本ページでは『クロヒョウ 龍が如く新章』とその続編『クロヒョウ2 龍が如く 阿修羅編』を紹介しています。



クロヒョウ 龍が如く新章

【くろひょう りゅうがごとくしんしょう】

ジャンル アクションアドベンチャー
対応機種 プレイステーション・ポータブル
発売元 セガ
開発元 セガ、シンソフィア
発売日 2010年9月22日
定価 通常版:6,279円/DL版:5,600円
レーティング CERO:D(17歳以上対象)
判定 なし
ポイント 少人数対戦に特化したバトル
携帯機では中々のボリューム
龍が如くシリーズリンク


暴力の果てに、誇りはあるのか?



概要

極道の世界を描いたアクションアドベンチャーシリーズ『龍が如く』の派生作品。
スピンオフタイトルであるが、パラレル扱いの『OF THE END』(以下「OTE」)とは違って時系列は本編シリーズと地続きであり、本作は『4』の半年後が舞台となる。
犯罪のもみ消しを条件に、神室町の地下格闘技場「ドラゴンヒート」でファイターとして生きることになった、暴力しか信奉できない不良少年 右京龍也 が主人公。

「暴力という言葉は社会的にも嫌われている。しかし、暴力でしか何かを見つけられない存在もいて、納得のいく暴力もあれば、
暴力を使う卑怯者もいる。社会から脱落者を都合よく出すような言葉だと思う。その想いを描きたくなった」とシリーズプロデューサーの名越氏が語っているように、
作品のテーマは「暴力」と位置付けられている。


ストーリー

神室町に立つ1人の少年。少年の名は、右京龍也。
力こそがすべて」と信じ、暴力でしか自分を表現できないその少年は、高校中退後、神室町の闇に身を投じながら喧嘩に明け暮れる毎日を過ごしていた。

ある雨の日、闇金を襲撃し金を横取りするという大胆不敵な計画を龍也は画策する。
あまりに無謀な行動に仲間たちが離れていく中、1人で襲撃を試みる龍也。しかし、そこにいたのは東城会直系九鬼組の幹部"戸田直輝"だった。~龍也に襲い掛かる戸田。
しかし、龍也はそれを圧倒。野獣のごとき強さで戸田をブチのめす。勝利に酔いしれ、高笑いする龍也だったが、気づくと戸田は死んでいた……。

九鬼組幹部殺害により、東城会、そして警察から追われる身となった龍也。
神室町からの逃亡を図る龍也だったが、九鬼組の組長"九鬼隆太郎"によって捕らえられ、ある場所に連れてこられる。そこは、九鬼組が運営する非合法の地下格闘場"ドラゴンヒート"だった。
「戸田殺しを見逃す代わりに、ドラゴンヒートで闘え」
龍也にそう迫る九鬼。それは、自由を奪われた少年に課せられた宿命であり、少年に選択の余地などない。
己の拳で運命を切り開くため、右京龍也は闘いの舞台に上がる。


