クラッシュ・バンディクー4 さくれつ!魔神パワー

【くらっしゅ・ばんでぃくーふぉー さくれつ!まじんぱわー】

ジャンル アクション


対応機種 プレイステーション2
Xbox
ニンテンドーゲームキューブ
発売元 コナミ
開発元 Travellers Tales (トラベラーズテイルズ)
発売日 【PS2】2001年12月20日
【Xb】2002年10月24日
【GC】2003年12月4日
定価 【PS2】6,800円
【Xb/GC】4,800円(共に税別)
プレイ人数 1人
廉価版 PlayStation2 the Best
2002年10月17日/2,800円(税抜)
判定 なし
ポイント ゲーム性は従来通りの出来
PS2版はロード時間が長い
これまでと比べてもっさりアクション
シリーズ凋落の始まり
クラッシュ・バンディクーシリーズリンク

概要

人気シリーズ『クラッシュ・バンディクー』シリーズの第4作目。PS2に進出した最初の作品である。
本作から日本の発売元がコナミとなった。開発元も『1』『2』『3』を制作したノーティドッグではなく、トラベラーズテイルズへ。そのためか、後述の問題点が……
開発会社が変わった経緯についてはこちらを参照。

ストーリー

過去3回にわたってネオ・コルテックスの世界征服の野望を阻止してきたクラッシュ。
失敗を重ねてウカウカにどやされたコルテックスはクラッシュを倒すため、自身が作り出した秘密兵器であるスーパーバンディクー「クランチ」を投入する。
さらにこのクランチの力を存分に発揮すべく、ウカウカは強大な力を持つ4体の魔神たちの封印を解いてしまった。
これを知ったクラッシュは再びコルテックスの野望を打ち砕くため、新たな冒険に立ち向かうのだった。

特徴

  • ステージクリア方式など、基本的なシステムは『3』までと同じ。
    • ステージはひみつのワープルームを含め全30ステージ。
    • 新たな乗り物が多数登場する。
      • 乗り物のステージでしか使用できなかったココも、単体でプレイヤーキャラとして使えるように。
  • BGMはJosh Mancel氏から、Andy Blythe氏とMarten Joustra氏*1に担当が変更。

評価点

  • ゲーム性は『3』を踏襲しており、往年のシリーズのファンや初めてクラッシュをプレイする人まで楽しめる。
    • 今までのクラッシュのアクションも全て登場。加えて、ニトロ箱の上を爆発させずに歩くことができる「ソロソロあるき」が追加された。
    • 『3』にもあったレース面や水中面やシューティング面に加え、CRカプセルによる転がって進んでいくステージなどさらにステージの種類が増えた。
    • ダイヤ集め・タイムアタック・ひみつのワープルームといったやりこみ要素は前作から変わっていない。
    • シリーズ恒例の逃げるステージも存在。前作より若干多く、追いかけるものも自然災害や動物だったりと異なる。
  • これまでは出番が乗り物を使うステージ限定だったココが通常ステージでも使えるようになった。
  • 次世代機進出により画質のクオリティーは向上している。
    • 一方でPS過去作である種写実性すら感じさせる程緻密に描き込まれたステージは、よりデフォルメの効いたカートゥーン風になっており、ここは好みが分かれる。
  • ステージデザイン
    • 水中ステージと研究所、ダンジョンステージ以外はステージデザインが全て異なっている。
    • 背景も繰り返しでは無く、スタート地点からゴール地点まで丁寧に作られている。地形や仕掛けも使い回しがかなり少なく、ステージごとの個性はかなり立っている。
    • ステージの構造にやや自由度が増しており、前半は乗り物で後半は普通のアクションというステージも存在する。
  • BGM
    • なんと全ステージでBGMが異なっている
      • 従来のようなコミカルな曲がある中、シリアス路線を打ち出した曲が新鮮で、メロディ・アレンジ・楽器の使い方も上手く高品質。
      • ただしボーナスステージのBGMはステージの舞台ごとに固定。法則から外れているステージもある。
  • 『2』から続いている救済処置(一定回数死亡でアクアク付与)の要素は健在。
    • ただし、可変C箱は存在しない。
  • タイムアタックにアクアクを持ち込めるようになった。
  • !ブロック(緑)が、ニトロ箱の爆風範囲内にある箱なら壊してくれるようになった。
    • パーフェクトに関係無いドクロ・ダイヤコースで、飛び移り用の箱や、アクアク箱、1up箱を設置したりできるようになった。
  • プラチナトロフィーの規定タイムがエンディング前でも確認できるようになった。

