※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

739 : 消防士(鹿児島県) :2007/03/20(火) 21:25:04.56 ID:YVTfK/7+0
生徒全員が席に着く頃、担任のモナー先生が教室に入ってくる。

その顔には、いつもより深い笑みが刻まれていた。

( ´∀`)「もう知っている人もいるけど、このクラスに転入生が来るモナ」

(*^ω^)「おっおっおっ」

( ´∀`)「何やら遠くの方から来たそうで……。みんな仲良くするモナ」

モナー先生はそのまま教室のドアに向かう。
「入っておいで」と言ったのと同時。
教室のドアが勢いよく開かれた。



川o・д・)「どりゃぁぁぁぁぁあああああああああ!!」


入ってきたのは、それはもう小さな小さな少女。

……というより、幼女だった。

742 : 消防士(鹿児島県) :2007/03/20(火) 21:26:43.67 ID:YVTfK/7+0
その幼女は教室に入ってくるなり、駆け足で教壇へと上る。
短い足をジタバタさせながら、ようやく黒板の前までやってきた。


川o・д・)「あたちの名前はハラサ!覚えておくんでち!!」


一瞬にして教室の空気が凍る。
何だ、この幼女は?ここは幼稚園じゃなくて高校なんだぞ?

ξ;゚⊿゚)ξ 「先生……この子は一体?」

(;´∀`)「転入生のハラサさん……モナ?」

クラス中視線が幼女に向けられる。
幼女はない胸を張り、クラスに響き渡る声で言った。

川o・д・)「その通り!あたちはハラサなんでち!」

固まる生徒。固まる先生。固まる僕。
身長は小学1年生程度。顔はモロ子供。
こいつが、高校3年生の転入生だって?

747 : 消防士(鹿児島県) :2007/03/20(火) 21:28:59.25 ID:YVTfK/7+0
川o・д・)「む!お前達信じていないでちね!」

幼女はいそいそとポケットから何かを取り出す。
一本の糸、その先に、五円玉。

川o・д・)「この五円玉をよく見るでち!」

幼女はその五円玉をゆらゆらと揺らし始める。
不思議とその光景は、僕を惹きつけた。

五円玉が揺れる。
五円玉が揺れる。
五円玉が揺れる。

……五円玉が揺れる。

752 : 消防士(鹿児島県) :2007/03/20(火) 21:31:18.67 ID:YVTfK/7+0
……何もかもが消えた。
僕の視界にいるのは、ハラサ様ただ一人。

川o・д・)「よし!お前達に命令を出すでち!」

ハラサ様が出される命令は、確実にこなさなければいけない。
根拠はないけど、そんな気がした。

川o・д・)「この世界に紛れ込んだ『DAT』を見つけ出すんでち!」


『DAT』

何かは知らないが、これを探さなければいけない。
ハラサ様が、探せとおっしゃった。

川o・д・)「この世のDATはどんな形かまだ分かっていない!」

川o・д・)「しかし、DATはとにかく物凄いオーラを発しているから分かるでち!」

川o・д・)「さぁ!早く探し出すでち!!」


僕は急いで席を立つ。
教室にいる他の生徒も、ぞろぞろと席を立ち始めた。

誰よりも早く、ハラサ様の探すDATを手に入れなければいけない。
ハラサ様の探すDAT、ハラサ様の探すDAT、ハラサ様の探すDAT

758 : 消防士(鹿児島県) :2007/03/20(火) 21:32:46.64 ID:YVTfK/7+0
僕は一番に教室を出た。
足には自信がある。一番にDATを探してやる。

僕は教室を出た後、まずはトイレを探す事にした。
どこでもいい、早くDATを見つけさえすれば。

( ω)「DATDATDATDATDATDAT」

DATはどこだ?
というよりDATはなんだ?
そんなことを考えている暇はない。DATを探さなければ。

『………』

何か、人の気配。
誰か来たのだろうか?いや、入口に人はいない。
そんな事より、DATを探せ。

『……誰か、いないのかお……?』

確かに聞こえる声。
五月蝿い、邪魔だ。僕の邪魔をするな。

『……見つけたお!!!』

姿の見えぬ声が大きく叫ぶ。
五月蝿い五月蝿い五月蝿い……。


うるさい?

760 : 消防士(鹿児島県) :2007/03/20(火) 21:35:18.32 ID:YVTfK/7+0

(;^ω^)「お……」

はっとしたように目を開ける。
そして、右手に変な感触に気づく。


……僕は右手を便所の中に入れていた。


(;^ω^)「おおおお!?」

僕は慌てて右手を便器から抜いた。
びしょ濡れになった右手が、ようやく姿を現す。

(;^ω^)「……?」

そして、右手がある物を掴んでいる事に気づいた。
何かを掴んだ覚えはない。一体、僕は何を掴んでいるんだ。

(;^ω^)「なんで定規……かお?」

僕の右手には、真新しい定規が握られていた。

763 : 消防士(鹿児島県) :2007/03/20(火) 21:36:15.14 ID:YVTfK/7+0
□「ゲホ……死ぬところだったお……」

また姿のない声が聞こえる。
しかし、先ほどとは違うリアルな声。
声の主は、近くにいるような気がする。

(;^ω^)「だ、誰だお!いたずらはやめるお!!」

□「……おっおっ!ついに人を見つけたお!」

どこにいる?
確かに今、声は僕の近くから聞こえた。

(;^ω^)「ど、ど、どこにいるんだお!!」

□「ここだお!僕はここだお!!」

声の位置がはっきり分かった。
僕の右手、それに握られた定規から聞こえている!



