流星のロックマン ペガサス/レオ/ドラゴン

【りゅうせいのろっくまん ぺがさす/れお/どらごん】

ジャンル ブラザーアクションRPG


対応機種 ニンテンドーDS
発売・開発元 カプコン
発売日 2006年12月14日
定価 4,800円(税別)
レーティング CERO:A(全年齢対象)
判定 賛否両論
ポイント ロックマン20周年記念の大作
エグゼの続編だが、エグゼファンからは不評
ぼっち涙目(と誤解された)新システム
シナリオ評価は高い
ロックマンシリーズリンク


概要

ロックマンシリーズの20周年記念作品であり、GBAにて大ヒットを記録した『ロックマンエグゼ』の続編シリーズ*1

あらすじ

舞台は220X年。電波技術の急速な発展により人々は豊かな生活を実現していた。

しかしその傍ら、小学5年生の「星河スバル」は父親が事故で行方不明になったショックにより不登校児になってしまう。
「大切なものは作りたくない、大切なものを失ったショックの辛さと比べれば、最初から持たなければいい」と考えてしまう。

あるとき、彼の唯一の外出目的でもある展望台へ行ったとき、FM星人の「ウォーロック」と対面する。
直後にウォーロックを追ってきた使者の手により、スバルは戦わざるを得なくなってしまう。
なにやらウォーロックが父親のことを知っている模様なので、スバルはウォーロックと生活を共にする。

エグゼとの相違点

バトルシステム

  • エグゼのバトルチップを選んで戦うシステムは、バトルカードに概念が変更され、カードカスタム画面にてカードを選ぶルールが『エグゼ』と比べて単純となった。
    • 2×3の計6つのカードが1回のセレクト画面に出るが、一緒に選べる条件が「縦に並んだカード」or「カードの名前が一緒」or「ホワイトカード*2である」の3パターンとなっている。
  • エグゼでは横視点で敵と味方それぞれ3×3マスの中で移動できたが、今作はロックマンの背後の視点に変更され、敵と味方のフィールドの境界も廃されている。
    • バトルフィールドは横3、縦5マスでロックマンは横3マスを自由に移動できる。それ以外の場所には十字キー下で敵をロックオンしてバトルカードを使用することで、一時的にバトルカードの攻撃範囲に敵が入るように移動することが可能。
    • 通常の移動が横移動のみになったかわりにデフォルトでYボタンによって一定時間シールドを展開することができる。
    • カウンターを取った際のメリットが「ターン中1度だけフォルダに入れているカードのうち1枚がランダムで追加される」になった。スターフォース時には追加されるカードが必ず各スターフォースごとの必殺技である「スターフォースビッグバン」になる。

ブラザーバンドシステム

  • 同ソフトを持っている友達や、ゲーム内に出てくるキャラクターとブラザーバンド*3を結ぶことで、ロックマンがさらに強くなるというシステム。
    • ブラザーを結ぶことにより、ゲーム内のキャラクターではロックマンのステータスを上げることができる「アビリティ」が手に入るほか、同ソフトを持っている友達と結ぶことにより、その友達のVerの変身システムを使うことができる。
    • また今作はボクらの太陽Django&Sabataとのコラボ要素として、ボクタイDSと本作の間で『クロスブラザーバンド』という特別なブラザーバンドを結ぶことが出来る。このブラザーバンドを結ぶことでしか使えないカードも存在する。
      • なお『ボクらの太陽』シリーズは、本作の発売後しばらくしてシリーズが終了したため、事実上ロックマンエグゼシリーズから行われていたコラボ要素は本作が最後となってしまった。

