目で確かめてみて欲しい。
    • ショットは本体・使い魔から範囲が大きいショット、長押し時は使い魔から射程は短いものの非常に強力な炎を吐き出す。また、ロックショットの威力が他のキャラより明らかに高い。
      レーザー射程が短い以外ほぼウィンディアと同じ感覚で使え、ウィンディア以上の火力を出せるわかりやすい強キャラ。故に1週クリアを目指すのに適している。
  • 精霊使い「ローザ」(17歳、アメリカ出身)
    • 2人目のタイムリリースキャラ。ビスチェのような露出度の高いドレスに首輪というわかりやすいお色気デザインに加え、手持ちアイテムは当然のように鞭。下記の危ない言動で、いろいろと「狙いすぎ」なキャラ。
    • 一方で年長者らしく真面目な一面もあり、メインキャラの中では一番最初にジルバラードに来ている(しかも事故による瀕死の重傷を負った状態で)という、シリアスな設定もある。
      • 使い魔は妖精の「ティティー」。突拍子も無い発言をするローザを止めるツッコミ役・常識人なのだが、何も履いていないという衝撃的なデザインになっている。
    • ショットは全て広範囲・高威力だが、使い魔がショット時固定のみならず長押し時は移動速度が逆に早くなるため、他キャラとは操作感覚が大きく違う。
      火力そのものはその癖の強さを補ってなお余りあるレベルなので、フォレットと同じく1週クリアしやすい。
  • 沼地の魔女「サキュラ」(15歳)
    • 調整版「メガブラックレーベル」での新キャラ。とんがり帽子・紫系カラーのローブに箒と、古き良き「魔女」の格好をした少女。ステージ「沼地」のボスで、実はウィンディアと幼馴染であったり、黒幕との関係がメインキャラ中一番強いなど、いわくありな設定を持つ。
      • 全体的に高圧的な口調・きつい物言いだが、あくまで魔女を演じ、母親を守るためであり、本来は心優しい少女である。このこともあり、彼女は「エンジェル」とは扱われていない。
      • 使い魔は2羽のカラス「クゥタ」と「カーコ」。作中唯一の使い魔2体持ち。ネタ切れと思うくらい安直なネーミング。
      • 彼女で沼地をプレイすると2Pカラーのサキュラとの対戦に。展開は自身の目で確かめよう。
      • 通常の2種類のEDの他、サキュラを交えた2人プレイ限定(相方・参加タイミングは問わない)での第3のEDが存在する。
    • 本体と使い魔から同時に直線弾、長押し時は使い魔から炸裂する魔法弾を連発する。移動速度、火力共に強く、使い魔も撃ち返し弾を吸収しやすい。
    • 使い魔は移動方向の逆側を向いて攻撃する(グラディウスIII(AC)でいう「フリーウェイ」の反転版)。
      このため唯一2方向を同時攻撃できるので、ほかのキャラでは出来ない立ち回りが可能。使いこなせば最も強いキャラと言われている。
  • アーケードでは久しぶりの横STG。直前にオトメディウスがあったものの、それよりはかなりシンプルかつ正統派なシステム(難易度はともかくとして)。かつ導入数も多かったのでプレイしやすかった。
  • クオリティの高い演出、王道なファンタジーの中に潜む「ケイブらしさ」
    • 1ステージ目に1-A「港町」を選ぶと「巨大なサイクロプスに襲われている子供を助け、手を振り合う」専用シーンが用意されている。基本的に戦争ものが多かったケイブとしては珍しく、「魔法少女がモンスター軍団に挑む」というストレートな勧善懲悪もの。~ しかしキャスパーとフォレットは手を振らない。恥ずかしがり屋と人見知りという性格故か。
    • BGMはもはやお馴染みとなったベイシスケイプ・並木学氏が全曲担当。ファンタジーらしさを重視しつつもいつもの並木節を感じさせる良曲揃い。
    • ゴシックファンタジーな世界観故に、敵もカラスやトロル、ナイトメア(空飛ぶ目玉)、サイクロプスにドラゴン、死神と言った正統派なモンスターが過半数を占めるが、しっかりと戦車も登場するあたりはやはりIKD氏が参加したゲームというべきか
      • 巨大な牛埋められて顔だけの状態の巨人ゾンビ等、他のゲームではなかなか類を見ない斜め上のボスもいる。

