※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 11:40:34.44 ID:EyeowwYuO
以前会った方はお久し振り、初めての方は初めまして。
以前新ジャンルと称しSSを書いてたんですが、ちょっと小説の勉強をしたいなと思いました。
で、まずどんな事から始めるべきかなと。教えを乞いに来ました。
よろしくお願いします

2名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 11:40:45.94 ID:tWXcJ5qr0
    __l l  ┌─┐
      /    ┌┘
      \     O
          /\___/ヽ
         /''  '':::::::\
        . |(●),   、(●)、.:| +
        |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|
      .   |   `-=ニ=- ' .:::::::| +
      ,__\  `ニニ´  .:::::/   
     r'"ヽ   t、 ーー /
    / 、、i    ヽ_ ,‐'、
    / ヽノ  j ,   j |ヽ
    |⌒`'、__ / /   /r  |
    {     ̄''ー-、,,_,ヘ^ |
    ゝ-,,,_____)--、j
    /  \__       /
    |      "'ー‐‐---''


3名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 11:40:54.11 ID:QexGQy+l0
いちいち敬語使うなクズ

4名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 11:41:14.50 ID:JIFWc6HN0
 >以前会った方はお久し振り、初めての方は初めまして。

これが何かアレ

5名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 11:41:38.29 ID:jOVruzx50
ぬこの泣き声みたいなIDだな

6名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 11:42:10.83 ID:EyeowwYuO
ごめん、んじゃタメ語で
一応そんときのまとめです~
http://www26.atwiki.jp/everfree/pages/1.html

7名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 11:43:11.77 ID:tWXcJ5qr0
 >ごめん、んじゃタメ語で
一応そんときのまとめです~


 こ れ が 噂 の ゆ と り 弊  害 

9名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 11:48:11.11 ID:vBoTMp5iO
≫1
悪いことは言わん
帰れ

10名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 11:49:38.23 ID:EyeowwYuO
≫9
ん、何故に…?

11名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 11:52:14.64 ID:xMFn3b200
ニーコだ
ニーコがやって来た

で次の作品にはまだ取り掛かっていないのか?
楽しみに待っているぞ

12名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 11:57:19.02 ID:tWXcJ5qr0
≫6のトコに名前「あうあう」でコメントしてやってるから
目通しとけよカス

13名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 12:02:37.90 ID:I/ohGKur0
ニーコを知らない奴がいるのか?
≫2はゆとりか?

14名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 12:13:39.79 ID:EyeowwYuO
≫7
だな

15名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 12:15:12.81 ID:EyeowwYuO
≫11
ありがと。けどとりあえずテスト近いもんで、書き方の勉強だけしたいなぁと。

16名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 12:15:38.41 ID:EyeowwYuO
≫13
知ってる人いて嬉しいね

17名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 12:16:30.35 ID:EyeowwYuO
≫12
テラツンデレwww

18名前:愛のVIP戦士 [sage] 投稿日:2007/02/10(土) 12:29:01.83 ID:xt7onyTH0
ググレカス

19名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 12:40:23.19 ID:EyeowwYuO
≫18
あ、うん…

20名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 12:46:02.25 ID:EyeowwYuO
あげ

21名前:愛のVIP戦士 [sage] 投稿日:2007/02/10(土) 12:53:48.38 ID:xt7onyTH0
≫19
あまりにも反応が素直すぎて逆に引いてしまった。

サイト的には
ttp://www.asahi-net.or.jp/~mi9t-mttn/cstory/index.html
ttp://www.raitonoveru.jp/index.htm
この辺とか
本は
ttp://www.amazon.co.jp/2%E9%80%B1%E9%96%93%E3%81%A7%E5%B0%8F%E8%AA%AC%E3%82%92%E6%9B%B8%E3%81%8F-%E6%B8%85%E6%B0%B4-%E8%89%AF%E5%85%B8/dp/4344980077/sr=1-1/qid=1171079309/ref=sr_1_1/503-5626076-1255100?ie=UTF8&s=books
これとか。まあたくさんあるけど。あとは映画の脚本の書き方系の本とか。

ていうか≫1が何をどうしたいと思ってんのかイマイチわからんけども。

22名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 12:55:43.98 ID:EyeowwYuO
女「あ、あんまり人来ないね」
男「そりゃなぁ。こんなスレタイでこんな内容じゃ来るもんもこないだろ。」
女「う、うん、そうだよね……」
男「お、おい、泣くなよ、俺がなんかしたみたいじゃねぇか!」
女「エグッ、エグッ……」
男「ほ、ほら、ガムやるからさ」
女「……にぱー」
男(単純だなぁ)

23名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 12:57:35.18 ID:EyeowwYuO
≫21
ありがとう~
ラノベになるのかなぁ、書きたいのは
作法とかあったら知りたいなぁって感じだよ

24名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 13:00:22.68 ID:EyeowwYuO
男「なんか、ツンデレが多いね」
女「? つんでれ、って何?」
男「普段はツンツン、たまにデレデレみたいな」
女「ふぅーん。べ、別に男君なんか心配じゃないんだからね!」
男「そうか」
女「う、うん……ふぇぇぇ」
男「な、泣くなよ」