特徴

  • バトルシステム
    • 周囲の様子よりも闘っている当人たちをメインに写す格闘ゲームに近いカメラワークに変更。本編より臨場感の高い戦闘が演出されている。
    • ゲージの非表示。
      • 体力ゲージや、必殺技を使用するためのヒートゲージといったゲージは一切画面に表示されない。
        体力は画面の端が赤くなったり心臓の鼓動音が早くなることで、ヒートは主人公の体が光る事で表現している。
    • 攻撃は□ボタンがパンチ、△ボタンがキック、○ボタンが掴みという3つの攻撃方法に細分化。それぞれのボタンの組み合わせや後述のスタイルによってコンボになることもある。
    • スタイルシステム
      • 本ゲームでは「スタイル」と呼ばれる概念があり、「ボクシング」「古武術(合気道)」といった全19種類の格闘スタイルのいずれかを装備し、攻撃の性能やステータスを変えて戦闘を行う。
        戦闘を繰り返すと経験値がスタイルが成長し、新たなコンボや技を習得。いくつかのスタイルを全て成長させたり、キャラクターに教えてもらう事で新たなスタイルを得ることも可能。
      • このスタイルシステムは後に『0』で本編サイドに逆輸入・引き継がれる要素となった。
    • 部位ダメージ
      • 主人公、敵共に頭、胴、足、腕の四種の部位の概念があり、それぞれに戦闘中ダメージが蓄積していく。
        あまりダメージを受けると軽症、重症とダメージレベルが上がり、頭に蓄積したのなら気絶状態になりやすくなり、腕ならば防御や攻撃にデメリットを生じさせたりする。
    • 本編シリーズのように落ちている空き瓶や看板を拾って攻撃に使うこともできる。ただし本編シリーズとは異なり、武器類を携帯して持ち歩く事は出来ない。
  • イベント
    • CGムービーではなくコミックに音声を載せる形式のムービーで、メタルギアシリーズMPOMGSPWとほぼ同様のもの。コマ割を意識したカットや擬音表現などが特徴的に使用されている。
  • にゃんこ
    • 本編シリーズのコインロッカーの鍵的な扱い。にゃんこは全101匹で、神室町各所に散らばっており鳴き声等を頼りに探すことになる。一定数捕まえるごとに修行メニューの料金が割引きされる。

評価点

  • 爽快なバトル
    • 殴る音蹴る音といった攻撃音が非常に凝っており、敵にダメージを与えた感覚がわきやすい。
    • スタイルシステムも一つ一つのスタイルが非常に個性的で、それぞれで立ち回りも大きく変わるので戦闘がマンネリ化しにくい。
      • コンボ数も結構豊富で、これによって結構多彩な動作を楽しめる。
    • 一方、本編シリーズのような「敵中に突っ込んで大暴れする爽快感」は薄い。基本的に1対1となるボス戦と合わせて少人数戦に特化したバトルと言える。
  • グラフィック
    • 戦闘中のグラフィックがとても美麗で、キャラの顔がクッキリとみえる。
  • 本編シリーズ同様のやりこみ要素。
    • シリーズ恒例のキャバクラや、豊富なサブストーリーにミニゲームといった寄り道要素も充実している。
      • 特に神室町の不良グループとの抗争を描くサブストーリーは大長編となっており、本編顔負けの熱いストーリーが展開される。この大長編サブストーリーは『阿修羅編』におけるサブストーリーに繋がる話でもある。
    • シリーズ初の少年主人公という事で様々なアルバイトが可能になり、本編シリーズには無い独自のミニゲームがプレイできる。
    • 他にもPS3のトロフィーのような機能、にゃんこ、トレーディングカードといった収集要素もある。
    • 容量の都合上、本編シリーズに比べるとやや少なめではあるが、それでもかなりのボリュームである。
  • ストーリー
    • 主人公右京龍也は自分の考えだけを貫き通していたが、事件を通して様々な人物と出会っていくうちに新たに自分の哲学を見出し、DQNから最終的に1人の漢へと成長していく様は必見である。
    • 据え置き機に比べ容量等のハンデがある携帯機としては中々のボリュームであり、上述のサブストーリー等をこなしていると据え置き機タイトルと遜色ないプレイ時間となる。
    • ドラゴンヒートで闘う対戦相手も、人間描写やバックグラウンドがしっかり作られている。数人の対戦相手は試合後もやり取りがあり、『クロヒョウ2』に端役ながら出演している者もいる。