短所

  • AC版のみ、難易度選択において低レベル進行を維持できない。
    • AC版ではレベル1およびレベル2はそれぞれ選択回数に制限があり*2、いずれ必ずレベル3を選ばなければならなくなる。
      • そして合計で6つあるステージでも、レベル3進行が容易なものと難しいものでかなり差がある。クリアを目指す人は街ステージ(昼)と火山ステージ(夜)ではレベル3を選択することが推奨されている。なので各時間帯残りの2面のうち、得意な方をレベル2、苦手な方をレベル1とするのが理想。
      • XBOX360などの移植版ではレベルの選択回数制限が廃止され、全てのステージをレベル1~2までで通過できるようになった。 本作の移植版には他のケイブSTG移植に搭載されているノービスモードが搭載されていないが、実質的にこの仕様がノービスモードの代わりとして機能している。ただ、稼ぎ効率が激減しエクステンドが遠くなることや、後述の回復アイテムの出現条件の仕様もあり、Lv1のみの進行がクリアに近いかというとそうでもない。
  • ライフ回復アイテムの出現条件が厳しい。
    • 基本的にレベル2かレベル3を選択することが前提条件。レベル1はザコが敵弾を僅かしか出してこないとはいえ、下手な人ほどライフ回復の機会が与えられないのはキツイ。
    • ライフ回復も含め、得点アイテム以外はすべてノーヒントの隠しアイテム。わかりやすいのは「沼地」ステージボス前の車くらいだろうか。(その他は基本超大型敵から一定条件で出現)
  • ミス後の無敵時間が短い
    • ライフを1マス分を失った後の無敵時間が他のケイブシューと比べてかなり短い。そのため、想定外の被弾で慌ててしまいそこから更に被弾・・・なんてことが起こりがち。
      • ミスした直後のモーション中でも自機の移動はできる仕様となってるので、その間に無理はせずに安全な位置へ退避するのが無難。
  • 連射装置の有無でプレイ感覚が激変する
    • 本作はデフォルトの3ボタン設定では「左方向ショット」「右方向ショット」「ボム」の3種類で、ショット押しっぱなしでは低速ショット(他のケイブ作品でいうレーザー)になってしまうため、ショットを撃ちながらの高速移動を行うためには手連を行う必要がある。
      セミオート仕様なので高速の連射を行わなければならないわけではないが、従来のケイブ作品と比べると1プレイがやや長い本作ではそれでもプレイしづらさは拭えない。
    • 実際のゲーセンでは左右それぞれに連射ボタンを配置して5ボタン仕様にしているところが多い。中には左+右の同時押しボタンを配置して6ボタンなんてことも。家庭用移植版でも基本6ボタンになっている。ケイブSTGではかなり多い部類。
  • いまいち扱いにくいロックショット
    • ロックしてから撃つためショットの発射が遅く、一体ずつ狙う上に威力が高くなく、さらに使用中にはアイテムカウントを消費すると使い辛さが目立つ。横画面で上下左右から敵が出現する本作らしい攻撃で使用時にはキャラも全方向に向くアニメーションをする特徴的なものだが、基本的に攻略には不要。
    • アイテムカウンタが1000になっている場合のA+B同時押しはパワーアップ発動が優先されるため、使おうと思っても使えないことがあるのも難点。これはパワーアップ発動条件が緩和された後述のメガブラックレーベルや家庭用アレンジのver1.1では更に拍車がかかることになる。
