※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

132 :←カントー    イソゲ!┗(^o^)┓三:2007/03/10(土) 22:48:24

川 -)「アハハハハハハハ、筆が進む進むぞ!
     ウフフフフ、アヒャヒャヒャヒャwwww」

 クーの精神はすでにオワテイタ……


川 -)「フフフフフ、むっ、こんな忙しいときに、私に対しての書き込みが……」


 でも、そんな状態になっても自らのイメージだけは守ろうとしていた。


 クー:任しておいてくれ、出だしでミスしないように細かい修正点をしっかりとしておく。

 クー:ちょwwwwww

 クー:私は当然終わって今は投下の最終調整だ、間違って消したりしない限り大丈夫だ。

 クー:>遅れ作者一同 出来ていないのは仕方ないだろう、責任を持って各々の番までにしっかりと完成させてくれ。


 きわめて俊敏、かつ冷静に、レスを対処していく。
 それが本来のクー――いや、ブーン小説界の中でクーが作り上げた自身の姿だ。


川 -)「『作品を完成させる』『イメージを守る』。「両方」やらなくちゃあならないってのが「作者」のつらいところだな。
     覚悟はいいか? 私は出来てる…………ウヒャ、ウヒャヒャヒャヒャヒャwwwwwwww」


133 :←カントー    イソゲ!┗(^o^)┓三:2007/03/10(土) 22:51:10

 3月10日。
 ついに合作の日がやってきた。

川ヽ -)「はぁはぁ……なんとか書き……オワタ……
     じ、時間は……?」

 時計を見ると9時をしめしていた。
 あの日から、不眠不休での執筆活動。
 既に独り言でテンションをあげる気力もなくなっていた。


川ヽ -)「後は……これさえ、とうか、すれば……わたしn、のやく……めはおわる……」


 合作スレへと作品を投下していくクー。
 しかし、ギリギリで書き上げた見直しもしていない
 その作品は、誤字・脱字の嵐、設定も矛盾だらけの酷いものだった。

 当然、読者の反応はいうまでも無く……


川ヽ -)「もう、どくしゃ、の、れすをよむ……きりょく……もな、い……」


 肉体の限界。精神の限界。
 それでも、なんとか気を保ちながら、ついに作品を投下し終えることが出来た。


134 :←カントー    イソゲ!┗(^o^)┓三:2007/03/10(土) 22:51:55

川ヽ -)「やった、やったぞ……あとは……ほかの……さくしゃ、まかせた……」


 最後の気力を振り絞りクーは、合作本部へとレスを残そうとする。


川ヽ -)「はぁはぁ……うぐっ…………


 クー:みんな、あとは……たのm…………


 そのレスを最後にクーが姿を見せることは無かった……



 クーはいつ選択肢を誤まってしまったのだろうか?

 あの時、プライドを捨てていれば……
 あの時、書いていれば……
 あの時、正直に言っていれば……

 また違う未来もあったのかもしれない。


:クー編  オワタ?
:作品投下完了
:( ^ω^)ブーンは合作作者のようです――続く