問題点

  • 移動時の問題点
    • 神室町のマップ移動時は『1』や『2』同様にカメラワークが自動で切り替わる形になっているが、頻繁に切り替わり見づらかったり、操作が混乱する場所が多い。
      • また特定の人物から逃げるイベントなどを行う際にも、このカメラワークが原因で操作ミスしやすい。
    • マップ全域を駆け回ることになるのに移動手段が徒歩のみで、本編シリーズにあるタクシーの様な移動手段がないのでサブストーリーの消化がやりづらい。
    • 更に神室町の移動中にカメラワークが切り替わると短いものではあるがロードが発生するため、移動に若干の不便が生じてしまっている。
      • 一応、本作では『OTE』に先駆けて、マップ上にサブストーリーの発生場所が表示されるので、絶望的に手間がかかるという程でもない。
      • 続編ではタクシーが登場し、この点は解消された。
  • バトルにおける問題
    • 敵の強さ
      • 雑魚敵も結構強い高めの難易度と、かつ格闘ゲームに近いスタイルが本作の長所でもある。
        が、これによって「一度敵に囲まれると、そのまま三方を囲まれて袋叩きにされかねない」という現実に即したかのような短所もあり、かなり腕の立つプレイヤーでないと所持アイテム次第で詰みかねない。
      • 通常打撃をガードした上でカウンターを叩きこめる「キャッチ」というシステムが本作にはあるが、本作のCPUは高い確率でこれを成功させてくる。
        ある程度慣れたプレイヤーならば、CPUがキャッチを決めてくるタイミングをある程度察知して、コンボのタイミングをずらして対処出来る。何より、この仕様でないと、敵が皆「ただ主人公に殴られるサンドバッグ」になってしまう為、この超反応は必要悪とも言える
        しかし、多くの初~中級プレイヤーにとっては、ボタンを連打して打撃を数発入れれば必ずキャッチされてコンボを強制中断されてしまうため、爽快感を得難いという欠点に繋がっている。
      • 実はこのゲームのCPUは、全身の各部位のダメージレベルだけでなく、体力の残量が減るにつれて反応速度は若干低下する。
        この仕様によって、序盤は牽制で少しずつダメージを蓄積させて、相手が消耗してきた中盤以降に猛ラッシュをかけて勝負を決める、という現実の格闘技に近い感覚のプレイを楽しむことができる。
        この仕様に気付けるか否かでコンボの自由度への理解等の戦闘の楽しさが変化するが、プレイ中にはなかなか気付き難い。
    • 格闘スタイルの性能の偏り
      • 本作の格闘スタイルは、下位スタイルをある程度育てるとより上位のスタイルへと派生していく仕様である。下位スタイルが用なしになり易いが、これ自体は仕方ない面はある。
      • しかし、下位スタイルに限らず、"打撃前後が隙だらけ。打撃のリーチが極端に短い。投げ技も強くない。スタミナが切れ易い。"という最早救いようのない、産廃同然のスタイルも複数生じてしまっている*1
  • ボスキャラの仕様
    • 本作のボスは強い。が、強いだけでなく問題のあるキャラクターも存在する。
    • 本作では、諸事情により「頭部を攻撃してはいけない」という制約の下で戦うボスキャラクターが存在する。
      問題は、本作は頭部への攻撃手段が極めて豊富であること。例えば、積極的に殴りにいかなくても、格闘スタイルによっては上記のキャッチを上手に決めても勝手に頭部へ攻撃してしまう。ヒートアクションなど決めようものなら嫌でも命中する。そして頭部へのダメージが一定以上になると即死させられてゲームオーバーに。
      そのため、プレイ中に理不尽さや不自由さを感じるという意見を持つプレイヤーも居た。
  • キャストについて
    • 全員が全員ではないが、棒読みの箇所が目立つ。
    • 特にヒロイン格といえる工藤沙紀の声はずば抜けた棒読み具合であるにもかかわらず、要所要所で登場するのでかなり目立っている。*2
      • ボス戦では事あるごとに場外でヒントを喋るので、人によっては盛り上がるべきボス戦が苦痛になってしまう可能性も。
    • 主人公の右京龍也を演じる高良健吾の演技も叩かれることが多いが、こちらは戦闘中のボイスは非常によく、イベント中の演技も気だるい感じで合っているとする声もややあるので賛否が割れる。
      • この影響かは不明だが、続編では担当俳優がドラマ版で主演を務めた斉藤工に交代となった。また、沙紀についてはストーリーに登場しなくなり、ボス戦では本作にも登場したDJ RIKUOHが実況を担当するようになった。
  • 本作のシステム上仕方のない事だが、本編シリーズにある「敵を蹴散らしながら進むダンジョン」のステージは無い。