(;^ω^)





(^ω^)

772 : 消防士(鹿児島県) :2007/03/20(火) 21:37:45.62 ID:YVTfK/7+0
( ´ω`)「ついに幻聴が聞こえるようになったお……」

ゲームのしすぎか?廃人になるほどした覚えはないが。
いや、この前食べた野草の効果かもしれない。

□「お、落ち着くお!この声は幻聴なんかじゃないお!」

定規がカタカタと震えている。
これは霊魂が宿っているのかもしれんね。

□「ぼ、僕の話を聞いてくれお!!」

僕は定規をトイレのゴミ箱に投げ捨てる。
こんな気持ち悪いもの、持っていられるかって言うんだ。

□「DAT!DATを探して欲しいんだお!!」
( ´ω`)「DAT?」

そういえば、先ほどからDATという単語をよく聞いている気がする。
何だって言うんだ、そのDATっていうのは。

□「DATを奴等に取られたら……この世界も危険だお!!」

( ´ω`)「この世界が危険?そんな冗談はよしてくれお」

大体、定規の言っている事なんて信用できるか!
……定規の言っている事なんて。
定規が……言っている……?

( ゚ω゚)「定規が喋tt □「何を今更」

779 : 消防士(鹿児島県) :2007/03/20(火) 21:39:40.76 ID:YVTfK/7+0
なんで定規が話している?
幻聴って言うレベルじゃねーぞ!

□「DATが取られたら、本当に危険なんだお!!」

(;^ω^)「な、なんで定規が……」

僕はトイレから逃げ出そうと、ドアを開ける。
その時、ゴミ箱の中からもう一度声が聞こえた。

□「君の友達も、危険な目に会うんだお!!」

(;^ω^)「……お」

僕の友達が、危険な目にあう。
この言葉は僕の足を止めるのに十分だった。

□「今、君の友達は催眠術にかかっているお。それを戻すためにも!」

ゴミ箱から聞こえる声。
その声の主をもう一度見るため、僕はゴミ箱を覗き込んだ。
やはり、ゴミ箱の中には一つの定規。定規しか、なかった。

( ^ω^)「……僕の友達が、催眠術にかかっている?」

□「そうだお!事実、君もさっきまでかかっていたお!」

さっき、確かに僕は狂っていた。
見ず知らずの幼女を、なぜか神のように思っていた。
彼女のいう事は、絶対に従わなければいけないと思っていた。

784 : 消防士(鹿児島県) :2007/03/20(火) 21:43:13.56 ID:YVTfK/7+0
( ^ω^)「……説明してくれるかお?」

□「……ありがとだお」

僕はゴミ箱から定規を手に取る。定規を顔の前に持って、話しかけた。

□「ヤツはDATを狙っているお。ヤツが手にする前に、絶対に見つけるんだお」
(;^ω^)「ちょっと待つお。さっきから、DATDATって……一体何だお?」

□「僕のいた世界を構成する欠片、悪用すると恐ろしい力が手に入るんだお」

そのDATとやらが、この世界にも飛び散ったらしい。
他にも何やら説明されたが、とりあえず、恐ろしいものという事で認識。

(;^ω^)「それで、ヤツって言うのは?」

□「DATを悪用しようとしている者の手下……転入生の『ハラサ』だお」

ハラサはあくまでも手下らしく、DATを見つけ次第黒幕に送るとか。
だから、確実にハラサより先にDATを見つけなければいけないらしい。

( ^ω^)「この世界に落ちたDATはどんな形なんだお?」
□「まだよく分かってないお……。 でも、DATを見ればスグにDATだと分かるお」

( ^ω^)「把握……。 それと、なんで僕はハラサの催眠術がとけてるんだお?」

□「それもまだ分からないお……」

という事は、催眠術を掛けられた友達を救う事は、まだ方法が分からないという事。
早く、一秒でも早く友達を助けたいのに。


785 : 消防士(鹿児島県) :2007/03/20(火) 21:45:26.81 ID:YVTfK/7+0
( ^ω^)「最後に一つ、なんで君は定規なんだお?」

□「知らないお……気づいたら、こんな形に……」

(;^ω^)「……」

□「……と、とりあえず!早くDATを探しにいくお!!」

僕は定規を手に持ったまま、ドアに向かって走り出す。
次の瞬間、ドアの前に人影が現れた。

川o・д・)「むぅ!お前、あたちの催眠術がかかっていないでち!?」

あの幼女のハラサだった。
ハラサは何か大型動物のようなものにまたがっている。
催眠術で操っているのだろう。

( ´∀`)「モナーン」

モナー先生だったという事はあえて触れないでおく。