機動戦士Vガンダム

【きどうせんしう゛ぃくとりーがんだむ】

ジャンル 横スクロールアクション
対応機種 スーパーファミコン
発売元 バンダイ
開発元 トーセ
発売日 1994年3月11日
定価 8,800円
判定 なし
ポイント 格ゲー風ACT
原作放映中に発売
グラフィックは良好
ガンダムゲームリンク


概要

宇宙世紀最後のテレビシリーズ『機動戦士Vガンダム』をベースにしたアクションゲーム。
発売当時まだ原作が終了前だったため、ラスト付近の展開が大きく異なる。
具体的にいうと、アニメ第39話以降のエピソードをすっ飛ばして最終決戦に臨むため、リグ・コンティオなどの機体が登場しない。

システム

  • オーソドックスな横スクロールアクション+α
    • 地上マップと宇宙マップでは若干の違いはあれど、基本はサイドビュー視点で敵MSを破壊していくのが大筋となる。
    • ビームサーベル使用時にはコマンド入力で特殊技を使用したり、敵機との鍔迫り合いを繰り広げることも。
    • 射撃武器使用時は、腕のアングルを変えることで射角を変更する。自動補正はなく、慣れるまでは攻撃を当てにくい。
  • ビジュアルストーリー
    • マップ間に挿入されるデモ部分のことで、ストーリーはここで語られる。
    • 「シャッコーの攻撃をかわすコア・ファイター」「オーバーハングキャノンを装備して出撃するVダッシュガンダム」などのシーンは大きくビジュアル化されている。

評価点

  • ビジュアル力の高さ
    • タイトル画面のVガンダムからステージ中のグラフィックまで、SFCとしてはかなりハイレベルなビジュアル表現力を誇る。
    • 一部敵機の挙動なども取り入れられている。例えばヘリ形態のトムリアットがビーム砲を使用すると、射角にあわせて機首ビーム砲部分が可動する。
      • 他にもゾロアットのビームストリングスなど特徴的な武装をしっかりと再現している。

問題点

  • 機体の動きが遅い
    • 重量感を出すためなのか、機体はモッサリ。ダッシュを駆使しないとあっという間に敵機に囲まれる。また、飛行…というかジャンプが使いにくい。
    • 宇宙マップでは縦横無尽に動けるので多少はマシ。だが敵も同じ条件なので結局囲まれやすい。
    • また、雑魚でさえ結構な割合で鍔迫り合いを起こしてくれる。そのたびに動きが止まり、またしても囲まれる。
  • 全体的にMSが今ひとつ再現されていない
    • 特に自機は再現度が低い。変形や合体はなく、武器の数も少ない。さらにオーバーハングキャノンがバルカン扱いで無限連射できたり、シールド使用中は移動不可などあれこれおかしい。
      • VガンダムとV2はさほど操作感が変わらない。ビームサーベルとビームライフルは切り替えが手動。ヘッドバルカンは弾数無制限且つシールドと併用可能だが射程が短い。ビームシールドは攻撃を防げばノーダメージにできるがビームを張った面積以外では効果が無い。自機の不利に加えて敵の耐久力は高く複数同時に出るため、結果的に激しい攻撃が襲ってくるバランスの悪さ。一番確実なのは画面の端でしゃがみ、シールドを張りながら近づいた敵をバルカンをメインに地道に削る戦法。
      • Vダッシュガンダムはオーバーハングキャノンの威力はそこそこ高く弾数も無制限だが、次弾発射に間隔があるので隙を突かれ囲まれる状況が多い。ビームスマートガンは雑魚を一撃で倒せるが弾数が異常に少ない。そしてビームシールドが使用不可。
    • 上記の「一部敵機」以外もあまりよくない。アインラッドのないゲドラフに、何の意味があるのか。
      • タイトルや序盤で息切れしてしまったような感じ。
  • 戦闘のテンポが非常に悪い
    • 敵が非常に固く、ノーマル以上の難易度ではライフルの段数に限りがあるためどうしてもバルカンとビームサーベルを使わざるを得なくなる。
    • 上記の通り、シールドを張りながら近づいた敵をバルカンで地道に削る戦法がメインとなるがこれが非常に時間がかかる。しかも後半ステージになると敵が多く登場するようになるためとにかくダレる。
      • Vダッシュガンダム使用時に限れば強力なオーバーハングキャノン、ビームスマートガンが使用可能なためシールド使用不可という欠点を差し引いてもテンポがいい。しかしそれでもやっと普通のゲームレベルである。
    • そしてV2ガンダムは上記の通りVガンダムとほとんど変わりがないためV2ガンダムに乗り換えるとテンポが再び悪化する。
  • ストーリー部分の辻褄が合わない
    • 端折ったと言うか、変にアレンジして短縮している。ヘレンが戦死するシーンも、原作では「被弾炎上して突っ込んできた敵機と激突し、機体もろとも爆砕」というものだったが本作では「移送中に突然ガンイージが爆発して死亡する」というものに。
    • Vガンダムは「タブーの満漢全席」と呼ばれるほど黒富野展開が強かったので、それを再現するのは無理だろう。しかしせめてゲーム内での辻褄あわせくらいしてほしかった。
  • エンディングの演出に関して
    • 難易度設定はイージー、ノーマル、ハードの3段階だが、真のエンディングを見るためにはハードでクリアしなければならない。
      • 上記のテンポの悪い戦闘を最後まで勝ち抜いても、ノーマル以下ではアッサリした演出と共に上位の難易度への挑戦を求められて終了となる。
    • ハードでクリアする事でようやく真のエンディングとなる訳だが、その演出にも問題がある。
      • スタッフロールが表示される中でV2が襲ってくる敵を蹴散らしていくのだが、その戦闘演出が無駄に長い。最後の会話場面に辿り着くまでかなりの時間を待たされる。

総評

格ゲー風の白兵戦や射撃アングル変更など少々とっつきにくい要素はあるものの、慣れてしまえばそこそこ遊べるタイトル。
ビジュアルだけはまあ良好で、「Vガンダム」が好きならば多少は楽しめるだろう。