はぁああああああああああああん【はぁああああああああああああん】

「デュラララ!」のオープニングテーマ、「THEATRE BROOK/裏切りの夕焼け」のサビ。

パーリーピーポー【ぱーりーぴーぽー】


バールのようなもの【ばーるのようなもの】

  1. 「えどっ娘!天下大変!!」にて、ゆめ姫が使用する武器。実は立体化されたことがある。
  2. 「エジソン」内フロート番組「グリモアpresentsブレ×ブレ ラジオのようなもの」パーソナリティ・末柄里恵がゲーム「ブレイブソード×ブレイズソウル」内で演じる「魔剣少女」のひとり。剣というにはアレなアイテムではあるが、ゲーム内ではレア扱い。

俳協【はいきょう】

芸能事務所。正式名称は「東京俳優生活協同組合」。
声優プロダクションの草分け的存在であり、日本の多くの大手声優プロダクションは源流を辿ると俳協にたどり着く。
正式名称からわかるように、実態は「俳優の生活協同組合」という形になっており、個々が個人事業主である声優とマネージャーが共同で運営するというスタイルである。
所属女性タレントは、動きや喋りがやかまし気味になる傾向がある。
+所属のA&Gパーソナリティ。過去含む
荒川美穂
鈴木絵理
諏訪部順一
高橋未奈美
田澤茉純
西田雅一
原嶋あかり(※2015年5月~。「RADIO 4Gamer Tap(仮)」アシスタント当時はフリー)
村川梨衣
和氣あず未

ハイチュウドリアン味【はいちゅうどりあんあじ】

2009年8月12日に行われた「後藤邑子の超ラジ!」公開生放送にて、後藤邑子と三瓶由布子が観客に向けて投げたもの。

はいちゅぎー!【はいちゅぎー!】

何度も聴いているうちに脳内に伝染し、思わず日常会話で使ってしまう症状が発症する、恐るべき言語。
類義語:すごいかよー!

ハイパーハッスルタイム【はいぱーはっするたいむ】

火曜「超ラジ!Girls」の実態調査中にチンベルを鳴らされた単語。
メールが晒されるまではカタカナという情報しかなかったので紳士たちは大いに想像を膨らませた。

バイパス【ばいぱす】

松来未祐の胸の間を通っているもの。

ハエ【はえ】

  1. 水瀬いのりのあだ名。「ご注文はラジオですか?(1期)」で、自らをハエに見立てたセリフを早見沙織に言わせ、その後で意訳としてだが「早見さんのハエになりたい」と発言したことからこのあだ名になり、実況でも水瀬を指す時に使われている。自業自得とはいえ、女性のあだ名としてはかなり酷い部類、というか、完全に悪口なので、他の場所では間違っても使わないこと。
  2. かえひろみのあだ名。番組OPで薄く流れる彼女の持ち歌「ハエのように」から。

弱井い希席の6年間【はかないきせきの9ねんかん】

「このラジオの中に1人、妹がいる!?」で飛び出した、「石原夏織=ポンコツ」の評価を確定させた迷文。
実は「6年間」の部分も地味に間違いだったりする。

バカめ!【ばかめ】

番組を聞き逃した人にはこう言ってやろう。

爆死ランサー【ばくしらんさー】

劇場版銀魂のOP、DOES/バクチダンサーの事を指す。

パクチーサイダー【ぱくちーさいだー】

2017年7月25日の火曜「THE CATCH」内コーナー「私たち!アナログゲーマーズ!!」の罰ゲームで作られた飲み物。
Geroと錦織めぐみが実食するも不評。
ところがこれをバロン大野がこぼしてしまい、ブース内にパクチー臭が充満。結果、罰としてパクチーサイダーと黒酢を飲むこととなった。
この臭いはその後の「FIVESTARS」まで残っており、FSパーソナリティの深川芹亜も何故か成り行きで飲まされた。