賛否両論点

  • ココが乗り物ステージ以外で使えるようになった。
    • キャラ人気も高いので評価したいのだが、いかんせん使い勝手がクラッシュと比べて悪い。
    • ココのアクションは「カンフーキック」「足払い」「ストンピング」「スピードシューズ」のみ。まともに使える攻撃方法は「カンフーキック」くらいで、クラッシュのダブルジャンプや竜巻スピンのように移動に有効なアクションに至っては皆無であり、クラッシュに比べると非常に扱いづらい。また、スピードシューズとスーパーボディプレス(ストンピングはボディープレスとほぼ同じアクション)以外のパワーアップ要素が追加されることもない。
      • ちなみに前述のココのアクションはココが「カンフー映画好き」という設定からなのだが、過去にそんな設定・イメージはなく、単体で使用させるために付け足した設定に思える*2
      • 一応限られたアクションの中でどう動くか、という点ではある意味アリなのかもしれない。

問題点

  • PS2版ではロードが多い上に長い。
    • 本作で最も非難されている問題点。ロード時には長い場合20~30秒ほど待たされる。ロードの機会もこれまでと比べ多く、ゲームテンポが悪い。通常使われるDVD-ROMではないためか?
    • 過去のシリーズでロードがあっても、大体が10秒程度で殆ど気にならないぐらいだったのだが。
      • Xbox版・GC版では改善されているので、今からプレイする方はこちらを推奨する。
  • キャストの変更
    • なぜか今作以降キャストが変更されるようになった。また、操作時のクラッシュに山口勝平の音声が使われていない。『2』でも山口氏の新録セリフが没になっていたが…。
    • 今作ではココの声優(池澤春菜→小暮英麻)が変更された。セリフは多くないのだが、やはり往年のファンから聞くと違和感を感じる。
    • ただし、ココ以外のキャラの声優は変更されていないのが救いか。
  • 全体的に挙動がもっさりしている。
    • 本作で始めてクラッシュに触れるのならさほど感じないかもしれないが、過去作のプレイヤーからしたら一目瞭然。
    • ジャンプ・ハイジャンプ時には特にもっさり感がある。
    • 『2』『3』の時にあったスライディング後の硬直をスピンアタックでキャンセルする小技が使えなくなっている。
    • 金網にぶら下がっての移動は前と比べ遅い。タイムアタックがあるのにこの仕様はイライラを募らせてしまう。
      • 無敵時にスピードが上がるという仕様も存在しない。
  • 前作から不便になった要素
    • ボス戦にアクアクを連れていけない
      • 地・風の魔神戦は特殊なボス戦なので仕方ないが、他のボス戦でも使えないのは初心者にかなり厳しい。
      • 一応ボス自体は攻撃パターンが少なく、前の作品ほど強くないのが救いか。
    • 無敵状態が弱体化
      • 前作よりも無敵時間は短くなり、当たり判定も弱体化しているため、いまいち爽快感が無い。
    • リンゴバズーカ
      • リンゴバズーカの照準合わせが妙に厳しくなっており、微調整が必要。一応前作よりも射程は伸び、赤照準状態でも障害物を狙うことが可能になっているが。
      • リンゴバズーカでリンゴを狙うと消滅してしまう。
    • ドクロコースの仕様変更
      • 前作までにあった、1回ドクロコースに入れば通常コースでミスしても消えない仕様が消滅。
      • そのくせ前作にあったCブロックは本作では登場せず、再チャレンジするときは慎重になる必要ができた。
    • C箱の仕様
      • 本作ではC箱よりも先にある箱を壊してからC箱を壊しても、先に壊していておいた箱は復活してしまうという仕様がある。
      • 前作までにはパーフェクトダイヤを狙う際にダイヤコースやひみつコースを回ったり通常ステージの逆走を求められることがあったが、この仕様により(?)本作ではそれは無くなっている。