    • スコア稼ぎなどでは立派な使い道がある。なぜなら、特定の敵にはショットではなくロックショットで倒すとアイテムが多く出現する特性を持つからである(もちろん逆もしかり)。*3
    • 場面に応じては攻略目的でも輝く場面もある。特にラスボスの前座「ジルバ」はターゲットが小さい上弾幕が激しい強敵なのだが、ロックショットは処理落ちを誘発するため弾避けに非常に役に立つ。しかもジルバをノーボム(ミスは可)で倒すとライフ回復アイテム(2ゲージ)が出現するため、クリア目的のプレイヤーでもジルバだけはロックの活用が推奨されている。
  • キャラクターが全員少女なのでヲタク向けという印象が拭えない。かつ、それ周りでの問題点もある。
    • 販促ポスターでは、あるキャラクターのスカートの中が丸見えになっている。それも、影やボカシもなくはっきりと。
    • 「ローザ」はやたらと肌の露出が多い服装などいろんな意味で危ないキャラになっている。
      • 使い魔の妖精「ティティー」も下半身裸、サキュラを「結構可愛い」「喋り方が怖い」「色気が足りない」とおちょくる、ステージクリア時に怪しげな1枚絵が表示される、そして被弾時に大音量で 「あうぅ・・・ん・・・♥」「いやぁ~ん♥」 と喘ぐ痴態を晒す。
  • 主人公であるウィンディアの扱いが妙に悪い。
    • まず声が妙に男の子っぽい。ウィンディアのCVは同社前作「虫姫さま ふたり」の男の子キャラ「パルム」と同じ飯田奈保美氏であり、「やったぁ!」が明らかにパルムにしか聞こえないというプレイヤーが続出した。後に出たドラマCDや続編ではそう受け取られることはなくなっている(続編の『II』では正真正銘男の娘も出るし)。
    • 設定での「引っ込み思案で甘えん坊、泣き虫」という設定が本編に活かされておらず、ゲーム内で見せるテンションは高い。
    • 性能面では使いやすさこそあるものの、攻撃力は低め。よりによって使いやすさと攻撃力を両立したフォレットがタイムリリースされたために攻略上でも目立たなくなってしまった。
    • デザイナーである井上氏の一番のお気に入りキャラとして挙げられているウィンディアなのだが、しかし良くも悪くも無難なデザインだった上に他の3名が見た目や設定、性能でブッ飛んでいる要素が多かったせいか、プログラマーの池田氏には「こいつ人気出ないよ」とバッサリ言われており、ファンの出した評価も「地味」の一言だった。
    • イベントで配布されたパンフレットの4コマ漫画では「第一回へんなの子選手権(ディオール家四姉妹の中で誰が最も“変な女の子”か)」を提案し、3票という満場一致で自らが「へんなの子」としてCAVE公式に認定されるというネタが有った。
    • キャラグッズ面でも不遇で、抱き枕カバーすらキャスパーとサキュラに出番を取られてしまった。ウィンディアのもっと濃い小水と言う名のウーロン茶は出ているが。
    • とある公式イラストに両手とも右手になっている作画ミスがあった。「新手のスタンド使いかッ!?」とネタにするファンも居た模様。
    • さらには後述するグルーヴコースターのイベントの報酬としてウィンディアを差し置いてキャスパーがナビゲーターになってしまった。アバターとして出ていることが幸いか。