25名前:愛のVIP戦士 [sage] 投稿日:2007/02/10(土) 13:01:51.65 ID:xt7onyTH0
≫23
昔俺がぐぐったとこだから偏ってるかもしれんけど。でも小説の作法(鍵カッコとか段落とか)は
一般でもラノベでもかわらんし。

話の作り方でも基本は起承転結で、それは一般でもラノベでも変わらんのと違うかな。


26名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 13:03:28.56 ID:EyeowwYuO
≫25
ふむふむふむふむ、ありがとう。
超理系で文系センスないけど、物書きは楽しいもんで書こうかなと。
全然基礎がなってないから、助かるよ~。

27名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 13:05:40.03 ID:EyeowwYuO
男「ぬくもりあふれるレスだね」
女「ぬくもりてぃ、ってやつ?」
男「そうだな。よく知ってるな、そんな言葉」
女「べ、別に男君の為に勉強した訳じゃないんだからね!」
男「それはもういいよ」

28名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 13:10:31.58 ID:s9/+orzw0
文才スレで目の肥えた連中に批評してもらえば?

29名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 13:11:09.20 ID:4XaKlyIt0
≫28
お前のIDいいな

30名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 13:13:02.74 ID:EyeowwYuO
≫28
女「文才スレ?」
男「解らなかったら、だよな?」
女「う、うん、『ぐぐれかす』だね」
男「よく出来ました」

31名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 13:16:15.20 ID:EyeowwYuO
≫29
女「なにがいいの?」
男「よくみな」
女「ぇ……ぁー!!」
男「解った?」
女「s9……つまりスネークだね!(Sネー9)」
男「無理やりすぎだろ」

32名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 13:16:59.44 ID:EyeowwYuO
≫28
女「とりあえず書き込みました、ありがとうございます!」

33名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 13:28:09.88 ID:EyeowwYuO
あげ

34名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 13:40:04.85 ID:EyeowwYuO
男「テスト勉強しなきゃいけないのに何やってんだろうな」
女「全くだよ、これじゃ新しいの書いた方が良かったんじゃない?」
男「……今更言うなよ。ヤケに強気だな」
女「あたしだって、それなりに楽しみにしてるんだから」
男「お、おう、頑張るよ」
女「うん」
男(こいつ素でツンデレっぽくなってる)

35名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 14:06:34.57 ID:EyeowwYuO
男「……」
女「どうしたの?」
男「文才スレ、ローカルルール読まなかったんだ」
女「それはいけないねぇ」
男「やっぱ、本やサイトを見て勉強してた方が良かった気がする」
女「そんなのだめ」
男「え?」
女「後悔しちゃだめだよ。失敗を、生かさなきゃ」
男「う、うん」
女「ね?」
男「あ、ありがとう」
女「よかったよかった」
男(こいつ強くなったな)



……なんだこの脳内妄想

36名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 14:50:20.84 ID:EyeowwYuO
オナニあげ

37名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 14:53:46.89 ID:T1Tbu+cD0
≫1
前、世界に二人を書いていた人?

38名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 14:55:01.20 ID:qa0uUBlU0
≫37
そうだ

39名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 14:57:42.51 ID:T1Tbu+cD0
≫38
さんくす

40名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 15:14:21.41 ID:gMnDOHe30
小説書きたいなら描写しろ。
一から十まで読み手に頼るな。
お前さんが書いてるのはVIPだから許される形式だ。SSですらねぇ。

41名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 15:16:47.07 ID:EyeowwYuO
≫37
男「そうだね、覚えてくれてる人がいて嬉しいよ」
女「あの時みんなと雑談しながらアドバイスを乞いたかったんだけど、時間が無くてね」
男「だからこんな感じでスレ立てちゃったんだ。って、女、キャラ変わってない?」
女「ふぇ? な、なにがぁ?」
男「いや、お前口調が」
女「? なんのこと??」
男「んや、いいんだ、うん」
男(いい加減、テスト勉強に集中しろよ……)

42名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 15:18:04.09 ID:EyeowwYuO
≫40
確かにその通りだな……
もちろん、今度書く時は会話だけじゃなく状況描写しようと思うよ

43名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 15:19:54.39 ID:EyeowwYuO
≫38
男「見てくれてる人がいるとはね。意外だよ」
女「むー。恥ずかしいなぁー」
男「そういうな。仕方ないじゃん?」
女「そだねぇー、仕方ないねー。ぶーん」
男「ぶーん」
男女「ぶーん」
友「馬鹿か」

44名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 15:20:15.66 ID:s9/+orzw0
ちょっと小説の形式で書いてみたらどうかね

45名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 15:20:20.63 ID:3V1d06200
MISSION 1

窓から見た風景を描写せよ

46名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 15:21:45.60 ID:NIk8MYth0
そこは雪国でした

47名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 15:23:12.27 ID:s9/+orzw0
澄み渡る空は果てしないほど青く、無邪気な心に満たされ惹かれていった

48名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 15:23:54.52 ID:afZ12Ipc0
とにかく本を読め。
話はそれからだ。

