このページでは下記の3作品を紹介する。

  • 『不思議のダンジョン 風来のシレンGB 月影村の怪物』・・・ゲームボーイ用ソフト。
  • 『不思議のダンジョン 風来のシレン 月影村の怪物』・・・↑のリメイク移植版のWindows用ソフト。
  • 『不思議のダンジョン 風来のシレン 月影村の怪物 インターネット版』・・・↑にオンラインサービスやダンジョンを追加したWindows用ソフト。


不思議のダンジョン 風来のシレンGB 月影村の怪物

【ふしぎのだんじょん ふうらいのしれんじーびー つきかげむらのかいぶつ】

ジャンル ローグライクゲーム
対応機種 ゲームボーイ
メディア 4MbitROMカートリッジ
発売元 チュンソフト
開発元 チュンソフト、アクアマリン
発売日 1996年11月22日
定価 3,900円
判定 良作
風来のシレンシリーズ関連作品リンク

概要

スーパーファミコンのローグライクゲーム『不思議のダンジョン2 風来のシレン』の続編であり、ゲームボーイ向けに開発したソフトである。
機種が機種だけに前作より削られた機能は多いが、携帯機で気軽に遊べるようになったのが最大の特長である。

生け贄を要求する怪物に悩まされる「月影村」が今作の舞台であり、怪物を討伐し子供を救出するのが主人公シレンの目的である。
時間軸としては前作『風来のシレン』と『風来のシレン4』の間の話に当たる。

特徴

  • ボタン数が減ったため、メニュー欄の表示、向きの変更、ななめ移動、矢の発射のコマンドが変更された。
    • SFCと比較して操作性が不便になったが、限られたボタン数でこれらのコマンドを可能にしたことは評価できる。
  • ダンジョンの視界が明るくなり、通路にいても画面内にいる敵やアイテムなどの姿が映るようになった。
    • これによりほとんどの敵から先制攻撃を受けることが無く、独特のゲームバランスとなっている。
  • 本編のダンジョン「供養峠」は「やさしい」「ふつう」「むずかしい」の3種類の難易度を選べる。
    • 難易度によって出現するアイテムやモンスター、クリア階数が変化する。
    • 本編をクリアするには「供養峠」を最低3回クリアする必要があるが、最初の2回は『やさしい』か『ふつう』で挑んでもクリアとなる。
      ローグライクに慣れていない初心者でも安心して攻略でき、ゲームのシステムを覚えられる。
    • 本編ダンジョンの難易度選択は、『風来のシレン2』でも「初級」「中級」「上級」という形で引き継がれている。
  • 「突発型モンスターハウス」システムが誕生した。
    • 部屋をうろついていると突然モンスターハウスになり、その部屋に大量のアイテムと敵とワナが設置される。
    • フロアに最初から設置されているタイプのモンスターハウス(旧作までの仕様)は廃止された。前述の視界の仕様を考慮しての仕様変更だと思われる。
  • トルネコの大冒険』の要素の一部が逆輸入。
    • 飲むとランダムな位置にワープする「高飛び草」、満腹度が減らなくなる「ハラヘラズの腕輪」、他の敵に化けた状態で出現する敵「カラス天狗」といった、初代トルネコの要素が実装されている。
    • 供養峠は「子供を助けて村まで連れ帰る」という往復型。製作者曰く「前作のスラライベント*1が元」であり、その対処法が分かっていれば楽。
  • 「パスワード」(後のシリーズでの「冒険の足跡」)システムが誕生した。
    • 「そうこをつかわずクリア」「マムルにたおされた」といった様々なクリアや散り様などのリストがあり、それを埋める楽しみ方もできる。
    • ちなみに「パスワード」と言う名の通り、クリア実績に応じて文字列が表示される。
      現状では無意味だが、当初は本編クリアの特典応募の際にこのパスワードを記入することが要求された。
  • ゲーム画面がモノクロなので、敵のレベルが色でなく数値で表示されるようになった。

