くにおの熱血闘球伝説

【くにおのねっけつどっじぼーるでんせつ】

ジャンル アクション
対応機種 アーケード(MVS)
発売・開発元 テクノスジャパン
稼働開始日 1996年頃
※ただし海外のみ、日本未発売
プレイ人数 1~2人
判定 なし
ポイント テクノスジャパンの遺作
海外では発売されるも、日本では発売前に倒産したため幻に
格ゲー色の強いドッジボール
不謹慎すぎるラスボス
くにおくんシリーズリンク


概要

テクノスジャパンがMVS用に開発した、ドッジボールを題材としたゲームでくにおくんシリーズのうちのひとつ。
なお、本作は海外では発売されたが、国内ではアミューズメントマシンショーに出展はされていたものの、発売前にテクノスジャパンが倒産してしまったために未発売となっている。
英名は『SUPER DODGE BALL』で、これは1987年にアーケードで稼働開始した『熱血高校ドッジボール部』のそれと同じである。
設定や登場人物は「熱血硬派シリーズ」寄りであり、絵柄やキャラのグラフィックも「ダウンタウンシリーズ」以降基本となっていたコミカルにデフォルメ化されたデザインではなく、熱血硬派らしいリアル調のデザインとなっている。


ゲームについて

基本的なルールは熱血高校ドッジボール部などと同様。
それ以外の点で大まかな概要を説明する。

操作方法について

※「攻撃時」はボールを所持している状態で、「防御時」はボールを所持していない状態を指す。
※レバー操作に関してはプレイヤーが左側コートであることを前提とし、右側コートである時は反対になる。

操作 攻撃時 防御時
レバー8方向 入力した方向に移動
レバー右に2回 ダッシュ
レバー左に2回 バックステップ
Aボタン シュート キャッチ
Bボタン パス ドッジ(避け)
Cボタン ジャンプ
Dボタン フェイント*1 挑発
A+B+Cボタン
同時押し
パワー溜め

必殺シュートについて

必殺シュートが過去作と異なり、ダッシュの歩数やジャンプ中の特定タイミングによってではなく、格ゲーのようなコマンド入力で技を繰り出すのが特徴。
更に、ダメージを受けたり与えたり、任意でパワー溜めをする事で対戦中の画面下部にあるゲージが溜まり、ゲージが最大になっている時にコマンドを入れることでメンバー全員による合体攻撃を繰り出すことが出来、それを命中させることが出来れば当たった敵メンバーひとりに一撃必殺に近いほどの大ダメージを与えることが出来る。
ただし、合体攻撃は各チームのリーダーに当たるキャラクター(くにおやりきなど)でなければ発動させることが出来ず、初期状態でお供にいる2名は合体攻撃を発動出来ない。

必殺シュートのコマンドについて

本作では技を使う上で使用するコマンドが固定されている。
以降では便宜上それぞれのコマンドをA~Eと表記する。
このコマンドも上記操作同様に左側コートである時のもので、右側コートの時は入力するコマンドが反転する。
なお、レバー入力はテンキー表示とする。

種類 コマンド 内容
A 623+A キャラクター固有の必殺シュート。お供キャラクターはこの必殺シュートしか持たない。
B 236+A キャラクター固有の必殺シュート。各チームのリーダーのみが使用出来る。
C 防御時に623+A ボールが来るタイミングに合わせて使うことでボールを跳ね返すカウンター技。全キャラクター使用可能。
D ゲージ最大時に641236+A チーム全員での合体攻撃。チームリーダーのみ発動可能。
E 623+B 味方にパスを回し、受け取った味方が強力なシュートを繰り出す連係攻撃。全キャラクター使用可能。

対戦ルールについて

各チームメンバーは3人で、先に3人全員がアウト(体力が0)になったチームの負けで、対戦は1本勝負となっている。
また、対戦には制限時間があり、時間内に決着が付かなかった場合はメンバー全員の合計残体力の多いチームが勝利となる。

その他

対戦開始時点では外野にキャラクターはおらず、対戦中にアウトになったキャラクターが外野に出てそのまま外野を担当することになる。
従って、外野の外れにボールが行ってしまって誰も拾えないという状況に陥ることもあるが、その際はコートに立っている審判がボールを拾い、改めてジャンプボールで仕切り直しになる。
それ以外にも一定時間自コートや自チーム外野にあるボールを拾わずに放置していた場合も同様に審判がボールを拾いに来て、拾われてしまうとまたジャンプボールで仕切り直しになってしまう。

