※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1 :な……名無しぃ?:2007/03/03(土) 16:19:40

ほんの出来心だった。

ただ、目立ちたかっただけなのかもしれない。

( ^ω^)「うひひww合作参加しますおっとww」

ふと持ち上がった合作という試み。

続々と集まるメンバーに興奮しながら、僕はPCの画面を見る。



――それが、地獄の幕開けだった。


( ^ω^)ブーンは合作作者のようです


2 :な……名無しぃ?:2007/03/03(土) 16:20:13

( ^ω^)「一ヶ月とか長ぇww1週間でできるおww」

 ・合作総合掲示板

 ドクオ:設定はこんな感じで決定かな?


( ^ω^)「うひひww完結した作品に主人公ぶち込むだけだから余裕だおww」

大体の設定が決まり、僕はメモ帳を取り出す。

( ^ω^)「おー、懐かしいお。さてさて、外伝だから短編でいいお」

3 :な……名無しぃ?:2007/03/03(土) 16:20:50

頭に浮かんでくるストーリーをひたすら打ち込む。

世界観や設定自体は、前作を書いた時に完成している。

後はそこに合作の設定を絡めれば、後はストーリーを書くだけだ。

( ^ω^)「楽チン、こwwwwうはwww余裕www」

筆はどんどん進み、その日は深夜2時までパソコンに向かい続けた…。


4 :な……名無しぃ?:2007/03/03(土) 16:21:27

――…

( ^ω^)「う…朝かお」

ゆっくりと目を開け、身体を伸ばす。

( ^ω^)「あ~、かなり書けたお…。大体、半分ぐらいかお?」

(*^ω^)「ふひひww一番乗りかもしれんおwwみんなはどうなったかお?」

僕はマウスを動かし、合作掲示板を見る。

しかし、そこに書かれていたことは僕の眠気を全て吹き飛ばす物だった。

( ^ω^)「!?」

6 :な……名無しぃ?:2007/03/03(土) 16:22:02


 シャキン:DATは存在を知ってないと力発揮できません。


(;^ω^)「な、なんだってー!?」

それは物語の鍵を握る「DAT」の設定だった。

( ^ω^)「これじゃ市民全員がDATを持ってて大乱闘という出だしが矛盾するお…」

設定を根本から覆されたのだ。

こうなっては書き直し以外に道は無い。

だが、一生懸命書いた文章を消すのにはある種の抵抗があった。

( ^ω^)「…それなら、ちょっと書き込むお」

 ブーソ:それはちょっとあれじゃないでしょうか?
     DATはみんな使えていいと思うよ!

(;^ω^)「頼むお―。これが通らないと全部書き直しだお」


だが、現実はそう甘くなかった。


7 :な……名無しぃ?:2007/03/03(土) 16:22:36

 クー:>>ブーソ それだと共通前半が矛盾してしまいますよ。

 ドクオ:クーさんに賛成です。

 ギコ:よし、じゃあ設定はそれでおkだゴラァ!


(  ω )「…な、なっ!!」



( ゜ω゜)「なんじゃらほいいぃぃぃ!!??」

発狂した声と共に、合作と書かれたフォルダを消去した。

全身の力が抜けていく。

浮かんでいたアイデアも、設定も、見せ場も…

フォルダの消去に伴い、全て頭から消えていった。


:一回目のオワタ・設定による書き直し
:締め切りまで残り4週間
:現在の執筆順位 ??/22
:( ^ω^)ブーンは合作作者のようです――続く…のか?