評価点

  • ストーリーの完成度
    • 20周年を記念して作られただけあって、ストーリーの出来の評判は高い。
    • テーマの「絆」がさまざまな形で表現されており、ストーリーの評価もシリーズ一貫で高い評価を得ている。
    • CERO:A(全年齢向け)ではあるが、大人でも考えさせられるエピソードも多い。
      • 本当に子供向けなのかと疑わしくなるような鬱要素も多いが、その分感動的なシーンもあり、序盤からプレイヤーの涙腺を刺激してくる。
  • キャラクター
    • 本作に登場する主要キャラクターはどのキャラも人気が高い。主人公の星河スバルを初め個性的なキャラクターが多い。
    • また本作のヒロインキャラの『響ミソラ』と『白金ルナ』はそれぞれの魅力的なキャラから多くのファンを生み、歴代のロックマンシリーズの女性キャラの中でも高い人気を誇る。
  • 3Dになったグラフィック
    • 『エグゼ』とは違いバトルが3Dになったことにより、グラフィックもエグゼから進化して3Dポリゴンで描写されている。
    • 特にソードのような近接武器のバトルカードをウォーロックアタックで使うときは、カメラアングルもあってかなりダイナミック。
    • ラスボス戦でのラスボスの変形シーンはなかなか力が入っているので必見。
  • BGMは良曲揃い
    • BGMの完成は基本的にどの曲も非常に高い。ボス戦のBGMやEDのBGMはかなりのクオリティを誇る。
  • やりこみ要素自体は多い
    • おつかいイベントも多いが、サブイベント自体は非常に多い。そのためボリューム自体は結構ある。
      • また各エリアにいるモブキャラほぼ全員にサブイベントがあるため、本筋のストーリーには関係ないモブキャラの性格自体もなかなか個性があるキャラ付けがされている。
  • ブラザーバンドシステム自体は好評
    • 出来自体は雑な面は多いとはいえブラザーバンドシステム自体は好評。本作のテーマである『絆』を『他のユーザーとの繋がりで自分のロックマンが強くなれる』という強化要素としてうまくゲームシステムに入れ込んでいる。
      • またゲームのシナリオでもこのブラザーバンドがたびたび物語を担っていくこととなっていく。
  • エグゼファンへのファンサービス
    • エグゼシリーズを遊んだ経験のあるプレイヤーへのファンサービスが結構多い。エグゼのソフトを初代DSもしくはLiteに差し込み、ダブルスロットを行うとエグゼとの軽いコラボイベントが行われる。
    • ゲーム内でも『とあるエリアにエグゼで使われていたアイテムらしい存在が見られる』『ゲーム中やバトルカードでエグゼで使われていた単語が登場する』『ロックマン.EXEが使っていたであろうバスターを装備として入手可能』などエグゼを遊んだファンならニヤリと出来るものも多い。
      • といっても、要のゲームシステムの問題であまりエグゼファンの興味を引けなかったこともあり、これらのファンサービスはあまり注目はされなかった。

