あー、あれあれ、トラハモでもちょにやってたみたいに【あー、あれあれ、とらはもでもちょにやってたみたいに】

雨宮天にドS演技をしてもらいたい時にスムーズに演技の指示が出来る言葉。
快楽天大放出直後に、トラハモ公式Twitterから雨宮天が出演しているアニメの音響さんに向けて呟かれた

アーツビジョン【あーつびじょん】

1984年設立の東京都渋谷区に本社を置く声優事務所。
ポンコツからしっかり者までバランスよく揃っている。
+所属のA&Gパーソナリティ。過去含む
  • 浅倉杏美
  • 梅原裕一郎
  • 下田麻美
  • 諏訪彩花
  • 中村繪里子
  • 沼倉愛美
  • 原由実
  • 藤田咲
  • 前野智昭
  • 松田颯水*1
  • 山崎はるか

過去の所属者
  • 内山夕実(~2017.03.31)*2
  • 東山奈央(~2014.03.31)*3

相変わらずのシコリティだな【あいかわらずのしこりてぃだな】

  1. かつての「RADIO 4Gamer」の40秒バージョンの番宣のこと。由来は番宣内のマフィア梶田のセリフから。超!A&G+に数ある番宣の中でもトップクラスの酷さ故か、一度これが流れると実況スレに弾幕が形成された。
  2. 水曜「Lady Go!!」のコーナー「ルーミル美術館へようこそ」で、るみるみ画伯がお題の絵を描けないこと。失敗したときに1.で使われているのと同じSEが流れていたことから。

挨拶は普通で【あいさつはふつうで】

なにかと番組独自の挨拶を作りたがる声優ラジオの風潮に、一石を投じる勇気。

あいすてー、あいすてー、あいますすてーしょん、ぷらぁす、あいすてー、あいすてー、あいますすてーしょーん【あいすてー、あいすてー、あいますすてーしょん、ぷらぁす、あいすてー、あいすてー、あいますすてーしょーん】

はらみーの言ってることが全く頭に入ってこない、悪魔のBGM。

アイツ【あいつ】

「井口裕香のむ~~~ん⊂( ^ω^)⊃」においての儀武ゆう子の呼び方。
「アイツがまた番組にやってきます」

アイドル(笑)【あいどるかっこわらい】

井口裕香のこと。間違っても「アイドル」ではない。
同義語として他にエンジェル(笑)、トレンドリーダー(笑)などいっぱいありすぎ。

アイドルマスター【あいどるますたー】

バンダイナムコエンターテインメント(旧バンダイナムコゲームス)制作の、やたらたくさんの声優が関わってるでっかいコンテンツ。正式表記は「THE iDOLM@STER」。
A&Gのパーソナリティにも関連声優が沢山おり、中の人は765PRO ALLSTARS、ディアリースターズ、シンデレラガールズ、ミリオンスターズ、sideM、シャイニーカラーズに分類される。ゼノグラシアは(ry
中でもシンデレラガールズ関連の声優は、その芸人力の高さから「シンデレラ一門(あるいは単に一門とも)」と形容されている。「みなさんどうしてそんなに笑いに貪欲なんですか!*4
鷲崎健は関わらないようにしているらしい。
+関係するA&Gパーソナリティ。過去含む
【765PRO ALLSTARS】
浅倉杏美
今井麻美
釘宮理恵
下田麻美
たかはし智秋
中村繪里子
沼倉愛美
原由実

【ディアリースターズ】
三瓶由布子
戸松遥
花澤香菜

【シンデレラガールズ】
青木瑠璃子
赤崎千夏
五十嵐裕美
上坂すみれ
内田真礼
大空直美
大坪由佳
大橋彩香
金子有希
黒沢ともよ
佐藤亜美菜
洲崎綾
鈴木絵理
鈴木みのり
高田憂希
田澤茉純
高橋花林
高森奈津美
竹達彩奈
武田羅梨沙多胡
立花理香
伊達朱里紗
田辺留依
千菅春香
津田美波
照井春佳
東山奈央
中島由貴
花守ゆみり
原紗友里
原田ひとみ
春野ななみ
早見沙織
深川芹亜
藤田茜
渕上舞
M・A・O
松嵜麗
松田颯水
三宅麻理恵
杜野まこ
山本希望
佳村はるか
和氣あず未