白夜【はくや】

白夜(びゃくや)、ゆか知ってる。

箱推しは逃げ【はこおしはにげ】

金曜「FIVE STARS」で飛び出した吉田有里の金言。

箱番組【はこばんぐみ】

放送時間の長い番組内に挿入される、5~10分ほどのミニ番組。フロート番組(略して「フロート」)とも呼ばれる。
多くの場合リスナーに不評であるが、番組存続のためには必要不可欠(スポンサー的に)であるので、実況民は大人しく拝聴しよう。
「誰得だよこの箱つぶれちまえよ貴重なスポンサー様だろカス」
本番組より面白い箱番組もたまにあり、「本編」扱いされる場合もある。

初めてでも星空む~~~ん!【はじめてでもほしぞらむ~~~ん!】

「超!A&G+スペシャル」枠にて放送された、「たまゆら ~もあぐれっしぶ~」放送開始直前紹介番組。パーソナリティは儀武ゆう子と佐藤順一監督。ゲストに当時A&Gアカデミー生だった和田京子が呼ばれた。
言わずもがな、「たまゆら」メインキャスト3人の番組名が由来。元々は「たまゆら進級イベント」でのミニドラマ内で、桜田麻音(CV:儀武ゆう子)が「将来やりたいラジオ番組のタイトル」として提示したもの。

パシフィコ横浜【ぱしふぃこよこはま】

神奈川県横浜市西区みなとみらいにある国際会議場、展示ホール、ホテルから成る大規模施設。
正式名称は「横浜国際平和会議場」。
主なイベント会場となっている国立大ホールは1994年に開業した。
「A&Gオールスター」は第2回以降ここで行われている。
巽悠衣子が「パスィフィコ」と誤った発音をしたことで更に有名に。

ハスハス【はすはす】

興奮した状態を表す様。(;´Д`)ハァハァの最上級。
なつ姉からみかこしに伝わって、みかこしがよく使ったことで広まった、「A&G NEXT GENERATION Lady Go!!」内で通じる挨拶のひとつ。

肌色集中線【はだいろしゅうちゅうせん】

 *

パチンコ【ぱちんこ】

スポーツの一つ。
右手が非常に疲れる。
球技である。

パッタイ【ぱったい】

  1. タイあたりで食される太麺の焼きそば。
  2. みかこしの好物。そこから派生して、「Lady Go!!」火曜日での挨拶として使われる( ゚∀゚)o彡°ぱったい!
  3. みかしー的には△のもの。

バット【ばっと】

野球に使用する道具のひとつ。
伊藤かな恵の武器。
ふとももに挟んだりもする。

ネ刀プラス【はつぷらす】

300円。
おじさんもよく知らない。
ラブプラスとあまりかわらないんじゃないかな~。
たぶん、2人の女の子が出てくる気がする。

初ラジ【はつらじ】

「竹達・沼倉の初めてでもいいですか?」の略称。
2014年1月7日(火)の放送より「竹達・沼倉の初ラジ!」に改称・リニューアル(隔週更新60分→毎週更新30分)し、略称が正式番組名となった。

初ラジ!ファーム【はつらじ!ふぁーむ】

2015年12月に開墾された、レタス栽培用のミニプランター。
レタスの和名が「乳草(ちちくさ・ちしゃ)」であるということが、リスナーのメールで知らされたことから、突発的に栽培企画がスタート。番組初となる公式ツイッターも開設され、生育状況が逐一ツイートされた。
竹達レタスは「ちたろう」、沼倉レタスは「ちーちゃん」と名付けられている。
種まきから2ヶ月ほどで順調に育ち、翌年の2月9日に収穫。湯がいて両名に美味しくいただかれた。
その後も株は順調に生育しており、3月の公開録音では入口でリスナーをお出迎えし、公式グッズのTシャツも販売。放送内のドラマチックシアターでは、竹達と沼倉両名によるアテレコも行われた。

2016年春からは「セカンドシーズン」として、竹達枝豆「だまめ」と沼倉ベビーキャロット「ビーキャ」の育成がスタート。現時点ではレタスより育ちが遅い模様。

2018年秋時点では初のハーブ類としてラベンダーや紫蘇、緑藻であるマリモを生育している。

初ラジ列車【はつらじれっしゃ】

放送100回記念動画放送や公開録音など、特別なときに文化放送内を走行するイベント列車。
スタジオを飛び出しスタッフルームや階段などをひた走り、途中休憩中の鷲崎健に目撃されて怪訝な顔をされる。

