※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

( ^ω^)ブーンは合作作者のようです 外伝【誇りの戦士 タフガイ】


第五話


267 :タフガイ:2007/03/15(木) 12:23:00



( ^ω^)ブーンは合作作者のようです 外伝

              【誇りの戦士 タフガイ】 第五話


268 :タフガイ:2007/03/15(木) 12:23:42

一茂は、獲物を狩る獣のように低い姿勢で秋葉とギコを狙う。

(秋#^ω^)「!?」

秋葉が気付いた瞬間には、すでに一茂は体を二回転させ遠心力をつけていた。
一茂の体が秋葉とギコの足元に現れ、強烈な回し蹴りが放たれた。

一茂「奇跡の泉――!」

(,,゚Д゚)「うっ!」

強烈な一撃がギコの下腹部に襲い掛かった。
衝撃に耐え切れず、ギコの体が宙を舞う。

(秋#^ω^)「ち、あぶねー奴だお」

(M'A`)「…す、凄い」

秋葉は超人的な反射神経と跳躍で回避。
ダメージを受けたギコは、ゆっくりと立ち上がる。


269 :タフガイ:2007/03/15(木) 12:24:17

从'ー'从「ギコ君、大丈夫~?」

(,,゚Д゚)「ぐ…、油断したぜ。一茂ぇ…!」

まともにあの蹴りを喰らって起き上がるとは、達者なのは口だけではない様だ。
俺はこの機会を逃すまい、とギコに向かって突進する。

「ふんっ!」

体重を乗せたフックを、まだ膝を突いているギコ目掛けて振り下ろす。
直撃――そう思った。
だが、俺の右腕は見事に空を切った。

从'ー'从「危なかった~」

(,,゚Д゚)「ワタナベ……余計なことを、くっ」

ワタナベがギコを抱きかかえ、回避したのだ。

(M'A`)「タフガイさん、ドンマイです! 見てろよ…レオパルトⅡ、起動準備!」

ドクは機械に乗り込み、操作をしている。
俺は一茂の方へ視線を移す。
そこには、秋葉と一茂が激しい打撃戦が繰り広げていた。


270 :タフガイ:2007/03/15(木) 12:24:55

一茂「ふっ!」

一茂は素早いステップインからのワンツーを繰り出す。
だが、秋葉はその一撃を寸前で見切り、カウンターを放つ。

(秋#^ω^)「トキメイテ死ね!」

強烈なストレート。
だが、その拳より先に一茂はガードを固める。

一茂「軽い……!? 下か!」

(秋#^ω^)「糞ッ!」

一茂が反応するより先に、秋葉のローキックが一茂の太腿に打ち込まれた。
鈍い音がリングに響き渡り、一茂の表情が苦痛で歪む。

(秋#^ω^)「お前に足りないのはッ!情熱思想理想思考気品優雅さ勤勉さ!
       そして何より――

       速 さ が 足 り な い !」

観客からの激しい秋葉コール。
まるでショーのように振舞う秋葉。
だが、その動作はまったく無駄が無く、あの一茂が押されていた。


271 :タフガイ:2007/03/15(木) 12:25:25

(,,゚Д゚)「余所見してていいのか? デカブツ」

いつの間にか立ち上がっていたギコは、自らの体に火をつける。
一瞬でギコの体は燃え上がり、周囲に熱気があふれ出した。

「貴様、何をするつもりだ……!」

(,,゚Д゚)「クックッ……いい具合に燃えてきたぜ。力が、沸いてくる、ぜ!」

ギコの翼が炎に包まれ、やがて不死鳥の如く、その炎は巨大な物へと変貌した。

(M'A`)「た、大変だ。このままじゃ僕らも炎に巻き込まれる!」

「ちっ、なんなんだこいつは!?」

炎から逃げるようにリングの端へと走る。
燃えさかる火炎は、見る見るうちにリングを覆い始め、逃げ場を塞いでいく。


272 :タフガイ:2007/03/15(木) 12:26:05

(,,゚Д゚)「俺は……異能者だ!」

(M'A`)「くそ、タフガイさん! 乗ってください!
    これで上空に行けばリングアウトにはならないはずです!」

「あ、ああ」

ドクの言うがままに機械の船に乗り込む。
炎の渦は、寸前にまで迫っている。

(M'A`)「レオパルトⅡ、発進!」

レオパルトⅡは激しいエンジン音と共に、ゆっくりと上昇する。
だが、直ぐに赤いランプが点灯し警告音が鳴り響く。

(M'A`)「重量オーバー…!? く、こんな時に!」

機体は激しく揺れ、炎の渦がレオパルトⅡに襲い掛かる。
レオパルトⅡは衝撃と共にリングの上に座礁した。

「うおっ!」

(M'A`)「うわぁ!」