評価点

ストーリー

  • ゲーム性とは関係ないが、ストーリーの出来の良さを評価する声が多い。
    • 舞台である月影村の秘密や今作のヒロイン「ケヤキ」との恋の行方など、今までの不思議のダンジョンには無かったストーリーが構成されており、10作近くの不思議のダンジョンが発売された現在でも「シレンのストーリーで一番好きなのは月影村」と答えるプレイヤーもいるほどである。
    • クリアとなるラスボス討伐後も、ケヤキとの見応えあるイベントが用意されているので必見である。
      • ダンジョンを失敗し続けることで見られるという、シリーズでも珍しいタイプのイベントが多い。
      • またクリア後になるとタイトル画面も『風来のデレン~月影村の脱出』に変更され、「もっと不思議なダンジョン」をクリアするとさらに『風来のミレン~月影村の恋人』に変更といった細かくかつバカゲーのような芸が見て取れる。
    • 本作は元々前作のリメイクとして出す予定だったが、諸事情でスラライベントの仕様をベースにしたオリジナルストーリーになった経緯があり、ある意味怪我の功名とも取れる。
  • 凝ったストーリーでありながらも、スムーズにクリアできるのであれば3回のプレイでエンディングまで到達できる。ローグライクならではの軽快なゲーム性とストーリーをうまく両立している。
    • 最速でクリアすると一部のイベントは見られなくなるが、初代トルネコのように不自然な展開になるわけではない。

フェイの問題

  • 前作にも存在した「フェイの問題」が本編と無関係な独立したモードになり、メニュー画面からいつでも遊べるようになった。問題の数はなんと100問。
    • 独立したモードのため、前作のようにクリアしたらアイテムが貰えるようなご褒美はなくなったが、プレイに制限はないのでチュートリアル感覚で気軽に挑戦できる。
  • フェイの問題では本編とやや設定が異なり、攻撃や投擲は確実に命中し、ワナの不発も起こらないため、運に左右されにくくなった。
    • また、ぬすっトド系が落とすアイテムは雑草に固定されている。
  • 好きな問題から挑戦することができる。クリアするとチェックが付き、クリア状況が一目でわかるようになっている。
    • 後半の問題には難易度がかなり高いものも含まれており、良い意味でプレイヤーを悩ませてくれる。
    • 100問目では、ゲーム本編では滅多にお目にかかれないレアアイテムを使ったバランス崩壊級の技を実演できる。

ゲームバランスの調整

  • 荒けずりだった魔物のステータスの調整。
    • SFC版のような前フロアの魔物の攻撃力は76、次のフロアの魔物は255なんて現象はおさらば。
    • フロア内のモンスターの可視化と合わせ、盾の強化が出来なくてもクリアしやすくなった。
  • モンスターの特殊能力の緩和
    • 例えば転ばせ攻撃を持つ「ドレムラス」系が「かっとびイノシシ」系に置き換えられ、転倒時に壺が割れる事がなくなるといった具合に、似たような能力を持った代替系統に置き換えられている。
    • 元からある系統でも、オヤジ戦車系の砲弾ダメージが軽減され、死神が壁をすり抜けないなど、GB版では特殊能力を使ってこないモンスターもいる。
    • 特に、遠距離から様々な状態異常攻撃が非常に厄介だったガイコツまどう系の代替系統モンスターが存在してない点は大きい*2
    • 対策アイテムの引きが悪くて詰むという状況が減り、戦略の幅が広がったとも言える。
    • 新登場のモンスターはシンプルなデザインの敵が多い。モノクロかつ低解像度でもわかりやすいデザインを心がけたのだろう。
  • 倉庫以外の町中でアイテムが使えない。そのため村人を殺すという非道なことは不可能になった。
    • ストーリーが大きくぶち壊されかねないので、当然の仕様とも言える。
    • 倉庫内ではアイテムを使用できる。ただしシレンのステータスを強化してもダンジョンに入ると元に戻る。
  • ダンジョンに持ち込めないアイテムは自動的に倉庫に戻る。
    • 大事なアイテムをうっかり失う危険は減ったが、ゴミアイテムを捨てるつもりでダンジョンに潜っても勝手に倉庫に戻るのは知らないと厄介な仕様。
    • 村でアイテムを処分するために、倉庫には投げたアイテムが消失する「ゴミ壷」が設置されている。