初メール【はつめーる】

その番組に初めて送るメール。
「初メールです」と書くと、普通のメールより採用率が上がるらしい。
ただあくまで自己申告なので、聞いている側からは「初メール詐欺」をついつい疑ってしまうむきもある。

パトリシアリーグ【ぱとりしありーぐ】

明坂聡美的パ・リーグのこと。

はなおに気をつけろ【はなおにきをつけろ】

今年はモテるよ

鼻殴んぞ【はななぐんぞ】

暴虐の限りを尽くす浅野さんに対する怒りを表す、アニスパ初期からの名言。
類似として「冬の寒い日に耳カーンって殴んぞ」がある。

はにゃぁあああああああああああん【はにゃぁあああああああああああん】

丹下桜の声が聞こえたときに書き込む。

ババァ【ばばぁ】

C3 RADIO内のキャラクター 佐伯薫の愛称。
あれでもぴちぴちの23歳。
参考→BBA

浜松町【はままつちょう】

文化放送本社ビルがある東京都港区の地名。
最寄り駅はJR浜松町駅、東京モノレール浜松町駅及び都営地下鉄大門駅。ゆりかもめ竹芝駅も徒歩圏内。
羽田空港と都心を結ぶ玄関口として長らく知られてきたが、近年その地位を品川と争っている。
かつてポケモンセンタートウキョーがあったが、池袋に移転してしまった。
たまに静岡県浜松市と勘違いするリスナーがいる。

浜松町さん【はままつちょうさん】

文化放送メディアプラスに設置してある定点カメラから望む浜松町の風景。
「Lady Go!!」水曜日の「大久保ドリル」コーナーでは、不正解or満足なボケ回答ができなかった際に、画面が徐々に浜松町さんへフェードしていく「浜松町さんの洗礼」が執行される。
2013年3月18日のプレイヤー・設備変更から、定点カメラで映される浜松町さんのオーラがやや薄くなり、さらに映像無しCMでも代わって「超!A&G+」ロゴが映るようになった為、現在では「諏訪部順一の生放送」と放送開始・終了以外では滅多に見られないレアものとなってしまっている。

バミューダトライアングル【ばみゅーだとらいあんぐる】

三重と京都と兵庫の間にある謎のスペース@ゆかり王国。

早く起きないと…キスしちゃうぞ!【はやくおきないときすしちゃうぞ】

CV:沼倉愛美
竹達GJ。

ハヨイヨイヨイヤサー【はよいよいよいやさー】

「砂山・赤﨑アワー えじまる」内のコーナー「どうも、さつまいこです」冒頭で流れる曲のフレーズ。
鹿児島県民謡の「鹿児島おはら節」の冒頭の箇所。
最初の「ハ」と「ヨ」の間には一瞬の間が入る。

原スパ【はらすぱ】

地上波での野球中継延長時、アニスパ本編開始までのお楽しみ。トイレタイムじゃないよ。
選曲のセンスや曲間の編集に定評がある。

孕んだ【はらんだ】

主にフェロ☆メンの歌声を聞くことによって耳が妊娠する。

パリピ【ぱりぴ】

「Party People」を「パーリーピーポー」と崩し、更にそれを略した言葉。
パーティーで盛り上がる社交的な人間や、集団で騒ぐリア充を指す。
辞書の三省堂による「今年の新語2016」にも選出された。

バルサミコ酢【ばるさみこす】

インテリアとしてかわいい。

晴レルヤの後だよ【はれるやのあとだよ】

「今村彩夏 STAY GOLD」の2018年3月まで使われていた5秒番組宣伝のフレーズ。
その「高垣彩陽の明日も晴レルヤ」は2018年4月から火曜日に移動したため、その後から番組終了時までの3ヶ月は「明日もがんばるぞ♪」に変わっていた。