総評

荒削りな部分があり無視できない問題点も多々あるものの、戦闘システムの独自性や爽快感は好評を得た。
また本編譲りのサブイベントの豊富さなど全体的な出来は安定している。


クロヒョウ2 龍が如く 阿修羅編

【くろひょうつー りゅうがごとく あしゅらへん】

ジャンル アクションアドベンチャー
対応機種 プレイステーション・ポータブル
発売元 セガ
開発元 セガ(龍が如くスタジオ)、シンソフィア
発売日 2012年3月22日
定価 通常版:5980円(税5%)/DL版:5600円
レーティング CERO:D(17歳以上対象)
判定 良作
ポイント 前作から正統進化
新要素も良好
本作でストーリーに決着をつけた
龍が如くシリーズリンク


失った誇りは 戦って取りもどせ



概要

クロヒョウシリーズの二作目。前作から一年後、光の当たる場所へ出たはずの主人公が再びドラゴンヒートへと返り咲く。 危機に陥った「ドラゴンヒート」と大阪の謎の格闘技集団「阿修羅」との死闘を描く。
前作の要素のボリュームアップに加え、新マップとして『2』『5』『0』でお馴染みの「蒼天堀」の追加など数々の新要素が追加されたほか、システム等に改められた点もある。

また、初回特典には真島吾朗が唄うロック系の映像「真島のマジROCK」が収録された。


あらすじ

ルール無用、勝敗の予測不能な非合法の地下格闘場「ドラゴンヒート」で、伝説の十連勝を成し遂げた若者は、
仲間たちに別れも告げず、日本を離れ、アメリカの地を彷徨っていた。
「神室の狂龍」と呼ばれた、その強者の名は「右京龍也」。
人生とは?誇りとは?何かを掴みかけたはずの若者は苛立っていた。
アメリカの地下格闘界でも連戦連勝の快進撃を続けていたのだが、その心が満たされることはなかった。
そんな折、ボクシングの才能を認められ、プロとしてデビューするため、自分の意志とは関係なく、帰国することとなる。

神室町は以前と変わらず、危険に満ちあふれていた。
その路地裏で龍也はチンピラに絡まれていた少年、坂本信司を助ける。
何と信司はドラゴンヒートの若きファイターだった。
ドラゴンヒートの名を聞き、自分の中で忘れかけていたものを思い出す龍也。
そのドラゴンヒートが大阪・蒼天掘の地下格闘団体「阿修羅」の神室町進出により、壊滅の危機に陥る。
龍也は、新たにできた仲間たちのため、そしてかつて自分のすべてを懸けて戦っていたドラゴンヒートを守るため、
輝かしい将来を捨て、再びドラゴンヒートのリングに上がる決意をする。