問題点

  • やや単純なバトルシステム
    • エグゼファンの心を掴むことに失敗した最大の原因とも言われている。
    • 上述の変更によって、1回のセレクトで選ぶことのできるカードの枚数は基本的には一緒になり、どのカードがくるかが運にかかっているという結果になった。
      • これは、「(枚数制限に反しない限り)自分の入れたいようにカードを只入れればいいシステムであり、自由すぎる」とエグゼプレイヤーから一蹴された。
    • またエグゼとは違い3D視点だからなのか、自由に動ける範囲が狭いこと、それに対し敵キャラは自由に動き回れることに不満が出た。
      • ただこれは前述したロックオンでカバーできているので、システムの理解が進めばそれほど気にならなくなる。
    • しかも全体的に敵ボスの隙が多いため、(単に3D化してモーションが見やすくなったのもあるが)簡単にカウンターを取れてしまう。このカウンターをとった状態からうまくコンボを決めると1ターンのうちに撃破できてしまう。
      • このコンボによって作れる『レジェンドフォース』という戦闘で一度のみの使える使い捨て*4カードがあるのだが、これを使うと上手く決まった場合、敵に対して1秒もかからないで敵を瞬殺できる0秒デリートなんていう現象も起きる。
    • 他にもレギュラー指定(指定された物が必ず一番最初にでるシステム。これは続編の3で復活した。)が廃止されていたり、バリアとインビンシブルが重ね着出来なくなったりしている。
    • このためエグゼより劣化していると感じるユーザーも。
  • 弱すぎるスターフォース
    • 本作の強化システムの電波変換体である『スターフォース』だが、正直言って大した強化になっていない。カウンターで使える必殺技『スターフォースビックバン』もあまり威力が高いとは言えない。
    • 受けられる強化も『横並びのカード選択が可能になる』『チャージショットがちょっと強くなる』程度。むしろ属性が付くことによって弱点が増えるため使わない方が良いとまで言われてしまっている。
      • 一応『アイスペガサス』はチャージショットと必殺技共に凍結効果がある、『グリーンドラゴン』は必殺技がバリア無効効果があるため使えないこともない。
      • ただし、『ファイアレオ』には何もない。裏のキャッチコピーもさしあたりの無い言葉になっている。
  • 『ペガサス』版のみの裏ボスの最終形態が他のバージョンよりも強い。というかバージョン間の格差が大きい。
    • 特に『ペガサス』の裏ボスが他のバージョンより強いのではないかという意見が結構多い。その他のバージョンのボスも性能だけ見れば同等なくらい強いが、ペガサスはその性能以外で強い面が多い。
    • 理由としては、他の裏ボスの攻撃パターンが比較的見破りやすいのに対して、ペガサスの裏ボスは基本攻撃が3マス中2マスが攻撃範囲になる氷飛ばしと、確実に2マス以上を攻撃範囲とする少しだけ隙の大きい派生攻撃が3つ、内ブレイクありと凍結の追加効果が1つづつある。
      • 『レオ』の裏ボスは見た目からしても『エグゼ2』や『エグゼ6のラスボスを連想させる。しかもなんとなくイメージする対策法が実際に役に立ってしまう。ただし、攻撃の激しさだけならばペガサス版とほぼ同等でブレイクありは3ボスの中でもっとも多い。HPもペガサス版よりもちょっと高い。
      • 対して『ドラゴン』はびっくりするぐらい弱い。何にも知らない初心者ではさすがに勝てないが、ここまでやり込んだ腕があるならば間違いなく苦戦はしないはず。攻撃のスピードはあるが攻撃と攻撃の間隔がとても長いので常に集中している必要がなく、最悪カスタム画面を挟めてしまう。
    • しかも裏ボスのSPが体力が四分の一以下になると使ってくる必殺技だが、ペガサスバージョンのボスは水から連想できる『氷』がモチーフとなっているため他のボスとは違い凍結の追加効果がある。そのため食らうとそこから一瞬のうちに即死することが多い。ちなみにこの必殺技にはブレイク性能があるので、『ガード不可能+凍結』のペガサスバージョンはより厄介さに拍車が掛かっている。
    • ただし、他の2バージョンは『ガード不可能+連続ヒット』(ドラゴンはそこに『バリア除去』が追加)となっていて、HPがとりあえず1残るアンダーシャツが機能しないことがある。『ペガサスはとりあえず1残るが凍結状態になる』『レオとドラゴンは状態異常にはならないがHPが足りないとほぼ即死』というようになっていて、こうして見るとバランスは取れている、かもしれない。
      • しかしこの必殺技、実はこちら側が散々使っている『あるもの』と同じ仕様であり、それに気づくことができればどの必殺技も見てから完封可能。
  • 3バージョン同時発売という酷すぎるバージョン商法
    • エグゼですら最初は1バージョン発売だったのに今作では発売時期がクリスマスに近かったので商戦を狙ったのかなんと1作目から3バージョン同時発売というこの商法の産みの親のポケモン顔負けのバージョン商戦を行った。
    • どちらも出てくる敵やストーリーは同じで相違点は隠しボスと入手できるギガクラスカードと変身できるスタイルが違うだけなので批判が多い。
  • 周辺機器を初めとする露骨な玩具商法。
    • エグゼほどではないが、やはり本作でも健在である。
    • 本作の周辺機器であるウェーブスキャナーは4200円とゲームソフト並みに高額である。しかもこの玩具も3バージョン同時発売である。ゲームと違ってどれも性能の違いはないのだが。
      • 相変わらずイベント・小学生以下限定のアイテムやロックマンを強化する別売りのカードもある。
      • エグゼとは異なり全ての要素をクリアーする為にこれらの玩具が必要という訳ではなくあくまでおまけという感じなのだが上記のバージョン商法と合わせて本作の印象をより悪くしてしまっている。
  • 面倒くさいミニゲームの数々
    • 本作はボスエリアの電脳世界でミニゲームを強制的にやらされるのだが、どのミニゲームも「タッチペンを強制的に使わせる」「単純につまらなくて時間がかかる」など問題点のあるものばかり。
    • 『トラックの電脳』でのミニゲームはウシに振り落とされないようにタッチペンで画面をタッチするのだが、強制的にタッチペンを使わせるようなゲームでただただつまらない。
    • 『ぎじうちゅうの電脳』のミニゲームはタッチペンでミサイルを上画面を動き回るアヒルにスライドして当てるのだが、これももちろんタッチペン強制。
      • 上記のもの以外にもミニゲームはあるがどれもおつかいだったり、デメリットがあるかつ時間がかかったりで、ボス戦の前からプレイヤーのやる気を下げてしまっている。
  • SPボスのエンカウント仕様
    • エグゼ同様、シナリオでのボスキャラを撃破すると、特定の場所で倒したボスキャラの強化体『EXボス』と再戦出来る。『EXボス』を倒すと更に強化された『SPボス』が特定のエリアでランダムに出没する。
      • SPボスは高評価で倒せば特定のカード(エグゼで言うナビチップ)を落とすため、カードコンプのためには戦って高評価を獲得する必要がある。一応前作のエグゼシリーズでのエネミーサーチというサブチップと同様の能力を持つサブカード『サーチアイ』が存在するが、価格は6000Zと少し高く、エンカウントによるランダム出現なのでカードコンプに少し時間がかかる。
      • また上記の仕様のため、ボスと戦闘する気が無い未準備の状態で、電波世界を探索しているとSPボスにたまたま遭遇してしまう恐れがある。そのため以前ボスのいたエリアの探索には多少の注意が必要になる。
    • とは言え、ボスカードのうち暗号メール(パスワード)を用いる事でSPクラスのみだがほぼ全ての種類が入手可能なので、ネット環境さえあれば全てのボスと闘わなくても良いのは救いか。
  • やや粗の目立つブラザーバンドシステム
    • 本作のブラザーバンドシステムに登録できる人数は最大6人ではあるが、ゲーム内の主要キャラクター全員とブラザーバンドを結ぶとするとこれだけで4人分の枠を取ってしまう。またこの四人のうち三人はゲーム内でブラザーバンドを結ぶイベントが必ずある。
      • またゲーム内のキャラとのブラザーは切ることが可能である上に切っても必要があれば再び結ぶことは出来るが、『ゲーム内とのキャラとのブラザーバンドを切らないでおきたいが、現実の友人とも多くブラザーバンドを結びたい』というユーザーには厄介であろう。
      • なお次回作では、現実のユーザー同士のブラザーバンドとゲームキャラとのブラザーバンドは分けられてブラザーバンドがしやすくなっている。最初からそうして欲しかったものである。
  • 本シリーズの目玉システムではあるブラザーバンドシステムの誤解。
    • 情報が先走りから、「ぼっちはブラザーを結ぶ相手がいないからゲームクリアなんてできない」という誤解を生むことになった*5
  • 挟まって動けなくなる部分がある
    • 画面上のマップで特定の場所に入ると、設置されている物やキャラの間に挟まって動けなくなることがある。こうなった場合は十字ボタンを適当に動かしまくって脱出するか、諦めて電源を消してやり直すしか方法がない。まぁ挟まる場所は特に重要なものが何もない場所なのであまり挟まってしまうことはないと思うが。
      • これはバグというよりも、おそらくキャラや物の配置をミスってしまった結果このような事態が起きてしまった可能性が高い。
  • 新しいロックマンのデザイン
    • エグゼがネットナビをオペレートして戦っていたのに対し、こちらは「仮面ライダー」や「戦隊物」のような主人公が変身して戦うというスタイル。
    • しかし左手にウォーロックが付いているというデザインや変身といった概念は「ダサい」「幼稚」「かっこ悪い」といった声が多く不評であった。
      • エグゼをプレイしていたユーザーは既に小学校高学年~中学校卒業という年齢になっていたこともあり、エグゼファンから敬遠される原因になった。