バレンタイン・キッス【ばれんたいんきっす】

1986年に発表された、国生さゆりのソロデビュー曲。以降30年以上に渡ってバレンタインデーの定番曲として掛かり続ける。「バレンタインデー・キッス」ではないので注意。
これまで数え切れないほどカバーされており、アニメ界でも「らき☆すた」エンディング曲のひとつ(2007)や「THE IDOLM@STER」水瀬伊織カバー(2011)などがあるほか、2004年以降は「テニスの王子様」のキャラクターソング(基本的に歌っているのは男性声優である)としても毎年1枚以上が発売され続けている。
「青木瑠璃子の超!A&Gミュージック+TV」の番組中、1時間内で繰り返し流れること9回*1。エンドレスエイトを越える。
2018年2月11日放送の「A&Gリクエストアワー 阿澄佳奈のキミまち!」では「テニスの王子様」のキャラソン7種を合成したものを「キミまち!MIX」と称して流した。
「C3 RADIO」だと佐伯薫がキックする歌に変わることもある。

ハロー!プロジェクト【はろーぷろじぇくと】

アップフロントグループの芸能事務所に所属する女性タレントやそれから成るアイドルグループの総称。
通称「ハロプロ」。
主なグループとしてはモーニング娘。がおり、2000年代のアイドル時代を牽引した。2016年現在もメンバーチェンジを繰り返しながら現役で多くのグループが活動している。
A&G界隈にもファンは多く、特に師弟関係である鷲崎健と三澤紗千香は「ヨルナイト」番組終了後から軽い打ち上げの最中に長々とハロプロ談義に花を咲かせていたほど。吉田有里もメンバーの卒業に大きなショックを受けるほどの大ファンである。

ハロクソパン【はろくそぱん】

徳井青空が、パリピが騒ぎたいだけのイベントと化したハロウィンに対するアンチテーゼを込めて作るパン。

パン【ぱん】

  1. ゆっここと巽悠衣子の愛称。
  2. 花澤香菜の好物。2014年以降、ひとかなでやたらとパン話が増え、2016年3月頃からは歌入りのCMまで流れている。

番組表【ばんぐみひょう】

放送局にとっては大切な商品カタログ。新聞などに載らない超!A&G+ではとりわけHP内のものが重要。
改編期前には早く仕入れたい情報ではあるが、HP内番組表は改編当日の月曜16時以降にならないと更新されないので、それまでかなり聴く側は苦労させられる。ネットラジオは社内でも優先順位が低いのか、改編の前週はおろか1日前になっても情報が完全でない事が多い。
AnimeJapanなどのイベントで印刷したものが配られることがあるが、直前まで決まらない番組枠が「(未定)」扱いになってたり、動画の有無や生放送・録画放送の違いなどにかなりの誤植があるなど、正直参考程度にしかならない。

パン粉【ぱんこ】

焼いたら消える。

バンジージャンプ【ばんじーじゃんぷ】

三澤紗千香にとっての無理ゲー。詳しくは「三澤紗千香のreal oneself」 第500回 (2014.12.05放送)参照。
放送終了後の「2h」本編や後日の「A&Gオールスター2014」において、鷲崎健に「お前なんで飛ばへんねん!」と会うなり早々にツッコまれたほど。

阪神【はんしん】

  1. 大阪と神戸のこと。また、この両都市を含む一円を指す。
  2. 1.のエリアで営業する鉄道会社「阪神電気鉄道」の略称。
  3. 2.の企業が所有するプロ野球チーム「阪神タイガース」のこと。
  4. 3.のチームを応援する声優、渡部優衣のこと(主に松嵜麗が渡部のことを取り上げる際に使われる)。この場合「阪神(球団ではない)」と記載する。

