ロボットポンコッツ SUNバージョン/STARバージョン/MOONバージョン

【ろぼっとぽんこっつ さんばーじょん/すたーばーじょん/むーんばーじょん】

ジャンル コミュニケーションRPG


対応機種 ゲームボーイカラー(全GB共通)
発売元 ハドソン
開発元 ウィル、レッドカンパニー
発売日 SUN/STAR:1998年12月4日
MOON:1999年12月24日
価格 各3,980円
判定 なし
ポイント ポケモンフォロワーゲームだが新機軸要素も搭載
ちぐはぐなストーリーとキャラクター
ロボポンのデザインも微妙
コミカライズ版は高評価
ロボットポンコッツシリーズGB - N64 - GBA

概要

  • 所謂ポケットモンスターシリーズの流行を受けて誕生した新感覚RPG。
    • ゲームシステムもポケモン色が非常に強いが、単なるパクリゲーとは言わせない様々な要素が搭載されている。

特徴

  • ロボットという設定である特徴として、ソフト(魔法)やパーツ(武器/防具)を付けることでロボポンを強化していく。
  • ロボポンにはアーム族、ムーブ族、ブート族の3種類がある。
    • アーム族は攻撃重視の基本型、ムーブ族は体力は低いが素早さ重視のスピード型、ブート族は防御を中心に全体的にステータスは高いがソフト・パーツの付け替えが出来ない制約がある。
  • エンカウントで出てくるロボポンの中には、言うことが聞かなく、自爆してしまうロボポンもいる
    • このロボポンは研究所でチップの更新をすれば大人しくプレイヤーの言うことを聞いて、自爆等の行動もしなくなる。後述のスピーダーにも影響される。
  • 会社経営が可能
    • 専属の大工に資金を出せば会社の増築が可能となり、プレイヤーに様々な特典が付く。
    • アイテム屋、パーツ屋、研究所といった実用的なものからサウナ、トイレ、倉庫、空き部屋(!?)といったネタ要素のある部屋も増築してくれる。
      • また、最大まで増築すればとあるロボポンがプレゼントされる。
  • 時計機能と連動したタイムイベント
    • 時計機能によって時間帯限定のイベントを発生させることが出来たり、クマのぬいぐるみから入手出来るアイテムによって一定の時間帯限定ゲームを有利に進める事ができる。
    • 時計機能は故意に弄ることが可能なので、好きな時にイベントを意図的に発生させたり狙った時間帯でゲームを有利に進めることが出来る。
    • イベントの方も深夜の学校や洞窟にいる願いを叶えてくれる妖精(?)などイベントはGBの割に結構豊富。
  • バリエーション溢れるバトル
    • 基本的には1対1のバトルが中心なのだが、中にはロボポンの性能を生かした「バトルジェネシス5」と呼ばれる5つの戦闘方式があり、どれで戦うかによって戦闘方法は以下のように変わる。
      • 攻撃力を競い合うパンチャー、防御力を競い合うシールダー、CPUの性能を競い合うスピーダー、素早さを競い合うジャンパー。そして従来のバトルであるバトラーがある。
      • 上記のバトルはミニゲームだけでなく本編でも必ず絡むバトルであるため、対策を怠ると痛い目にあう。(特にスピーダー)
  • ロボポンの売却、4段階進化など本家ポケモンにはない仕様も多い。
    • とくにロボポンが売れるのは大きく、うまく活かせば金欠とは縁がなくなる。
  • 通信対戦ではゲームクリアしている場合、タイトルマッチを選ぶことが出来る。
    • 互いのウイニングローレル(チャンピオンベルト)を賭けて戦い、負けた場合はウイニングローレルが剥奪されるというガチンコバトルが楽しめる。*1