49名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 15:24:56.28 ID:EyeowwYuO
≫40
男「アドバイスされてんのに直さないのな」
女「んー、このスレはちゃんとした話じゃないし、改めて書きたいらしいから、まだこの形式を続けるみたいだよー」
男「ふぅーん、そっか」
女「とりあえずは『二人の世界』を第三者視点で、訂正して書きたいらしいよ」
男「んなの、読みたがるやついるのかよ」
女「んー…まぁ、書きたければ書けば良いと思うな、あたしは」
男「ま、そっか。なんで説明口調なんだろうな」
女「さぁ?」

50名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 15:26:49.31 ID:s9/+orzw0
このスレタイで立ててその反応ってなんなんだお前は

51名前:愛のVIP戦士 [sage] 投稿日:2007/02/10(土) 15:27:32.76 ID:oNivuJJd0
もう気持ち悪いのなんのって

52名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 15:30:32.30 ID:EyeowwYuO
≫45
男はふと勉強する手を止め、窓の外に目をやる。
今日は青空が限り無く広がる、まさに絵に描いたような「晴天」だ。その下、グラウンドでは部活を楽しむ生徒たちが居る。大会も近い。精が入るのであろう、元気な声が響く。



……難しい

53名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 15:32:48.54 ID:T1Tbu+cD0
このスレタイだと、見にくる人はみんな小説で目が肥えてるから厳しいと思うぞ、とマジレス。

私見だが、≫1は新ジャンルスレなんかで自由に書いた方が伸びると思う。
地の文やら会話の整合性やらは、量書かないとうまくならないから……。

世界に二人だけ、はほんとに面白かった。
だから、悪いことは言わん。撤退しておけ。

54名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 15:35:31.24 ID:s9/+orzw0
「精が入る」って使うっけ?

55名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 15:36:05.85 ID:EyeowwYuO
≫50
男は、無言で何かを考え始めた。
「どうしたの?」
心配になった女は男に聞いた。しかし、その声も届かないらしく、男は難しい顔つきのままだ。
「何を考えてるの?」
やっと男は気付く。
「え、なに?」
「いや、難しい顔で何か考えてたからさ」
男は少し考え、答える。
「やっぱり、アドバイスもらったらこのスレから直さなきゃいけないんじゃないかな、って思ってね。>50の言う通りだよ」
女は、ぱぁっと顔を明るくし、答える。
「うん! 頑張って! あたし、応援するから」
男は黙ってうなずき、作業を続けた。

56名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 15:36:37.02 ID:T1Tbu+cD0
精は出るものだな。

57名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 15:38:05.93 ID:EyeowwYuO
≫56
男と女は声をそろえ、こう言った。
「ゆ と り 乙」



まず国語の勉強からだな_| ̄|○

58名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 15:39:54.45 ID:EyeowwYuO
≫53
ふぅーむ……そうか……難しいなぁ。
ただ新ジャンルでもないし、物語だけど小説じゃないし、中途半端だなーって思ってさ……

59名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 15:41:29.91 ID:EyeowwYuO
≫51
なにがだい?

60名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 15:41:41.10 ID:3V1d06200
小説を書くにはまず読むことだってばっちゃがいってた。

なにをどれぐらい読むの?普段は。「

61名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 15:42:52.24 ID:T1Tbu+cD0
≫57
どうせなら、小説を読みまくれ。

分からなかったりや意味があいまいにしかとれない言葉が出てきたら、そのたびに辞書を引く。
んで、脳みその端っこに記憶しておけばいい。

使うときにもあいまいなら調べる。
地味だけれども確実に語彙は増えるぞ。

62名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 15:44:15.25 ID:Bd1CG+BNO
意外と≫61の勉強方は楽しい

63名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 15:44:55.31 ID:s9/+orzw0
ひとたび創作に足を踏み入れるとそこから先は修羅の道、らしいぜ

64名前:53 [] 投稿日:2007/02/10(土) 15:45:22.10 ID:T1Tbu+cD0
≫58
悪いが、このスレだけを見ると詰まらん。
前のスレを見ていなかったらスルーしていたと思うくらいだ。

いっそ、練習の仕方だけ訊いておけばどうかな?

65名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 15:47:21.83 ID:s9/+orzw0
≫1は、VIPのSS職人として身を立てたいのか、そのもっと先に行きたいのかどっちだ

66名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 15:49:10.24 ID:EyeowwYuO
≫60
最近はあんまり読まないんだ……
読んで、キノ旅。たまに横山秀夫の本や、話題の本を読む感じ。厨の時はひたすら色々読んでたけど。
≫64
そうした方がいいね。ありがとう。

67名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 15:50:06.76 ID:T1Tbu+cD0
先を目指すのなら、ぼろぼろに叩かれておくのもいい経験かもなぁ……。

SS職人でいいのなら、自己流を貫いても問題ないと思うけど。

68名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 15:50:27.61 ID:EyeowwYuO
≫65
趣味がないから、これを趣味にしたいと思ってる。
だからVIPでSSが理想かなぁ。

69名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 15:52:52.07 ID:T1Tbu+cD0
≫68
小説SS?

それとも、ブーン小説や新ジャンルみたいな台本形式?