総評

ゲーム自体は少し調整不足が目立つ程度で問題なく遊べる出来である。
完成度の高かった『エグゼ』の続編ということ、DSの新ロックマンということもあり期待されていたのだが蓋を開けてみるとバトルシステムがエグゼよりも劣化していることや新システムが粗のある仕様だったことから「エグゼ」ファンにそっぽを向かれてしまった。
加えて3バージョン商法や汚い玩具商法など売り方としても問題が多かったこともエグゼファンのみならずゲーマー全般から不評を受けた原因にもなった。
ただし1つの作品としてみれば20周年記念の名に恥じぬ完成度を持ったゲームであり、エグゼとはまた違った魅力のある作品でもあるのでもしも興味があれば買ってみるのもいいだろう。

余談

  • その後続編が発売され、「2」は問題点が多かったものの「3」は非常に完全度の高い作品になった。しかし「3」で完結になってしまった辺り、結局最後まで「エグゼ」ファンの信頼を取り戻すことは出来なかったようだ。
  • 2017年に本作のロックマンのフィギュアが発売された。

漫画版・アニメ版

  • 流星のロックマン発売に伴ってコロコロコミックでは漫画版『流星のロックマン』が連載された。作者は板垣雅也氏。
    • しかし、漫画の作者が本当にゲームをプレイしたのかさえも謎と言われるほどゲームからかけ離れた内容であり、ファンからは「流星のロックマンの評価が低い理由の一つ」とまで言われている。
    • 一応言っておくと、今作のコミカライズをした作者の漫画家としての技量は決して低いわけでは無い。ロックマンのコミカライズをする前後に描いた漫画は共に打ち切り作品ではあるが、内容自体の評価は高い。問題なのは作者の作風と流星のロックマンの作品の雰囲気が致命的に噛み合っていなかったという点である。そのためこの作者にコミカライズをさせたコロコロの編集部にも問題はあったといえる…もちろんコミカライズをした作者自身にも問題は大いにあるが。
    • その後、『流星のロックマン2』も同作者によってコミカライズされたが、本作の漫画版よりさらに原作からかけ離れた謎の内容となっていた。たしかにタイトルに「外伝」とはついていたが…。
  • アニメ版においても、バラエティ番組『おはコロシアム』内でのコーナーアニメとして10分枠*6の中で放送するために原作の内容の一部が削れてしまう結果となってしまい、お世辞にも評判は良くなく、日本国内ではソフト化もされていない*7
    • このようにメディアミックスが上手くいかなかったこともあり、エグゼほどの大人気を得ることはできなかった。