      • 分岐点があるCRカプセルステージではこの仕様とすこぶる相性が悪く、パーフェクト狙いの場合はミスするたびにいちいち分岐を回らないといけなくなってしまう。
  • BGM
    • ステージでのBGMにリピートがない。
      • BGMが終わると再び最初から再生されることの繰り返しとなるため、違和感を覚えやすい。
    • ドクロコース・ダイヤコースに突入してもBGMが変わらず、緊張感がいまいち出ない。
    • 曲自体は悪くないのだが、開発元が違うからかそれまでと比べ明らかにBGMの雰囲気が浮いている
  • ステージのバランスが悪い。
    • 全体的に見てもステージ1からいきなり雪山のステージ。構成も滑る床に爆弾箱、ニトロ箱と一通りの仕掛けをそろえている上、アクアクによるアクション要素の解説もない(というか、今作ではアクアクのヒント自体がほとんど存在しない*3)ためこれまでのシリーズに比べ初心者に厳しい。にも拘らず、ノーミスで来ると進めるドクロステージがステージの終盤に登場している。チュートリアルを兼ねるべきステージ1に相応しくない構成だろう。
      • そしてステージ2という序盤でいきなり戦闘機「CRグライダー」に乗ってのシューティングステージになる*4
    • 一方で、後半のステージである20と22は後半にしては妙に楽だったりと、各ステージの難易度がバラバラ。
      • ただステージ22はシリーズ屈指のロングステージで、「地上→金網→乗り物→地上→金網→地上」の繰り返し、先述通り金網の速度も遅いのでかなりダレやすい。
  • ステージごとの統一性もなく、前作のような「アラビアステージ」「古代ステージ」のようなカテゴリ分けがされていない*5。各々の魔神が司る属性ごとに分けられている訳でもなく、炎の魔神と言いながら雪山のステージが当たり前のように出たりする。
    • 全体的に要塞チックなステージが多く*6、出現する敵も研究員、装甲兵、ロボットと似たような面子ばかり。
  • ステージ12の青ダイヤコースは事前に緑!ブロックを叩いてしまうと、向こう側へ渡るための足場がなくなってゴール不可能になってしまう、いわゆる「積み」となる構造となっている。
    • コースの後半では、ニトロ箱の上に普通の木箱が乗った2段重ねの箱が空中に立ち並んでおり、1回限りのチャンスでこれを足場にしながら奥に進む構造になっている。そのため、先に緑!ブロックを叩いてコースの全てのニトロ箱を壊してしまうと、ニトロ箱もろとも木箱も壊れてしまうので、先に進むことができず、クリアが不可能になってしまう。初見でこうなると、なぜ先に足場が存在しないのかさえも分からなくなる。
  • 水中ステージがダルい。
    • 今作にも水中ステージがあるが、全体的に長く、上下に広いうえに、薄暗くて柱や海藻が多いため視界が悪い。
    • さらに、画面上空から速いスピードで落下してくる機雷の数が異常なほど多い*7。海藻や岩で隠れていたり、視界外から降ってくることも多く非常にめんどくさい。
    • 上下に移動する魚や、クラッシュの動きに合わせて上下に移動するダイバーの敵もいるので、一気に進むのが危険な状況になっている。
    • しかもステージの半分はサブマリンに乗って進まなければならなく、この状態でも攻撃を食らったら1ミス扱いになるのでテンポが悪い(前作では乗り物が破壊されるだけだった)。このため、常に敵や機雷を警戒して長いステージを慎重に進まなければならないためにストレスがたまる。
      • 利点を挙げるなら、サブマリンは前作のディープアップルと違い下方向にも爆弾で攻撃できる点と、水中ステージでも竜巻スピンアタックができて一気に移動できるということ。ただしサブマリンに乗っている間は当然ながらスピンアタックは使えない。
  • 視認性が悪いステージが多い。
    • 箱がオレンジ色から茶色に変更されたため、背景にまぎれて気づかず取り逃がしてしまいがち。
    • おまけに水中やCRカプセルなど視点が遠いステージでは、箱の種類を判別しにくい。!ブロック(緑)が黄緑色からニトロ箱と同じ緑色に変更されたため紛らわしい。