【ミリオンスターズ】
愛美
麻倉もも
雨宮天
伊藤美来
角元明日香
木戸衣吹
香里有佐
駒形友梨
末柄里恵
諏訪彩花
高橋未奈美
田所あずさ
種田梨沙
戸田めぐみ
夏川椎菜
浜崎奈々
原嶋あかり
Machico
南早紀
村川梨衣
山崎はるか
渡部優衣

【315プロダクション】
天崎滉平
内田雄馬
梅原裕一郎
榎木淳弥
駒田航
三瓶由布子
白井悠介
千葉翔也
寺島拓篤
徳武竜也
中島ヨシキ
永塚拓馬
野上翔
濱健人
濱野大輝
古川慎
堀江瞬
松岡禎丞
村瀬歩
八代拓
山下大輝
山谷祥生

【283プロダクション】
黒木ほの香
近藤玲奈
白石晴香
凉本あきほ
前川涼子
峯田茉優

【961プロダクション】
高橋李依
茅原実里

【アイドル以外の登場人物】
赤羽根健治
安済知佳
石川界人
佐藤利奈
武内駿輔
津田健次郎
藤村歩
間島淳司
米内佑希

【ゼノグラシア】
明坂聡美
井口由香
加藤英美里
喜多村英梨
小清水亜美
斉藤桃子
清水香里
田村ゆかり
能登麻美子
堀江由衣
ゆかな

アイドルマスター XENOGLOSSIA【あいどるますたー ぜのぐらしあ】

2007年、当時アーケードゲームとして知名度を上げていた「THE iDOLM@STER」を元に、アイマスの冠とキャラの名前を借りる形で作られたロボットアニメ。
作品内容については放送時から現在に至るまで賛否両論が止まっていないが、決して世間で言われているような「黒歴史」というわけではなく、アイマス10thライブのパンフレットにきちんと歴史の1ページとして紹介されていたり、2017年には「サンライズフェスティバル2017」において10周年記念上映会が開催されたり、アイマスとスーパーロボット大戦のコラボ企画において、シンデレラのきらりんロボと765のキサラギに並んでゼノグラシアのロボットが参戦するなど、謎の活発な動きを見せている。
井口裕香にとっては、初めてアニメの主役(天海春香役)となった思い入れのある作品であり、時折「む〜〜〜ん」にて当時の思い出を語ることがある。

あいなま【あいなま】

豊崎愛生の愛称。
ただし、ツイッターで書くと愛生クラスタにリムーブorブロックされる率が非常に高いので注意!!
本人もこの呼称については認識している。

アイムエンタープライズ【あいむえんたーぷらいず】

東京都渋谷区代々木に本社を置く大手声優事務所の一社。
略称は「アイム」。
所属タレントのほぼ全員が声優で、A&Gパーソナリティにもかなりの割合を占める。
ポンコツ、変態、お笑いなどなど、なんでもござれの集団。
芸人集団の筆頭的存在である。
系列にアルムネンタープライズナイムネンタープライズがあるが、系列間の移籍は不可である。
+所属のA&Gパーソナリティ。過去含む
  • 赤尾ひかる
  • 天﨑滉平
  • 植田佳奈
  • 内田真礼
  • 内田雄馬
  • 大西沙織
  • 岡咲美保
  • 小澤亜李
  • 木野双葉
  • 佐倉綾音
  • 洲崎綾
  • 千本木彩花
  • 高橋美佳子
  • 巽悠衣子
  • 田村睦心
  • 長縄まりあ
  • 浜崎奈々
  • 早見沙織
  • 日笠陽子
  • 本渡楓
  • MAKO
  • 間島淳司
  • 松岡禎丞
  • 松田利冴*5
  • 矢作紗友里
  • 佳村はるか

