燃えろ!!プロ野球

【もえろ ぷろやきゅう】

ジャンル スポーツ
対応機種 ファミリーコンピュータ
メディア 1.5MbitROMカートリッジ
発売元 ジャレコ
開発元 トーセ
発売日 1987年6月26日
価格 5,800円
プレイ人数 1~2人
レーティング 【VC】CERO:A(全年齢対象)
配信 バーチャルコンソール(配信元:ハムスター)
【Wii】2007年9月11日/500Wiiポイント
【3DS】2013年5月15日/500円
【WiiU】2014年10月22日/514円(共に税込)
判定 クソゲー
ポイント ミリオン突破で被害者多し
実際の球団・人物とは関係ありません
野球ルール無視
バントでホームラン
初のパリーグ完全対応は評価点

概要

ジャレコの放つスポーツゲーム『燃えろ!!シリーズ』の第一弾。
野球観戦の醍醐味を再現するリアル志向の演出の数々が盛り込まれているが、肝心のゲーム性があまりにも悪かったため、クソゲーとなってしまった。

収録されているチームは当時のセ・パ12球団とOB選抜の計13球団。

問題点

  • 野球のルール完全無視のゲーム性。
    • 全選手の9割以上が3割打者
      • 一方防御率はOB選抜を除くと軒並み3~5点台で成績的にはかなり打高に偏っている。
    • ファールの後は、どんなボールでもストライクの判定となるバグ。ファールからの復帰時にもスイングの状態がリセットされていないためと思われる。
      • 投球がどこへ行こうともキャッチャーは動かないが、キャッチャーミットがどこまでも飛んでいくのでパスボールは起こらない。もちろんファールの後ならどんな大暴投でもストライクになる。
    • 普通の野球ゲームでは、同じ塁に二人以上のランナーがいるとアウトになる(所謂「親子どんぶり」)が、このゲームでは守備側が気づかなければそのまま試合が進行してしまう。
    • スリーバントを失敗すると、何故か次の打者が飛ばされて次の次の打者に打順が回ってしまう。
    • 王貞治を模した選手「オウ」の無限増殖が出来てしまう裏技(というかバグ)も存在した。
    • CPU戦で打ちまくっていると、CPUは代打を出し続け、最後には控えがいなくなり「ダイダ キャッチャー(ナイヤ、ガイヤ、ピッチャー)ノコッテイマセン」と出てその画面でストップしてしまう。こうなるとリセットを押すしかない。
    • これらの不具合に対し、スタッフはプログラムを直すよりこの紙1枚を封入するほうを選んだ。
      +
      • ただ、二次出荷以降のリビジョンではいくらかのバグはちゃんと修正されたようだ。
  • どう見ても本名でありながら『実際の球団・人物とは関係ありません』
    • ただし文字数が四文字までだったことと濁点が一文字として処理されていた都合上、一部の名前はかなり強引な名前になっていた(例:パットナム→Pトナム、デビット→Dヒ゛ト、長嶋茂雄→ミスタージャイアンツ→ミスタG)。
    • どうも無許可で球団名や選手名を拝借していたらしく、2007年のWii、2013年のニンテンドー3DS、2014年のWii Uで出たバーチャルコンソール配信版では選手名がすべて仮名になってしまい、感情移入が全く出来なくなってしまった。
      無論、『実際の人物と無関係』と謳うのなら最初からそうすべきだったのは言うまでもないが。
    • この頃までは、他ゲームでもファミスタ(初代及び87年度版)など本名を使用していたゲームはある。後に出た野球ゲームは本名でなくなったり、NPBの許諾を得た上での実名だったりと色々な意味でおおらかな時代だった。
  • 打撃判定が非常に曖昧で、バントであろうが当たればホームランになる選手がいる。本作の代名詞となった「バントホームラン」である。
    • 正確には球団に一人いる強打者(アキヤマ、ミスタG他)のみが「バントでホームラン」を打てるのだが、そのうちの外国人バッターはバントが出来ないので「スイングボタンを半押しして、止めたバットでホームラン」となる。
    • なおこの仕様は初期ロットバージョン(赤いカセット)のみで、後期ロットバージョン(黒いカセット)では(バグである)バントホームランは修正されている。
    • あまりにも有名になってしまったゆえか、バーチャルコンソールの作品解説でもちゃっかりネタにされている。
      + 参考動画
  • 外野がやたら広すぎる。
    • このゲームの球場はとにかく外野が広すぎて、簡単なフライすら捕るのも難しかった。そしてクッションボールはセンターに集中。
    • 外野の広さと打球の速さに対して野手の足が相対的に遅いため、現実の野球ならそれほど捕るのが難しくなさそうな打球でさえなかなか捕れない。
      • 地面を転がるボールに野手がなかなか追いつかないという現象さえ起こるため、二塁打・三塁打が出やすい。
  • ちなみに送球でランナーをアウトにした後、いつまでも内野でキャッチボールしあうことができる。
    • 次の場面に切り替わるより早くボールを投げれば、画面が切り替わらない。とはいえ意図的にやらなければプレイするうえで大きな支障はない。