  • ステージ内の「違和感」に到達しても何も無い。
    • 前作まではステージ内に「違和感」というか「おかしなモノ」があり、それが隠しステージの入り口だった。
      • 例えばそれは、階段状に積み上げられた弾まないニトロ箱・ゴール直前の大ジャンプ中に一瞬だけ見える足場・パパ熊が落ちた穴の底に僅かに見える足場・一つだけ絵柄が違う道路標識など。
    • 今作にもそういったいかにも何かありそうな「違和感」はあり、到達するには往々にしてシビアな操作を求められる。
      • しかし、苦労してたどり着いても何も無いことが多く、肩透かしを食らう場面が非常に多い。と言うか、実のところ本作にそういった隠しコース・ステージは1つもない
      • 隠しステージは前作にもあったトロフィーの獲得数で入れるステージのみ。カラーダイヤも全てドクロコースで手に入るだけ。隠しダイヤもカラーダイヤや隠しコース以外で手に入れるものは1つしか存在しない。
  • 乗り物の使い勝手が悪い。
    • CRサブマリンは前述したステージ構成の中をゆっくり動くのでスムーズに進めない。前作のディープアップルのような加速機能も付いていない。魚雷を発射できるが、肝心の機雷は隠れていることが多く、事前に破壊できないことも。また、上方向への攻撃は一切できない。
    • CRカプセルは球体を転がすという特性上好みが分かれやすい。
      • 4ステージ+ボスステージと乗り物の中では一番多く割り当てられている。
      • 思いっきり転がせる場所はそこまで多くなく、猛スピードで突っ込んだ結果落下する場面も多い。
      • CRカプセルステージは他に比べてプラチナタイムがかなり厳しく、ほんの少しのミスで負けるほど。
    • CRバギーに乗るレーシングステージが存在するが、なぜか3のように穴に落ちたら落ちたそばからやり直しにならず、1ミス扱いになり最初からやり直しになる。
      • グリップ性能が悪く、当たり判定も大きくないので徐行運転していても箱を取り逃してしまいやすい。ミスしやすいのがかえって救いになってしまっている。
      • またタイムアタックでは1位にならないとタイムの判定をしてもらえない仕様であるため、前作で使えた「先に対戦相手を全員ゴールさせ、邪魔者がいない状態でスタートする」という小技が使えなくなっている。
    • CRバタフライはCRグライダーと同様の飛行マシンで、武器が機銃からホーミングミサイルに変更されている。しかしこのホーミングミサイルの性能が悪く、敵が多いにもかかわらず敵一体に照準を合わせるのにいちいち時間がかかる上、狙いを付けたくない敵に照準を合わせてしまったりすることもある。
      • さらに、CRグライダーとは異なり気球の付いた箱はホーミングミサイルでは破壊できず、体当たりしないと破壊できない。ダイヤを狙う際は全ての気球にいちいち体当たりしなければならず、面倒なことこの上ない。
      • この乗り物を使うのはステージ9の1つだけだが、正直CRグライダーと分ける必要性があまり感じられない。
    • CRジャイロは『2』のジェットパックとまんま同じだが、これに乗るステージ15はとにかく奥の距離感が掴みにくく、ミスが多発する。
      • 前作同様のリングをくぐっていくステージもあるが、前作のような爽快感は全く無い。
    • CRローダーというロボットを操縦するステージもあるが、動き、特にジャンプにモッサリ感が強い(立ち止まっている状態からジャンプするときは一瞬動きが止まってしまう)。攻撃動作のリンゴバズーカも慣性がついて照準を合わせることが困難で使い辛い*8。ボス戦以外ではわざわざ乗る必要性に疑問が浮かぶ。
    • シリーズ恒例の背後から何かが迫ってくるいわゆる「追っかけられステージ」が今までよりも多いが、最初のステージ以外は何かしらの乗り物に乗っている。
      • そのうちの3つは乗り物で加速し続けないとすぐ追いつかれる仕様になっている。もちろん操作方法に対してのフォローはなく*9、初見だと何故追いつかれて死ぬのかがわからない。