過去の所属者
  • 田村ゆかり(~2016.07.31)*6

あうあう【あうあう】

森永理科のアウトローラジオ内での挨拶。

アウアウゲーム【あうあうげーむ】

森永理科のアウトローラジオのCM。

アウトローアーミー【あうとろーあーみー】

森永理科の部下。
どこの番組にいるかわからないので注意。

青二プロダクション【あおにぷろだくしょん】

東京都港区北青山三丁目に本社を置く声優業界の大手プロダクション。
「青ニ塾」という独自の俳優育成システムを持つほか、他事務所のベテランが移籍してくることも多い。
2019年3月18日(月)に、名前の由来ともなっていた同南青山二丁目から本社を現在地に移転した(参考)。
+所属のA&Gパーソナリティ。過去含む
  • 相沢舞
  • 浅野真澄
  • 伊藤かな恵
  • 岩田光央(2019.06.01~、アクロスエンタテインメントから移籍)
  • 大空直美
  • 小野坂昌也(NEW YOUNG)
  • 金子有希
  • 鹿野優以
  • 神谷浩史
  • 佐藤聡美
  • 高橋花林
  • 照井春佳
  • 長久友紀
  • 野中藍
  • 広橋涼
  • 三上枝織
  • 緑川光
  • 和多田美咲

過去の所属者
  • 川上莉央*7

赤川さん【あかがわさん】

愛称:あかちゃん(命名は松)
明坂聡美より出席番号が早かった同級生。

赤坂【あかさか】

東京都港区の地名。放送業界的には専らTBSテレビ・ラジオの事を指す。
+...
東京のラジオ局では唯一、テレビとラジオ両方を放送する放送局*8で、そのため「TBSラジオ専業のアナウンサー」は居らず、TBSテレビのアナウンサーがラジオも担当している。アナウンサーだけではなく、本社とスタジオもTBS放送センターにBS-TBS・テレビと共有したまま、共同災害募金などでネットワーク名を出す際も「TBSをキーステーションとするJNN・JRN」と一纏めである。
『JUNK』などヤング層向けの番組も作られているが、基本的にはライバル局である文化放送・ニッポン放送と区別化して『生島ヒロシのおはよう一直線』や『森本毅郎・スタンバイ!』など聴取者層の年齢をやや高めに設定したアダルト路線・大人向けの番組に強みがある。
真面目さが目立った1980年代までは民放のNHKと揶揄され、ニッポン放送に長年聴取率で差を付けられていた。さらに、1985年には朝8時半から夕方4時まで7時間半という生ワイド「スーパーワイドぴいぷる」を始めたところ、TBS離れをますます大きくしてしまい、1年で打ち切りという大打撃を受けた。しかしその後、ニッポン放送の大改革の一であるLF+Rの失敗などでTBSラジオにリスナーが流れた結果、2001年8月以降、首都圏での聴取率は不動の1位となっている。
『大沢悠里のゆうゆうワイド』*9や『毒蝮三太夫のミュージックプレゼント』などの長寿番組も数多いが2000年代に入ってからは、『秋山ちえ子の談話室』『全国こども電話相談室』『バックグラウンド・ミュージック』『コサキン』『TBSラジオ エキサイトベースボール』『荒川強啓 デイ・キャッチ!』など長期にわたって続いた番組や「榎さん」こと榎本勝起や若山弦蔵、小沢正一や永六輔など長きにわたってTBSラジオを支えた往年の名パーソナリティたちが、改編や本人の高齢化・病気・死去により姿を消している。その一方で、今も現役の生島ヒロシ・森本毅郎・遠藤泰子・大沢悠里・久米宏・毒蝮三太夫が70代~80代と高齢化が進んでいたり、会社はおろかラジオ業界の懐事情もあって現在では特に堀井美香、安住紳一郎、駒田健吾、外山惠理、江藤愛の5名を筆頭にTBSテレビのアナウンサーがラジオの番組を多数担当しているのが現状。その一方で、ニッポン放送を追われ、今では20年以上にわたってTBSラジオをホームにしている伊集院光、フリーアナウンサーの赤江珠緒、コラムニストのジェーン・スー、ラップグループ・RHYMESTERの宇多丸、漫才コンビのナイツなどといったタレント・文化人やアーティストなどのパーソナリティもそれぞれのワイド番組で健闘しており、TBSラジオとしても新しいリスナー層の獲得に成功している。
アニメ関連としては、深夜放送ブームの一翼を担った『パック・イン・ミュージック』にて、共に声優である野沢那智と白石冬美のコンビ「ナッチャコ」として長くパーソナリティを担当したり、『ラジオ・アニメどんぶり』という番組も作られていたが、ニッポン放送・文化放送に比べてアニラジの制作には消極的で、現在は『林原めぐみのTokyo Boogie Night』*10のみしか放送されていない。しかし、アニメやゲームの情報を伝える番組としては2018年4月にナイター中継を終わらせてスタートした平日夜のワイド番組『アフター6ジャンクション』にクリエイターや声優を読んでそれにまつわる話題を特集するなど、近年充実し始めている傾向にある。