その裏で、神室町全体を巻き込む巨大な野望が動き出していた・・・。


前作からの追加・変更点

基本的なシステムは前作とほぼ同一。ここでは変更点のみを書く。

  • バトル
    • レベルアップした時点で、成長ポイントが与えられて、それを好きなパラメータに割り振ることが出来る。
      これによって、自分のプレイスタイルに合わせてキャラクターを強化することが出来るようになった。
    • アクションも増加。
      • 掴んだ敵を任意の方向に投げ飛ばすことができるようになった。
        壁に敵を投げて叩きつけた状態であれば、龍也がヒート状態でなくとも自由に発動できる「ウォールヒート」。
        壁や窓ガラスに穴を開けて、そこに敵を投げて決着を着けることもできるようになった。
    • 仲間を連れて、戦闘に参加させる事ができるようになった。
    • 格闘スタイルにスキルを導入
      • 各スタイルのスキルポイントに応じて、「パンチ威力○%上昇」「体力○%上昇」「ガードブレイク」等のスキルを任意で付与させることが出来る仕様に変更。スタイルの自由度が上がった
      • 完璧に習熟したスタイルのパンチやキック、ヒートアクション等を自由に組み合わせて、自分の好みの格闘スタイルを構築出来る「我流」も搭載された。
  • 移動中に突然起こる「クライムイベント」が追加。
    • 街の中を歩いていると、突発的に事件が起こることがあり、MAP上にCのマークで表示される。
    • 発生したイベントは、しばらく時間が経過すると自動的に終了してしまう*3
    • クライムイベントで困った人を助けてから再び助けた場所に戻ると助けた人がお礼をくれる(絶対にもらえるわけではない)。
  • にゃんこ
    • 前作から1匹増え、102匹集めることになる。
    • 本作で捕まえたにゃんこはにゃんこカフェで仕事をするようになる。
  • 着せ替え
    • 実在のアパレルブランドとコラボした衣類を自由に着替えられるようになった。
    • 過去作ではクリア後の「プレミアムアドベンチャー」中のみ可能だった。
  • オートセーブ、どこでもセーブ
    • 龍が如くの世界では、公衆電話でセーブするため、特定箇所でしかセーブできなかった。
    • 本作ではどこでも好きなタイミングでセーブができるようになった。

評価点

  • 熱く、意外性あるストーリー
    • 本作では、前作のような「各章のライバルとの熱いぶつかり合い」という要素は薄く、その点で残念がるプレイヤーの声もある。
      しかし、その生き様を後輩達に示して奔走する、前作で言う「活人拳」と言えるものを体現した龍也の生き様と、それによって動かされる彼を取り巻く人々の様子は、間違いなく一見の価値がある。
      • 本作の黒幕は、龍也と似た境遇で育って似た感性を培ったものの、全く違う人生を選択した、極めて手強い策略家である。
        彼の謀略に時に翻弄されながらも、自分の生き方と戦いを貫き通す龍也。その彼と黒幕が何を語り、黒幕が龍也にどのような影響を受けて、最後に何を決断するか。その点は特に見応えのあるドラマになっている。
  • 前作に引き続き爽快なバトル
    • 前作からアクションが大幅増加、戦闘がマンネリ化しにくくなり、より爽快なバトルが楽しめるようになった。
    • 上記のウォールヒートに限らず、コンボ一つとっても細かい改善点が見られる。
      • 前作においては、「→or←キー+パンチorキック」といった発生の早さが異なる以外に意味の無い打撃もあった。
        しかし今作では、それらに「相手のガードをこじ開けるガードブレイク」や「当たれば相手に片膝をつかせるスタン効果」等、コンボを工夫するだけのメリットを持たせている。
    • バトルスタイルに関してはかなりの改善が加えられた。
      • 任意で付与できる「スキル」に加えて、最大までレベルを上げた際の各スタイルのスペックが相対的に上昇している。
        これにより、例え派生前の下位スタイルであっても、前作のような「ただの下位互換」になっていない。好きなスタイルで最後まで遊び易くなっている。
      • シナリオ後半で修得する「我流」スタイルは、「パンチ」「キック」「つかみ」「ヒート」の4項目を習得しているスタイルのモーションに組み替えて戦うことができる。
        良好な性能の技を組み合わせて最強のスタイルを作るのも、見栄え重視のスタイルにするのも自由自在。「スキル」も7つと豊富にセットできる。
  • ビジュアルは前作から正統進化。
    • 主人公の表情などもやや変化し、進化している。
      • 特にキャバクラは、モーションが追加される等大きく進化した。
  • 『龍が如く』シリーズらしいおまけ要素も多数。本編以上にそちらで熱くなるのも恒例。
    • サブストーリーもいつも通りの充実ぶり。
    • 「麻雀」「パチスロ」「ゴルフ」といった新しいミニゲームが導入されている。
    • 前作から引き続き登場したものには操作系の変更がいくらか行われている。
    • アルバイトも「串カツ屋」「たこ焼き屋」といった、大阪ならではのアルバイトが用意されている。
  • 大阪マップが追加されたことにより、ボリュームもアップ。
    • シナリオも成長した龍也の姿とともに、ドラゴンヒートを巡る裏世界の確執などが骨太に描かれている。
    • スケールも大きくなり。ストーリーも本作できちんと決着をつけている。
  • 快適性も向上。
    • タクシーが使用可能になり、移動の利便性がかなり向上した。