70名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 15:56:28.88 ID:gMnDOHe30
≫45
 雲が見えた。
 のっぺりとした空に点在するそれは今日も気まぐれにたゆたう。
くっついては千切れ、千切れては流れいく。
 集中力の切れた瞳でぼんやりとそれを眺めていると、背後でノックの音がした。
 振り返ることもせず、小さな声で問う。
「……誰?」
「こんにちは」
 応えたのは聞き覚えのない声だった。
 誰だろう? 少し興味が湧く。
 けれど、振り返るのはまだ億劫だ。曖昧に返事をして、入室を促す。
「それでは失礼」
 扉が開かれ、空気が震える。甘い香りが微かに鼻腔を擽った。
 来訪者が近づいてくるにつれ、その香りは強くなっていく。同時に思考が鈍り、
目が霞み始めた。この感覚は何だ? わからない。
「お迎えに上がりました」
 あくまでも落ち着いた来客の声が頭の中を攪拌する。ぐちゃぐちゃと。
 自身を叱咤し、何とか振り返る。
 するとそこには――。

とりあえずお題があったから即興で。
あんまりお題と関係ない上に、途中なのはご愛嬌ってことで。
≫1はせめてこれぐらいの描写はしれ。
あと、こっから先のオチを考えるってのも勉強になるかもね。 

71名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 15:58:09.37 ID:EyeowwYuO
≫69
ぁー後者だな。多分そっちのが書きやすい。
けど、ストーリーはあるみたいな。

72名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 15:59:57.10 ID:EyeowwYuO
≫70
す、すげぇ……
やっぱり語彙がないな自分は

本読も

73名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:00:07.01 ID:sL4DMQlsO
たまにはライトノベルだけじゃなく、司馬遼太郎とか読んでみるといい

74名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:02:22.30 ID:T1Tbu+cD0
≫70
同一表現の重複が少し見られるな。

『ノックの音がした。』
『小さな声で問う。』直後に『聞き覚えのない声だった。』
『甘い香り』直後に『その香りは』

75名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:03:03.95 ID:EyeowwYuO
≫73
ふむふむ。ちなみにお勧めは?
俺、どんでん返し系が好きなんだけど(´・ω・`)

76名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:03:36.55 ID:T1Tbu+cD0
まあ、突っ込むのは楽というのが物語というものーw

失礼した。

77名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:05:09.60 ID:gMnDOHe30
≫74
うはwたしかにw
もっと別の言い回しにすりゃ良かったw
まあ、推敲なしの一発即興だからその辺は勘弁してくれw

78名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:05:17.05 ID:3V1d06200
金網入りの窓の向こうに、集合住宅の向かいの棟が見える。
傾き、もう沈みかけた太陽の光を浴びてオレンジ色に輝いている。
その光をつかもうと手を一杯に伸ばすのにその光には届かない。
手を伸ばそうとするたびにそれはガラスに当たる。
いや、たとえ手が届いたところでその光を手にできるわけではない。
ただ澄み渡った二月の空の下で、あの人が住んでいる建物が眩しく光っているのを見ているだけでいいのかもしれない。

79名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:06:58.08 ID:EyeowwYuO
≫78
自分の才能の無さが伺えるレスだ……

80名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:07:07.34 ID:s9/+orzw0
司馬なら興味のある人物や時代から入らないと途中で投げ出すかも

81名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:07:55.65 ID:T1Tbu+cD0
≫77
いや、一発なら上等でしょwwwGJでしたよwww

≫79
あー……やっぱり、へこんだか。

こうなると思ったから撤退を促したんだがなぁ。

82名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:08:52.93 ID:EyeowwYuO
≫81
うんにゃヘコんではないよwww
ただ勉強しないと駄目駄目だなぁと思った

83名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:09:54.47 ID:EyeowwYuO
≫80
ふむふむ……
うわ歴史嫌いだ_| ̄|○
こりゃ阿呆阿呆かもしれんね

84名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:11:11.88 ID:KMl7bXmL0
このスレは何のために存在するのかを小説の主人公が
説明口調でするような感じで俺に教えろ

85名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:12:45.60 ID:T1Tbu+cD0
≫78
一応、ツッコミ。スルー推奨。

『その光をつかもうと~その光には』
『手を一杯に伸ばすのに』の直後に『手を伸ばそうとするたびに』


うん、スルーしてくだしあorz

86名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:12:47.89 ID:KMl7bXmL0
なんか俺日本語おかしいな

87名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:14:03.26 ID:T1Tbu+cD0
≫84
「つまり、このスレは見に来た人が逆に勉強するスレだったんだよ!」

ΩΩ Ω<な、なんだってー



しまった、マンガの主人公だったorz

88名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:14:58.80 ID:EyeowwYuO
≫84
新ジャンルスレをたてて、思いの他評判が良く調子に乗った>1が次は小説形式で書いて見たいと思い、その際心得ておくべき事項などのアドバイスを乞いたいので立てた。
練習の仕方や読むべきサイト、本を教えて欲しいなと。

89名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:16:43.40 ID:KMl7bXmL0
OK 把握した

それで俺は何をすればいいんだい?