    • 一部ステージではトロッコで進んでいくが、アクアクを連れていると露骨に視界妨害をしてくる。
  • 新アクション「ソロソロあるき」の存在意義が薄い。
    • 移動速度が落ちる代わりにニトロ箱の上を歩けるようになるパワーアップアクションなのだが、他の足場から地続きとなっている場所しか使い道が無く、さらにそのような場所もゲーム中にあまり登場しない。アクション入手直後のステージで何度か出てくる程度。
      • ボタンをしっかり通さないと、歩いている最中にニトロ箱が爆発するという事故が多発してしまうため。使い勝手が悪い。
    • 奥へ奥へと駆け抜けていく本シリーズにおいて、ゆっくり慎重に進むというある種アクションのスパイスとして働いたような気がしないでもないが、ダブルジャンプからの竜巻スピンアタックでニトロ箱ごとやり過ごした方が時間がかからない為、それらのアクションを覚えた後はそちらを使った方が早い。
      • ただし、ステージ25の隠しステージのようにどうしても使わざるを得ない場面も一応は出てくるが、ここまで来ると面倒な作業でしかない。
    • ちなみに前作にも存在した「スーパーボディプレス」はなぜかステージ8の隠しステージに用意されている。
  • 敵にやられた時のリアクションが少ない。
    • ステージ、ギミック、敵の量と比較しても、普通に倒れる*10・幽霊になって昇天・身体の消滅が大半を占めており、凍る、黒コゲになるなどの面白いリアクションはごく一部のステージのみとかなり少ない。
      • 機械の乗り物系は全部バラバラに崩れて終わるだけ。
      • 前述の通りココが普通のステージでも操作できるようになったが、こちらも死亡パターンはその場で目を回して倒れるか、昇天の2パターンしかない。
    • これまでの作品では死亡時のモーションが豊富で面白いパターンも多かったため、死亡パターンが減ったのは残念な点である。
  • 古参のボスキャラの扱いが酷い。
    • 各ステージのボスは全て魔神の力を借りたクランチであり、古参のボスキャラと戦う機会はない。
    • 古参のボスキャラからはエヌ・ジン、エヌ・トロピー、タイニータイガー、ディンゴダイルが登場しているのだが、特定のステージでレースの対戦相手やお邪魔キャラ、敵キャラとして登場するのみ。
      • タイニータイガー、ディンゴダイルはOPムービー・ステージに登場しているものの、セリフが一切存在しない。また、エヌ・ジンとエヌ・トロピーはOPムービーとステージで登場し、セリフはあるのだが、OPムービーで一言のみ*11と、どれも扱いがひどい。なお、エヌ・ジンはキャストは同じではあるが何故か従来の侍口調ではなくなり、違和感がある*12*13
    • シリーズ通してラスボスを務めていたコルテックスに関しても、ラスボス戦でクランチとともに一応登場するのだが、攻撃してくるのはクランチのみで、コルテックスは攻撃をしないばかりかクランチに投げ飛ばされたりと散々な有様である。
      • ステージ名が「たいけつ!ネオ・コルテックス」なのにこんな扱いって…

総評

過去作までに培ってきたゲーム性は失っておらず、アクションゲームとしての完成度は決して低くはない。
前作までの完成度の高さからするとシリーズ作品として劣化してしまっているのは否めない。
またPS2版のロード時間は致命的であり、本作の評価を下げた最大の要因となっている。
もしプレイしたいのならロード時間が改善されているGC版及びXbox版のプレイをおすすめする。

余談

  • 本作以降クラッシュ・バンディクーシリーズの人気は低迷し始め、TVCMの放映がなくなるなど破綻気味となり、凋落の道を歩んでゆくことになる。
  • 本作唯一の攻略本は、ステージマップが一切載っていないという、初代の攻略本以下の残念な物になってしまっている。
  • 本作で初登場した乗り物・CRカプセルのステージは、クラッシュシリーズの立ち上げ人、マーク・サーニー氏の出世作『マーブルマッドネス』がモチーフと思われる。