評価点

  • 時代を先取りした赤外線通信機能
    • 当時は通信ケーブルが無いと通信機能を楽しむことが出来ず、ケーブル自体も子供には手が出しづらい価格であるため買えない子供も多かった。
    • このソフトは赤外線通信機能が一体化しており、通信による交換・対戦はもちろんのこと、メールのやり取りやTV等のリモコンを浴びせてイベントをおこす「リモコンシャワー」という機能が搭載されている。
      • リモコンシャワーに対応した宝箱から異なるアイテムやロボポンが入手出来るので、様々なリモコンで入手出来る物を確かめたプレイヤーも多いだろう。
      • また、会社を増設していくとロボポン1体につき1回だけリモコンシャワーを浴びさせることができる。ロボポンのタイプが変わる他、中には特殊な進化をするものまでいる。
    • 余談だがこの機能はロボポン特有のシステムではなく、ハドソンが開発した『GB KISS』のシステムを流用したものだったりする。

問題点

  • ストーリーがどこかおかしい
    • 父親は出張、母親は遠方のスーパーへ買い物に行くということでゲームクリア間際まで登場しなくなる。単にフェードアウトさせるつもりなら最初からいなければいいのでは…
    • 残された祖父は、主人公である孫を見かけ、名前を教えた後に唐突に会社経営を主人公に任せてしまう。FC時代のゲームでもできていた「納得いく理由や解釈」といった描写は、少なくとも作中では一切なされていない。
    • その後、主人公はグレイテストという強いロボポン使いの称号を得るために各地のグレイテストを探し回るのだが、ぶっちゃけグレイテストと会社経営は一切関係無い。
      • グレイテストになる理由も、ロボポンを悪用するガキ大将をグレイテストにさせないために戦い、その後は成り行きで更なるグレイテストを目指すというストーリーに繋がりの無い展開となっている。
      • 同様に「図鑑完成」と「ポケモンリーグ制覇」という二つの目標が存在するポケモンでも、先へ進み新たなポケモンを見つけるためにはジムバッジが必要、ジム内のアドバイザーやジムリーダーに「それだけ強いならポケモンリーグ制覇を目指してみると良い」と言わせるなど、最低限の誘導と関連付けはしていたのだが…
      • タモリはタル氏によるコミカライズでは、会社経営については「祖父が主人公を言いくるめて借金まみれの会社を押し付けた」という設定になっており、グレイテストを目指すのは「グレイテストになれば会社の知名度が上がり、結果仕事の依頼が増えて商売が繁盛する」という解釈がある。
        当初はグレイテスト7になれば仕事も増えると考えていたが、念願のグレイテスト7になっても一向に仕事が増えず、仲間から「1位ならともかく7位なんて名前覚えられてると思う?」とツッコまれた結果、グレイテスト1を目指すという内容になった。
  • 登場人物もどこかおかしい
    • 常識人が本当に数えるぐらいにおらず、大半の人物(NPC含めて)常識人とは思えない思考や言動を持っている。
      • 対戦相手の台詞が「もうやってらんねー!」「カサッカサカサカサ!」と会話になってない。こうした台詞の後に「たたかってみる?」の選択肢が出る様は何ともシュール。
    • 杖を振り回している老人、先生のはずなのに買い物袋を持ったおばちゃん、プリン型の宇宙人とグラフィック面でも正常には見えないキャラデザが目立つ。
      • 挙句の果てにはカトちゃん頭でパンツ一枚のおっさんが幼児体型の天使という、誰が得するんだとしか言い様のないキャラもいる。
      • とある町の住民が、「このゲーム」や「家の物は持ち出しても問題無い法律」といったRPGにおけるメタ発言をしている。もう世界観なんてあったもんじゃない。
    • ボスキャラであるグレイテストも公共電波を使って視聴者を洗脳させ偽りの人気を得ているアイドルや、私設軍で一部の町を占領して世界征服を企むオカマ軍人等、常人がほとんどいない。
  • 一方で主人公はまとも…というわけでもなく、やっぱりおかしい部分がある。