90名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:17:21.35 ID:T1Tbu+cD0
≫88
定番だけれど
http://www.raitonoveru.jp/howto/c1.html#a

まず、これを覚えておくといいよ。

91名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:17:49.91 ID:3V1d06200
つけっぱなしのテレビからはどこかの民俗音楽が流れていた。
名前も知らない笛の独奏。細く長い音がどこまでも心細く繋がっていく。
いつか写真で見た風景がその音に重なった。
グランドキャニオン。
何千、何万年という時が作り出した自然の大峡谷。
赤茶けた土は見下ろしても見えないぐらいの谷底に水をたたえている。
そうだ、ここはそんな辺境じゃない。
窓から見えるあの部屋にだって、以降と思えばいつでもいけるんだ。
パソコンのディスプレイを点けっぱなしにして、玄関を飛び出した。
まぶしい西日がまた僕を部屋に押し返そうとする。
だめだ、決めたんだ。今日は、行く。

92名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:17:55.99 ID:EyeowwYuO
≫89
出来れば
http://www26.atwiki.jp/everfree/pages/1.html
を読んで駄目出し
長いから、めんどくさかったら、お勧めの小説教えて欲しい

93名前:愛のVIP戦士 [sage] 投稿日:2007/02/10(土) 16:18:54.13 ID:S84NV6Dd0
≫90
こういうページをみるとイラッとくる

忍者ツールが

94名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:19:02.03 ID:EyeowwYuO
≫90
携帯厨だから、PC使える時見るわ

95名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:20:03.74 ID:EyeowwYuO
≫91
なんだかwktk

96名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:20:48.80 ID:xMQU68LI0
台本形式の小説なら、他の新ジャンルスレでもみる夫

97名前:53 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:20:57.53 ID:T1Tbu+cD0
≫92
いやその……面白いことは面白いんだけれど、駄目出しをしたら驚くほどあるぞ?

98名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:22:42.13 ID:EyeowwYuO
≫97
ヘコむ位頼む

99名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:22:54.46 ID:KMl7bXmL0
≫92
ダメ出しも何も小説じゃないがな
こういうのは俺無理w

100名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:23:54.86 ID:T1Tbu+cD0
≫91
『細く長い音が~心細く』の重複。

『そうだ、ここはそんな辺境じゃない。』へのつながりが読みにくい。『テレビの向こうは~だけれども、ここはそんな辺境じゃない。』みたいにワンクッションほしいかも。

全体にGJw

101名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:24:34.03 ID:EyeowwYuO
≫96
ふむふむ

102名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:24:41.46 ID:T1Tbu+cD0
≫98
んー……世界に二人の方でいいかな?

103名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:25:07.38 ID:EyeowwYuO
≫99
そか、スマソwwww

104名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:25:44.50 ID:NVrB7UOE0
≫100
お前は重複を気にしすぎだ
問題ないだろ

105名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:25:44.71 ID:3V1d06200
「よお。」
自然と自分の口の中で舌が鳴る。
何でよりによってこいつに会うんだ。
やっぱりこの棟の間は越えられないグランドキャニオンだったのかもしれない。
「やあ。」
「よお。」と「やあ。」の間にすでに力関係が出ている。
中学の頃からこいつにはどうしても逆らえなかった。
「どこ行くんだ?」
「コンビニ。」
目を逸らして見た先の口元がゆがむ。
「そっちにはないけど。」
「そうだよね。」
せっかく意志を固めてきたのに、こんなことでまただめになるのか。
太陽の光がだんだんと弱くなっていく。
「じゃ。」
こんな風に自分から場を逃れるのははじめてだった。
今まではこいつが去っていくまでは動くことすらできなかった。
「おう。」
その声に安心して、僕はそのまま歩き出した。
「そういえばさ。」
後ろで声がしても歩き続ける。
「さっき舌打ちしたよな。」
地面のコンクリートが突然迫ってきて、額に切り傷を作ってしまった。

106名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:26:02.67 ID:EyeowwYuO
≫102
ニーコはかなり自分的に恥なんでそっちのがいい_| ̄|○

107名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:27:32.16 ID:T1Tbu+cD0
≫104
ごめんorz

でも、読みの基本だから≫1に注意してほしいな、と。

108名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:27:35.70 ID:KMl7bXmL0
≫103
世界に二人だけのほうを今読んでる
たぶんダメ出しとか出来ないと思うけど

109名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:28:22.57 ID:s9/+orzw0
≫92
とりあえず「…」が多くない?