273 :タフガイ:2007/03/15(木) 12:26:36

(,,゚Д゚)「終わりだ」

ギコが両手を空高く掲げ、巨大な火の玉を作り出す。
その大きさから計算して、俺達が避けられないのは確実だ。

「くそ……ドク、俺の後ろに隠れてろ!」

(M'A`)「で、でもタフガイさん。そんなことしたら…」

「いいから早く! 俺なら耐えられるかもしれん!」

俺は腰を落とし、両手で顔をガードする。
火の玉の強烈な熱気で、体中から汗が噴き出ている。

(,,゚Д゚)「この星ごと、消えてなくなれぇぇぇぇ!」

ギコが火の玉を発射。
俺はぎゅ、と拳を固める。

「うおぉぉぉぉぉ!」

迫り来る火の玉を両手で押さえ込む。
だが、その重みは俺の体を押しのける。


274 :タフガイ:2007/03/15(木) 12:27:09

(,,゚Д゚)「無駄だ無駄だ無駄だぁぁぁ!!」

ギコはクンッ、と力を入れると、火の玉の重みがさらに増す。

「うがぁぁぁぁぁ!!」

徐々に体は後退し、リングの表面が剥がれ始める。
掌は熱さに、足はその重みに悲鳴を上げている。

(M;'A`)「タフガイさん!!」

「ドク……! に、逃げろ!」

俺の足は、また一歩後ろに下がる。
もう、限界が近い。
このままでは二人共々あの世行きだ。

(M;'A`)「そ、そんことできないよ…タフガイさん、タフガイさん!」

「馬鹿野郎! 早く、逃げ……ぐっ!」

左足が嫌な音を立てる。
俺はバランスを崩し、火の玉の圧力が一層増す。


275 :タフガイ:2007/03/15(木) 12:27:44

(,,゚Д゚)「タフな奴だ。だが、ここまでだ…死ね!」

ギコが気合を入れ、纏っている炎が燃え上がった。

(ここまでか…。ツン、すまない。俺は…!)


頭の中を、いろんな想いが駆け巡る。


もう……駄目だ。




「諦めるな!」


276 :タフガイ:2007/03/15(木) 12:28:17

「か、一茂……さん!?」

声の方を見ると、向こう側で秋葉と戦っていた一茂がこちらへと走って来る。
それは、まるで離陸前の飛行機のように素早く、飛ぶように。

(,,゚Д゚)「な、一茂!? 秋葉はどうした!?」

一茂「奴なら今頃、俺の幻術にはまっているだろうな」

(,,゚Д゚)「幻術……だと!?」

ギコは秋葉の方へ視線を移す。
そこには、頭を抱えて倒れている秋葉。

(秋#^ω^)「蒼星石のマスターになれたらいいのにぃぃ!!」


277 :タフガイ:2007/03/15(木) 12:28:57

一茂「タフガイ! ドク! 今、助けてやる!」

一茂は空中にいるギコに向かい跳躍する。

(,,゚Д゚)「く、来るな来るな来るなぁ!!」

一茂「ファザーズ・レインボー(父親の七光り)」

強烈な閃光が会場を覆う。
七色に輝く一茂の拳が、ギコの体を貫いた。

(,,゚Д゚)「ば……か……な」

力を失ったギコは、纏っていた炎を失いリングへと落下した。

「ぐ……はぁ、はぁ……」

ギコのダウンと共に、燃えさかる火の玉はその姿を消した。
俺は一気に力が抜け、その場に膝をついた。


278 :タフガイ:2007/03/15(木) 12:29:28

(M'A`)「タフガイさん! 大丈夫ですか!?」

ドクが心配そうに駆け寄ってくる。
俺は「大丈夫だ…」と言い、一茂の方を見た。

一茂「よく頑張ってくれた。タフガイ」

「一茂さん……」

一茂は親指を立て、俺の前まで来る。
その笑顔に、俺もつられて頬がゆるんだ。

(M'A`)「タフガイさん……本当にありがとう。
    僕、タフガイさんがいなかったら……」

「何、ドクのレオパルドⅡに助けられたんだ。これでお互い様だ」

一茂「二人とも、まだ戦いは終わっていない。タフガイ、立てるか?」


279 :タフガイ:2007/03/15(木) 12:30:03

一茂さんが右手を差し出す。
俺は「すいません」と言ってその右手を掴む――


从'ー'从「戦闘中に、油断はいけないよね~♪」



背後に、巨大な楽器を持ったワタナベ。
一茂が振り返る。
だが、その瞬間にはもう、楽器は振り下ろされていた。


从'ー'从「ちくしょぉ~くらえぇ~新必殺・ライトハンド奏法ッ!」」


頭蓋骨の割れる、鈍い音。


一茂さんは、ゆっくりと、リングに倒れこんだ……




:誇りの戦士タフガイ 第5話
:( ^ω^)ブーンは合作作者のようです――外伝 つづく