    • 主人公は基本的に無口だが唐突に喋ることがあり、かと思いきやすぐ沈黙する。プレイヤーを主人公になりきらせたいのか、それとも主人公のキャラクター性を主張したいのかよくわからない。
      • 一人称が「僕」である辺り、大人しい性格…と思いきや、入り口のないビルに篭城してるグレイテストをそこから追い出す手段として海底都市にある様々な爆弾を複数個使って発破解体という想像の斜め上の行動をとっている。
      • コミカライズ版では一人称が「オレ」になり、大人しいどころかかなりアグレッシブで沸点も低い熱血主人公へと変貌を遂げた。借金まみれの会社経営事情もあって金にがめつく(それでも人情には厚いが)、社員のロボポン達にも「行き当たりばったり」と苦言を呈されているが人望はある。
  • ロボポンのデザインが基本的に酷い。イラストも貧相。
    • ポケモンの差別化なのかは分からないが、基本的にまともなデザインより変なデザインのロボポンが目立っている。
    • 見た目そのまま便器の「ベンザー」や、スプレー缶が放屁している姿の「ブブッパ」、どう見ても排泄物の「ゼリクソン」など。
      • その中でもずば抜けて問題なのが、あからさまに男性器がモチーフの「フランク」*2。更に、フランクを育てて進化させると臀部そのままな「ケッツ」となり、更に進化させればニューハーフをモチーフとした、その名も「ヌーハーフ」となる。…どうしろと。
    • 進化するロボポンのラインナップも無駄に不気味。「ロボベビ」は目付きが悪いし、その進化系である「キャリアン」に至ってはサラリーマンに襟巻きを付けたような「本当にロボットか?」と思わせるようなデザイン。最終形態はハゲオヤジの頭部に足を生やしたその名も「パパ」。
    • 「オネダリ」は幼女のような可愛いデザインだが、それが篠原ともえのような姿に進化する「ピノラー」や、最終進化の「ブチャイコ」は本当にブサイク。また、同じく幼女の姿をした天使型の「エンジェル」、その進化系であるシスターのような姿の「テンジェル」まではいいのだが、最終形態はなぜかパーマをかけた中年おばさんのような「ヘンジェル」。丹精込めて育てたプレイヤーに一体どういう感情を持たせたくて、このような進化後の姿にしたのだろうか?
      • 更にいえばエンジェルはゲーム開始時にヘッド博士から特定の誕生日に合わせることで手に入る初期ロボポン。序盤に手に入るということで愛着持って進化させたプレイヤーにはトラウマになった人もいたはず。
      • また、進化系が全く予測出来ないのも多い。見た目がウイルスを連想させる「キュータ」の進化系がマラカスを持った陽気なマンボウ型の「ウーマンボ」。データファイルを読んでも、両者の接点はこれっぽっちも見当たらない。
      • 女子高生(コギャル)→レースクイーン→お婆さんなんて進化もある。いくらなんでも年齢が飛びすぎである。しかも追い討ちとばかりに、最終進化はソフト・パーツが取り替えられないブート族。途中で進化を止めるプレイヤーは当然続出した。
      • 予測出来ないのが逆に面白いと感じるプレイヤーもいるにはいる。とはいえ、関連性が薄い、若しくはどこにも無いキャラを進化に関わらせるのは流石にどうだろうか。
    • まともなデザインのキャラクターの中にも、明らかに他作品のキャラをネタにしたかのようなデザインが見られる。
      • 「マン」「シンマン」「マンセブン」「マンタロウ」は明らかに心優しき光の巨人達を連想させるデザインをしているし、ボクサー型の「グッシー」に至っては具志堅用高を完全にオマージュしている。「ストーン」はもう言い訳不能レベルでポケモンの「ゴローニャ」そのまんまである。
    • 高難易度ダンジョンでクリアすると手に入るレアロボポン「ボルボット」「クラゲルゲ」も、ヒトデやクラゲを元にしたデザインだが、ハッキリ言ってレアキャラとは言いがたい陳腐なデザインである。
    • 擁護しておくとちゃんとしたロボポンもいる。胴着姿の格闘家をモチーフとした「ハオウ」や、ペガサスをモチーフとしており見た目も愛らしい「ペガシオン」など。スーパーロボット然とした造形に黄金・白銀のボディが眩しい「ゴールドン」「シルバーン」系統は格好よさと性能を両立しており人気が高い。