110名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:29:17.98 ID:EyeowwYuO
≫108
ありがとう。途中で止めたくなったら止めてくれ、前半は読み替えしても本当にひどすぎる。

111名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:30:00.11 ID:EyeowwYuO
≫109
それは指摘された_| ̄|○
段々少しはマシになると思う

112名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:33:05.47 ID:3V1d06200
立とうとするのに、背中を踏みつけられて身動きすら取れない。
踏みつける足が怒りに震えている。
背骨が悲鳴を上げる。
こいつは昔からこうだった。自分の気に入らないことがあるとすぐに癇癪を起こして手を上げる。
「お前、」
怒りに声まで震えている。いったいなにに対して怒っているのだろうか。
さっき舌打ちをしたこと? いや、そんなことでここまで怒るだろうか。
「これからさ、」
違う。この震えは怒りじゃない。なにかもっと冷たくて、深い。
「吉田の家に行くんだろ。」
「なぜ・・・・・・」
背中に加えられる力が緩み、僕は身を翻して顔を向き合わせた。
その顔にはひとつ時の涙が伝っていた。
目が合うや、その顔はもう向こうを向いていた。
「いいよ、さっさといけよ。」
唾を吐き捨てると、そのまま走り去ってしまった。

113名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:33:09.83 ID:gMnDOHe30
≫105
おまいさん、心象風景を書き出すのに比して、それ以外の描写が苦手じゃね?
まあ、脳内補完すりゃ読んでて詰まることはないけども。

114名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:34:08.12 ID:3V1d06200
≫113
あー、確かに風景描写はかなり苦手かも。
小説読んでると「すげーなー」と思いながらも自分の実にはならない。

115名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:39:52.23 ID:s9/+orzw0
≫1
「」の最後は「。」つけちゃいけないらしいぜ

116名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:40:03.45 ID:EyeowwYuO
レベルたけーw

117名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:40:42.88 ID:EyeowwYuO
≫115
それもかなり終盤で指摘されたぜ。ありがとうなんだぜ。

118名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:41:10.81 ID:3V1d06200
≫115
そうなのか?
普通の小説家の奴でもばんばんついてるけど。

119名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:41:20.09 ID:KMl7bXmL0
最初は分かりやすく書くといいよ
いきなりガッチリした文章で構成して書くと死ねる

120名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:41:54.36 ID:KMl7bXmL0
≫118
そんなことないだろ

121名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:42:09.00 ID:n766GXUk0
僕らの学校は、平地の住宅街の中にぽつりと設立された市立中学で、
今僕のいる4階には向かい合う校舎もなく、立ちはだかる高層マンションもビルもなく。
そして校舎の窓は丁度西向きに設置されていた。

ええと、つまり。
――とどのつまり、僕と夕日を遮るものなど、何も無いということだ。

「…………」
暮れかる夕日。
落陽というのだと、昔誰かに聞いた事があるような気がする。
名残を残すような橙と、それを侵食する夜の闇。
空一面に表れる、一秒一刹那の均衡。

紫苑の空、雲。いや、本当にこの色は紫苑か?

絶妙ともいえるその色を表現する力は僕にはなかった。この風景は本当に、この世ものなのだろうか。
窓枠ぴったしのサイズの絵画がはめ込まれている、と説明された方が僕はより深く納得するだろう。

ああ、夕闇迫る空に横たわる一筋の雲が黄昏色をした深い紺に飲まれていく。


うん、むずいな。
一丁前に講釈をたれて見ると、この手(綺麗系)の風景描写は「細かく描写する」よりむしろ、
その風景を見る視点側(これで言うと僕)がその風景を見てどう感じたか、を重点的に書くといいように思う。
この系列の風景描写は、描写を大雑把にした方が効果的なのではと思うよ。なんかごめん。

122名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:42:18.54 ID:T1Tbu+cD0
≫118
それはさすがにありえないww

123名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:42:33.29 ID:s9/+orzw0
≫118
あー、ならいけないってほどいけなくはないのかな。
一応、基本はそうらしいと某スレで聞いた。

124名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:43:10.47 ID:gMnDOHe30
≫114
やっぱそうか。
三人称で、且つ心象風景を直接描写するの禁止して書いてみれ。
嫌でも風景描写しなきゃならんから、しんどいけどほぼ確実に上手くなる。
続ければ映画的な暗喩とかも上達するしな。

125名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:43:34.34 ID:EyeowwYuO
≫119
ふむふむ……

126名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:43:50.55 ID:qfrtiXIp0
≫118
どっちかと言うと付けないのが主流。

127名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:43:59.86 ID:3V1d06200
≫122
と思ったらある人だけだったわ。
最近長野まゆみばっか読んでたからそう錯覚してた。

128名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:45:00.64 ID:n766GXUk0
≫120
昔の作家さん(安部公房とか、もっとさかのぼると太宰やら)は
割かしついてるのがおおい。
今でも語尾に「。」をつけてはならないって言うルールはないから、
そこはあまり詳しく言及しなくていいんじゃないかな。

いつから「。」をつけなくなったのかは詳しくない。

129名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:45:24.32 ID:gMnDOHe30
≫118
「。」は古典作品だと当り前についてるな。
現代ではたしかにあまり見かけんが。

130名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:46:30.80 ID:3V1d06200
長野まゆみはクエスチョンマークを絶対に使わないから、
会話の語尾を。と、で使い分けてんだな。
、が疑問文で使われてる。

131名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:47:37.86 ID:x27+3C4+O
みんなは、プロットを真面目につくるほう?
ちなみに私は、つくりもしない

132名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:48:42.87 ID:gMnDOHe30
長野まゆみって「少年アリス」? とかの人だっけか?
一回も読んだ事ないわ。春休み中に読もうかな。
何がオヌヌメ?