評価点

  • グラフィックや演出力は当時としては高かった。
    • 上か下(フォーク)か、右か左かしかないファミスタと異なり、8方向の投げ分け・打ち分けが可能*1
      選手のグラフィックもデフォルメ表現ではなく、高い頭身で描かれているので臨場感がある。
    • バッティング画面はピッチャー後方からの視点となっており、本物の野球観戦のような醍醐味がある。
    • 音声合成を使用しており、電源投入時の「プレイボール!」を始めとする審判らの肉声や、バットの快音、観客の歓声など、リアルな声がきける。
      • 歓声は実際に球場に行って録音されているのでリアルなのも当然である。
      • ただし、ノーアウト満塁で三振したときの監督の「アホ」の一言には腹立つ。「ピッチャー交代」の声がふてくされた様に聞こえるのはご愛嬌。
    • ホームランを打った際、腕を振り上げて塁を回る打者と、ガックリとうなだれる投手をしっかり再現し、ホームランのすごさを強調していた。デモとして流れるシーンなので記憶に残っている人も多いのでは?
      • 余談になるが、このシーンはAAでも再現され、AAを利用した「ホムーラン打たれて…」という雑談スレッドが2ch各板で発生した。板によっては、今もしっかり更新を続けているスレッドもある。
        なお、ホムーランという表記には別の元ネタがあり本作由来ではない。(誤字脱字ではない)*2
    • 各選手のピッチングやバッティングのフォームも一人一人しっかり再現されている。
    • ただし打者が打席に向かっていく様子をいちいち映し出すなど演出過多と思われる部分も見られ、結果としてゲーム進行のテンポを悪くしている面もある。
  • ファミコンで始めてパリーグに完全対応した。ちゃんと12球団が揃っている。
    • 一応プロ野球ファミリースタジアム'87年度版も12球団だが、単独チーム8球団+連合チーム2球団+オリジナルチーム2球団となっており変則的な12球団になっている。
    • また1チーム当たりの登録選手数も30人(投手12人、野手18人)とファミスタ'87(投手4人、野手12人)に比べて倍近く多く、SFC~PS1時代の野球ゲーム水準の登録選手数を誇る。

総評

頭身の高いリアルなデザインの選手グラフィックや合成音声による演出など、臨場感の演出によるリアル志向の野球ゲーという点では意欲的な趣向を凝らした作品である。
しかし、肝心のゲーム性の部分があまりにもお粗末過ぎて、せっかくの良い素材を台無しにしてしまっている点が惜しすぎた。