      • 進化についても、先述の「ペガシオン」がユニコーン型ロボポンから進化するといった比較的順当なものもある。
  • 初期入手のロボポンのバランスが非常に悪い
    • SUNバージョンは漫画版でもおなじみの「ロボまる」が初期入手なのだが、グレイテスト7攻略後に行けるダンジョンで野良でぽんぽん出てくる。基本性能も高くなく、進化もしないため、あっという間に2軍行きである。
    • STARバージョンでも漫画に出てくる「タンサン」が初期入手となる。こちらは野生ではほぼ見かけない上2段階進化する。2段進化することもあり性能はそこそこ。さらにアーム族なのでパーツ・ソフトの交換が可能なため、しっかり鍛えれば終盤でも十分に一線で戦える。
    • MOONバージョンではパッケージの「ミクロ」…と見せかけてブート族の「オトシゴ」が初期入手ロボポン。しかしこのオトシゴ、異常に強い。入手直後から本編終盤クラスのパーツ・ソフト装備済み。ブート族の宿命でパーツ・ソフトの取替えはできないが、そんなことは最早気にならないレベル。序盤の対戦相手なら(CPU性能が問われるスピーダー以外であれば)未進化でも一方的に蹂躙できる。
      • おまけに2段階進化する上、最終進化までの道程も非常に短い。最終形態「ドラゴ」になってしまえば、ラスボスも1対4で4タテできる位の鬼のような強さになる。
      • ドラゴはSUN・STARバージョンでは終盤にとあるイベントをクリアする事で入手可能なロボポン(ポケモンで例えるならメタグロス)である。それが最序盤から使えるというのであれば、バランスが崩壊する様は容易に想像できるだろう。
  • ゲームシステム上の抜け道が多い
    • 最も強く影響を与えてしまうのは、会社の増築で使えるようになる「派遣所」。
      • ポケモンにおける育て屋のようなものだが、最大4体まで預けることが可能であり、設定した時間でロボポンを遠征に出すことが出来る。
      • 鍛えすぎるとボロボロになってHPが1となって帰ってきて、逆に緩くすると何も得られないという散々な結果となる。
      • ただしこの派遣所、序盤で1時間ちょっと預ければ、ほぼ確実にLvが上がるという抜け道がある。
      • 「1時間もかかるのか…」と思いがちだが、このゲームは意図的に時計を弄ることが可能であるため、時間さえかければ最序盤でLv99も不可能ではない。
  • ロボポンの進化に必要となる「エネだま」が簡単に集まるので進化させやすい
    • エネだまは100~200個集めて研究所にて進化させることが出来るのだが、対人戦では必ず最大数の10個手に入ってしまう。
    • 更に序盤はグレイテスト7戦までにビスコの子分2人(再戦あり)先生7人、地下ダンジョン3~4人にライバルのビスコ(前哨戦)と戦ってしまう。
    • 更に序盤のタイムイベントでエネだま入手率2倍のアイテムがあるので、これを使えばあっという間に序盤ロボポンが最終進化してしまう。
    • ダメ押しに最初の町では隠し通路さえ見つければ、使うことでいきなり進化できるようになる「かくしコマンド」なるアイテムまで入手可能。
  • ソフトの組み合わせで様々な技が使えるが、逆を言えばどんなロボポンでも似たり寄ったりなことが可能になる。
    • お手軽かつ強力なのが、サンダー+アクアの組み合わせで使える「ショート」
    • この技の追加効果はサビだが、その効果はダメージを与える上に一定確率で行動出来なくなる。
    • 登場する技や状態異常は豊富なのだが、いかんせんそれより強い状態異常技が作れるために使う技が限定されてくる。
    • そもそもこのゲームのタイプがポケモン並に多く複雑であり、その割に相性が解説されず、ボンボン本誌や攻略本・サイトが無いとまず知る由もない。
  • ロボポンにも様々な属性があるのだが、中には弱点が存在しない「かみなり」属性がある。(ポケモンで例えれば初代エスパータイプ)
