ぺんしる作品

※記事のある作品、およびその関連作のみを記述。


WARNING!!!!!!!
一部を除き、18歳以上対象のアダルトゲームです。



機種 発売日 タイトル 概要 判定
CASSIOPEIA
Win 2010年7月23日 げきたま! ~青陵学園演劇部~ 演劇場面の描写は良いが、システム周りなど出来の悪さが目立つ。
本作だけでメーカー解散。
Lilian
Win 2008年9月26日 ティンクル☆くるせいだーす 2009年萌えゲーアワード最多部門受賞。通称『クルくる』。
ゆるノリがややくどいが、バトルシステムは本物。
Win 2008年12月28日 ティンクル☆くるせいだーす ミラクルディスク コミケで発売された。ミニADV。
2010年6月24日 ティンクル☆くるせいだーす Remaster Windows7対応版。ゲーム内容は無印と同様。
PSP 2010年9月30日 ティンクル☆くるせいだーす GoGo! ↑の一般向け版。
ADVパートがやや重いものの、EXスキル細分化でバトルにメリハリができた。
Win 2012年2月10日 ティンクル☆くるせいだーす - Passion Star Stream - 『クルくる』のファンディスク。エロもバトルも更に進化。
ティンクル☆くるせいだーす STARLIT BRAVE XTREAM!! ↑の豪華版に収録。PSP版のミニゲームをパワーアップ。
他ブランドのヒロインも多数登場。
2012年4月26日 ティンクル☆くるせいだーす STARLIT BRAVE XTREAM!!エクストラアペンド ↑のアペンド。ビジュアルブックに付属。
公式サイトでもダウンロード可能。
ぱじゃまソフト
Win 2000年10月6日 プリズム・ハート ぱじゃまソフト処女作。騎士育成・恋愛シミュレーション。
家庭用機にも移植され、KIDよりドリームキャスト版が発売された。
2005年5月27日 プリンセスうぃっちぃず 予想のつかない展開は賛否両論。
後の『クルくる』ではシステムを大きく進化。
なし
Win 2006年4月28日 プリンセスうぃっちぃず EXCELLENT ↑のシナリオ加筆+バトル改善したリニューアル版
Win 2006年8月25日 プリズム・アーク ~プリズム・ハート エピソード2~ 『プリズム・ハート』の続編。
ビジュアルは見事だが、やはり細かい粗が目立つ。
なし
PS2 2008年4月24日 プリズム・アーク -AWAKE- 新キャラを追加した一般向け版。
Win 2008年1月25日 プリズム・アーク らぶらぶマキシマム! ~プリズム・ハート 2.5~ 『プリズム・アーク』のファンディスク。
エロ特化だが、前作同様にフィーリアにはエロシーンは無い。
2010年8月27日 プリズム☆ま~じカル ~ PRISM Generations! ~ メーカー発足10周年記念作品だったが、値段不相応な出来で酷評された。
2014年12月26日 プリズム・プリンセス ~ふたりの姫騎士と股間の紋章~