赤﨑千夏のウルトラジェスチャークイズ【あかさきちなつのうるとらじぇすちゃーくいず】

「砂山・赤﨑アワー えじまる」のコーナー。
赤﨑千夏が、視聴者に見えないようにスタッフから提示されたお題を身振り手振りで演じ、何を表現したかを視聴者が答える。
難易度が高いが、それでも毎回のように正解者が出る。「佐倉としたい大西」の「大西モールス信号」→「大西事件簿」と並ぶエスパー育成コーナー。
出題回の次の更新回に正解内容と正解者を発表する。番組が隔週更新であるため、出題は4週に1回、出題数は1年に12回ほどである。

赤ちゃん欲しい【あかちゃんほしい】

「あどりぶ」第43回(2015年1月31日放送)OPトークの、開始わずか12秒で巽悠衣子が発した衝撃の言葉。
収録の前、出産した友人に赤ちゃんを見せてもらった際に母性が疼いた事による発言であったが、何の説明もなしに放たれた言葉だっただけに、大橋彩香のみならず実況民全てが唖然呆然。余りの衝撃に、OP後まで大橋は使いものにならなかった。

茜屋丼【あかねやどん】

2014年10月28日の「Geroの2h」ゲストのi☆Risの茜屋日海夏がGeroと西山宏太朗にお見舞いした振るまったどんぶりメシ。
+レシピ
1. ごはんを盛る。
2. 納豆を載せて混ぜる。
3. 生クリームに焼肉のタレ、さらにあんこを合わせてその上にかける。
4. 仕上げに飲むヨーグルトをちょこっとたっぷりかける。
折しもハロウィンウィークで、全員コスプレ(Gero:ショッカー、西山:戦隊ヒーロー、茜屋:悪魔)をしており、スタジオは阿鼻叫喚の凄まじい地獄絵図となった。
なお、あまりの酷さに逆上したGeroがこれにコーラをかけたものを倍返しで茜屋本人にお見舞いしたところ普通に食べてしまい、「まさか普通においしくなった?」と食べた結果4倍返しで撃沈した。

2015年7月7日、GeroのTHE CATCHに茜屋が再降臨。チョコレートと氷を加えた「サマーバージョン」と称した新作丼をGeroに食らわせ、再び撃沈させた。

2017年9月1日の「i☆Ristation!!」内コーナー「キッチン茜屋」で再降臨。こちらも「サマーバージョン」と称している。
+レシピ
1. ごはんを盛る。
2. 崩したプリンをかける。
3. あんこ、さきいか、焼肉のタレの順にその上にかける。
4. 仕上げにカルピス(原液)をかけ、ビックカツを添える。
現場に立ち会った芹澤優はプリンの時点で戦慄、悲鳴を上げつつ試食するも直後に画面が切り替わり、映像復帰後はマジギレモードに。茜屋「私、優ちゃんのために納豆入れなかったんだよ…?」残りはi☆Risおじさんが気合いで完食したらしい…。