    • 更に1体のロボポンにつき1回だけだが、リモコンシャワーを使用してタイプを意図的に変えることが可能。結果として相手の弱点を突くという戦法がやりづらく、パワーゲーや状態異常ゲーになりやすいため戦略性に欠けてしまう。
  • 「カスタムロボポン」の存在
    • 「ガールズ8」という8人の女性たちとロボポンを次々交換していくイベント(俗に言うわらしべイベント)があるのだが、これをこなしていくと最後にカスタムロボポンという強力なロボポンがもらえる。
    • このロボポンは前述のドラゴと同等かそれ以上の強さを誇り、入手後はほぼ全ての敵に対してこれ一体でのごり押しが可能になる。ブート族のためパーツ・ソフトの交換はできないが、最初から最強レベルのパーツ・ソフトを装備しているため何の問題もない。わらしべに必要な最初の1体さえ入手してしまえば後はただ作業的に交換していけばいいので、多少の手間はかかるが難しい内容ではない。
    • 「クリア後のおまけ要素」等であればさして問題はないのだが、あと3つグレイテスト戦が残っている段階で入手できてしまうため、その後のゲームバランスは完全に崩壊する。「じゃあ使わなければいい」と言われれば確かにそうではあるのだが…*3
  • 基本的に捕獲したブート族は使い物にならない
    • ブート族は基本性能は高いものの、パーツやソフトを付け替えることが出来ないために途中で戦力外になりやすい。
    • 特に序盤で捕まえるブート族はパーツ性能が低く、使えるソフト技も1つだけ…と、余程のこだわりでもなければとても終盤までは使えない。
      • そのため、ブート族は最初から性能が高くて強力なパーツやソフトが搭載されていることが多いイベント入手用ロボポンという扱いに近い。
    • 一応、進化によって最終的に別の種族に変わるロボポンもいる(最終的にアーム族になる「ゴールダー」「シルバード」等)ため、全く使えないといったことはない。
  • 捕獲率に関わる「磁石」や性能に関わる「ソフト」に性能差がほとんど無い。
    • 1つ3000Gもする電磁石でも捕まえられないロボポンが、1つ20Gの棒磁石でも普通に捕まってしまう。
      • 物量作戦でいけば棒磁石の方がコスト的に優れている。電磁石が有効なのは「自爆する可能性のあるロボポンを高確率で捕獲する」場合位か。
    • ソフトの性能も、Lv1ソフトによる攻撃とLv4ソフトの攻撃で大差がほとんど無いことが判明した。
      • Lv4ソフトは値段も消費ENも高いので、こだわりが無いならLv1ソフトを常に使い続けた方がお得という話になる。
      • MOON版序盤で手に入るドラゴがこの弊害で燃費が悪い。ENが尽きると必ず後攻な上、威力も低いアタックで攻めざるを得ないので、EN回復アイテムの複数購入が必須になってしまった。
  • セーブデータ保存に使う電池の問題。
    • 地味ながら痛い問題点。どういうことかというと、本作のセーブデータ保存に使われる電池は時計機能のそれと共通のため、結構あっけなく電池切れを起こしてしまうのである。
    • 電池の寿命がどれくらいかと言うと2ヶ月保てばいい方。『ポケモン金・銀』の電池寿命の10分の1以下である…。
      • ただしポケモンと違って自力で電池の取替が可能なので、電池切れによってデータが消える心配が少ないというメリットはある。定期的にゲームを起動し電池残量を確認するという作業を億劫に思わないのであれば、育てたロボポンのデータを半永久的に保存しておくことも理論上は可能。
  • 強すぎるポケモン臭。
    • 特にフィールド画面などまんまポケモンと言われても納得できるぐらいそっくり。
    • 「ロボットポンコッツ」、略して「ロボポン」…「ポケットモンスター」、略して「ポケモン」となにが違うのか。
      • 主人公の部屋のTV画面を見ると「TVアニメ ロボポンが放映されている!」とやたらポケモン人気を意識している。ちなみにロボポンのアニメ化は、コミカライズされていたコミックボンボンが休刊した現在でも実現していない。
      • 実は企画自体は存在していたのだが、様々な大人の事情でお蔵入りとなってしまった。詳細はタモリはタル氏のTwitterにて語られている。