なお、外野に出ていても必殺シュートは問題無く使用することが可能となっており、合体攻撃を行う時は一時的に内野に復帰して技を繰り出し、その後でまた外野に戻ることになる。

ボールをキャッチした後、自チームの内野・外野のパス廻しを続けて一定時間内に相手の内野に投げ入れなかった場合はファールになり、相手チームのボールになる。


キャラクターについて

下記の7人がそれぞれリーダーとなるチームから、1つを選んでプレイする。

キャラクター 概要
くにお シリーズの顔である白ラン熱血硬派。OPデモや勝利リザルトではいつも以上にリアルでかっこいい顔を拝める。
りき くにおの永遠のライバル。日本語版ではくにおチームに勝つと「いつでも主役交代してやるぜ!」とメタ発言したりも。
しんじ 第1作2面ボスの暴走族のヘッド。第1作とは違いリーゼント・鉢巻き・特攻服のいかにも暴走族な格好*2
みすず 第1作3面ボスの怪物スケバン。ただし今回はディスコ通いのダンサー風の格好。日本語版では口調も女っぽくなっている。
さぶ 第1作ラスボスの暴力団組長。スーツ姿ではなく極道・任侠といった感じの和装で、体格もやや筋肉質に。
ケンジ 本作オリジナル枠その1。上半身裸で身体中に養成ギプスを着けた少年。
みゆき 本作オリジナル枠その2。ピンクの髪を二つに結った女の子*3

リーダーキャラクターとその技

本作に登場するリーダーキャラクターとその技についてまとめる。
A~Eは上の必殺技のコマンドに対応した技となっている。

キャラクター名 A B C D E
くにお 熱血ナッツシュート 熱血ローリングショット 熱血カウンター 熱血ロイヤルストライク スペシャルパス
りき スカイラークショット マッハシュート 花園カウンター バーニングアッパー
みゆき メガウェンディーズ マウスフラッシュ マウスリフレクト ラブメリーゴーランド
ケンジ マッスルキラー ロイヤルガストシュート フィストカウンター フレンドリーローリング
しんじ バリバリローリング ロリロリローリング シャープフリップ バリバリツーリング
みすず 百貫ラブ セクシィインザスカイ コングリフレクト ダイナミックヒップ
さぶ 仁義ウァール やくざファイア やくざリフレクト 任侠エクスプロージョン

その他キャラクターについて

各チームには初期状態でリーダーの他にお供が2名付くが、敵チームと戦い、勝利した時にプレイヤーの任意でその勝利したチームのリーダーを仲間に加えることが出来る。
最初の2名はお供と入れ替えになるが、3回目以降敵リーダーを仲間に加える時は先に仲間に加えたキャラクターと順次入れ替えとなる*4
勿論、仲間に加えたキャラクターも合体攻撃を発動させたり、コマンドBの技を使用することが出来る。

また、上記キャラクターの他にプレイヤーが使用することの出来ないキャラクターとして「D.B.MAOU*5」というキャラクターがいる。
これは本作のラスボスとなっている。


問題点

基本的な難易度が高い

  • デフォルト設定だと序盤から本気で殺しにかかってくると言っても過言ではない位の強さとなっている。
    • それでも最初の2ステージ位はまだなんとかなるのだが、それ以降のステージは各種必殺技やカウンター技などのテクニックを的確に使いこなせなければ、まず勝つことは不可能と言える難易度である。
      • 筐体レベルが1~2位であれば、最低限必殺技を上手く使えればどうにかクリアを目指せる。