愛生ちゃんチュッチュッ【あきちゃんちゅっちゅっ】

2010年9月10日放送の「超ラジ!Girls」で井口裕香が放った迷言。
この発言が出た後、実況スレは爆笑と「うぜぇ」の言葉が多数書き込まれた。

アクセルワン【あくせるわん】

森川智之が代表を務める声優事務所。
設立の経緯上、他社からの移籍が多い事務所であるが、深川芹亜はA&Gパーソナリティで生え抜きという希少な存在。
+所属のA&Gパーソナリティ。過去含む
  • 三瓶由布子
  • 真堂圭
  • 寺島拓篤
  • 東條加那子
  • 深川芹亜
  • 水島大宙
  • 水瀬いのり(2017.09.01~)*11
  • 宮本佳那子
  • 森川智之(代表取締役)

過去の所属者
  • 立花慎之介(~2018.03.31)*12

アクセルワンの打ち上げ花火【あくせるわんのふぁいあーわーくす】

深川芹亜のこと。

あけこ【あけこ】


あけこがハードル【あけこがはーどる】

最後のハードル。ベルリンの壁。

あけこボンバイエ【あけこぼんばいえ】

あけちゃんが条件を語るときに流れる、松の声入りのBGM。
いい語りっぷりだ!

明坂サンタ【あけさかさんた】

2009年クリスマスの放送時にQRに降臨したサンタ。
制服を着た時と同様、リスナーからのメールがまたも殺到し不機嫌になった。
「こんな時ばっかじゃなくて普段から送ってきて!」

あけちゃんて何フォーマー【あけちゃんてなにふぉーまー】

明坂聡美がトランスフォーマーに出演することになってDJ松が発した言葉。
ちなみにサリは珍しく人間役で、脳内で萌化させると萌えキャラになる。

アサネットアサノ【あさねっとあさの】

「アニスパ!」内「アニスパ!経済特区」にて、浅野真澄が超!A&Gショップ扱いの自身の本を売るときに宣伝をするコーナー。テーマソングはもちろんアノ曲のアカペラ替え歌。

浅野裁判【あさのさいばん】

「アニスパ」内の企画。
普段の浅野真澄のスタッフ等に対する態度をドラマ方式で暴露するもので、計5回行われた。

出演者
1回目  鷲崎健 堀江由衣
2回目  福山潤 朴路美
3,4回目 宮野真守 朴路美

番組最終回では通算5回目となる「浅野裁判~最高裁~」(出演:宮野真守、水樹奈々)が行われた。

ここから派生した企画で「阿澄裁判」というのもある。

浅野さんなんて声優業界からいなくなっちゃえばいいんだ!【あさのさんなんてせいゆうぎょうかいからいなくなっちゃえばいいんだ】

2009年6月13日の「アニスパ!」阿澄佳奈ゲスト回にて、ゲストを無視して下ネタ三昧の浅野真澄に阿澄が言い放った言葉。

味見【あじみ】

しないと食べた相手が悶死する。
下手な人ほどしないからたちが悪い。
A&Gが誇るキラーシェフ・明坂聡美が「食べるラー油」を作ったときは、
「みんな味見が気になってるみたいだけど、多分大丈夫だよヽ(*`Д´)ノ してないけどヽ(*`Д´)ノ」とツイートし、格の違いを見せつけた。

あずにゃん【あずにゃん】

  1. 漫画・アニメ「けいおん!」の登場人物である中野梓(CV:竹達彩奈)のあだ名。
  2. マフィア梶田の従姉妹。可愛い。杉田智和の携帯の待受画面はこの子。最初に話題に出た当時はJCだったが、2019年2月26日放送の「ラジ亀Tap」で成人したことが梶田から言及された。