133名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:49:27.68 ID:3V1d06200
≫131
そこまで大きい作品を書いたことがないなぁ。
ショタスレに落とすだけだし。
プロット書いたのはたいていぽしゃった。
なんかそれだけで満足しちゃって。

134名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:49:49.09 ID:KMl7bXmL0
≫131
じゃ設定とかも全部脳内でやってるの?

135名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:50:52.39 ID:3V1d06200
≫132
あの人基本的にうほっ好きだから、それが無理ならオヌヌヌしない。
でもそれが別に大丈夫っていうなら
白昼堂々→碧空→彼等→若葉のころ
のシリーズは激ヌヌ

136名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:51:29.28 ID:gMnDOHe30
≫131
真剣に書く時はラストシーンから全部逆算していく。
だからプロットは必然的に組むことになるな。

137名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:52:04.88 ID:EyeowwYuO
うお、会話にはいれねぇ……
けど、眺めてるだけで勉強になるわな

138名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:53:06.98 ID:T1Tbu+cD0
まず、状況説明をセリフに任せきってるから、説明口調がやたらと多い。
行動がのんきすぎる。明らかに現実から乖離している状況なのに、それについて思い悩むことが少ない。
おかしい部分への断定が『世界』にすぐに向かう。見えている部分以上に広いというのに、主人公が疑問を抱かない不思議。
行動に計画性がない。これだけ人が居ない『奇妙な世界』なのに、その原因を考えようとせずに安易な選択を繰り返している。
(異常事態なのだから、軽々に動きはしないと思われる)
物語にヒントが少ない。先が読めない展開――というよりは、行き当たりばったりな印象を受ける。キャラクターの設定に関する伏線だけでなく、話にも伏線を多く張っておくべき。
隠し事の暴露をしあう場面でも、『なぜそう思ったか』が書かれていない。『勘』だけを理由にすると、読者を置いて行きがちなのでよくない。
『世界が何であるか』への推理も大まか過ぎる。最終局面への重要な展開を駆け足にしすぎると、伏線も説明も意味を成さない。『キャラクターと作者だけが分かっている』のでは、困る。


うん、突っ込みすぎた。ごめんねorz

139名前:138 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:53:33.81 ID:T1Tbu+cD0
世界に二人、への駄目出しでした。

140名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:55:14.99 ID:gMnDOHe30
≫135

小説ジャンルに関しては全くえり好みしない雑食だから、うほっでも問題なす。
とりあえず明日にでも白昼堂々からのシリーズを買ってくる。

141名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 16:59:26.31 ID:gMnDOHe30
≫137
お前さんがスレ主で、このスレはお前さんが書き方を知る為に立てたんだろ?
なら、眺めてないで入ってこい。
わかんないことあったら普通に聞け。
普段はぐぐれの一言だろうが、少なくとも俺がいる間は答えてやる。

142名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 17:00:33.07 ID:T1Tbu+cD0
流れ止まった……すげぇ悪いことした悪寒orz

143名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 17:02:02.77 ID:3V1d06200
ちなみに「吉田」も男

144名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 17:03:21.73 ID:KMl7bXmL0
≫1
いなくなったか?

145名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 17:04:02.48 ID:EyeowwYuO
≫138
ふむふむ……
実を言えば、結末を考えたのが途中でだったんだ。だから、つじつまがあわなすぎた。
だから推理も唐突だし、出来ないんだよな_| ̄|○
行き当たりばったり。まさにその通りだよ。

146名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 17:05:17.31 ID:T1Tbu+cD0
≫145
あああ、へこむなよぅorz

話自体は面白かったんだからさぁorz

147名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 17:05:24.40 ID:EyeowwYuO
すまん、普通の勉強が忙しくて、すまねぇ

148名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 17:05:55.74 ID:EyeowwYuO
≫146
ヘコんでないってwww

149名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 17:05:59.48 ID:KMl7bXmL0
≫145
短いのでもいいから何か書けそうなアイディアというかネタみたいなのある?
あるんならちょっと書いてみようぜ

150名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 17:06:57.04 ID:gMnDOHe30
≫ID:T1Tbu+cD0
オレは「世界に二人」を読んでないんだが、この突っ込みを見て大体予測できた。
ただおまいさん、突っ込みは的確なんだろうが、その書き方が下手だ。
もちっと読みやすいように書いてやれ。

151名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 17:09:03.61 ID:T1Tbu+cD0
≫150
すまん。
もう一度流し読みしながら箇条書きにしてた。

問題点とその理由だけ分かれば……orz

152名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 17:09:08.84 ID:EyeowwYuO
≫149
二人の世界を書いた時に出されたネタが
3重人格でそれぞれの人格がある人の女の子に色んな関わり方をする恋模様を描く『3重人格男』
少女と猫のにゃったりな感じを描く『猫と少女』

な感じかなぁ…

153名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 17:12:05.18 ID:EyeowwYuO
あぁ、書きたいテーマを思い付いてたはずなのに忘れた_| ̄|○
あぁあとはさっきも言ったけど、世界に二人、を書き直したい。かな

154名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 17:12:11.75 ID:3V1d06200
≫152
日本語で(ry

155名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 17:13:43.90 ID:KMl7bXmL0
≫152
それなんてエロ(ry