不謹慎なパロディネタ

  • 前述した「D.B.MAOU」に関して、このキャラクターは1回体力を0にしてもアウトにならず、第2形態に移行するのだが、その姿がどう見ても麻原彰晃*6*7
    • 更にはラストステージの背景が巨大な仏像の前でボールを持ちながら何度も土下座をする信者、コートに書かれているものが仏教を連想する絵である為、明らかにオウム真理教が元ネタのパロディである*8
    • 本作が海外で発売された1996年頃と言えば、日本では麻原率いるオウム真理教による「地下鉄サリン事件」が1995年に起きたばかりの頃であり、いくら何でも不謹慎すぎると言わざるを得ない。
      • 実際はテクノスジャパンの倒産の煽りで日本では未発売だったのだが、一部で「このキャラクターのせいで日本では発売出来なかった」という噂がまことしやかに囁かれた程。
+ 第2形態撃破後のエンディングは…
  • 本作の一件は、「D.B.MAOU」が将来有望になるであろうドッジボール選手を潰す為に開催した裏大会であった事が判明する。
    • 「D.B.MAOU」は元々ドッジボールのスタープレイヤーであったのだが、それ故の驕りもあったのか、試合中の自身のミスから生じた事故で妻を喪い、その事に対する絶望から生じたドッジボールというスポーツそのものへの憎しみから今回の一件に至っている。
    • ゲーム中の全ての試合は、1人の審判の少女によってボールトスが行われていたが、この少女は彼の娘だった事が明らかになる。
      • 最後は娘の説得もあり改心し、「次はクリーンな大会を開催する」と約束し去っていくという、上記のパロネタとは裏腹に落ち着いた内容になっている。

非操作キャラクターの扱い

  • 非操作キャラクターは操作キャラクターを追従するように元々のフォーメーションを崩さないように動くのだが、操作キャラクターに合わせてくっついてくるだけであり、それ以外に何かすることがないため、何かしらのシュートの巻き添えを食いやすい。
    • 一応、シュートは両チーム共に操作キャラクターを狙うようになっているが、合体攻撃などを移動で回避しようものなら、大抵の場合は非操作キャラクターが巻き込まれて直撃を受ける。
  • それ以外にもボールが自コートにあり、操作キャラクターがダウンしていてもボールを拾うといったこともせずに棒立ち(あくまで操作キャラクターを追従するだけなため)になるため、そのまま審判にボールを拾われて反撃のチャンスを潰されてしまうことも。

評価点

最低限ドッジボールの体は成している

  • 一部の必殺技や合体攻撃がもはや直接攻撃の跳び蹴りだったりヒップアタックだったり等々、「ドッジボール…?」と言いたくなるところも多々あるが、少なくともボールがなければ出来ないアクションで、かなり好意的な見方になってしまうがあくまで演出を少々やりすぎたということも可能ではある。
    • 後に出たDSドッジのように直接殴る蹴るした方がボールを使って何かするよりも手っ取り早く終わるというのと違い、ボールを使っての対戦という体は辛くも成しており、ボールがない時に殴る蹴るといった暴力行為が出来るという訳ではないので、ケンカドッジボールとして「ドッジボール」を題材としたゲームと一応は呼べる。
      • その辺に拘らなければ、アクションのバリエーションが豊富で楽しめるだろう。

チームエディット

  • 倒した敵チームのリーダーを仲間に出来る要素のおかげで幾分かはクリアも目指しやすくはある。
    • もっとも、これが無いと必殺シュートなどが絶望的に使いづらいキャラクターもいるので非常に苦しいことになるが。
      • 逆に初期状態のまま、しかもお供以外使わないといったプレイも出来たりとプレイのバリエーションを広げる上では一役買っている。

BGMの質が良い

  • これまでの作品でもBGMの評価の高いテクノスジャパン作品だが、本作もそれに漏れず高品質のBGMが用意されている。

総評

デフォルトレベルで序盤から殺しにかかってくるとしても過言ではないほどの高難易度は流石に問題だが、それでもレベルを下げた上である程度慣れてくれば楽しめるゲームにはなっている。
一応、ゲームのコツを掴めればデフォルトレベルもクリア可能ではあり、そういう意味では難しすぎるとまでは言いがたいものの、気軽に楽しめる良作かと言われても非常に困る作品である。

また、難易度とは別にラスボスの言い逃れ出来ないレベルの不謹慎なパロディネタは流石に限度を超えていると言わざるを得ない。

本作は日本未発売のために日本国内ではプレイする手段が極端に限られており、遊べる環境があったとしても筐体設定では大抵はデフォルト設定のため、気軽にプレイを勧められない点もある。
アクションで見れば決して出来が悪い訳では無いのだが、難易度調整などの面がそれを無にしているところがある惜しい作品であると言えるだろう。