アスピリンラブ【あすぴりんらぶ】

「超!Online Station」で生まれた豊崎愛生トラウマの曲。
一度も目標点に到達できないまま番組が終了した。

アッー!【あっー】

男が男と…アッー!
これ以上は言えなアッー!
元ネタをググる場合はくれぐれも自己責任で。

アッハー【あっはー】

テンションが最高潮状態の立花理香が発する言葉。アッハー↑と語尾が高くあがる。

アトミックモンキー【あとみっくもんきー】

関智一率いる芸能事務所。
A&Gでもお馴染みの長沢美樹、杉田智和、POAROなど、魑魅魍魎の巣窟である。
+所属のA&Gパーソナリティ。過去含む
  • 青木佑磨(2017.06.01~)
  • 青木瑠璃子
  • 伊福部崇
  • 入江玲於奈
  • 関智一
  • 杉田智和
  • 長沢美樹
  • 七瀬亜深
  • 潘めぐみ
  • 藤井彩加(2017.04.01~)
  • POARO
  • 前川涼子
  • 鷲崎健

過去の所属者
  • 小野友樹(~2017.09.30、現在はフリー)
  • 西田望見(~2018.04.30)*13

あどりぶ食べ物一覧【あどりぶたべものいちらん】

あどりぶ第1〜68回目+DJCDに登場した全ての食べ物一覧。語録。
これだけでも巽悠衣子のポンコツ発言が拝見することができる。
作成した方は巽悠衣子botの中の人であるが、過去の巽ラジオ黄金期から今に至るまで挫折していたことが記載されているが、あどりぶでは食べ物ネタがよく出てくるため巽と大橋彩香の発言が記録されている。
https://docs.google.com/document/d/16OIKG5YXW5-ipv1dNS2RwZYOlGFOl9PA1tyTZojQJV4/mobilebasic

アニメ勝手に応援プロジェクト【あにめかってにおうえんぷろじぇくと】

日経エンタテイメントとAT-Xが組んで行っているプロジェクト。
通称A応P。
A&Gで番組を持っている広瀬ゆうきや巴奎依が所属している6人組ユニットでもある。
前述の2人を含め、全員がなにかしらの強烈な個性を持っているのが特徴。
活動自体は謎なものが多かったが、主題歌を担当した2015.10~2016.3のアニメ「おそ松さん」が女子を中心に大人気となり、その結果声優アワードの特別賞を獲得するに至った。
2018年4月から同年6月には「A&G ARTIST ZONE THE CATCH」木曜日パーソナリティを担当。
メンバーの入れ替わりがやたら激しく、2019年3月現在、初期のメンバーで在籍しているのも上記の2人のみである。

あの頃の○○はもういない【あのころの○○はもういない】

初めの頃はピュアで初々しかったあの人も、今では(以下自粛)。
時の流れとは残酷なものである。
ガチるみちょっと!ここは虫を入れるとこでしょ!

アバドーン【あばどーん】


アフィリア・サーガ・イースト【あふぃりあさーがいーすと】

ミュージック+TVのパーソナリティと共にOToGi8を結成した、ルイズ、ユカフィン、ミクが所属していたグループ。
巨乳がいっぱいいる。
虚乳もいっぱいいる。
2017年6月7日にグループ名を「純情のアフィリア」と改名することを発表。

あみあみ【あみあみ】

大網株式会社が運営するホビー通販サイト。2015年からは実店舗営業も開始している。
スポンサー番組内(後述)の提供クレジットでは「ホビーショップあみあみの提供で~」とアナウンスされる。
2015年4月開始の「れい&ゆいの文化放送ホームランラジオ!」(ホムラジ)を皮切りに、順調に制作番組を増やしている。各番組のパーソナリティの多くには何らかの共通点があるとか無いとか… やっぱりアイマスじゃないか!
これらの番組内では、主にフィギュア等の取扱商品売り上げランキングを発表するスポンサーコーナーがある。ただ番組によってコーナーの扱いの差が大きく、特に生放送のホムラジではしょっちゅうコーナーが飛ばされてしまう*14。最近は「おちゃっちゃ」で稀にある程度まで少なくなっている。
声優のトークに何か一つ特徴を付け加えて番組を作ることが得意な様子(野球、車、ポンコツ、特撮、料理、ゲーム、競馬)。
2015年10月から、専用の提供クレジットのキャッチ「presented by amiami」が流れるようになった。
+2019年4月現在制作・放送している番組
  • れい&ゆいの文化放送ホームランラジオ!
  • かな&あいりの文化放送ホームランラジオ!パっとUP(ニコニコ生放送のみ→2018年11月からYouTube Liveでも配信)
  • 高森奈津美のP!ットイン☆ラジオ→高森奈津美とおちゃっちゃしよ?
  • 松田的超英雄電波(ラジオ関西。ニコニコ生放送では動画付きで配信→2018年9月末でラジオ関西での放送を終了しニコニコ生放送のみに)
  • のぞみとあやかのMog^2 Kitchen(ニコニコ生放送のみ)
  • まりえさゆりのオフラインセッション(ニコニコ生放送・YouTube Liveにて配信)
  • らりルゥれろ(ニコニコ生放送のみ)
  • 都丸ちよの夢競馬 -2018-(ニコニコ生放送・YouTube Liveにて配信)