156名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 17:16:23.48 ID:g1yCugrS0
ネタはこれだ

663 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/02/06(火) 14:29:54.07 ID:PKOvMQFz0
多重人格者の主人公で本人と人格1男と人格2女の三つの人格持ってる人と、恋人の話をかいてください。
あらすじ的には
主人公は片思い、話しかけることもまだ出来ない
人格2女と恋人は仲がいい
人格1は恋人に積極てきに恋人にアピールしてる
そんな彼らの恋模様を書いてください

157名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 17:16:25.02 ID:gMnDOHe30
≫152
『3重人格男』は長編小説が一本書けるネタだな。
各人格の一人称で章立てして、最後に少女の視点を持ってくるとかすれば、
叙述トリック込みの恋愛小説が作れるぞ。

とりあえず『猫と少女』で習作を書いてみれば?

158名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 17:17:08.78 ID:kumQe4y50
ttp://2ch-news.net/up/up41047.txt
ライトノベルノリで書いたやつ

159名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 17:21:10.43 ID:EyeowwYuO
≫157
なるなる、いいアイディアですな
そうだね、が、そろそろ家族で出かけるんだが、遅くなっても大丈夫かな?

160名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 17:21:54.28 ID:EyeowwYuO
≫158
あとでまったり読ませてもらう

161名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 17:22:06.92 ID:T1Tbu+cD0
≫159
いてら

≫1はセンスあると思うから、ゆっくり文章鍛えた方がいいよw

162名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 17:25:52.30 ID:gMnDOHe30
≫158
微かに西尾維新、というかファウスト作家の臭いが混じっている気がするのは気のせいか?w
細かい粗はあるけど、全体で見れば十分形になってる。
ただ、短編ならもう一捻り二捻り欲しいかな。これだと物語にほとんど起伏がないから。
ついでに、一文は基本的に短い方が良いぞ。
二つの動作を句点使って一文内にまとめ過ぎると、読み手のリズムが崩れるから。

163名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 17:30:51.25 ID:kumQe4y50
≫162
正直俺も話の緩急のなさには自分でもどーかと思ったぜ
西尾維新は嫌いじゃないが影響は受けてるのか知らんw
シンプルさが居るか…淡い感じを出したいのだが難しい
普段本を読まないせいかリズムの感覚も理解に難しい…

アドバイスありがとう ついでに何か「これは読んどけ!」
みたいな作品あったら是非とも教えて欲しいんだけどある?

164名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 17:32:44.74 ID:3V1d06200
じゃあ俺も


165名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 17:34:01.01 ID:Bd1CG+BNO
≫121

もしかしてブーンの初恋の人?

166名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 17:40:21.89 ID:EyeowwYuO
あ、皆さん雑談してて下さいな。では後ほどノシ

167名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 17:41:58.99 ID:Urwcf14i0
今北産業

168名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 17:44:34.04 ID:s9/+orzw0
小説あんま好きじゃないんだけど、上手くなりたい。
好きになる方法ってない?

169名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 17:47:50.75 ID:T1Tbu+cD0
≫168
感動できる極上のものを読む。

問題は、ストライクゾーンが人によって違うからオススメを言えないことw

170名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 17:49:06.87 ID:s9/+orzw0
なるほど…東京タワーとか?w

171名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 17:49:22.34 ID:qfrtiXIp0
≫168
何その愛憎模様

172名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 17:51:48.46 ID:gMnDOHe30
≫163
淡い感じってのは比較感覚だからな。しっかり濃淡(=起伏)をつけんと輪郭がボケるだけだ。
淡い感じだけを重ねても淡々としたもんにしかならんよ。
それとリズムについてだが、これは声に出して読めば確実にわかる。
本を読む時、人間は喋らない。大抵の人は黙読をしている。
けれど、黙読という行為は「実際に声を出さない」だけで、心の中では「声に出している」んだわ。
んで、名作と世ばれる本は、ほぼ例外なく音読がしやすい。
これは何故かというと、文章のリズムに変化は合っても崩れがないから。
川端の「トンネルを抜けると~」や漱石の「我輩は猫である。名前は~」なんかは言いやすいだろ?
要するに、良い文ってのは「声に乗って語られるんだ」ってことを覚えとけ。

「これは読んどけ!」と言われても困るな。
面白い本は世の中に一杯あるわけだし。
まあ、強いて本を選ぶ時のアドバイスをすれば、「ジャンル嫌い」をなくせ。
いろんなジャンルのいろんな作家を読むことで、書ける文章の幅も広がっていくから。
結局、「自分の表現」に出来るのは読んだ事のある表現の中にしかない。

173名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 17:55:55.48 ID:Urwcf14i0
随分とまぁ、勉強になるな。このスレはw
俺自身、注意しないとな、とか改めて思った部分が多数www

174名前:愛のVIP戦士 [] 投稿日:2007/02/10(土) 18:01:06.06 ID:gMnDOHe30
ちょっと晩飯の買い物とか諸々の雑用済ませてくる。
≫164は途中まで読んだから、帰ってきてから続きを読むわ。

って、スレ主でもないのに偉そうだな俺w
スマソw