ザ・ブルークリスタルロッド

【ざ・ぶるーくりすたるろっど】

ジャンル アドベンチャー
対応機種 スーパーファミコン
メディア 16MbitROMカートリッジ
発売元 ナムコ
開発元 ゲームスタジオ
発売日 1994年3月25日
定価 9,800円
判定 なし
ポイント バビロニアンシリーズの最終作はなんとADV
やや理不尽な足止め
どちらかと言えばファンアイテム
バビロニアンキャッスルサーガシリーズリンク


概要

『バビロニアンキャッスルサーガ(BCS)』のエピソード3として発売されたアドベンチャーゲーム。
RPG風のアクションゲームとして話題になった『ドルアーガの塔』及び『イシターの復活』の続編にあたり、その最終章でもある。
正式なタイトルは『 Destiny of GILGAMESH(ギルガメスの道)』であり、原案の遠藤雅伸氏は英字タイトルからDOGと呼んでいる。
マルチエンディング制を採用しており、その結末は様々。

ストーリー

バビリム王国王子ギルは魔物ひしめくドルアーガの塔に挑み、大悪魔ドルアーガを討ち果たしてブルークリスタルロッドを奪還すると共に、
囚われていた恋人・イシターの巫女カイを無事救い出し、共に力を合わせて主を失って崩れ行く塔からの生還を果たした。
そしてブルークリスタルロッドを天界に返上するため、天界に登る資格を得るための試練を受けるべく新たな旅に出るのであった。

特徴

従来シリーズからがらりと変わり、アクション性皆無の純粋なアドベンチャーゲームとなっている。 主な舞台となるバビリムの街を中心として、北・南・東・西にそれぞれイベントの発生するポイントがあり、どのような順番で巡ったかによってエンディングが変わる仕組みになっている。エンディングに到るには少なくとも3つのポイントを巡る必要がある。

そのエンディングは実に48種類あり*1、バリエーションも豊富*2である。

大量の結末が用意されているが、遠藤氏の意向によりいわゆる正解は存在しない。内容自体はハッピーからバッドまで多種多様だが、全てのエンディングは等価値であり、どれがバビロニアンキャッスルサーガの正当な結末たりうるかはプレイヤーの意思に委ねられている。

問題点

  • 3DダンジョンRPG風の移動画面だが、ギルたちは常に北向きで移動しているため、この手のゲームに慣れていると逆に混乱させられる。
    • またギルにはパラメータが設定されており、イベント中での行動いかんによって上下するようになっている。
      しかし本作でのストーリーはあくまで「ポイントをいくつ、どういう順序で巡ったか」により分岐するため、パラメータは話の内容に全く関与しない。
      • ただし、特定のパラメータを変動させていなければポイントに関するヒントがなかったり行くことさえ出来なかったりし、特定の障害を突破するための方法が変化することもある。
      • なおパラメータは高ければいいというものでもなく、上げ過ぎたせいで却って道が塞がることや、下がってないと道が開けない場合もある。
        ただどちらにしろ何をどういじれば道が開けるか、のヒントはかなり少ない(皆無とは言い切れず、女神イシターとの問答に答えが隠されている可能性もある。例えば「正義を信じられなくなりましたか?」と聞かれた場合「正義」のパラメータをわざと下げると道が開ける。)。
    • ちなみにパラメータ操作が必要なストーリーについては、チュートリアル役の人が「プレイヤーが望むような展開になるとは限らんぞ」とわざわざ釘を刺してくれるとおり、変な話になりがち。
  • 結局突き詰めると「4択→3択→2択→2択で選択肢が4つ」ということになってしまい、結末の豊富さに反してゲームの過程は薄味と言える。
    そのわりに、途中で迷路やら無限回廊やらをおき、ゲームらしいところを出そうとしていてちぐはぐな感がある。
    • ナムコクイズを出してくるNPCがいるので、そっち方面で楽しむという手もあり。しかしそのクイズもそれほど問題数が多くなく、内輪ネタの強いきらいがある。

評価点

  • タイトル画面で「プロローグ」を選択すると、以下の『バビロニアンキャッスルサーガ』の歴史を振り返ることが出来るため、シリーズ未経験者でも安心。
    • …ただし、シリーズのファンでもないと得しないくらい微妙なゲーム内容のため、実際にはおさらい目的で使われていると思われるが。
  • 嵐の神ラマン、炎の神ガールー、黄泉の神ナーガル、天空の神アヌ…といった、過去作品ではほとんど触れられてなかった人物が一斉に登場し、シリーズの世界観がより深い形で描かれている。
    • 旧シリーズ以来の人物でもサキュバスはPCエンジン版の設定を踏襲し、悪魔ながらギルに味方した人物として登場する。
    • またPCE版で初登場したアンシャーはバビリムが戦争で滅ぶきっかけを作り、また復活したドルアーガを倒すべくギルをけしかけた、いわばBCSシリーズの黒幕という立場を与えられた。なおこれに伴い『イシターの復活』のラスボスであったアキンドナイトは、アンシャーの手駒として設定しなおされている。
    • いずれにしろ、彼らは話の進行によって物語に果たす役割が大きく違ってくることになる。遠藤氏が「マルチエンディングではなくマルチストーリーを目指した」と語った所以であろう。
      • 最も極端な例は初代以来の悪役であるドルアーガ。ある時は天界への旅を手伝ってくれるいい悪魔(?)になっていたり、またある時はギルに逆襲する機会を耽々とうかがっていたり、この世の真実を見つめよとギルを諭す役になってたりと全然違う。彼ほど極端ではないが他の神々も然り。
  • グラフィック
    • シリーズ通してのデザイナーである篠崎雄一郎氏の手によるキャラクターデザインを踏襲した温かみあるデフォルメタッチの絵で統一されており、美麗に描かれている。

総評

シナリオにより難易度差はあるものの、慣れてしまえば1周20分程度(短いシナリオならそれ以下も充分可能)しかかからないため、マルチエンディングといってもうんざりしたくなるほど苦労はしない。
しかし今までのシリーズと毛色が違いすぎる上にエンディング以外のやりこみ要素がゼロに等しいため、BCSファンを困惑させてしまった。
9800円の高値に見合う内容とは言い難いが、マルチエンディングの多様性は評価できる点であろう。生みの親である遠藤氏は後に「ブルークリスタルロッドこそが本当の意味でのマルチエンディング制である、と今でも信じている」と発言している。ハードの性能がそれを表現するには力不足であったことが悔やまれる。

余談

  • 操作方法やゲームの目的を教えてくれる人がいるが、彼の話を最初から最後まで聞くと、おまけで説明書には記載されていないRボタンの使い方を説明してくる。
    • しかし、その内容が「ゲームがほぼ完成したというのに、中村光一氏の要望で急遽入れることになった」という、どこか穏やかではない裏話となっている。
  • 後にドリームキャストの『シェンムー』を見た遠藤氏が「本作と似たようなことをしようとしてる」と思ったらしい。 参考リンク
  • 後に作られたアニメ版「ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~」の世界設定は、本作のエンディングの一つ「偉大なるウルク王伝説」から取られていることを後に遠藤氏が語っている。
    • さすがにエンディングの設定そのままではなく改編されているようだが、アニメをより楽しんでみるためには、少し役に立つかもしれない。