終了した番組
  • 山谷祥生伝説
  • りか&まこの文化放送ホームランラジオ!スタDON
  • ☆佳村はるかのひみつきち☆

アミュレート【あみゅれーと】

芸能事務所の一社。
アドベンチャーゲームソフト「STEINS;GATE」等でお馴染みの株式会社MAGES.のタレント事業部。
+所属のA&Gパーソナリティ、過去含む
  • 明坂聡美
  • 大石歩佳
  • 木野日菜
  • 純情のアフィリア
  • 鈴木このみ
  • 諏訪ななか
  • 仙台エリ
  • 田村ゆかり(2016.08.01~)*15
  • 津田健次郎
  • 本多真梨子(2013.12.01~)*16
  • 八島さらら
  • 山本彩乃
  • 吉田仁美

過去の所属者
  • 南條愛乃(現所属:office EN-JIN→N3エンタテインメント)
  • 流田Project(現所属:Peak A Soul+)
  • 関口未佐子(~2019.03.31、現在はフリー)

彩神様【あやがみさま】

「初ラジ」のコーナー「お願い!彩神様」に登場する神様。
沼倉の「彩神様、降臨!」のフレーズと共に降臨し、リスナーのお悩みに答える。
やさぐれていたり、ロリだったりとキャラ姿形の変わり方が激しい。

彩奈小路彩奈【あやなこうじあやな】

「初ラジ」のコーナー「ドラマチックシアター」に登場したお嬢様。
CV:竹達彩奈
お嬢様なのに趣味はあや取り、好きな食べ物はステーキである。

あやの変態ラジオ【あやのへんたいらじお】

竹達彩奈の友達が聴いている番組。

有野マジック【ありのまじっく】

2015年の「A&G NEXT GENERATION Lady Go!!」のエンディングテーマ「A Little Magic」のこと。
曲中の曲名フレーズ箇所の空耳ネタ。

アルコール【あるこーる】

まかり間違っても、収録中の伊藤かな恵と高Pと佐倉綾音に与えてはならない。使い物にならなくなったり機材を破壊したりします。
佐倉はちょろいの外ロケでの一件により、事務所から番組内飲酒NGを言い渡されたとのこと。
また、田村睦心が2017.07.23~30にゲスト出演した「天才軍師」の番組内で好きな酒が飲めなかった事から、アイムエンタープライズは、2017年現在は事前許可なしでは原則として現場での飲酒NGとなっているものと思われる*17
その一方で、織田かおりのように毎週生放送中に飲んでいた人もいたりした。
逆に、石原夏織はアルコールが入ると調子が良くなる(番組内企画の成功率が上がる)ため、「毎週飲んで収録したらどうか」という提案がリスナーや実況スレからされている。

アルパカ【あるぱか】

  1. MPTV金曜日のマスコットその2。
    毛を切られそうになったり、主人がバッグから出し忘れたりとちょっと不遇のマスコット。
    アルパカは正式名称アルセーヌ=パッカーノの略。
  2. たまゆら・うみものがたり等で知られる松竹のプロデューサー・田坂秀将の通称。たまゆらキャスト勢の番組で時折名前が上がる。
    基本的には「アルパカ兄さん」「パカ兄」などと呼ばれているが、儀武ゆう子には時折呼び捨てでこう呼ばれたりする。
    ニコ生の儀武ゆう子結婚記者会見では、司会進行も担当した。