賛否両論

  • GBの容量では厳しかったためか、シナリオがオリジナルになった他にも、SFCで好評だった「肉」や「白紙の巻物*3」、「(仲間になるキャラ以外の)ダンジョン内のNPC」など廃止された機能は多い。
    • しかし「壺」や「合成」、「仲間NPC」、「ダンジョン内の店」など前作で好評だった新要素はおおむね継承されている。
    • 「肉」や「白紙の巻物」は続編『風来のシレンGB2』で、容量が増えた事により復活した。
  • また画面内にマップが表示されなくなり、いちいちセレクトボタンを押して確認する必要が出るなど不便さも目立つ。
    • 全体的な動作がもっさり気味なのも、快適さを失っている。
  • 持ち込み不可で大半のアイテムが未識別であるいわゆる「もっと不思議のダンジョン」は健在だが、全49階と前作より短い分やや易しめ。

問題点

  • きちんとしたななめダッシュができない。
    • B+スタート+ななめ十字キーを入れてもダッシュにならず、ギタンなどのアイテムを拾ってしまうハメになる。
    • スタートを押さずにB+十字キーを入れるとダッシュできるが、当然暴発する可能性が高い。
    • 斜めダッシュがないと困るケースは、「斜めの位置にギタンがあり、且つ非常事態」という、普通に考えれば稀なケースである。
      しかし本作においてはモンスターハウスを回避するために斜め移動を行うというテクニックが存在する(後述)。
  • ロード時間が非常に長い。
    • フロアが切り替わった直後に中断すれば素早くロードできるが、行動を重ねるほどロードが長くなるという仕組みを知らないと厄介。
      • 前作と同じ現象のため、対処方法にすぐ気付いた人はいる。ただしゲーム内や説明書などでは明確な説明はなく、知らずにプレイすると低評価の要因にもなる。
    • ロード時間が長いと画面にフミやケヤキが登場して「しばらくお待ち下さい」という専用画面が出るが、だからといって数十秒も待つのは苦痛である上、画面に可愛い女の子の顔が出て来ることに若干の恥ずかしさを覚えてしまう。
    • ハードウェアの仕様とはいえ、ロード時間に限らず全体的に処理速度はSFCと比べると格段に遅い。快適に遊べないという程ではないが。
  • モンスターハウスの仕様。
    • 前述の通りだが、厳密には「部屋内に市松模様状に敷き詰められた見えない罠を踏むと発生」する仕組みとなっており、この仕組みを知らないと部屋の中で逃げ道が塞がれた状態で出現、知っていると(本来は非常に厄介な)大部屋ハウスさえ楽々と回避できる。
    • 部屋の入口でハウスが発生しなければ、その部屋では斜め移動をする限り絶対にハウスは出現しない。また、アイテムがあるマスには罠は無いので、配置から安全地帯を見極めることもできる。
  • モンスターの撃つ矢がシレン以外に当たった場合、そのダメージは何故かシレンのレベルに依存する。
    • レベルが十分高くなった帰り道においては、仲間が大ダメージを受けて一撃で倒される事が多い。
    • ゲームバランス上はいい具合のスパイスとして機能しているが、明らかにバグである。
      • 厳密には『トルネコの大冒険』や『SFCシレン』にも存在したバグ。ただし今作では本編クリアに大きく影響する。
  • 倉庫の問題
    • 2回クリアするまでは倉庫が建設されない。それまでは村に戻った時点で手持ちのアイテムが消滅する。
    • 前述した「ゴミ壷」に壷を投げると中身のアイテムごと処分できるが、モンスターは消えずに出てしまう。
      • 具体的にはトドの壷と魔物のるつぼが該当。前者はアイテムを盗まれ、後者は装備やアイテム次第では倒される危険がある。
      • 後のシリーズでは村の中で使える「捨てる」コマンドが追加されたり、商人に売却することが出来るようになった。
    • 倉庫内で底抜けの壺を割る、もしくは吸い出すと落とし穴を作れるが、これに落ちると直前に訪れたダンジョンの1Fに出る。
      これが「もっとむずかしい」の場合、手持ちと倉庫内のアイテムが全て消滅してしまう。
  • BGMが全て使い回し
    • 村やダンジョン、イベントシーンなどを含めて全てのBGMがSFC版からの使い回しで新曲が無い。名曲揃いなので8bit版アレンジとして楽しむことは出来るが……
      • 元々はSFC版のリメイクする予定だった影響であると思われる。
      • のちのちのシリーズでも主要曲は共通しているので音楽を伝統化したいんだとは思うが、さすがに新曲は採用している。
        後年では、すぎやまこういち氏が手掛けたBGMが全く使われていない作品も存在する。
      • ちなみに、前作ではクリア後のダンジョンでは流れないBGMが2つ*4存在したが、今作ではどちらもクリア後のダンジョンでもランダムで流れるようになった*5
  • スーパーゲームボーイでもカラー表示にならない
    • 専用の背景が出てくるなど対応はしているようだが、肝心のゲーム画面がモノクロのまま。
      前作ではモンスターが色分けされていたように、色付けによる視認性が重要なゲームなので少々残念。
      • SGBは「背景」と「キャラクター」を識別できないので、キャラクターに専用の着色をすることができない。仕様上仕方がない部分である。