余談

  • この燃えプロは'88決定版、新燃えプロ、感動編、最強編……と続編が発売され続け、リメイクもされた。
    • 感動編はタイトルの通り「感動」がテーマになっており、なんと勝つこと以上にファインプレーやホームランなどの好プレイが重要になっている。
    • ACでも本作のスピンオフでありホームラン競争に特化した『燃えろ!!プロ野球ホームラン競争』が1988年に、本作のAC版にあたる『実力!!プロ野球』が1989年に登場している。
  • 本作がやたらと売れたためか、その後『燃えろ!!プロテニス』『燃えろ!!プロサッカー』といったタイトルが発売され、シリーズ化された。
    • そして2004年、GBAにてシリーズの一部を移植した『燃えろ!!ジャレココレクション』が発売された。
  • これまで述べてきた通り現在ではクソゲーとしての評価が定着しているが、一方で作家の原田宗典氏が「テレビで見ているような画面で、ファミスタよりもおもしろかった」と著書で絶賛していたり、ライターの上野高一氏が宝島社のムック『僕たちの好きなテレビゲーム80年代懐かしゲーム編』にて本作について「ゲームバランスがどうとかは全然関係なし。『ファミスタ』よりリアルなだけで十分だった。勉強そっちのけでやりまくった」と記述していたりと、本作の演出力の高さに魅せられゲーム性の悪さを乗り越えやり込んだプレイヤーも当時はそれなりにいた模様。
  • ジャレコは本作のバントホームランを、なんと携帯アプリ『燃えろ!!バントホームラン』に昇華してしまった。「ファールの後は必ずストライク」バグも『燃えろ!!完全試合』(一度ファールにしてしまえば確実にアウトを取れる)として昇華している。
  • ミリオンを達成したのにクソゲーであった為、世には本作の中古品が溢れており、なんとそれらを収集している人も存在する。但し、ゲームを楽しむ為ではなくゲームカセットでピラミッドなどのオブジェを作成すると言うものであるが。
    • しかし、2019年4月28日「AKIBA HOT LINE!」にて『あの「燃えろ!!プロ野球」がBEEPに大量入荷していた話、1個100円』という記事で突然話題になった。やはりこのニュースの中でも「個人の方が大量購入」の件を語られている。
  • 任天堂・公式ホームページ『「ファミコンミニ」発売記念「ファミコンとの思い出」』では、このゲームに対しての投稿があった。内容はこちら(下から3番目参照。飲み物を口に含んでお読み下さい)。
  • このゲームの製作者は後にジャレコから独立し、ヘクトというゲーム会社を立ち上げた。しかし同社から出た野球ゲーム(エモやんの10倍プロ野球 セリーグ編)も、リアルを追求していながら結果として難易度及びクソ度が長所を上回ってしまった作品だったりする。
  • 前述の通りWii/WiiU/3DSとでバーチャルコンソールが配信されており、3DS版はダウンロードプレイでの対戦に対応している。
    • WiiVCではソフトの簡単な説明文が添えられているのだが、「バントでホームランなど摩訶不思議な~」と書かれてしまっている。
  • ファミマガでミスタGが引退するウソ技が紹介された。
  • 2016年には完全新作『燃えろ!!プロ野球2016』が、PS4と3DS向けに配信された。本作の独自ルールがオプションで切替え可能になっており、ジャレコ作品のキャラが結集した球団「JACLUB」が新たに参戦している。
    • 尚、公式サイトにJACLUBに参戦する選手の紹介があるが、「どう考えても野球すること自体無理だろ!」って言いたくなるキャラが普通にいるのでそういう意味での荒唐無稽さを楽しむにはもってこいである。
  • 2017年にPS4とWindows(Steam)で発売された『ゲーム天国 Cruisin Mix』のDLCキャラに本作モチーフの「番刀 炎(ばんとう ほむら) (CV:檜山修之)」が登場している。球団「J CLUB」にドラフト1位で入団した期待のルーキーというキャラだが・・・
    • 通常ショットは近接攻撃のバットスイング。しかも、殆どの敵弾を打返す事も可能。 チャージショットはバントポーズを取りながら放ち、 ボンバーは「燃えプロのカートリッジを大量に降らせてくる」 という登場キャラの中でも一番ブッ飛んだ代物である。
  • TBS系列の説検証型バラエティ番組「水曜日のダウンタウン」の2016年7月13日の放送回にて、お笑いコンビアンガールズの田中卓志氏のプレゼンにより「時速300kmのピッチングマシンならバントでホームランできる説」が放送された。空想科学読本の著者である柳田理科雄氏監修の元で本作の代名詞であるバントホームランを再現しようとしたが、ボールをテニスボールに変えたりといった試行錯誤も虚しく達成する事は出来なかった。
添付ファイル