アルムネンタープライズ【あるむねんたーぷらいず】

アイムエンタープライズ所属タレントの内、胸が大きい人を指す言葉。
割合はナイムネと比べてかなり少ない。
該当者(2019年4月現在)は佐倉綾音、高橋美佳子、高山ゆうこ、巽悠衣子、佳村はるか。

行脚【あんぎょう】

アンギャー

安心と信頼の事務職【あんしんとしんらいのじむしょく】

MPTVをスポンサードしている事務職のメールが採用されたときのレス。
MPTVは会長・アウラ・事務職の三者(社)の提供でお送りいたします。

安選【あんせん】

安定の選曲。
月曜LG、火曜FS、ればかろでよく見られる。

安全地帯【あんぜんちたい】

この世に存在しない物。
魔窟の曜日と言われる火曜日では、17:30~18:00の「砂山・赤﨑アワー えじまる」が唯一の安全地帯とされている。
逆に言えば、18:00以降の番組はすべて魔窟ということである。

アンダー・ザ・デスク【あんだー・ざ・ですく】

パーソナリティがキャパを超えた落ち込みなどによって、トークを拒否して机の下に篭ってしまう様子。元はシンデレラガールズの佐久間まゆ・星輝子・森久保乃々によるゲーム内ユニットから。
「れい&ゆいの文化放送ホームランラジオ!」にて、パーソナリティの推しチームの状況が芳しくない頃などに見られる。

安フェ【あんふぇ】

安定のフェードアウト。以前の月曜22:59と2015年9月までの火曜20:59(2015年3月までは17:59)がA&G2大安フェであった。
たまにガチで尺が足りなくなってブツ切れになることもあった。
2016年9月で後者は番組が終了、前者も画面がHDになってからはフェードアウトからブツ切りが一時期デフォルトとなったが、2019年現在は復活している。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。

*1 姉の松田利冴はアイムエンタープライズに在籍

*2 2017.04.01に大沢事務所へ移籍

*3 フリー期間を経て2014.05.01にインテンションへ移籍

*4 2015年サマーフェスにて、司会のアニプレックス高橋氏談

*5 妹の松田颯水はアーツビジョンに在籍

*6 2016.08.01にアミュレートへ移籍

*7 元ジュニア所属。準所属への昇格査定に不合格後2016年末に退所。その後は2017.03末をもって引退するまでフリー

*8 会社法人として厳密には2000年にあった当時の「株式会社東京放送」の合理化の一環と、2009年の放送持株会社制への移行(「東京放送ホールディングス」の設立)に伴い、ラジオ放送の事業は、2001年10月1日午前0時に新会社「株式会社TBSラジオ(2016年3月までの旧名:TBSラジオ&コミュニケーションズ)」に分社され、放送免許も承継された。2009年の持株会社移行後は、この時にテレビ部門の放送免許を旧・東京放送から承継した「株式会社TBSテレビ」と共に持株会社にぶら下がっている。

*9 2016年3月までは月曜~金曜の帯番組。4月からは土曜日の週1回

*10 キングレコードの制作。TBSラジオはあくまで放送を流すのみで制作には一切手出し・口出しはしていない。宛先がキング宛になっているのもそのため。

*11 ソニー・ミュージックアーティスツからフリー期間を経て移籍

*12 後に福山潤とBLACK SHIPを設立し現・代表取締役

*13 フリー期間を経て2018.09.01にマウスプロモーションへ移籍

*14 ただ番組の盛り上がりのためならと、半ば飛ばすことを公認もしている

*15 アイムエンタープライズから移籍

*16 プロダクション・エースからフリー期間を経て移籍

*17 田村に関しては現場にマネージャーが居なかった為に許可が取れなかった模様だが、2018.12.09と12.16に再び出演した際の田村曰く「酒を飲むと本気で手が付けられなくなるので、事務所から現場での飲酒は名指しで厳しく止められている」とのことであった。