総評

快適性の難点など、今でこそプレイするには厳しいものがあるかもしれないが、GBという限られた容量のハードでローグライクを活かしたのが本作である。
当時の携帯機であり、しかもチュンソフト初のGBソフトでありながらシレンの要素を最大限失わせなかったのは大きく評価できると言えよう。



不思議のダンジョン 風来のシレン 月影村の怪物

【ふしぎのだんじょん ふうらいのしれん つきかげむらのかいぶつ】

ジャンル ローグライクゲーム

対応機種 Windows 95/98
発売元 チュンソフト
開発元 チュンソフト、アクアマリン
発売日 【パッケージ版】1999年12月8日
【インターネット版】2002年12月20日
定価 【パッケージ版】2,980円(税抜)
【インターネット版】オープン価格
備考 2014年4月9日をもってサービス終了
判定 良作

概要(PC)

不思議のダンジョン 風来のシレンGB 月影村の怪物をWindows向けにリメイクしたものである。
ストーリーはほとんど変化がないが、ハードがパソコンになったことにより、キーボードで操作可能、自分が操作しやすいようカスタマイズも可能となった。

パッケージ版、インターネット版、インターネット版のパッケージの3つのバージョンが順に発売された。
インターネット版のパッケージには、他ユーザーとのチャットやミニゲームが楽しめるコミュニケーションソフト「もののけ広場 ~風来のシレン・コミュニティードア~」が収録されている。