賛否両論点

  • 龍也の声
    • 1の項目にもある通り、主人公龍也の声は前作の高良氏から実写版のクロヒョウで龍也役を務めた斎藤氏に変更された。
    • それにより全体的に演技力が向上したとの声が多いが、前作の高良氏はバトル時の気合や絶叫等が非常に上手かったため、その点で「『2』は迫力に欠ける」という批判意見も少なからずある。
      • とはいえ、1の事件を経て龍也が成長した結果と見る声もあるので一概に悪いとは言い切れないだろう。

問題点

  • 前作にも指摘されていたカメラワークなどあまり良くない点も。
    • 特に蒼天堀では、道の真ん中の自転車のせいで非常に見づらかったり視点変更の性で進行先がわかりにくくなる箇所がある。
  • クライムイベントの不快感
    • 本作の新要素クライムイベントは「龍也が事件に自ら首を突っ込む、もしくは静観する」ものである。必然的に不快なものも混じっている。
      • 単に女性や弱者に絡むチンピラを追い払って感謝されるイベントは多い。しかし「困っている人を助けようとしたら逆に因縁をふっかけられる」といった、理不尽な目に遭うものも複数ある。
        これを避けようとすると、「(助けたら助けたで因縁をふっかけてくる相手が)怪我を負わされて病院に運ばれた」といったテロップが流れてイベントが終了したり、どの道不快感を覚える結末に終わることも少なくない。
      • 加えて、発生条件が極めて厳しいものが二つあり、コンプリートが難しい。どれほどかと言えば、40時間プレイしたプレイヤーですら、普通にプレイすると遭遇せず、存在に気づきすらしない。という程
  • ランキングシステム
    • 本作を絶賛するプレイヤーでさえ、このシステムを"本作唯一にして最大の失敗点"と酷評する代物である。
    • 過去の「ボスランキング」や「○○闘技」と言ったランキングシステムは、"過去に戦ったボスキャラと、任意のタイミングで好きにバトルが出来る"ことが魅力である。しかし今作では以下の負の三大要素があり、これら全てが重なってプレイヤーに襲い掛かる。
      • タイミングは一定時間後。しかも期間内の特定の場所でしか受け付けない
      • 相手もCPUが選ぶ。好きな相手と自由に戦えない
      • 防衛戦と称して、同じ相手と何度も戦わないとより上位の相手と戦えない
    • これにより、上位29人に勝ち抜くだけのランキングバトルであるにもかかわらず、待ち時間だけで何十時間もかかる上に無駄に120回以上もバトルしないと勝ち上がれない。という、お楽しみやり込み要素にあるまじきものと化してしまった。

総評

システムは前作から正統進化、新要素も概ね好評といえる出来栄えとなっている。

余談

  • 2016年に本作で秋田靖人を演じた高知東生氏が逮捕されてしまい龍が如くシリーズのゲスト声優では初の逮捕者が出る事態となってしまった。
    • その為公式サイトからは秋田の紹介と高知氏のインタビュー動画が削除される事態に。