パンスト【ぱんすと】

井口が被るなら何デニールでもいいよ。

半蔵門【はんぞうもん】

放送業界的にはエフエム東京(TOKYO FM)の事を指す。前身は東海大学のFM実用化試験局「FM東海」で、1970年4月に同大学から引き継ぐ形で開局。「FM東京」の名で放送していた80年代半ばまでは時報CMのスポンサーであったトリオ(現在のJVCケンウッド)をはじめ、FMステレオ放送を高音質で聴取するための音響機器メーカーの多くが番組スポンサーを務めており、『DIATONE ポップスベスト10(コスモ石油に交代するのは90年代に入ってから)』、『Lo-Dライブコンサート(「Lo-D」は、当時の日立製作所のオーディオブランド )』、『TDKオリジナルコンサート』などが代表的な番組として親しまれた。70年代は家電メーカーがオーディオの専門ブランドを持つことが多く、そうしたブランド(当時の松下電器が持っていたTechnicsなど)も番組スポンサーとなっていた。

他にも、長年コーセーが『歌謡ベストテン』の名だった時代にスポンサーを務めていた『JA全農 COUNTDOWN JAPAN』や日本航空提供の音楽番組「JET STREAM」という音楽番組も有名で現在も続いている。

この他にもFM東海で放送していた東海大学付属望星高等学校の授業番組『望星高校講座』を引き継いで、日曜・祝日を除く平日の早朝と夜間(朝5:00-6:30と夕方18:30-20:48)の枠を『高校通信教育講座』の番組名で放送していた。

この時期のゴールデンタイムは前述の『高校通信教育講座』を除き1時間単位の番組が並び、またこれらの番組を含め、全日であらかじめ流れる楽曲が決まっている番組が多く、編成全般を通じて落ち着いた印象、また現在と比べややお堅い色も強かった。

しかし、80年代末期に入るとそれまでNHK-FMとTFMのみだった関東地区に群馬・横浜を最初に、J-WAVEなどFM局が立て続けに開局。 また、TFMも大阪・名古屋など比較的少なかったJFN系列局を全国各地に広げていった関係から生放送を中心にした構成のものへと変化していく。

1990年10月、これらの新局に対抗したイメージアップとして「TOKYO FM」の名を使うようになってからは本格的に生ワイド番組が主力となり、J-WAVEとの熾烈な聴取率競争もこの頃から激化。今では平日朝の「中西哲生のクロノス」や夕方の「Skyrocket Company」のように男女パーソナリティ同士のトークにも重みを置き、人気を集めているパーソナリティも多い。また、学校に見立てた構成の中高生向け番組「SCHOOL OF LOCK!」や週末の「福山雅治 福のラジオ」「山下達郎のサンデー・ソングブック」「あ、安部礼司〜BEYOND THE AVERAGE」などといった1時間番組も好評である。
 アニメ関連としては、これまでに「椎名へきる PRECIOUS GARDEN→椎名へきる みたいラジオ」、「茅原実里 SANCTUARY」、「水樹奈々のMの世界」、系列局向けに作られTFMでは放送しない「坂本真綾 from everywhere.」などアニソンアーティストがパーソナリティの番組が作られる一方、アニラジに類するものは放送されることがほとんどない。

パンツ【ぱんつ】

頭部装備。

板東英二【ばんどうえいじ】

井口裕香が得意とするモノマネ。
⊂( ^ω^)⊃<ほんまにねーもうねー
当の板東英二が謹慎中の間にも遠慮なく物真似をした。

はんにゃほんにゃへー【はんにゃほんにゃへー】

「高垣彩陽のあしたも晴レルヤ」のチャレンジコーナーでたまに出没する愛されキャラ。
なかなか登場してくれなくて待ち焦がれている実況民も多いようだ。

バンバン!【ばんばん】

木曜超ラジGirls明坂聡美が机を叩く時の音、または机を叩くという行為そのもの。
寝る前に枕もバンバンする。
かな恵ちゃんがバンバン!をするとかわいい。
ゆかちもたまにバンバンするがうざい。
後藤沙織はバンバンしすぎて机を壊した。
上記各人の他にもパーソナリティが興奮するとたまに机バンバンされることがある。

バンブー【ばんぶー】

初ラジに登場したゴリラの名前。
「じゅうはちキン!」の男性パーソナリティの事ではないが、「じゅうはちキン!」でいじられた事がある。
CV 竹達彩奈
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。