ゲーム自体も十分楽しめるが、最大の目玉はフェイの問題作成キットと言っても過言ではない。

変更点

  • グラフィックがSFCシレンとほぼ同等のものに変更。モンスターのレベルは数字ではなく色で判別できるようになった。
    • シレンは右目が見えるグラフィックになった。ちなみに『DS』で同じものが使われている。
  • 視界やモンスターハウス等の仕様もSFC版のものに戻った。
    • GB版で問題点とされた斜めダッシュも可能である。
  • 冒険のリプレイを「旅の記録」として外部ファイルに保存することができる。
    • 保存するかどうかを決めるのは冒険開始前で、冒険中も記録開始することができるが、記録されるのは次のフロアからである。
  • マウスやゲームパッドでの操作のほか、テキストベースのローグライク式の操作も可能である。
  • 非公式だが、有志によりダンジョンデータが解析され、オリジナルのダンジョンを作って遊ぶツールも作成された。
  • その他、細かい調整が行われている。
    • 「卵」を持った状態で「デロデロの湯」を踏むと、「おんせん卵」にランクアップするようになった。
    • やまびこの盾でちょうちんフグ系のハラヘリーを反射し、逆に満腹度を回復させる事ができるようになった。
    • モンスターのステータスが調整。例としては序盤に出るちょうちんフグの経験値が3(GB版)→35(Win版)と大増された。
    • パスワードが40種類から50種類に増加した。中には「ゲイズに超不幸の種を飲まされた」「月影村を脱出する直前で倒れた」といった上級者向けなものも‥。
  • インターネット版では当時は「電網月影村」という公式サイトがあり、そこでは各ダンジョンの全国ランキングを見たり、掲示板で他のユーザーとコミュニケーションをとったり、自作フェイの問題の配布ができたり、パッチや壁紙をダウンロードすることができた(現在はサービス終了済み)。
  • インターネット版ではゴミ壺ダンジョンでの救助も可能であり、救助して貯まる救助ポイントが一定までたまったときや、ダンジョンのランキングで特定の順位をとったときなどに、普通は手に入らない強力な装備品を受け取ることができた。
    • 「ミノタウロスの斧」より会心の一撃が出やすい「メガタウロスの斧」、「バトルカウンター」より反射量が多い「バトルリベンジ」など。
  • 倉庫にあるゴミ壺(アイテムを捨てるための設備)に新たに「自分を捨てる」のコマンドが追加されており、供養峠クリア後にそれを選ぶことで追加ダンジョンに行くことができる。追加されたダンジョンはいずれも個性的なものである。詳細は以下。
  1. 「日替わり15階」「週替わり30階」「月替わり50階」
    • これらのダンジョンに一度出て再び入ると、なんと同じ地形のダンジョンが一定期間現れ続けるのである。
    • 例えば週替わり30階だったら、1週間は同じ構造、同じ魔物配置、同じアイテム配置のダンジョンが発生する。
    • そのため、計画的なプレイが有効である。普段とは一味違う不思議のダンジョンが楽しめる。
    • ランキング対象は「クリアタイム」で、上位陣は敵やアイテムや階段、落とし穴の位置を把握しての高速クリアで競っていた。
  • これより下のダンジョンはインターネット版のみである。
  1. 「クロンの拳」
    • 武器と盾が一切出現しないダンジョンで、その代わりに大量の「ちからの種」が落ちている。
    • 力があるとはいえシレンは防御力0なので、いかに殴られないように立ち回るかが重要になる。
  2. 「一色即発」
    • フロアごとに統一されたカラーを持つ敵のみが出現する。その関係上、モンスターテーブルは特殊で、20Fで終了する。
    • たとえば1Fの敵は、あなぐらマムル、カラカイおさる、チンタラ、モラビーと緑色(茶色)のモンスターで統一されている。
    • 色もグラフィックも同じで外見での見分けがつかない、「タウロス」と「ミノタウロス」だけが登場するフロアも存在する。
    • 50F相当の敵が20Fで登場するため展開が速いが、全てのフロアにモンスターハウスが存在するため、シレンのレベルアップやアイテムの充実速度も早い。
  3. 「果てしなき道」
    • エンドレスダンジョンで、51F以降も潜り続けることが可能。フロア数は9999Fまで記録される。
    • 外伝』の「冥炎魔天の挑戦」のような、同じようなフロアが暫く続く仕様はない。
    • ただし51F以降は背景やBGMが変わらないため、単調に感じてしまうこともある。
  4. 「試し斬り」
    • 追加ダンジョンの中で(後述する「今週の穴」の一部を除いて)唯一の持ち込み可能(5個まで)ダンジョン。
    • 全10Fだが、1Fから強力な敵がフロアごとのテーマに沿って出現するうえ、全てのフロアにモンスターハウスが存在する。
    • 強化の壺・分裂の壺・識別の腕輪といった、GB版では入手困難だったレアアイテムが落ちている。
    • ランキング対象は「クリアタイム」。
  5. 「杖道一直線」
    • 落ちているアイテムは杖や一部の壺、腕輪、食料のみで、杖を駆使して進んでゆくダンジョン。
    • 「旅仲間の杖」というアイテムが落ちており、使うとモンスターを仲間にすることができる。
  6. 「今週の穴」
    • 週ごとに異なるダンジョンに挑戦することができる。ダンジョンは全部で21種類用意されており、一例として以下のようなものがある。
    • サドンデス:Lv70、最大HP5固定でスタートする。全15Fだが、最序盤以外は敵の攻撃は1発で致命傷となる。
    • 泥棒三昧:店が多く出現し、泥棒に成功した回数を競う。全50F。
    • 迷宮狂騒曲:道具を5つまで持ち込めるが、全階層で大迷路が出現する。全5F。
    • 癒されぬ遠き道:道具を5つまで持ち込めるが、HPが自然回復しない。エンドレスダンジョン。
    • 暗夜行路:部屋の中でも通路のように周囲1マスしか見えない。全30F。
    • 歩測大全:モンスターの赤点やアイテムの青点が映るミニマップが表示されない。全30F。
    • 収縮道具袋:アイテムを10個しか持てない。全50F。
    • 突風注意報:フロアに300ターン留まると突風に飛ばされてゲームオーバーになる。全50F。
    • 無限地獄:暗夜行路、歩測大全、収縮道具袋、突風注意報の全ルールが適用されたエンドレスダンジョン。シリーズ最難関のダンジョンと言っても過言ではない。

