エモやんの10倍プロ野球 セリーグ編

【えもやんのじゅうばいぷろやきゅう せりーぐへん】

ジャンル シミュレーション
対応機種 ファミリーコンピュータ
発売元 ヘクト
開発元 ヘクト
アクシズアートアミューズ
発売日 1989年12月19日
定価 9,700円(税別)
判定 クソゲー
ポイント 対戦プレイなし
あるのは強すぎるCPU戦のみ
慣れると一気に難度が下がる


概要

エモやんこと江本孟紀(元プロ野球選手)が監修した初の本格的野球シミュレーションゲーム。
しかしタイトルは意味不明。江本のベストセラーだった『プロ野球を10倍楽しく見る方法』からきているものと思われるが、それを差し引いてもゲーム内容が見えてこない。

システム・特徴

  • チームは、発売年(1989年)のセ・リーグのペナントレースを(途中までだが)忠実に再現している。
    • また、選んだ球団名や選手のデータを自由に変更することもできる。
  • 本作の打撃は『パワプロ』に先んじてミートカーソル(本作ではエモスコープ)の概念を採用している。

問題点

  • 打撃のミート難度が高すぎる。
    • プレイヤーは相手投手の球種(速球or変化球)だけでなく、どのコース(25マスに細分化されている)に来るか予測して、タイミング良くミートカーソル(大きさは当然選手によって違う)を合わせて打たなければならない。
      • 相手の投球にはもちろんボール球もあるので、ヒットどころかバットに当てる事すら困難である。
      • こちらが三振ばかりにも拘らず、CPUは普通に打ってくるため完封負けに終わることが多い。
    • 逆に慣れてくると完全試合が可能になるなど難度が急に下がり、バランスが悪すぎる。
  • 一人プレイ専用で対戦プレイができない
    • 対戦プレイは、FC最初期の任天堂製ソフト『ベースボール』でも既に搭載されているというのに…。
    • また、デモ対戦はおろかデモ画面すらない。そのため、実際にプレイするまでどんな野球ゲームなのか分からない。
  • 打球が飛んだ時の視点は、一塁側からホーム全体を1画面におさめる構図になっており、非常に見づらい。

評価点

  • 球団選択画面に表示されるのはペットマークと球団ロゴのパロディであり当時のセ・リーグの雰囲気を再現している。
    • BGMも球団別応援曲だけでなく各球団の主要選手の専用応援曲もあり当時の野球ゲームとしては充実している。
  • エンディングは優勝シーンの後に祝勝会が流れるものとなっており凝っている。
    • しかし当時の弱小チームであるSmiles(ヤクルトスワローズ)・Tires(阪神タイガース)・WAVES(横浜大洋ホエールズ(現・横浜DeNAベイスターズ))でクリアすると江本孟紀から「このチームが優勝できるのはこのゲームの中くらい」といった感じの辛口を言われてしまう。

総評

一部システムに意欲的な試みは見られるものの、プレイヤー側には厳しい精度の予想を課しながらCPU側が卑怯なほど上手いというバランスは、あまりにもハードルが高すぎた。
慣れると逆に簡単になりすぎるが、多くのプレイヤーはそこまで辿りつける前に挫折するだろう。
人間同士かCPU同士でならまだフェアな試合を楽しめたのかもしれないが、本作で対戦プレイやデモ対戦はできない。


余談

  • 説明書には本作の監修者である江本孟紀のインタビューが収録されており、読み応えがある。
  • GBで『20倍プロ野球』も発売予定だったが、このソフトがあまりの不評だったためか中止になった。
  • ゲーム誌「CONTINUE Vol.14」の制作者インタビューによると、ROM容量が足りなかった訳ではなく、パ・リーグのチームはテレビ中継が無かったため選手データを作れなかったらしい。
    • そのためか、本作のパ・リーグ編は出ていない。
  • せっかくのペットマークだが、今となっては逆に分かりづらい。
    • 現在でもペットマークが大きく変わっていないのは阪神タイガース(このゲームではTires)と広島東洋カープ(このゲームではCAPPOSES)のみであるため今となってはわかり辛いネタになってしまった。
      • 特に、横浜大洋ホエールズ(このゲームではWAVES)は二度の身売りによって球団名自体が変わってしまっている。(横浜ベイスターズ→横浜DeNAベイスターズ)
    • 本作のペットマーク・2018年現在のペットマーク・本作発売当時のペットマークの比較表はこちら