総評

遊びやすく幅広い難易度、魅力的な世界観、世界観にぴったりなキャラクターやBGMなど、ケイブ弾幕STGでも一二を争うほどの人気作となった。
弾幕横シューティング入門と可愛いヒロイン達に興味をお持ちなら、荒廃した異世界の天使たちに会う価値は大いにある。
その人気ぶりは、長いスパンで続いた関連作の展開や、今でもレトロゲームコーナーなどに置いてあるゲームセンターも少なくはない事実が物語っている。

現在では後述のSteamにより、PC移植版が配信されている。これにより近くのゲーセンに無かったりXbox360を持っていなくても気軽に遊べるようになった。



続編・関連作等

  • 稼働からしばらく後、バージョンアップ版の『デススマイルズ メガブラックレーベル』が登場。
    沼ステージのボス「サキュラ」のプレイアブルキャラ昇格・新EXステージ「水晶神殿」追加・レベル999追加・キャラクター全員の性能大幅アップ・非常に出現条件が厳しいが真ボス追加(エンディングは一切変化しない)と、様々な追加要素が施されている。
    • サキュラは攻守ともに恵まれた性能および旧キャラより圧倒的にシリアスなエンディングが与えられており、このメガブラックレーベルにおける主役、といっても過言ではない。
    • サキュラ以外のキャラも全体的にかなりアッパー調整されている。例えばウィンディアはレーザーの発射数が倍になったことで火力不足が補われており、フォレットも数少ない弱点だった炎の射程がかなり伸びている。キャスパーはショット時のブーメランが倍になり、ただでさえ高い火力が更に強化された。
      • ローザだけはあまり上昇調整されていないが、元が強いので本作でもそこまで弱くはない。
    • 一部ボスは本体にダメージ判定が追加され、無印で出来た重なり撃ちが不可能になっていたりと難しい方向への調整もある。ステージレベル1の難易度も若干ながら上方修正されたステージが存在する。
    • スコアシステムもベースは同じながら大幅な改変が加えられた。最終スコアこそオリジナル版よりも遥かに高いスコアになるものの、序盤のスコア効率はオリジナル版より下がっている。
      更にエクステンドスコアが大幅に高くなったため、かなりエクステンドが難しくなっている。特に2回めのエクステンドはある程度高いレベルのスコア稼ぎプレイが要求される。
  • Xbox360版は(通常・MBL)×(アーケード・家庭用・家庭専用Ver1.1)という組み合わせのモードが用意されている。
    • CAVEコンシューマー撤退以降のSteam向けリリースの第二弾として、本作Xbox360版のPC移植も配信された。
  • iOS用移植版もリリースされている。
    • アーケードの移植だけでなく、オリジナルの「iPhoneモード」を搭載。
    • iPhoneモードはドラマCD3巻に登場したお姫様「ティアラ」を主人公としたオリジナルストーリーで、BGM、キャラクターデザインやシステム一部もそれぞれオリジナルのものに一新されている。このPhoneモードの新要素が後のSteam移植に引き継がれなかったのが残念。
  • スマートフォン専用ゲーム『ゴシックは魔法乙女』は本シリーズと世界観を共有する関連作である。
  • 2016年9月に『ダライアスバースト クロニクルセイバーズ』のクロスオーバーDLCにケイブが参戦することが発表された。今作からはウィンディアが参戦。
    • 怒首領蜂大復活』のデルタソード、『ケツイ~絆地獄たち~』のティーゲルシュベルトとともに、シルバーホークや他名作STG自機との共闘クロスオーバーがシューティングゲームの舞台で実現した。ちなみに生身で戦う商業STGだとスペースハリアーとの共演もある。
  • ダラバーからちょうど1年の2017年9月には、タイトーの音楽ゲーム『GROOVE COASTER 3EX DREAM PARTY』のイベント「超STG祭其ノ弐」にて本作のBGM「燃えるハロウィンタウン」が収録された。さらにアバターにウィンディアとキャスパーが登場、ナビゲーターとしてキャスパーが参戦した。
    • 但しナビゲーターのキャスパーは汎用の英語アナウンスになっている。

余談

  • メインキャラ5名(と移植版で追加された使い魔)のボイスはプロの声優が担当しているが、それ以外のとある人物一人はデザイナーの井上淳哉氏が声を当てている。
    • 過去に『エスプレイド』『ぐわんげ』『プロギアの嵐』でもボイスを担当していたので初めてではないが、今作でもプロの声優に混じっても全く浮いていない迫真の演技を披露している。
  • 正式発表の2ヶ月前に、とある募集にて公開された本作の仮タイトルは「デスロリータ」だった。ケイブらしい斜め上一直線なタイトルだが、本作の内容は端的に示されている。
  • 「おねえさん」こと内藤那津子女史の歌う頭がおかしい斜め上なイメージソングは今作も健在。その名も『‡交狂曲「デススマイルズ」‡』。
    • 本作が持つダークでファンタジックな世界観とは裏腹に、ハイテンションで斜め上な電波ソングに仕上がっている。