総評

当時のポケモンフォロワーの宿命か、ポケモンの影響が強く残っており、更には賛否分かれる部分や作りの粗い箇所も目立つ。
本作はコミカライズの影響が強く響いた作品の一つであり、もしコミカライズが無ければ続編も生み出せずマイナーなゲームの一つとして終わっていただろう。
しかしながらポケモンより先にワイヤレス通信を導入したりする等、新システムの先駆けとして携帯ゲーム業界に貢献した部分も多い作品である。


余談

  • コミックボンボンにて本作のコミカライズが連載されていた。
    • 本編中で所々見られるちぐはぐな部分については、筆者のタモリはタル氏によって見事なまでにストーリー補完がなされている。
    • ゲームでは救いようが無かった人物も好意的に解釈されており(前述の公共電波で洗脳してファンを増やしているアイドル「アムロン」も、人気アイドルとしてのプレッシャーによる犯行だったがロボまるに説得されて改心し、その後ロボまると親密な関係になる、など)、唐突な展開についても納得のいく様に上手くストーリーを繋げている。一部本編設定からアレンジされた内容や独自設定もあるが、概ね違和感の無い内容になっている。
    • 登場キャラに関しては女性キャラ(ロボ)が基本的に巨乳(ヒロインのロルに至っては超乳レベル)と賛否が分かれるところがあるが、ロボットに関しては好意的なデザインにアレンジされている。
    • 中でも「ノロイダー」はゲーム中では無表情で不気味なマスクを被った、正直率先して使おうとは思い難いロボポンだが、漫画での性格は紳士的で実力もあり、それを裏付ける特訓シーンもある。漫画の影響でノロイダーのファンとなったプレイヤーも多いだろう。
      • これらの功績が評価されたのか、直接的な続編である『2』に登場するロボポンにはタモリはタル氏によるデザインが多く取り入れられている。
      • 基本的にゲームのコミカライズは高評価の作品が多いのだが、同誌には史上最凶のRPGが存在していたことを記述しておく。
  • 当初の企画では、よりロボットらしいデザイン中心であったことが関係者のTwitterで明かされている。何故その方針を貫かなかったのか。
  • コミカライズに出てきた「オーバードライブ」等のオリジナル設定は、GBA版の続編『2』に逆輸入されている。
  • コミックボンボンに連載されていたサイボーグクロちゃんとタイアップしており、ある条件でクロちゃんがロボポンとして使える。
    • その後、ボンボンとの提携でイベントの追加や一部ロボポンデザインをコミカライズ版に合わせたボンボンバージョンが通販で発売された。当時連載していた『サイボーグクロちゃん』や『へろへろくん』がゲスト出演している。
    • ボンボンバージョンは後にMOONバージョンとして一般販売。こちらは世界観をゲームに合わせた再アレンジ版。
      • MOON版では64版でしか出て来なかった追加ロボポンの一部がデータに入っており、実際に使うことが出来る。
  • ロックマンのボスキャラのようにボンボン読者を対象としたオリジナルロボポンのキャラ公募が行われた。採用者はEDのスタッフクレジットに記載されている。
  • 2016年11月に発売されたポケモンの新作のタイトルが『ポケットモンスター サン・ムーン』であり、奇しくも本作と重なるバージョン分けが採用されている。Twitterを中心に本作を思い出した元ボンボン読者も多かった模様。