フェイの問題作成キット

  • アイテム、魔物、階段、罠、初期位置全てを自分で設定可能であり、問題作成の操作も簡単である。
    • しかもラスボスまで配置可能なので、全敵ラスボスなどぶっとんだ問題も作ることが可能。
  • さらにシレンの初期LVや最大HPまで設定可能であり、最大HP1で乗り切る問題や最大LV70で敵と戦う問題まで作れる。
    • そのため、「問題を作って解く」だけでなく、ダメージ計算式や敵から受けるダメージなどの調査にも使われた。
  • 一方、問題が100問セットで一つのファイルとして存在するというPCならではのシステムになっており、コピーや配布は容易。
    • さらに作った問題を自由に配布することをチュンソフトが認めたため、公式サイトやファンサイトでは作られた問題が配布されており、DLすることで他人の問題まで楽しむことが可能である。
  • 今作最大の目玉となったのがこのシステムだろう。

問題点(PC)

  • フェイの問題には店主を配置できず、盗賊番や番犬も配置できない。
    • 『SFCシレン』のフェイの問題に店のあるものが1問だけあったが、それを再現することはできない。
    • 『外伝』のフェイの問題作成キットでも店は配置できないので本作に限った問題ではないが、外伝では盗賊番と番犬は配置可能である。
  • ランキング・救助用サーバーはもちろん、認証用サーバーもXPのサポート終了とともに停止したため、今購入してもプレイできない。
    • すでに認証が行われている環境であればプレイすることが可能。

総評(PC)

GB版の問題点を解消したことに加え、一味違う不思議のダンジョンと「自分で問題を作る」フェイの問題作成キットを開発した点は大きい。
フェイの問題は作成と配布が一時ブームとなり、ファンサイトや攻略サイトには必ずといっていいほどダウンロード用ページが置かれていたほどである。

余談

スマホ版も登場しており、シリーズ中最もリメイク回数が多い。おそらくシンプルでバランスが取れており、最も遊びやすいことが関係しているのだろう。